鳩山二郎のニュース

怪文書はホンモノだった。強行採決後の出来すぎたタイミングで発表

まぐまぐニュース! / 2017年06月15日17時35分

気概ある記者や政治家の追求に口を噤んだ「官邸」 「福岡6区補選が終わってから」と萩生田氏が言ったのは、鳩山邦夫氏の急逝にともなう同補選で、麻生氏が日本獣医師会会長である蔵内勇夫氏の長男、蔵内謙候補を推し、菅官房長官が鳩山二郎候補を応援するという「代理戦争」の様相を呈していたからだ。選挙戦のさなかに、調整は難しい。 また、「構想のブラッシュアップ」といって [全文を読む]

東京五輪の費用分担問題 小池都政の最大のアキレス腱に

NEWSポストセブン / 2017年04月27日07時00分

しかも、麻生太郎・財務大臣は地元・福岡の補欠選挙に小池氏が乗り込んできて鳩山二郎候補を応援し、自分が支援した候補を落とされた遺恨がある。 菅義偉・官房長官も小池氏が五輪の競技場見直し問題で横浜市を候補に挙げながら、結局は元の案に戻して地元を引っかき回されたことに怒っている。2人とも小池知事に協力する気は全くない」 麻生氏も菅氏も森元首相に近く、丸川珠代・五 [全文を読む]

衆院補選勝利で浮上した解散説の裏事情

経済界 / 2016年11月16日13時59分

福岡6区は、無所属新人の鳩山二郎氏が民進党新人の新井富美子氏らを破り、初当選を果たした。 若狭氏は、今夏の都知事選で無所属で出馬した小池百合子氏の応援をした自民党議員として知られている。党内で孤立無援。選挙戦さなか、除名覚悟を公然と口にしていた。ところが、小池氏が圧倒的な支持を得て当選すると風向きは一気に変わり、口頭での注意で今回も公認候補となり、公明党の [全文を読む]

小池百合子 欲望と裏切りの永田町「にんげん相関図」!(1)安倍総理が発した「小池ブームはすごいね~」の意味

アサ芸プラス / 2016年11月07日12時55分

同日に行われた福岡6区でも、小池氏が応援演説を行った、鳩山二郎氏(37)が当選して自民党が2連勝した。その日の夜、安倍総理は二階俊博幹事長(77)に電話をかけ、「国民の期待に応えるよう政府と党が一体で頑張っていこう」 と伝えている。「“国民の期待”が選挙を意味するものなのか」と、永田町では「1月解散」に向けて、さまざまな思惑が交錯していく。「麻生太郎財務相 [全文を読む]

衆院、来年1月解散説を自民党関係者は否定…来年12月選挙が党上層部では有力

Business Journal / 2016年10月27日06時00分

福岡6区は無所属の鳩山二郎氏が同じく無所属新人の蔵内謙氏、民進党新人の新井富美子氏を退け、当選を果たした。6区に関しては、自民党の公認争いが長引き、結局当選したほうを追加公認するという“保守分裂選挙”となった。 与党勝利は、野党が政策協定を結ぶことなく、民進党の公認候補のみが出馬し、共産、社民、自由党(前・生活の党)の支援を受けずに戦ったからとの見方がも [全文を読む]

【蓮舫代表初めての選挙】裏切りと欲望渦巻いた衆院補選東京都第10区

東京ブレイキングニュース / 2016年10月26日15時01分

10月23日に行われた衆院補選ですが、当選したのが東京都第10区で自民党の若狭勝氏、福岡県第6区では自民党の追加公認の鳩山二郎氏という予想通りの結果でしたね。まあなんていっても東京都第10区は東京都知事選に転出した小池百合子氏の後継選出でしたし、福岡県第6区は6月21日に亡くなった鳩山邦夫元総務相の弔い合戦でしたからね。 しかし個別的に見れば、チョロチョロ [全文を読む]

小池百合子 絨毯爆撃で突破する3仇的「粉砕現場」!(2)民進党・蓮舫代表がタッグを申し出たが…

アサ芸プラス / 2016年10月25日05時55分

蓮舫氏が代表になってから、党を離れたいと周囲に話す議員もいて、永田町では『選挙後に分裂するかもしれない』という声が聞こえています」(政治部デスク) 早くも正念場を迎える蓮舫氏を尻目に、小池氏は補選告示の前日、福岡6区の応援に現れ、鳩山邦夫氏(故人)の次男・鳩山二郎氏(37)のために街頭演説を行っていた。 福岡6区は自民系が分裂する異例の選挙区。福岡県政の「 [全文を読む]

小池百合子「国民に大ウケ」本当の理由

日刊大衆 / 2016年10月24日11時00分

6月に急逝した故・鳩山邦夫氏の次男、鳩山二郎候補の応援演説のためだ。「福岡6区は自民公認の調整がつかず、鳩山候補と自民福岡県連会長だった蔵内勇夫県議の長男・蔵内謙候補が無所属のまま争う分裂選挙になっています。生前の邦夫氏と親交があった小池都知事が義理堅く応援に駆けつけてくれたことは、二郎候補にとって百人力でしょうね」(前同) [全文を読む]

衆院2補選が告示、東京10区は3人、福岡6区は4人の争い

政治山 / 2016年10月11日11時09分

立候補を届け出たのは幸福実現党の新人で党福岡県本部総務会長の西原忠弘氏(61)、民進党の新人で元在チェンナイ日本総領事館職員の新井富美子氏(49)、無所属新人で元大川市長の鳩山二郎氏(37)、無所属新人で参議院議員秘書の蔵内謙氏(35)=自民党福岡県連推薦=の4氏です。10日現在の有権者数は38万1,590人(福岡県選挙管理委員会調べ)。 福岡6区は、自民 [全文を読む]

フォーカス