高村正彦のニュース

日本最大級のクラウドイベント「Concur Fusion Exchange 2016 Tokyo」 自由民主党 副総裁 高村正彦氏・厚切りジェイソン氏登壇決定!

DreamNews / 2016年06月30日13時30分

2016年6月30日(東京発)日本最大級のクラウドイベント「Concur Fusion Exchange 2016 Tokyo」に自由民主党 副総裁 衆議院議員 高村正彦氏、スペシャルゲストとしてお笑い芸人の厚切りジェイソン氏の登壇が決定~今までの日本、そして、これからの日本のあるべき姿をそれぞれの立場から切り込んでいただきます!~出張・経費管理クラウドの [全文を読む]

そもそも選挙とは何か? 民主主義とは? なぜ投票するのか?―AKB48・島田晴香の質問に政治家・高村正彦が答える!

ダ・ヴィンチニュース / 2015年12月07日11時00分

同書は、選挙権を与えられる18歳や若い世代を読者と想定し、そもそも選挙とは何か? 民主主義とは? なぜ投票するのか? 日本の政治・外交など、AKB48の島田晴香の質問にベテラン政治家の高村正彦が丁寧に答え、わかりやすく解説した1冊。もちろん若い世代だけでなく、政治や選挙に関心が薄かった人も“選挙とはなにか?”を学び直すのに最適な内容になっている。 <主な内 [全文を読む]

高村正彦×島田晴香(AKB48)『選挙ってなんだろう!?』発売!

@Press / 2015年11月19日16時30分

株式会社PHP研究所(京都市南区・代表取締役社長 清水卓智)は、2015年11月20日(金)、高村正彦×島田晴香(AKB48)『選挙ってなんだろう!?』を発売します。 今年6月、公職選挙法等の一部を改正する法律が成立し、公布されました(施行は平成28年6月19日)。今回の公職選挙法等の改正は、満18歳以上、満20年未満の者にも選挙に参加できるという点。高校 [全文を読む]

自民党副総裁・高村正彦がAKB島田晴香と謎の対談、現状を「プチ独裁だから大したことない」と暴言!

リテラ / 2015年12月04日21時00分

そのような解釈をする人は法律家ではなく、憲法本来の目的を忘れた法律屋、法匪だ」 ──先月24日、高村正彦・自民党副総裁が講演会でまたしても"暴言"を吐いた。憲法9条を守れと言うのは立憲主義に基づいた至極真っ当な指摘。そのため、この発言には"元弁護士"である高村自身こそ「憲法本来の目的を忘れた法律屋」ではないか、と非難が集中した。 そんなザ・鉄面皮の高村副総 [全文を読む]

コンカー監修の東洋経済新報社 Think! 別冊No.9 「間接費改革から始める戦略的コストマネジメント」が発刊

DreamNews / 2017年03月24日11時00分

自由民主党 副総裁 衆議院議員 高村正彦氏とコンカー 代表取締役社長 三村真宗の成長戦略と電子帳簿保存法規制緩和に関する巻頭特別対談から、コンピュータ・AIが変える社会と仕事の近未来像、デジタル化・クラウドサービスなどテクノロジーの発展を活用した間接費改革による経営基盤の強化施策、先進的な間接費改革・働き方改革を推進する企業のトップリーダーたちの理念と成長 [全文を読む]

「拉致問題は取り上げないほうが解決する」と主張した左派議員 自民党重鎮の明かした秘話

デイリー新潮 / 2017年03月02日06時10分

自民党副総裁の高村正彦氏は、政治学者の三浦瑠麗さんとの対談をまとめた新刊『国家の矛盾』で、北朝鮮との交渉に関連した秘話を披露している。明らかにされているのは、北朝鮮だけではなく、国内の「親・北朝鮮」とも言うべき勢力の存在だ。以下、『国家の矛盾』から高村氏の発言を引用してみよう。外交・安保の「現場」と「理論」が正面からぶつかり合った異色の対談 『国家の矛盾 [全文を読む]

「許せるポピュリズム」と「許せないポピュリズム」の違いとは? 自民党重鎮の箴言

デイリー新潮 / 2017年02月28日06時13分

この「ポピュリズム」について、「許せるものと許せないものがある」と自説を披露しているのが、高村正彦・自民党副総裁。気鋭の政治学者、三浦瑠麗氏との対論『国家の矛盾』の中で、高村氏は、独自のポピュリズム論を語っている。同書から一部を引用してみよう。 高村 「私はポピュリズムは嫌いなんですが、民主主義の選挙には多かれ少なかれポピュリズムはあるんだろうと思ってい [全文を読む]

民主党・蓮舫代表「昔も今も、実現可能なものしか提案していない」発言に疑問の声

ガジェット通信 / 2016年09月30日05時45分

9月28日には、自民党の高村正彦副総裁の「実現可能な提案をしてもらいたい」という発言を受け、「昔も今も、実現可能なものしか提案していない」と反論したという蓮舫議員。 参考記事:民進・蓮舫代表「昔も今も、実現可能なものしか提案していない!」 自民・高村正彦副総裁に反論(産経ニュース) http://www.sankei.com/politics/news/ [全文を読む]

明治大学国際総合研究所・東京財団共催国際シンポジウム「中国はどのような『大国』か?」4月25日(月)、 駿河台キャンパスで開催

@Press / 2016年04月11日13時45分

高村正彦自民党副総裁を基調講演者に、川口順子明治大学特任教授(東京財団名誉研究員・元外務大臣)をモデレーターとして、中国のみならずアジア太平洋の国際情勢を知り尽くす、日米中ASEANの論客をパネリストに迎え、特定の国家間関係にとらわれず、政治、社会、外交、安全保障、経済など幅広い視点から、これからの中国とアジア太平洋地域の未来を論じます。 国際シンポジウム [全文を読む]

安保法案に反対する学者たちが「ケンカを買った」 その余波

NEWSポストセブン / 2015年06月23日07時00分

物言わぬ学者たちに火をつけたのは、自民党で安保法案取りまとめにあたった高村正彦・副総裁のひと言だ。 「学者のいう通りにしたら平和が保たれたか」 高村氏は安保法案に「憲法違反」と表明した憲法学者たちをそう批判した。すると、「このケンカ、買うしかない」と同法に反対する学者たちが立ち上がったのである。 「憲法学者が憲法の字面に拘泥するのは当たり前。それをやめろ [全文を読む]

Infoseekニュース公式

楽天Infoseek ニュースアプリ
無料メールマガジン
  • 夕刊Infoseekニュース
  • 週刊ランキングニュース