益子修のニュース

三菱自、インドネシア・ブカシ工場の開所式を実施/生産開始

JCN Newswire / 2017年04月25日15時40分

式典には、インドネシア政府からジョコ・ウィドド大統領、アイルランガ・ハルタルト工業大臣、MMCからはカルロス・ゴーン会長、益子修社長 CEOが参列しました。この新工場により三菱自動車のインドネシア並びにアセアン地域でのプレゼンスが強化されます。同国ブカシ県のGIIC工業団地にある新工場は、三菱自動車が三菱商事、現地パートナーPT Krama Yudhaとと [全文を読む]

三菱自動車がゴーン会長を筆頭とする新取締役人事を発表!

clicccar / 2016年11月29日09時23分

これにより三菱自の取締役は、カルロス・ゴーン会長以下、益子修社長、山下光彦取締役、白地浩三取締役、池谷光司取締役の11名体制となる予定。 また、今回の人事で国内営業担当の服部俊彦氏と生産担当の安藤剛史氏が取締役から退任する予定で、三菱自生え抜きの取締役は不在に。 益子修氏については以前にお伝えしたとおり、ゴーン氏からの強い要請により、一定期間に渡り、取締 [全文を読む]

日産ゴーン、三菱自「完全支配」の狡猾戦略完遂…破格の「安い買い物」

Business Journal / 2016年10月23日06時00分

日産は、三菱自の益子修会長兼社長に対して社長留任を要請している。日産は月内に三菱自へ34%の出資を完了する。ゴーン氏の会長就任は、12月に開く三菱自の臨時株主総会後の取締役会で正式に決まる。益子氏は「日産からの出資受け入れ後に辞任する」意向を表明していた。だが、ゴーン氏は益子氏の社長続投を強く要望している。 5月13日付け当サイト記事で次のように報じ、益 [全文を読む]

日産と三菱自、オーストラリア・ニュージーランド・カナダの販売金融サービスで協業

JCN Newswire / 2017年06月05日12時10分

TOKYO, June 5, 2017 - (JCN Newswire) - 日産自動車株式会社(本社:神奈川県横浜市西区、社長:西川廣人 以下、日産)と三菱自動車工業株式会社(本社:東京都港区、社長:益子修 以下、三菱自動車)は5日、両社の協業として、オーストラリア、ニュージーランド、カナダにおいて三菱自動車ブランドの販売金融事業を開始すると発表しました [全文を読む]

三菱自、「アウトランダーPHEV」635台をウクライナ警察向けに納車

JCN Newswire / 2017年05月26日16時40分

益子修社長CEOは納車式で、「『アウトランダーPHEV』を高く評価頂き、警察車両として選んで頂いたことを感謝いたします。『アウトランダーPHEV』は環境に優しいだけでなく、車両運動統合制御システムS-AWC(Super All Wheel Control)などの最新技術を搭載しており、警察車両にふさわしい高い機能を併せ持っています」とあいさつしました。『ア [全文を読む]

三菱自、中国のエンジン合弁会社で生産累計500万基を達成

JCN Newswire / 2017年05月19日14時10分

益子修社長 CEOは本日午前、当地で行われた式典において、「中国の大手エンジンサプライヤーである瀋陽航天三菱が生産累計500万基を達成し、この記念すべき成果を大変誇りに思っています。また、生産累計は昨年の400万基から25%増えており、中国における乗用車市場の目覚ましい成長も意味しています。私たちは瀋陽航天三菱の将来に自信を持っており、引き続き中国の自動車 [全文を読む]

日産、早くも三菱自の役員ポストを占領し「子会社扱い」…不満充満で深刻な亀裂の芽

Business Journal / 2017年04月06日06時00分

この時、日産のゴーン社長(現会長)は、日産との資本提携後の退任を表明していた三菱自の益子修会長兼社長を強く慰留し、これは「三菱自は三菱自のままで、日産の子会社になるものではないという三菱自の社員に向けたメッセージ」(ゴーン氏)と述べていた。 しかし、三菱自の社員は短期間に裏切られることになる。日産は燃費不正問題を起こした開発部門を立て直すため、まず日産で長 [全文を読む]

三菱自、フィリピンのマラカニアン宮殿で「ミラージュG4」生産開始式典を開催

JCN Newswire / 2017年02月27日16時30分

三菱自動車の益子修社長兼CEOは式典で、「フィリピンは経済成長のポテンシャルが大変大きく、ドゥテルテ大統領の強力なリーダーシップの下、成長の加速は一層高まると確信している。また、質の高い労働力、政府の力強い自動車産業育成政策などがある裾野の広い自動車産業は、フィリピンの経済成長に大きな貢献が出来ると信じている。今後とも、当社はフィリピンの繁栄のために貢献し [全文を読む]

日産、万年5位脱出へタブー破りの改革始動…だが三菱自内部には救いようない白けムード蔓延

Business Journal / 2017年01月09日06時00分

三菱自の新体制は、ゴーン氏が会長、三菱商事出身で三菱自の会長兼社長だった益子修氏が社長専任となった。三菱商事と三菱重工業、三菱東京UFJ銀行の“三菱御三家”も支援を続ける。 三菱自の17年3月期最終損益は、2396億円の赤字(前期は725億円の黒字)となる見通し。ゴーン氏は信用の回復や業績の黒字化など「3つのコミットメント(必達目標)に取り組む」と強調した [全文を読む]

大塚家具、売上4割減の惨状…なりふり構わぬ「叩き売り」で必死の売上追い込み

Business Journal / 2017年01月01日06時00分

本連載では過去3回にわたり、第3位にシャープの高橋興三前社長、第2位に三菱自動車工業の益子修社長兼CEO(最高経営責任者)、輝くグランプリに電通の石井直社長を発表した。 今回は上位3氏ほどまでは顕著な経営残念度ではなかったが、16年にその活動や実績が報道され話題となった経営者諸氏の何人かを取り上げ、その事跡を振り返ってみたい。●東芝、経済事件としてのイン [全文を読む]

電通の企業文化を体現する石井社長、社員過労死連発への責任感ゼロ…頑なに社内組織優先

Business Journal / 2016年12月28日21時00分

本連載ではこれまで、第3位にシャープの高橋興三前社長、第2位として三菱自動車工業の益子修社長兼CEO(最高経営責任者)を発表した。今回は輝くグランプリとして、電通の石井直社長を発表したい。●繰り返された悲劇に恬として恥じないブラック大企業 電通の東京本社などへの東京労働局の立ち入り調査が行われたのが、10月14日だった。さらに11月7日、厚生労働省が労働 [全文を読む]

隠蔽事件で死者まで出した三菱自は、結局この10年間「何も変わっていなかった」

Business Journal / 2016年12月21日06時00分

今回はグランプリこそ逸したが、今年の“残念経営者”第2位として、三菱自動車工業(以下、三菱自)の益子修社長兼CEO(最高経営責任者)を発表したい。●最悪の企業文化にメスを入れなかった罪 三菱自は00年、04年と2度にわたるリコール隠し事件を起こしている。この事件により2人の死者を出す交通事故が発生し、三菱ふそう前会長や元常務ら7人と、三菱自の元社長や元役員 [全文を読む]

三菱自、不正で巨額赤字なのに役員報酬3倍に批判殺到…ゴーン氏、日産等から総額18億円

Business Journal / 2016年12月19日06時00分

社長の益子修氏と、海外事業、グローバルアフターセールス担当で副社長の白地浩三氏が三菱商事出身。白地氏は次期社長含みで三菱商事から送り込まれてきたが、日産の傘下に入ったことで次期社長の可能性は薄れたとみられている。 財務・経理担当で副社長の池谷光司氏は三菱東京UFJ銀行出身。社外取締役を務めている三菱重工の宮永俊一社長と三菱商事の小林健会長は続投する。 唯一 [全文を読む]

日産・ゴーンでも苦労する三菱自動車の「病巣」

経済界 / 2016年11月14日13時00分

三菱重工、三菱商事、東京三菱銀行(当時)の御三家が中心になって出資に応じ、三菱商事から派遣された益子修氏が社長に就任(05年)し、再建を目指した。 そして今回の不祥事では、結束の固い三菱グループでも匙を投げざるを得なかった。代わって救いの手を差し伸べたのが日産自動車のカルロス・ゴーン社長で、日産は33.4%の株を取得するとともに、ゴーン氏自ら三菱自動車の会 [全文を読む]

日産、粛々と進む三菱自「完全支配」計画…ゴーン、仰天人事で「大いなる野望」完遂へ

Business Journal / 2016年10月27日06時00分

三菱自は、日産グループ入りした後の経営体制として、ゴーン氏が三菱自の会長に就任するとともに、現在のトップである益子修会長兼社長が社長を続投するトップ人事の内定を正式に発表した。事前に「ゴーン氏が会長に就任するとともに、益子氏に続投を要請」と報じられていたとはいえ、益子氏が続投を受け入れたことに驚いた関係者も少なくない。 今年4月に三菱自が軽自動車の燃費を [全文を読む]

ルノー・日産アライアンスに三菱自が加わり1000万台規模へ!! 業界はどう変わる?

clicccar / 2016年10月20日19時33分

益子修は、「当社の新しい筆頭株主となる日産の積極的な、戦略上、業務上および経営上のサポートを心より歓迎します。日産は、当社の取締役会と経営陣の一員として、より深化したアライアンスを通じて、お客さまの当社への信頼を再構築し、将来のシナジーを最大化させる手助けをしてくれることを期待しています」と述べています。 ルノー・日産と三菱新連合は、軽自動車における5年 [全文を読む]

三菱自、不正再発…執拗追求の国交省、カタログ燃費「乖離問題」放置への批判封殺

Business Journal / 2016年09月28日06時00分

これを受けて三菱自の益子修会長兼社長は8月30日の会見で、「今回の件では法令違反ではないと認識している」と発言し、国交省の怒りに火をつけた。●国交省、強引な主張の背景 新型車の型式指定を申請する際、燃費を算出するため、惰行法と呼ばれる方法で走行抵抗値を測定することが定められている。三菱自の燃費不正事件では、この走行抵抗値を測定するのに高速惰行法と呼ばれる [全文を読む]

三菱自、フィリピン人研修生の受け入れ10年目へ

JCN Newswire / 2016年09月14日15時36分

三菱自動車の益子修会長兼社長 CEOは、「我々は人材面でも力を入れ、フィリピンの自動車産業育成に貢献すると共に、同国経済の発展に寄与していきたい」と語りました。新プレス工場建設は、CARS Programの一要件である大型自動車部品の現地生産化に対応することを目的としていますが、MMPCにとっても自動車生産工場としての要素技術であるプレス工程を内製化する意 [全文を読む]

日産、非常事態…突然に売上も利益も販売台数も同時激減…国内シェア1ケタ台転落で崖っぷち

Business Journal / 2016年08月25日06時00分

今回の提携では、日産のカルロス・ゴーン社長兼CEO(最高経営責任者)は救世主のように振る舞い、三菱自の益子修会長兼社長は「ウイン・ウインの関係」と力説した。しかし、益子氏はゴーン氏の発言や行動をすべて追認するような態度を見せてきた。救世主の日産が、稼働率が落ち込んでいる三菱自の雇用を維持するために「人員の派遣を要請する」かたちにしたわけだ。●燃費不正の影 [全文を読む]

スズキを腐食させる86歳・鈴木会長親子の暴走…偽装事件で副会長を「トカゲの尻尾切り」

Business Journal / 2016年07月15日06時00分

益子修会長が続投することに対して「CEO(最高経営責任者)が、なぜ全責任を取って辞任しないのか!」との批判の声が上がった。「日産自動車との提携の道筋をつけるため。新体制が発足するまで現職にとどまる」と述べ、株主の理解を求めたが冷ややかな空気が会場を覆った。 総会では益子氏の取締役再任や日産で副社長を務めた山下光彦氏の取締役就任などが承認されたが、相川哲郎社 [全文を読む]

フォーカス