稲田朋美のニュース

【テキスト速報】籠池理事長、証人喚問で昭恵夫人からの寄付や政治的関与に言及

まぐまぐニュース! / 2017年03月23日12時09分

次いで、稲田朋美防衛相との関係についても質問され、「稲田先生とは雇用契約を結んでいた。出廷をいただいたこともある。今回の土地については、事務所まで平成28年1月に(稲田氏の夫に)相談しに行っている」と明かした。稲田氏に直接相談したかどうかを問われると、それは否定した。 午前11時32分には、公明党の竹谷とし子氏が尋問を開始。100万円の寄付についてお礼状 [全文を読む]

稲田朋美が自衛隊とカールビンソンの共同訓練について答弁拒否! 国民不在で進められる北朝鮮戦争参加計画

リテラ / 2017年04月24日23時00分

衆院決算行政監視委員会でこの共同訓練が問題になり、共産党の宮本徹議員が「この共同訓練の目的、期間、武器等防護の任務を付与しているのか、そして、訓練期間中にカールビンソンが先制攻撃に出た場合どう対応するのか」と質問したのだが、答弁に立った稲田朋美防衛相が、こんな唖然とするような回答をしたのだ。「この訓練は、海上自衛隊の戦術技量の向上および米海軍との連携強化 [全文を読む]

稲田朋美氏は『シン・ゴジラ』花森防衛大臣並みの凄みを身につけるか

プレジデントオンライン / 2017年04月24日15時15分

森友問題、そして緊迫する東アジア情勢と、最近何か起こるたびに注目を集める稲田朋美防衛相。女性の防衛大臣といえば小池百合子氏や、『シン・ゴジラ』の花森防衛大臣を思い出すが、“網タイツ+メガネっ娘”キャラの稲田氏と、小池・花森両氏の違いとは? ■2017年春のヒロインは稲田朋美氏? この2カ月ほど私たちの視界からフレームアウトせず、あらゆる話題の陰に必ず存在の [全文を読む]

森友学園疑惑でいま一番ホッとしているのは稲田朋美防衛相か

NEWSポストセブン / 2017年04月05日07時00分

自民党では、森友学園問題のための籠池泰典前理事長の国会証人喚問の前、内閣改造で稲田朋美・防衛相や松野博一・文科相、金田勝年・法相ら問題閣僚を更迭し、人心一新で局面打開をはかるという4月改造説が有力視されていたが、「疑惑の連鎖の最中ではトカゲの尻尾切りといわれるだけで逆効果」(国対幹部)と改造説もしぼんだ。 ひょっとすると、いま一番ホッとしているのは稲田防衛 [全文を読む]

稲田朋美氏にハシゴ外された“もう一人の学園理事長”直撃

NEWSポストセブン / 2017年04月03日16時00分

「10年程前に関係を絶った」──森友学園の籠池泰典理事長との絶縁をそう説明した稲田朋美・防衛相。 地元・福井の特産品のメガネと網タイツをトレードマークにするなど「自ら広告塔となって地域産業を大切にする」のが売りだが、その地元の“学園理事長”を巡る騒動でも、「裏切られた」との声があがっていた。稲田氏の連合後援会の元最高幹部が振り返る。 「われわれは初当選の時 [全文を読む]

籠池夫人が明かす稲田朋美大臣の「大変失礼なこと」の真相

NEWSポストセブン / 2017年03月25日16時00分

インタビューの中で諄子氏の口調が感情的になったのは、質問が稲田朋美・防衛相に及んだときだ。 「アレ(稲田氏)はあかんなあ。言われたことをやっているという伝書鳩みたいな人やから、防衛大臣みたいな器やないんですよ。主人とケンカしたんですよ」 籠池氏が慌てて妻の言葉を止めた。「それはま、ええやないの」──。 稲田氏が議員になる前の2004年、夫が経営する法律事 [全文を読む]

稲田朋美の「籠池理事長と関係断った」はやはり嘘! 夫が自分の事務所で近畿財務局との土地交渉に立ち会い

リテラ / 2017年03月24日21時55分

──昨日行われた証人喚問で籠池泰典理事長が、2016年1月に稲田朋美防衛相の夫で弁護士である龍示氏の事務所において近畿財務局と大阪航空局の職員と面談。そこで「今回の土地の事柄を相談した」と発言した。そして本日、稲田防衛相はこの面談を"事実"と認めたのだ。 本日、国会でこの件について追及を受けた稲田防衛相は、「夫の稲田龍示弁護士からは『自分(龍示氏)は土地売 [全文を読む]

日本の教育が狂い始めた! 森友学園騒動に潜む、根が深い“本当の問題”

週プレNEWS / 2017年03月18日06時00分

しかし、稲田朋美防衛相が同学園との関係について虚偽答弁したり、岡山の加計学園に「第2の森友疑惑」が浮上したり…。 * * * 幼稚園児に教育勅語を暗唱させたり、「安倍首相がんばれ」と宣誓させたり、そんな教育内容も話題となった森友学園。3月10日に開かれた同学園の会見は、籠池泰典(かごいけ・やすのり)理事長のブチ切れシーンが繰り返しテレビで流された。会見の [全文を読む]

「自称・総理候補の嘘つき防衛大臣」稲田朋美の悪評…省職員に高圧的、国会答弁で醜態

Business Journal / 2017年03月16日20時00分

稲田朋美防衛相は13日の参院予算委員会で、「(森友学園関連の)裁判を行ったことはない」と答弁していたが、14日午後の衆院本会議で一転、「今朝の報道において、13年前の裁判所の出廷記録が掲載されました。平成16年12月9日、夫の代わりに出廷したことを確認できましたので、訂正し、お詫びいたします」と謝罪した。 多くの弁護士が、「いくらたくさんの裁判を経験して [全文を読む]

民主主義を否定する稲田防衛大臣?籠池理事長の証人喚問を急げ

メディアゴン / 2017年03月15日07時30分

保科省吾[コラムニスト]* * *稲田朋美大臣は、民主主義を否定なさっているのでしょうか。稲田防衛大臣は参議院予算委員会で、大阪の学校法人「森友学園」が運営する幼稚園の教育内容に関連して、「教育勅語の精神である親孝行など、核の部分は取り戻すべきだと考えており、道義国家を目指すべきだという考えに変わりはない」と述べました。稲田防衛大臣は教育勅語の本質がそこに [全文を読む]

「稲田朋美先生は私の顧問弁護士だった」籠池理事長が証言、証拠書類も! それでも嘘をつき続ける稲田の厚顔

リテラ / 2017年03月13日14時15分

籠池泰典理事長が「稲田朋美は夫・龍示氏とともに籠池理事長の顧問弁護士だった」と語ったのだ。 この証言を引き出したのは、森友問題を追及し報道を牽引してきた著述家の菅野完氏。菅野氏は昨日の夜に籠池泰典理事長のインタビューを実施。今朝、その模様を約25分の動画として公開したが、そのなかで「もっとも昵懇の政治家は誰だったか」という菅野氏からの質問に、こう答えたのだ [全文を読む]

腰にリボン稲田防衛相 強面のはずがガーリーな実態に違和感

NEWSポストセブン / 2017年02月16日16時00分

女性セブンのアラカン名物記者“オバ記者”こと野原広子が、世の中のおかしなことに怒りをぶつける! 今回のターゲットは、稲田朋美防衛大臣です。 * * * 女性政治家のここぞという時のスーツがヘンなのは、昨日今日始まったことじゃない。赤、青、黄色の信号カラーもあれば、ピンクに黄緑色まで、まるでゴクラクチョウだよ。 と言っても、見ているこっちもその“ヘン”に慣れ [全文を読む]

稲田防衛相が必死に守るのは自衛隊員の安全ではなくPKO派遣

メディアゴン / 2017年02月15日07時40分

両角敏明[テレビディレクター/プロデューサー]* * *ネットでトモチンと呼ばれる稲田朋美防衛大臣は弁護士です。しかし失礼ながらあまり優秀な弁護士さんではないのかもしれません。言葉にスキがあります。陸上自衛隊南スーダン派遣部隊の日報問題について、日報中に「戦闘」という言葉が再三使われていることから、衆院予算委員会で野党からPKO参加五原則に反する「戦闘」が [全文を読む]

稲田朋美防衛相の南スーダン隠ぺい開き直り答弁に国会前で抗議デモ! 憲法を蹂躙する稲田は即刻辞任しろ!

リテラ / 2017年02月11日00時30分

稲田朋美は大臣辞めろ!」「安倍晋三も一緒に辞めろ!」「安保法制いますぐやめろ!」「自衛隊の命を守れ!」 寒空の下、国会前に響き渡るコール。──昨日10日、国会前では、南スーダンへの自衛隊PKO派遣の撤退を求める抗議行動がおこなわれた。主催者発表によると、その数は500人。新聞社やテレビ局の取材陣も数多く詰めかけた。 もちろん、今回の抗議の発端となったのは [全文を読む]

<成蹊大卒の安倍首相>内閣総理大臣に学歴は関係あるのか?

メディアゴン / 2017年02月06日07時30分

だが、それならなぜ、稲田朋美防衛大臣(早稲田大学法学部卒)や、金田勝年法務大臣(一橋大学経済学部卒)を閣僚に起用するのか。稲田朋美防衛大臣は、2月2日の衆院予算委員会で、沖縄県名護市沖での米軍垂直離着陸輸送機MV22オスプレイの不時着事故をめぐる野党議員の質問に直接答えず、浜田靖一委員長(自民)から「質問に答えて」と注意された。稲田氏に質問した共産党の笠井 [全文を読む]

<県民の意思は反映されてる?>全員自民党の福井県は超個性派ぞろい

メディアゴン / 2017年02月01日07時30分

(議員名は敬称を略させていただきます)福井県は衆議院小選挙区選出が稲田朋美、高木毅で、北信越比例が山本拓です。参議院の選挙区は滝波宏文、助田重義で、衆参国会議員5人をすべて自民党が独占しています。仮に福井県で自民党の支持率が50%あったとしても、残り50%の県民の意志は国会において無視されかねないことになります。いささか横道ですが、福井選出の各議員、とりわ [全文を読む]

「日本の稲田朋美防衛相は美しいので…」=テレビ番組で軍事評論家が発言―中国

Record China / 2016年12月14日11時30分

2016年12月11日、広東衛視の番組内で、軍事評論家の張召忠(ジャン・ジャオジョン)氏が、日本の稲田朋美防衛相について「美しいので間違っても許される」と発言した。 番組では、閣僚や政治評論家など安倍政権を取り巻く女性には明らかな右翼的立場をとるという共通点があると指摘した。この点について尋ねられた張氏は、「安倍首相が推し進めるのは極端な右翼的政策だが、こ [全文を読む]

稲田朋美防衛相が政務活動費で贅沢三昧! 串カツ屋で一晩14万円、高級チョコに8万円、靖国の献灯も経費で

リテラ / 2016年11月27日12時00分

だが、そのなかでもとりわけすごいのが、安倍首相から寵愛を受け、ネトウヨの間では「ともちん」の愛称で大人気の防衛大臣・稲田朋美氏だ。 稲田氏の資金管理団体「ともみ組」の収支報告書をみると、稲田氏は「政務活動費」と称して超高額の夕食会合をたびたび行っている。たとえば、15年2月6日にはホテルニューオータニで20万3212円と26万6765円を「夕食会合費」とし [全文を読む]

南スーダンの自衛隊が危ない!“守られる側”のNGO関係者が懸念する「駆けつけ警護」のリスク

週プレNEWS / 2016年10月27日06時00分

自衛隊がPKO(国連平和維持活動)に従事する南スーダンを視察した後、稲田朋美防衛大臣はそう強調していたが……。知られざる現地の実情をNGO関係者に聞いた! ■何かしらの衝突に巻き込まれかねない 10月8日、南スーダンの首都ジュバを稲田朋美防衛大臣が訪問。2012年からPKO(国連平和維持活動)に参加している自衛隊の活動状況を視察し、「情勢は安定している」 [全文を読む]

小池百合子 絨毯爆撃で突破する3仇的「粉砕現場」!(4)稲田朋美防衛相と比較すると…

アサ芸プラス / 2016年10月27日05時55分

それでも防衛大臣の責務を果たすため、10月8日に南スーダンの首都ジュバを訪れ、国連平和維持活動(PKO)に参加する陸上自衛隊施設部隊を視察。 安全保障法制の施行で可能になった、「駆けつけ警護」(NGOの職員らが武装集団に襲われた時、自衛隊員がその場に助けに向かう任務)と「宿営地の協同保護」の新任務を自衛隊に与えるべきか検討するのが目的だった。「3カ月前に政 [全文を読む]

フォーカス