田中角栄のニュース

強者にすり寄らず弱者によって立った角栄を森永卓郎氏が絶賛

NEWSポストセブン / 2012年12月13日07時00分

経済アナリストで獨協大学教授の森永卓郎氏は、今から約40年前、「今太閤」と呼ばれブームを巻き起こした田中角栄を選んだ理由を語った。 * * * 金権政治批判がつきまとった田中角栄元首相ですが、私は、「格差を縮めて、日本の平等主義の原点をつくった政治家」として高く評価しています。むしろ田中角栄のような政治家がいないことを嘆いているほどです。 田中角栄は29歳 [全文を読む]

【アベノミクス、憲法改正、日米関係、原発・・・角栄は現代の悩みに答えていた! 】『田中角栄の大予言』 10/14 発売!

PR TIMES / 2016年10月14日18時28分

ファッション雑誌販売部数トップシェアの株式会社宝島社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:蓮見清一)は、書籍『田中角栄の大予言』を2016年10月14日(金)に発売します。 [画像1: http://prtimes.jp/i/5069/444/resize/d5069-444-358185-0.jpg ] 昨年1月に発売した書籍『田中角栄 100の言葉』 [全文を読む]

田中眞紀子氏の異母きょうだい 父・角栄氏と母について語る

NEWSポストセブン / 2012年05月20日07時00分

この人があの“越山会の女王”と、元首相・田中角栄氏(享年75)の間のひとり娘か。何かと話題の民主党の田中眞紀子代議士(68才)とは異母きょうだいにあたる。このほど、母・昭(後に昭子と改名)と田中角栄氏について綴った著書『昭 田中角栄と生きた女』(講談社)を出版した。 「本の表紙になっている、オヤジとのツーショット写真が衝撃的だと、皆に驚かれるんですけど、 [全文を読む]

【50名限定!無料招待】田中角栄を撮った報道写真家が明かす、心をつかむ「リーダーシップ」と「言葉」とは

PR TIMES / 2017年05月09日17時59分

没後24年ながら今、再び注目を集める伝説の政治家・田中角栄。 ここ数年で関連本が続々と出版され、数多くのテレビ番組でも特集が組まれました。 そんな角栄ブームを引き起こした1つのきっかけとなったのが、書籍『田中角栄100の言葉』。 74万部を超えるベストセラーでもある同書の仕掛け人が、この度、アカデミーヒルズ 六本木ライブラリーで トークイベントを開催しま [全文を読む]

スペシャル対談・田中京×大下英治「今の日本には“田中角栄”が必要だ」(1)息子が見た名宰相の素顔は

アサ芸プラス / 2016年08月16日05時55分

好評のうちに最終回を迎えた「田中角栄 日本が酔いしれた『親分力』!!」。今回、その番外編となる特別対談が実現。角栄氏の長男・京氏と連載を執筆した大下氏が、それぞれ「息子」「作家」の目線から、何者にも代えがたい田中角栄の政治家・人間としての魅力を語り尽くす!大下 僕と京さんは、以前から親しい間柄でね。前に銀座のクラブで京さんと飲んでいる時、「お父さんは、ちゃ [全文を読む]

田中角栄 日本が酔いしれた親分力(1)40までにやるだけやって死にたい!

アサ芸プラス / 2016年06月21日05時55分

この状況を打破する強いリーダーシップを求めるかのように、今再び昭和の宰相・田中角栄に注目が集まっている。時代を大きく動かした「男の器」を、長年に亘り取材を重ねたジャーナリストが浮き彫りにしていく! リーマン・ショックをはじめ、日本に危機が訪れる度に、「もし角さんがいたら、どのような大胆な政策を打ち出すだろうか」という田中角栄待望論が強まる。東日本大震災に続 [全文を読む]

田中角栄 日本が酔いしれた親分力(22)周りを取り込む温かな人柄

アサ芸プラス / 2016年08月09日05時55分

何より人を愛し、人に愛された男だった──あまたいる政治家の中でも、田中角栄が特別である理由はここにある。「ロッキード事件」をきっかけに、その運命は大きく変わることとなったが、田中が世に遺したエピソードや言葉は、今なお人々の心を熱く揺さぶり続けている! 田中角栄がいまだ人々に愛されているのは、ひとえに情の人であったことだ。 1963年(昭和38年)の暮れ、当 [全文を読む]

50万部突破!「天才」にはない経験に裏打ちされた力強い言葉が詰まった、“角栄ブーム”の火付け役!

ダ・ヴィンチニュース / 2016年04月19日06時30分

第64・65代内閣総理大臣を務めた田中角栄がブームだ。数多くの“角栄本”が書店に並び、テレビ番組で特集され、最近では日めくりまで出版されるなど、没後20年以上経って再び注目が集まっている。そのブームのきっかけとなったのが『田中角栄100の言葉 日本人に贈る人生と仕事の心得』(別冊宝島編集部編/宝島社)だ。【人気連載マンガ】20世紀末の日本を生きた、かふん少 [全文を読む]

日中の首脳が相互訪問呼びかけへ。二階氏の訪中は正解と言えるのか?

まぐまぐニュース! / 2017年05月25日04時30分

日中関係を最優先した田中角栄と小沢一郎が招いたもの アメリカを出し抜いた田中角栄 1960年代末、ニクソン大統領は、ソ連に対抗するために、中国と和解することにしました。1972年、ニクソンは、中国を訪問。「台湾に関する5原則」を提示し、台湾を事実上見捨てます。このニクソン訪中で、米中関係は、どうなったのでしょうか? キッシンジャー大統領補佐官が、「回顧録 [全文を読む]

「いつでもどこでも」本を「耳で楽しめる」オーディオエンターテインメントサービス「Audible(オーディブル)」伝説の名スピーチ・人を動かす会話術と説得術を音声で楽しむ「田中角栄 心をつかむ3分間スピーチ」2017年4月5日(水)より配信開始

@Press / 2017年04月05日12時00分

読み:オーディブル)は、2017年4月5日より「田中角栄 心をつかむ3分間スピーチ」(小林吉弥・著 山本五郎・朗読)の配信を開始します。1970年代の日本を抜群のリーダーシップで牽引したと言われる田中角栄元総理大臣。様々なシーンで聴衆を魅了し人々を動かした同氏による、数々の名スピーチをまとめた「田中角栄 心をつかむ3分間スピーチ」を、今なお多くの皆さんがご [全文を読む]

【驚異の50万部突破!Amazonレビュー高評価の★4.6を獲得!】1番売れている“田中角栄”本、『田中角栄 100の言葉』が売れ続ける理由とは?

PR TIMES / 2016年04月21日19時02分

「天才」にはない、田中角栄の本物の言葉が詰まった一冊!この春、ビジネスシーンで役に立つ角栄の言葉はコレだ! 宝島社から2015年1月24日に発売した『田中角栄 100の言葉』は、発行部数50万部を突破し、売れ行きを伸ばしています。同書は田中角栄ブームの火付け役となっており、過去に出版された角栄関連本まで売れているほか、石原慎太郎の「天才」など、後を追うよう [全文を読む]

田中角栄の金権政治にかかわる新事実を白日の下にさらした本

NEWSポストセブン / 2014年01月06日16時00分

【書評】『田中角栄に消えた闇ガネ 「角円人士」が明かした最後の迷宮』森省歩/講談社/1785円 【評者】森永卓郎(経済アナリスト) 田中角栄は希有な政治家だから立花隆の「田中角栄研究」以降も、立花氏を含めて様々な作家やジャーナリストが田中角栄研究の本を出してきた。そしてそれは四十年経ったいまでも続いている。 田中角栄は、地方と大都市の経済格差を是正し、年金 [全文を読む]

石原慎太郎 安倍首相は良くやっているが角栄とスケール違う

NEWSポストセブン / 2016年02月05日07時00分

田中角栄氏の金権政治を批判する急先鋒だった石原慎太郎氏が、『天才』というタイトルで上梓した新刊は、田中角栄の人生を一人称で書くというまさかの“霊言”だった。金権を批判したが、しかし政治家として田中角栄は天才で本当のインテリだと評価する石原氏に、現代の政治家について聞いた。 * * *〈石原慎太郎氏と田中角栄氏、2人のもう一つの共通点が、アメリカと対峙したこ [全文を読む]

石井一氏「ロッキード事件の核心は日米合作の冤罪なのです」

NEWSポストセブン / 2016年10月08日07時00分

田中角栄・元首相の私設秘書を務めた後に政治家に転身、自治大臣などを務めた元民主党副代表の石井一氏(82)がロッキード事件の真相に迫った『冤罪 田中角栄とロッキード事件の真相』(産経新聞出版)を上梓した。なぜ今になってその封印を解いたのか。 * * * 空前の田中角栄ブームで、逮捕から40年という節目でもある。その田中が、ロッキード事件に関して言い残していた [全文を読む]

元朝日記者「韓国デモ参加者も民主主義を理解していない」

NEWSポストセブン / 2016年12月09日07時00分

田中角栄首相のスキャンダルである。 その年の10月に月刊『文藝春秋』に掲載された「田中角栄研究」と「淋しき越山会の女王」という2つのレポートは、田中ファミリー企業の資産形成と、政治団体・越山会の女王と呼ばれた秘書・佐藤昭子氏との愛人関係を暴き、権勢を誇った田中首相の退陣に繋がった。 その40年前の日本と今の韓国が「重なる」と言うのは、元朝日新聞ソウル特派員 [全文を読む]

第13回「テレ朝の時代」

ソーシャルトレンドニュース / 2016年12月03日12時30分

彼が問題解決のために接近を図ったのは、テレビ行政に莫大な権力を持つ時の自民党幹事長――田中角栄だった。■「腸ねん転」問題NETの三浦甲子二取締役は、自民党の田中角栄幹事長と密談を重ねた。目的は、NETの「一般局」への変更と、東京と大阪の「腸ねん転」の解消である。腸ねん転――。当時、東京と大阪のテレビネットワークは奇妙な状態にあった。NETは大阪では毎日放送 [全文を読む]

田中角栄より“所得倍増計画”の池田勇人が漫画的に面白いワケ

週プレNEWS / 2016年07月28日06時00分

なぜこの時代にその人物を題材として選んだのか? 「池田勇人を主人公にした戦後政治モノをやりたい」と自ら担当編集者に提案したという作者・大和田秀樹先生に発想の動機や池田勇人の魅力を聞いた! ―ちょうど田中角栄ブームもきてますが、彼を描こうとは思わなかったんですか? 大和田 迷いましたよ(笑)。小学校までしか卒業していないのに総理大臣になる人生はめちゃくちゃ [全文を読む]

あの石原慎太郎氏も舌をまく伝説の演説集! 『田中角栄 心をつかむ3分間スピーチ』 日本中を熱狂させた説得術の極意!“ユーモア"と“毒"たっぷりの「角栄節」66

DreamNews / 2016年07月04日10時00分

株式会社ビジネス社(東京都新宿区:代表取締役社長 唐津隆)は、2016年6月28日に『田中角栄 心をつかむ3分間スピーチ』を発売いたしました。株式会社ビジネス社(東京都新宿区:代表取締役社長 唐津隆)は、2016年6月28日に『田中角栄 心をつかむ3分間スピーチ』を発売いたしました。あの石原慎太郎氏も舌をまく伝説の演説が甦ります。日本中を熱狂させたあの説得 [全文を読む]

田中角栄が今ブーム!『田中角栄 100の言葉』ほか 宝島社の角栄本が累計34万部突破

PR TIMES / 2015年08月08日12時27分

そんな中、安倍政権と比較されるのが、没後20年以上経った今でも、多くの人を惹き付ける田中角栄です。酒、女、カネ、そして、政治力と今では考えられない豪快さで、数々のエピソードを残す角栄。ロッキード事件、金権政治で「巨悪」と指弾されながらも多くの政治家たちが「オヤジ」を慕い、地元でも多くの支持者が最後まで票を投じたほど人望は厚く、利益誘導型の政治と批判はされ [全文を読む]

日中関係について大前研一氏「今日の問題の根源は田中角栄」

NEWSポストセブン / 2015年04月22日07時00分

当時の田中角栄首相と周恩来首相が会談して国交正常化を決めたわけだが、その入り口の段階でボタンの掛け違いがあった。日中関係の歴史を(たぶん)深く知らなかった田中角栄が、それを知り尽くしていた周恩来にしてやられたのである。 田中角栄には過去の清算ができなかった。彼に十分な歴史的知識があれば、交渉の前段でこう言うべきだった。 日本は好き好んで中国に足を踏み入れた [全文を読む]

フォーカス