宇野宗佑のニュース

巨人・高木投手が野球賭博を告白!スキャンダルでの失脚劇といえば…

しらべぇ / 2016年03月10日17時30分

(2)宇野宗佑1989年に第75代総理大臣に就任した宇野宗佑氏だったが、就任直後に神楽坂芸者に愛人関係を迫っていたことが判明。選挙での大敗北もあり、わずか69日で辞任となった。辞任理由は選挙の敗北をふまえてのものだが、女性スキャンダルが衝撃的だったため、「女性問題で辞任に追い込まれた総理」のイメージが定着している。 (3)清原和博西武や巨人で高い成績を残し [全文を読む]

痴漢公務員「ババアか、俺に触られただけありがたいと思え!」

NEWSポストセブン / 2017年06月10日07時00分

古くは、在任期間わずか69日の短命内閣に終わった宇野宗佑元総理。神楽坂の芸妓の指3本を握って月々のお手当の交渉をしたときのやり取りが、しきりに報じられたっけ。 人は他人に言われたら、拳を握らなくちゃならない言葉ってあると思う。私事で、ずいぶん前のことだけど、駅の改札を出たところで後ろからロコツにお尻を触られた。 「何するのっ」と振り向いたら、「なんだ、ババ [全文を読む]

指導力、官僚掌握力などで評価、平成総理の最高、最低は誰か

NEWSポストセブン / 2017年06月08日16時00分

【2】宇野宗佑(自民党、1989.6.3~1989.8.10、在任69日)総合評価1.0「指三本(お手当30万円)」で有名な愛人スキャンダルで、自民党最短命。その醜聞の影響でニューリーダーの安倍晋太郎総理誕生の芽も摘んだ。【3】海部俊樹(自民党、1989.8.10~1991.11.5、在任818日)総合評価3.7水玉ネクタイがトレードマーク。 早稲田雄弁会 [全文を読む]

【日米会談・屈辱の歴史】わずか6分の宇野・ブッシュ会談

NEWSポストセブン / 2017年02月07日16時00分

屈辱的といえば、フランスのアルシュ・サミットの合間に行なわれた宇野宗佑首相とブッシュ(父)大統領の首脳会談(1989年7月)だ。会談時間はわずか6分。挨拶だけで終わりそうだが、内容は過激だった。 ブッシュは米国の小売店の日本進出を可能にする大規模小売店舗法改正、日本企業の米国不動産買い漁りをやめさせるための国内地価抑制などをテーマとする「日米構造協議」の [全文を読む]

法務大臣経験者は総理になれないというジンクスあり

NEWSポストセブン / 2016年11月27日16時00分

◆法務大臣は総理になれない 「防衛大臣(防衛庁長官)経験者は総理になれない」というのは永田町ではよく知られたジンクスだが、これには中曽根康弘、宇野宗佑・元首相という例外がある。それに対して、現在まで歴代99人の法務大臣の中で総理になった人物は1人もいない。法相経験者には谷垣禎一・前総裁や高村正彦・現副総裁など自民党総裁選に出た実力者が少なくないが、それで [全文を読む]

安倍政権、天皇の生前退位を是が非でも回避の「狡猾」な抵抗…「政権崩壊」という歴史的運命

Business Journal / 2016年11月22日06時00分

次に成立した宇野宗佑内閣は、首相の女性問題もあって国民の不信が高まり、夏の参議院選挙で自由民主党は結党以来の惨敗を喫し総辞職した。在任期間は69日と短命な政権だった。 [全文を読む]

「YKK秘録」にみる政治の活力―YKKの特質―

Japan In-depth / 2016年10月24日19時00分

政権は「三、角、大、福、中」で15年間続き、その後竹下登氏、宇野宗佑氏、海部俊樹氏と事実上の経世会(竹下派)支配が続く。下馬評では「安、竹、宮」時代とされたが安倍晋太郎氏は病死で脱落、宮沢氏は首相になるが、竹下・小沢の実質的支配下にあるとみられていた。▪️友情と打算の二重奏―上座は加藤、小泉は反経世会―YKKの会合ではいつも加藤氏が上座、小泉氏が末座に座り [全文を読む]

週刊アサヒ芸能「創刊60年の騒然男女」政治・事件スクープの表裏!<政治家たちの女性スキャンダル>

アサ芸プラス / 2016年10月22日09時55分

その最たる例が宇野宗佑氏だろう。総理就任からわずか3日後、「サンデー毎日」で神楽坂の芸者が愛人だったことを激白する。三本指を握って、「これで俺の愛人になれ」と言ったことは大きく報じられ、69日の在任期間で宇野氏は総理を辞任するに至った。そして告発から22年目の10年、8月26日号で芸者がインタビューに答えた。「花柳界で旦那になるということはステータスです [全文を読む]

「弁護士に一任」に既視感?都知事候補・鳥越氏に問われる説明責任

デイリーニュースオンライン / 2016年07月22日09時05分

鳥越さん陣営ではすべて弁護士に任せ、今後も具体的な言及はしない方針でしょうが、ジャーナリストならば自らの言葉で反論すべきという批判も出ています」(前出・記者) かつて『サンデー毎日』(毎日新聞出版)編集長時代には当時の宇野宗佑首相の女性問題をめぐる告発記事を掲載し、退陣に追い込んだ鳥越氏。とはいえ現在の姿には、政治家に説明責任を求めたジャーナリストとしての [全文を読む]

乙武洋匡氏、不倫騒動の尻拭いを妻にさせる"あざとい火消し作業"

東京ブレイキングニュース / 2016年03月25日13時10分

衆院議員の細野豪志氏がタレントの山本モナ氏と路チュー写真を撮られた時もそうでしたし、古くは芸者さんの「3本指」で首相を辞めた故・宇野宗佑元首相など。 でもね!でもね!どんなケースでも、一番の「被害者」は奥さんなんですよ! 信頼していた夫の裏切りを見せられ、しかもそれが社会に曝される......。謝罪なんてしていられる場合じゃないですよ!第一、自分は悪くない [全文を読む]

フォーカス