高崎晃のニュース

《35周年スペシャル企画》 世界を震わせたLOUDNESSの魂、ギタリスト高崎晃の半生を語る初の自伝本が、12月10日発売決定!

PR TIMES / 2015年10月09日14時28分

[画像: http://prtimes.jp/i/5875/896/resize/d5875-896-850713-1.jpg ]インプレスグループで音楽関連の出版事業を手掛ける株式会社リットーミュージック(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:古森優)は、ヘヴィメタルバンドLOUDNESS 35周年YEAR企画として、ギタリスト高崎晃の半生を語る初の自伝 [全文を読む]

LOUDNESSのギタリスト・高崎晃が12月に初の自伝本を発売

okmusic UP's / 2015年10月11日12時00分

LOUDNESSの35周年YEAR企画として、ギタリストである高崎晃の半生を語る初の自伝本『雷神〜Rising 高崎晃 自伝』が12月10日に発売される事がわかった。【その他の画像】LOUDNESS世界で最もその名が知られている日本人ロック・ギタリスト、高崎晃。BABYMETAL、きゃりーぱみゅぱみゅなど日本人アーティストの海外進出が話題となっているが、今 [全文を読む]

本日発売!初の自伝本『雷神 Rising』の出版を記念して、世界に誇るギタリスト・高崎晃氏(LOUDNESS)のトークショー+サイン会、地元大阪にて開催決定!!

PR TIMES / 2015年12月10日10時26分

[画像1: http://prtimes.jp/i/5875/975/resize/d5875-975-380131-1.jpg ]インプレスグループで音楽関連の出版事業を手掛ける株式会社リットーミュージック(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:古森優)は、本日12月10日、ヘヴィメタルバンドLOUDNESS 35周年YEAR企画として、ギタリスト高崎晃 [全文を読む]

日本人初!LOUDNESS 高崎晃 ヘヴィメタ専門誌「BURRN!」表紙に

dwango.jp news / 2015年10月30日12時23分

その中心人物であり、ギタリストである高崎晃が、ヘヴィ・メタル専門誌「BURRN!」の2016年1月号(2015年12月4日発売)にて、日本人アーティストとして初めて表紙を飾ることが決定した。「BURRN!」誌は、1984年9月、音楽雑誌「ミュージック・ライフ」の別冊として創刊。以来、31年間の長きにわたり、日本を代表するヘヴィ・メタル専門誌としてシーンに高 [全文を読む]

LOUDNESS、コロムビア時代に発表した11作品のライナー執筆者を発表

okmusic UP's / 2016年03月14日20時00分

【その他の画像】LOUDNESSこの作品は1981年のデビュー以降、LOUDNESSがコロムビア時代にリリースしたオリジナルアルバム8枚に加え、創設メンバーである高崎晃、樋口宗孝それぞれのソロアルバムをラインアップした11タイトルをメンバー立ち合いのもとのリマスタリングを行なった作品となる。 今回、その35周年特別仕様の記念BOXセットのジャケット写真と、 [全文を読む]

栄光の裏側で何を思っていたのか―世界を震撼させたLOUDNESSの魂、ギタリスト高崎晃が半生を語る

ダ・ヴィンチニュース / 2015年12月07日17時30分

ヘヴィメタルバンド「LOUDNESS」の35周年YEAR企画として、ギタリスト高崎晃の半生を語る初の自伝本『雷神~Rising 高崎晃 自伝』が、2015年12月10日(木)に発売される。 【詳しくはこちら】ダ・ヴィンチニュースへ 世界で最もその名が知られている日本人ロック・ギタリスト、高崎。1980年代に全米進出を果たしたLOUDNESSの成功がなければ [全文を読む]

LOUDNESS、35周年企画第15弾はインド三部作がBOXセットで完全復活!

okmusic UP's / 2016年09月01日15時00分

結成35周年イヤーの今年、高崎晃自らが立ち会いのもと、3作品全てが初デジタルリマスター化され完全復活する。 今作のアーティスト写真には、当時ジャケット制作時に撮影された貴重なバンドショットを使用。そのメンバーには高崎晃(G)、MASAKI(Vo, 元EZO, LOUDNESS第3期Vo)、柴田直人(B, ANTHEM)、本間大嗣(Dr, 元EZO)という、 [全文を読む]

フテネコにアフロくんに高崎晃(LOUDNESS)、超個性派のオンデマンドTシャツサイトが本日オープン

PR TIMES / 2016年07月13日12時39分

また、参加しているクリエイター(ミュージシャン/デザイナー)も個性的で、音楽シーンからは高崎晃(LOUDNESS)、イラスト/コミックシーンからは花くまゆうさく&フテネコ、さらにデザインチームとしてのMdNや、レディースアパレル界からはモードレーヌといった、個性的なブランド/デザインが目白押しです。<T-OD公式サイト>https://t-od.jpTwi [全文を読む]

LOUDNESS、コロムビア時代のアルバム11タイトルを最新リマスタリングで再発売

okmusic UP's / 2016年01月16日00時00分

【その他の画像】LOUDNESS今回発表された新しい企画は「LOUDNESS COLUMBIA YEARS SELECTION」と題され、1981年のデビュー以降、LOUDNESSがコロムビア時代にリリースしたオリジナルアルバム8枚に加え、創設メンバーである高崎晃、樋口宗孝それぞれのソロアルバムをラインアップした11タイトルのリマスター作品の発売だ。 す [全文を読む]

黒夢、2014年を締め括ったスペシャルな2Days公演

okmusic UP's / 2015年01月06日19時30分

オーラをまとった高崎晃がオーディエンスの前に現れる。「1曲いくよー!」という清春の導きによって、激烈に奏でられたのは「ANARCHY IN THE U.K.」。黒夢と高崎晃が同じステージ上でSEX PISTOLSをカバーする。まさに今ここでしか観られない稀有な光景だ。清春と人時。さらにはサポートメンバーのK-A-Z(G)とYOUTH-K!!!(Dr)。踊り [全文を読む]

LOUDNESS、ファン数千人で作るフォトモザイクアートを35周年特設サイトにて公開

okmusic UP's / 2016年06月30日19時30分

■LOUDNESS 35周年特設サイト http://columbia.jp/loudness35th/mosaic.html■『LOUDNESS「SAMSARA FLIGHT〜輪廻飛翔〜」リリース記念トーク&サイン会』7月06日(水) 19:00〜 会場:ディスクピア日本橋店2Fイベントスペース 出演:LOUDNESS(高崎晃、二井原実、山下昌良、鈴木 [全文を読む]

LOUDNESSの高崎晃が日本人初として「BURRN!」の表紙に決定

okmusic UP's / 2015年10月30日14時30分

LOUDNESSの中心人物であり、ギタリストである高崎晃が、ヘヴィ・メタル専門誌「BURRN!」の2016年1月号(2015年12月4日発売)にて、日本人アーティストとして初めて表紙を飾ることが決定した。【その他の画像】LOUDNESS「BURRN!」誌は、1984年9月、音楽雑誌「ミュージック・ライフ」の別冊として創刊。以来、31年間の長きにわたり、日本 [全文を読む]

ラウドネス高崎晃・山下昌良が参加する「創聖のアクエリオン」メタルカバーがスゴすぎる

AOLニュース / 2015年03月14日10時10分

そして10日(火)には、高崎晃/山下昌良がゲストプレイヤーとして参加した「創聖のアクエリオン」がついに公開され、ボーカルを務めるQueen.Mの歌声が明らかになった。 https://youtu.be/TdGVQqjtUo0 <関連動画はこちら> Queen.Mの正体は未だ謎のままだが、その力強い歌声を称賛して、メタル界からは「こんなボーカルどこにいたんだ [全文を読む]

二代目アニメタルの歌声解禁『創聖のアクエリオン』がカッコ良すぎ

dwango.jp news / 2015年03月10日19時22分

3月10日、高崎晃/山下昌良がゲストプレイヤーとして参加する『創聖のアクエリオン』が公開され、Queen.Mの歌声が明らかになった。ギターソロを入れる時は、まだ仮歌だったんだけど、パンチのある歌だったんで、こちらもガッツリ”ROCK魂”を放りこんでおきました。出来上がりを楽しみにしています。(高崎晃/LOUDNESS)初めて聴いたときからサビの歌詞とメロが [全文を読む]

二代目アニメタルの歌声解禁、ラウドネス高崎&山下参加の「創聖のアクエリオン」公開

okmusic UP's / 2015年03月10日16時39分

二代目アニメタルが3月25日にリリースする1stアルバム『ANIMETAL THE SECOND』より、ラウドネスの高崎晃と山下昌良がゲストプレイヤーとして参加した「創聖のアクエリオン」が公開され、Queen.Mの歌声も明らかになった。 【その他の画像】二代目アニメタル1stアルバム『ANIMETAL THE SECOND』ジャケット高崎晃は「ギターソロを [全文を読む]

二代目アニメタルにウォーレン・デ・マルティーニ参加、ジョージ・リンチ、高崎晃らゲストの参加楽曲も公開

okmusic UP's / 2015年02月12日20時12分

「収録楽曲」アニメタイトル(参加ゲストプレーヤー) M1, Overture~Theme of ANIMETAL THE SECOND~ M2,「ライオン」マクロスF(ジョージ・リンチ/ex ドッケン) M3,「創聖のアクエリオン」創聖のアクエリオン(高崎晃・山下昌良/ラウドネス) M4,「残酷な天使のテーゼ」新世紀エヴァンゲリオン(e-ZUKA /グラ [全文を読む]

デビュー40周年!“アニソン界のプリンス”影山ヒロノブの「衝撃を受けたアーティスト」と「続けられた理由」

おたぽる / 2017年03月23日22時00分

クラスメイトと高崎晃(注:LAZYのギタリスト。後にメタルバンド「LOUDNESS」を結成し、世界的なギタリストとなった)くんと一緒にフォークソングをやったのが始まりですね。──最初はロックではなく、フォークだったんですね。影山 当時はフォークが流行っていたんです。それに、そもそも子どもにはエレキを手にするのが難しかったんですよ。──なるほど。フォークギタ [全文を読む]

ムッシュかまやつさん逝去 その栄光のミュージシャン人生

ガジェット通信 / 2017年03月02日13時15分

かまやつさんの功績の最もたるのは先見性のある音楽センスで1950年代から1970年代のめまぐるしく変化するシーンをリードしたことだが、プロデューサーとして荒井由実(現・松任谷由実)、レイジー(LOUDNESS高崎晃など在籍)など数々のアーティストが世に出るきっかけを作ったことも外しがたい。 亡くなったことは大変残念だが、最晩年まで第一線で活躍し、ファンや [全文を読む]

フリクションの『軋轢』は日本のロックが世界的ムーブメントと同時に鳴った記念碑的名盤

okmusic UP's / 2016年12月28日18時00分

国内でも、Char、高崎晃、山本恭司、布袋寅泰、松本孝弘等々、自身のプレイで歴史を作ってきたギタリストは多いし、そのサウンドが印象的な楽曲や作品も膨大で、タイトルを挙げたらキリがないことは間違いない。そんな中、あえて、こと日本において“もっともシーンに衝撃を与えたギターサウンド”を挙げるとしたら、そこにフリクションは名前を連ねるだろし、その推挙に反論できる [全文を読む]

小児がん・AYA世代のがん患者を支援するロック・チャリティー・ライブ。オンコロPresents「Rock Beats Cancer FES Vol.5」を12月29日にEXシアター六本木で開催

PR TIMES / 2016年12月03日10時29分

[画像1: http://prtimes.jp/i/13827/26/resize/d13827-26-354814-0.jpg ]「Rock Beats Cancer」は、世界的なハードロック・ヘヴィメタルバンドとして知られるLOUDNESS(ラウドネス)のドラマー樋口宗孝さん(2008年11月 30日に肝臓がんで逝去)の偉業を後世に伝え、また後身、若 [全文を読む]

フォーカス