柳井正のニュース

ドナルド・トランプ、柳井正、孫正義……お金がバンバン貯まる「実践!大富豪の言葉」

プレジデントオンライン / 2017年03月07日09時15分

ファーストリテイリング「トップメッセージ」) 16年5月11日、ファーストリテイリングは社長・柳井正のメッセージをサイト上で公開した。この中でユニクロの営業不振を率直に認めている。 「高い成長の陰で慢心し、ローコスト経営を怠り、商品にお客様が求めている新しさ・革新性が少なかったことなど、さまざまな反省点がありました。しかし、この業績悪化の中でこそ新しいビジ [全文を読む]

秘書に聞いた理想の上司に関する調査

PR TIMES / 2012年04月17日18時41分

現役秘書が選ぶ“秘書につきたい理想の上司”ランキング発表!今より昔!? あの元首相が、現首相や今を時めくカリスマ経営者を抑えて堂々の第1位政治家・経営者部門 1位「小泉純一郎」 2位「孫正義」「柳井正」タレント・文化人では「池上彰」、歴史上の人物では「坂本龍馬」が1位【調査概要】 ■調査方法:インターネット調査 ■調査期間:3月29日(木)~4月9日(月) [全文を読む]

日本復興の道のりに焦点を当てた特別企画 「REBUILDING JAPAN」を放送

PR TIMES / 2012年03月01日09時13分

また、インタビュー番組「トーク・アジア」では、日本女子サッカー界のスターである澤穂希選手や、ユニクロの創設者であり、日本で最も尊敬されている実業家の一人柳井正氏をゲストに迎えます。30分スペシャル番組「リビルディング・ジャパン」では1週間のハイライトを3月10-14日に放送。世界の都市を紹介する番組「CNNGo」でも日本にスポットを当て、大阪と京都からの特 [全文を読む]

「走る」ことで仕事のピークを持ってくる。オトバンクCEO・久保田裕也さんの仕事術

lifehacker / 2017年05月29日09時00分

7. 仕事において役に立った本、効果的だった本は何ですか? 『一勝九敗』(柳井正著、新潮社)2005~6年、オトバンクが立ち上がったばかりのころに読みました。私が一番最初にインターンを経験したのがユニクロでした。すでに大成功を遂げている会社というイメージでしたが、実は過去にかなり失敗も重ねてきていると知って当時非常に励まされましたね。『心に書きとめておき [全文を読む]

1位は孫正義、2位は柳井正 長者番付で分かった日の丸ベンチャーの弱点

経済界 / 2017年04月25日15時55分

1位は孫正義・ソフトバンクグループ社長(世界34位)、2位は柳井正・ファーストリテイリング社長(同60位)。この2人は毎年トップ争いを繰り広げており、2014年から毎年1、2位が入れ替わっている。 今回、孫氏が1位に返り咲いたのは、株価が大幅に上昇したためだ。昨年7月、ソフトバンクグループは英半導体設計大手のアーム社を3兆3千億円という、日本のM&A史上 [全文を読む]

孫正義、稲盛和夫、柳井正 成功を収めた大富豪の至言

NEWSポストセブン / 2017年01月26日16時00分

【『成功への情熱』(PHP研究所刊)稲盛和夫著】 ●柳井 正(ファーストリテイリング会長兼社長) 「変革しろ、さもなくば死だ」 ユニクロを世界4位のアパレル製造小売業へと急成長させた柳井正(1949~)は、常に「去年と今年を変えない限り会社は潰れる」と言い続けてきた。変化の激しい社会にあって、市場のニーズも刻一刻と変わる。それに対応できない限り、企業は生き [全文を読む]

「大風呂敷」を広げる人は、一体何を考えているのか?

プレジデントオンライン / 2017年01月16日15時15分

■孫正義も柳井正も若い頃、大風呂敷を広げた あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。 年頭にあたって、「目標」それも大きな目標を持つことの大切さをお話したいと思います。 私が好きな言葉に「散歩のついでに富士山に登った人はいない」というのがありますが、人はどのような目標を持つかで行き着くところが違うとつくづく思っています。 ソフトバンクの [全文を読む]

アゴス・ジャパン、ハーバード大学卒業生による海外留学に関する無料セミナーを2017年1月4日に開催

@Press / 2016年12月15日10時00分

また、現在代表理事を務めるHLABについて、そして今回が第一期生募集となる、柳井正財団奨学生についてもご説明いただきます。(HLABは財団の委託を受け、奨学金の制度設計に協力し、候補者の推薦を行っています)・留学に興味がある、または考え始めたばかり・トップスクールに留学したい・まずは先輩の体験談を聞きたい・具体的な質問がしたいという方には必見のイベントです [全文を読む]

柳井正と孫正義に共通する「原体験」と「失敗力」

Forbes JAPAN / 2016年07月18日08時30分

ランキング1位の柳井正個人の自社株保有率は21%、2位孫正義は19%と比べるべくもない。ちなみに、世界一のビル・ゲイツの資産のほとんどは自社株評価額とされる点からも、ビリオネアになるための条件のひとつは「創業者たれ」であると言っていい。だが日本ではそれが簡単ではない。何しろ大卒就職率が日本ほど高い国はそう多くないからだ。2015年に文部科学省が調査した結果 [全文を読む]

ユニクロを支えた立役者が説く「成功する経営者」の資質とは?

Forbes JAPAN / 2016年07月08日08時00分

たとえば柳井正は、ユニクロを成長させたことで、産業そのものの構造を変えてしまった。こういうものが、「実現すると社会がより良くなる志」です。それから、負けず嫌いであることも大切です。負けず嫌いな人って、失敗すると悔しがって、成功するまでしつこく頑張り続けるんです。その分、挫折してしまう人よりも成功の可能性は高まりますよね。谷本:これまでに多くの企業や経営者と [全文を読む]

日本一のお金持ちは?―フォーブスが「日本長者番付」をネット公開

インターネットコム / 2016年04月07日13時15分

首位の座を守ったのはファーストリテイリングの柳井正氏。名前が挙がった富豪たちのおよそ半数は、過去1年で保有資産を増やしたとのこと。 今回の日本長者番付の上位10人は次の通り。保有資産額も併記している(1ドル113円で計算)。 1. 柳井正氏 163億ドル(約1兆8,419億円) 2. 孫正義氏 149億ドル(約1兆6,837億円) 3. 佐治信忠氏 117 [全文を読む]

フォーブス誌が「日本長者番付」発表

PR TIMES / 2016年04月07日10時56分

今回も首位の座を守ったのは、ファーストリテイリングの柳井正だった。名前が挙がった富豪たちのおよそ半数は、ここ一年で保有資産を増やした。円高に加え、外国企業の買収や海外事業の拡大によって、外国人消費者を取り込むことに成功したことがその大きな要因だ。[画像1: http://prtimes.jp/i/17289/4/resize/d17289-4-184647 [全文を読む]

日本長者番付、柳井正7000億円失うも首位

Forbes JAPAN / 2016年04月07日07時05分

柳井正、2年連続で首位をキープ株価下落の影響も大きく、前年度に比べ、資産48億ドルを失うも、連続で堂々たる首位に輝いたファーストリテイリングの柳井正。ファーストリテイリングといえば、2015年、インバウンド消費好調の恩恵を最も受けた企業のひとつといえよう。ただ、長引く不況と少子高齢化で国内の市場の先細りが指摘される中、世界展開に力を入れる構図は変わらず、 [全文を読む]

トヨタ社長は孫正義の2倍も優秀だった!ソニー平井社長に「優秀社長6位」の栄冠!

Business Journal / 2015年12月31日06時00分

残った3席は常連の日本電産の永守重信氏が4位、ファーストリテイリングの柳井正氏が同数票で7位、ローソンからサントリーHDに転身した新浪剛史氏が9位だった。今年のトップテンは以下の通り。 1位 豊田章男(トヨタ自動車) 2位 孫正義(ソフトバンクグループ) 3位 森本浩通(三菱航空機) 4位 永守重信(日本電産) 5位 ティム・クック(アップル) 6位 平井 [全文を読む]

大富豪ユニクロ柳井家、株主配当100億円以上 後継者育成失敗で長男へ世襲か

Business Journal / 2014年12月26日06時00分

米経済誌「フォーブス」の2014年版世界長者番付によると、ユニクロを展開するファーストリテイリング会長兼社長・柳井正氏の推定資産は179億ドル(1ドル100円換算で約1兆7900億円)で世界ランク45位、日本人としてはソフトバンク社長・孫正義氏に次ぎ第2位だった。20代の頃に「店舗数30、年商30億円の商いができる会社になればいい」と語っていた山口県宇部市 [全文を読む]

尊敬し合う対照的な名経営者 情熱の天才・孫正義、冷徹な知性派・柳井正

Business Journal / 2014年07月06日01時00分

実質的な創業社長として日本を代表する2人、ユニクロなどを展開するファーストリテイリング社長の柳井正氏と、ソフトバンク社長の孫正義氏について、本連載では3回にわたって比較・分析してきました。ここで改めて、2人の特徴の相違を上記表で整理しておきます。●孫正義の誇大妄想 上記表で掲げた「基本的な事業性向」と「ビジネス拡大の手法」については、これまでの本連載で分析 [全文を読む]

アパレル世界一目指すユニクロ、ZARAの本拠地スペインに進出 “ZARAにとって脅威”と地元紙

NewSphere / 2014年06月18日18時29分

【スペイン紙面の柳井正会長】 スペインの多くの紙面は、1984年創業のユニクロの柳井正会長のキャラクターが今までの日本人特有の控え目な性格とは異なると記している。 スペインの代表紙であるエル・パイス紙では「柳井は物事を率直に、しかも明確に話すことを信条としている」とし、ウォール・ストリート・ジャーナル紙の柳井会長のインタビューを取り上げて、「勇気を持って [全文を読む]

ユニクロ柳井正の農耕民族経営 同じことの繰り返し&精緻化で同一事業領域を深掘り

Business Journal / 2014年05月11日01時00分

(文=山田修/経営コンサルタント、MBA経営代表取締役) ユニクロなどを展開するファーストリテイリング社長の柳井正氏と、ソフトバンク社長の孫正義氏は、実質的な創業社長として現在日本における2大名経営者だと思います。 ビジネス拡大の手腕については、ともに稀有というべき実績を残してきた2人ですが、その経営手法やスタイルには大きな差異が見られます。 差異の筆頭と [全文を読む]

日本全企業「ユニクロ化」で会社員奴隷時代が来る!(2)熾烈な社内競争の果てに…

アサ芸プラス / 2013年06月05日09時58分

ユニクロを国内外で展開するファーストリテイリング社の会長兼社長である柳井正氏(64)は、11年秋に「2020年に売上高5兆円」という目標を掲げた。その達成のために、年間1500名の店長を育てる方針も示され、新入社員は入社半年後の「店長代理資格認定試験」の合格を目指すことになっていた。入社2年目までに合格しなければ降格人事すらあるという。そして実際に、12 [全文を読む]

ユニクロ「世界同一賃金」システムは現実的でないと大前研一

NEWSポストセブン / 2013年05月23日16時00分

ファーストリテイリングの柳井正会長が、4月23日付の朝日新聞に掲載されたインタビュー記事において、全世界で働く正社員すべてと役員の賃金体系を統一する「世界同一賃金」を導入する考えを明らかにした。いまだ波紋を広げ続けるこの「世界同一賃金」について、大前研一氏がその展望を解説する。 * * * ユニクロを展開するファーストリテイリングの柳井正会長兼社長の「世界 [全文を読む]

フォーカス