毛利輝元のニュース

下乳天使・片岡沙耶、鎧の生脱ぎ&オイルマッサージ! 妙にエロいと話題のCSバラエティ

メンズサイゾー / 2017年05月09日23時00分

そんな片岡が身につけたのは、中国地方の大名・毛利輝元の甲冑。赤い毛がふさふさとついた木の実型の兜が特徴的な甲冑で、これを身にまとった片岡は凛々しい表情で刀を振るポーズなどを決めた。その姿も美しいが、見どころは"鎧の生脱ぎ"だ。 黒子に手伝われながら、重々しいパーツをゆっくり外していく片岡。かなりきつく装着したようで、鎧の内部のヒモをほどくたび、彼女はホッ [全文を読む]

【真田丸】関ヶ原は「毛利劇場」西軍総大将・毛利輝元の誤算

しらべぇ / 2016年08月14日05時30分

石田三成はあくまでも前線指揮官に過ぎず、西軍の総大将は当時大坂城にいた毛利輝元である。戦国時代を考察する上で、この人物は欠かせない。織田信長や豊臣秀吉のような派手さはないが、「中国地方の太守」としての影響力を存分に発揮した男である。■毛利を支える「両川」16世紀前半まで、中国地方で大勢力を誇っていたのは尼子氏と大内氏だった。だがその領有に挟まれていた毛利氏 [全文を読む]

毛利元就の美談「3本の矢」はウソだった?毛利家の秘められた衝撃の「真実」

Business Journal / 2015年08月20日06時00分

その後を毛利隆元の息子の毛利輝元が継ぎ、吉川元春と小早川隆景が補佐を務め、毛利家を守っていきます。 しかし、皮肉にも「3本の矢」の逆が起こりました。関ヶ原の戦いの時、吉川家と小早川家の足並みがそろわず、毛利家は東軍の徳川家康に協力したにもかかわらず、広大な領地を減らされ、周防国と長門国の2カ国を支配するだけなってしまいました。 ところが、毛利元就には6本の [全文を読む]

<司馬遼太郎を超えた!?>関ヶ原合戦「敗軍の将・石田三成」が兵を語る話題の歴史小説が面白い

メディアゴン / 2015年03月09日02時55分

佐和山城の蟄居を経て、秀吉の死後、幼き若社長・秀頼を毛利輝元副社長に預け、元専務の三成は豊臣政権転覆を目論む家康副社長に対し、後に「三成の条々」と呼ばれる豊臣政権の正統性(道理)と家康追放のお触れ書を秀頼社長名で出し、関ヶ原の合戦に突入します。関ヶ原では、家康が調略した小早川秀秋の謀叛で東軍の勝利に終わりますが、仮に西軍が勝利していたとしても、幼き秀頼社長 [全文を読む]

舞台『刀剣乱舞』義伝 暁の独眼竜

PR TIMES / 2017年06月05日19時34分

出陣先は、慶長5年(1600年)、徳川家康率いる東軍と、毛利輝元・石田三成らが率いる西軍とが大激突を繰り広げた天下分け目の大戦 関ヶ原の戦い。そこで刀剣男士たちがみたものは――?[動画: https://www.youtube.com/watch?v=5dJXG_Gu_7g ]土埃が見えるような重厚感のある「戦国」を舞台に刀剣男士たちの俊敏な殺陣は大きな見 [全文を読む]

西欧人にとっては不可解でしかない!「関ヶ原の合戦」で家康が勝利した真の理由

サライ.jp / 2017年04月16日19時00分

毛利輝元を総大将にして、西軍は家康の予想を遥かに上回る兵力を動員することに成功した。このまま何事もなければ、東軍を関東平野に押し込めることもできたはずだ。しかし家康も無策ではなかった。いざという時の奥の手として、毛利勢の切り崩しを行っていた。それが予想以上に上手く運んでしまったからこそ、関ヶ原の合戦はたった1日で終わったのだ。このような形の会戦は、世界戦争 [全文を読む]

【日本人が知らないニッポン】関ケ原古戦場で戦国武将達が残した「夢のかけら」を味わう

GOTRIP! / 2016年11月22日02時00分

毛利輝元が総大将を務め、石田三成が現場指揮官に立った西軍では、どうやら長期戦を想定していた形跡があるようです。 関ケ原の合戦は、関ケ原だけで行われたわけではありません。上杉、真田も協力して徳川家康の手足を少しずつもぎ取っていく。 そうして家康の野望を潰そうという狙いで多くの武将達が様々な活動をしていました。 ・三成の「夢のかけら」 石田三成が陣を置いた笹 [全文を読む]

『戦国プロヴィデンス』秋だ!紅葉だ!温泉だ!大乱イベント「紅葉に湯煙を求める者達」開催!!

PR TIMES / 2016年11月15日17時31分

☆5[温泉]毛利輝元[画像3: http://prtimes.jp/i/2581/1573/resize/d2581-1573-458100-8.jpg ] ☆4小早川秀秋[画像4: http://prtimes.jp/i/2581/1573/resize/d2581-1573-558386-4.jpg ]▼条件を満たせば新戦姫が必ず手に入る!「イベント [全文を読む]

『戦国プロヴィデンス』秋だ!紅葉だ!温泉だ! 大乱イベント「紅葉に湯煙を求める者達」開催!!

デイリーニュースオンライン / 2016年11月15日17時00分

☆5[温泉]毛利輝元 ☆4小早川秀秋 ▼条件を満たせば新戦姫が必ず手に入る!「イベント特効 大乱イベント応援ガチャ」開催! 11月17日~11月21日まで、大乱イベントを応援する「イベント特効 大乱イベント応援ガチャ」を開催いたします。 新登場する戦姫を編成に組み込むことによって、大乱イベントのイベントPtをより多く獲得することが可能です。 ☆5千利休 [全文を読む]

天下分け“爪”の戦い? 戦国の新商品「関ヶ原Tシャツ」に感化された女性がネイルアートで武将を再現!

PR TIMES / 2016年09月30日13時57分

この戦いで争った二派は、徳川家康を総大将とする東軍と、毛利輝元を総大将とし石田三成を中心とする西軍。今回は、その東軍と西軍の各武将をTシャツ上でアイコン化しています。[画像1: http://prtimes.jp/i/17413/9/resize/d17413-9-712599-0.jpg ]そのアイコンをネイルアートに取り込んだのが、Instagramネ [全文を読む]

【京都】ここにも家康の影。元は一つだった本願寺が東西に別れた理由

まぐまぐニュース! / 2016年09月30日04時30分

西本願寺と東本願寺では「スタンス」も違う? 幕末における西本願寺と東本願寺のスタンスの違い 信長と戦った11年に及ぶ石山合戦の頃、当時中国の最大勢力毛利輝元は本願寺を支援していて強い絆がありました。豊臣時代は五大老にまでなった輝元は、関ヶ原の戦いで総大将であった責任を問われます。その頃、本願寺を継げなかった教如は家康に接近、関ヶ原でも後方支援に回りました [全文を読む]

真田丸『第36話』裏解説。家康は関ヶ原の後にどうやって権力を得た?

まぐまぐニュース! / 2016年09月18日22時00分

毛利輝元と上杉景勝も敵対的立場を取ったために、大幅減封。この結果、家康に単独で敵対できる勢力はいなくなった。 こうして家康は、圧倒的な武力で他の大名たちの上に立つこととなった。大名たちは、家康に逆らうつもりがないことを示すため、江戸に人質として、妻子を置くようになる。これは、かぎりなく武家の棟梁に近い立場だ。しかも、人口が急増した江戸では消費や流通の規模も [全文を読む]

織田信長はやっぱり最強?「勝てる自信がある」と答えた人は

しらべぇ / 2016年09月04日05時30分

浅井長政、武田信玄、上杉謙信、毛利輝元。これらの大名に、信長は合戦で負けた経験がある。正確に言えば、武田信玄に対してはまともな戦闘を仕掛けることすらできなかった。勝ち目がなかったからだ。だが同時に、信長は諸大名の弱点を知っていた。たとえば武田軍の場合は、精強ではあるが兵士はみんな農民。だから農閑期にしか活動できない。すなわち信玄の上洛は、信長がクレバーな遅 [全文を読む]

推し武将は東軍?西軍? 勝負時に着たい関ヶ原Tシャツ

&GP / 2016年09月01日21時10分

争った二派は、徳川家康を総大将とする東軍と、毛利輝元を総大将とし石田三成を中心とする西軍だ。 モノトーンでシンプルながら、見る人が見ればわかるでしょ?と言わんばかりの力強さのあるデザイン。描かれているのは、東軍8名(本多忠勝、福島正則、井伊直政、 細川忠興、小早川秀秋、徳川家康、黒田長政、藤堂高虎)、西軍8名(島左近、石田三成、大谷吉継、立花宗茂、安国寺恵 [全文を読む]

徳川家の末裔も愛用? あの「天下分け目の戦い」をポップによみがえらせた「関ヶ原Tシャツ」を着て天下を取るでござる

PR TIMES / 2016年08月30日11時53分

この戦いで争った二派は、徳川家康を総大将とする東軍と、毛利輝元を総大将とし石田三成を中心とする西軍。今回は、その東軍と西軍の各武将をTシャツ上でアイコン化いたしました。[画像1: http://prtimes.jp/i/17413/8/resize/d17413-8-321275-1.jpg ]白と黒のシンプルな配色にもかかわらず、ジャパニーズモダンな表現 [全文を読む]

【真田丸】関ヶ原の勝敗を分けた「関ヶ原の外」の戦いとは

しらべぇ / 2016年08月28日05時30分

・合わせて読みたい→【真田丸】関ヶ原は「毛利劇場」西軍総大将・毛利輝元の誤算(取材・文/しらべぇ編集部・澤田真一) [全文を読む]

織田信長、天下統治の秘密は茶道具の価値変革…ナイキやゴディバ等の経営戦略の先駆け

Business Journal / 2016年03月13日06時00分

また、秩序への反逆者というイメージとは逆に、信長は、諸大名と評議を行い、その意向を重視して大名たちとの共存を目指していたという信長自身の手紙も残されています(1573年、毛利輝元に送った書状)。また信長は「天下統一」を目指していたわけではなく、むしろ義昭から任されて天下静謐を維持する役割をある時までは自覚していたという指摘もあります。 興味深いことは、信長 [全文を読む]

【全55タイトル半額!!】戦国武将のトレーディングカード風コンテンツ『Samurai Styleフォトコレクション』新作「真田幸村」リリース

PR TIMES / 2015年11月05日11時10分

●コンテンツラインナップ・通常価格各300円(税込)→キャンペーン価格各150円(税込) 【新作】 真田幸村2(上田駅前の真田幸村像) 真田幸村3(安居神社の真田幸村像) 【旧作】 伊達政宗/上杉謙信/上杉景勝/直江兼続/最上義光/土井利勝/徳川頼房/太田氏資/木曽義昌/北条早雲/ 堀直寄/新発田重家/溝口秀勝/高山右近/柴田勝家/結城秀康/武田勝頼/武 [全文を読む]

【45万いいね!のフェイスブックページ発】戦国武将トレーディングカード全53コンテンツをコンビニで販売開始!

PR TIMES / 2015年08月24日15時23分

■コンテンツラインナップ・各300円(税込) 伊達政宗/上杉謙信/上杉景勝/直江兼続/最上義光/土井利勝/徳川頼房/太田氏資/木曽義昌/北条早雲/ 堀直寄/新発田重家/溝口秀勝/高山右近/柴田勝家/結城秀康/武田勝頼/武田信玄/戸田氏鉄/竹中重治/ 織田信長/金森長近/徳川家康/本多忠勝/田中吉政/蜂須賀正勝/今川義元/前田利家/加藤清正/浅井長政/ 藤 [全文を読む]

「明治日本の産業革命遺産」山口県“萩の産業化初期の時代の遺産群”世界遺産登録決定!!

PR TIMES / 2015年07月16日17時02分

■萩城下町 (はぎじょうかまち/当時の時代風景) 住所 : 萩市大字堀内1ほか 毛利輝元が建設した藩の政治・行政の中心であった萩城の跡(城跡)、藩の産業化や技術獲得などの政策を遂行した、身分が高い武士の屋敷があった旧上級武家地、当時の経済的な様相を現在に伝えている旧町人地の3つの区域によって構成される。 ■松下村塾 (しょうかそんじゅく/人材育成) 住所 [全文を読む]

フォーカス