樋口一葉のニュース

文豪ストレイドッグス×一葉記念館 コラボ展示開催!!

PR TIMES / 2017年02月06日14時17分

来場特典で芥川&樋口イラストのオリジナルグッズもプレゼント!!株式会社KADOKAWA(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:松原眞樹)は、樋口一葉が登場するコミックス『文豪ストレイドッグス』と台東区立一葉記念館のコラボレーションが2017年2月7日から開催することをお知らせいたします。中島敦、太宰治、芥川龍之介など実在の文豪をモチーフにしたキャラクターが [全文を読む]

明治村とSCRAPがタッグを組んで贈る完全オリジナルストーリーのリアル脱出ゲーム、2コース同時開催!

@Press / 2016年08月17日14時15分

秘密を抱えた帝國ホテル宿泊者である、野口英世と樋口一葉の事件を解決することが目的となります。今作は、野口英世編と樋口一葉編の2つのコースに分かれ、どちらからでもお楽しみいただけます。さらに2つのコースを両方解決した方だけが挑むことができる、第3の事件もご用意しております。どうぞご期待ください。■博物館明治村×リアル脱出ゲーム「帝國ホテル支配人の華麗なる推理 [全文を読む]

【酷すぎ】中国の加工アプリで「福沢諭吉」を試したらエライ事になったと話題に!

秒刊SUNDAY / 2017年02月11日11時31分

これを、樋口一葉で加工すると超絶美人ができあがる。・もはや樋口一葉の面影は皆無だ。自動メイク機能のアプリが凄すぎたので、樋口さんで試してみたら、エラいことになったので、世の中の男子は気をつけてほしい。 pic.twitter.com/Dz3D7ejYao— のぶ(・ω・) (@oogileaguernobu) 2017年1月29日 ・樋口一葉を笑わせてみる [全文を読む]

永作博美が若村麻由美を公開処刑!浴衣からのぞくうなじが色っぽすぎると絶賛

アサ芸プラス / 2016年08月08日09時59分

8月4日、女優の永作博美が舞台「頭痛肩こり樋口一葉」のお披露目イベントに出席。浴衣姿で爽やかなフェロモンを振りまいた。 この舞台は井上ひさし原作で明治に活躍した女流作家・樋口一葉の人生を描いたもの。永作は主役の樋口一葉を演じている。永作は出演者の若村麻由美、熊谷真実らと浴衣姿で打ち水をして同舞台をPRした。「永作を真ん中に出演者ら6人がズラリと並んだ瞬間、 [全文を読む]

「本郷の細道」を歩く無料ツアーが文京区にて3月12日に開催 ~書籍「おれの細道 - 江戸東京狭隘路地探索 - 」発刊記念~

@Press / 2015年12月29日10時00分

■同書に掲載した散策コースの中でも見所の多い「本郷コース」をご案内樋口一葉を始め、宮沢賢治、坪内逍遙、金田一京助などの錚々たる文化人に纏わる史跡が豊富な本郷周辺を歩きます。細道を歩くだけではなく、街全体を楽しめるツアーです。【経路】求道会館→樋口一葉「桜木の宿」→本郷薬師堂→石川啄木喜之床跡→本妙寺跡→本郷菊富士ホテル跡→宮沢賢治旧居跡→炭団坂→坪内逍遥旧 [全文を読む]

Googleロゴが大女優オードリー・ヘプバーン生誕85周年を記念したイラストに

ITライフハック / 2014年05月04日11時00分

5月2日に『Googleロゴが明治の女流作家樋口一葉の生誕142周年を記念するイラストに』でGoogleのホリデーロゴが明治の女流作家樋口一葉の生誕記念仕様になっているのをお伝えした。本日5月4日は、ハリウッド黄金時代に大活躍した女優オードリー・ヘプバーンの生誕85周年を記念するイラストになっている。イラストには、黄金時代の彼女の横顔を中心に彼女がハリウッ [全文を読む]

五千円札にメイクさせると「鬼龍院翔」に激似だとネットで話題に

秒刊SUNDAY / 2014年01月20日20時25分

五千円紙幣に描かれている人物として知られている「樋口一葉」が人気エアーバンド「ゴールデンボンバー」の鬼龍院翔に似ていると話題になっている。似ているといってもヘアースタイルを変更しなければならないが、ツイッターには実際にヘアースタイルを変更してみたところ確かに似ていることが判明。では早速その似ている写真をご覧いただきたい。 瞳が「五千円札の人って鬼龍院翔に似 [全文を読む]

「文豪ストレイドッグス」と山梨県立文学館がコラボ 描き下ろしの樋口一葉と芥川龍之介が登場

アニメ!アニメ! / 2017年06月02日11時00分

コラボ企画では原作マンガを手がけた春河35による描き下ろしの樋口一葉と芥川龍之介の2ショットイラストが登場。特設展「作家のデビュー展」を観覧して、展示クイズを解答するとオリジナル缶バッジも入手できる。 缶バッジのデザインは樋口と芥川に加えて、マフィア時代の太宰治のイラストを用いたものも用意された。さらに展示をより楽しめるリーフレットも配布される。缶バッジ [全文を読む]

取材NGがついに解禁!史上初の夢の対談が実現。『いつかお会いしたいと思ってました。』福沢諭吉・樋口一葉・野口英世スペシャルインタビュー

PR TIMES / 2017年04月01日15時38分

』 長年謎のベールに包まれていた福沢諭吉・樋口一葉・野口英世の禁断のトーク、本邦初公開です。◼タイトル『いつかお会いしたいと思ってました。』(福沢諭吉・樋口一葉・野口英世)◼URLhttps://stage.st/talent/1808[画像1: https://prtimes.jp/i/15329/10/resize/d15329-10-895384-0 [全文を読む]

「文を見て涙にむせび、心緒みだれ尽して…」(樋口一葉)【漱石と明治人のことば88】

サライ.jp / 2017年03月29日06時00分

【今日のことば】 「よ所(そ)ながらもの語りききて胸とどろかし、まのわたり文を見て涙にむせび、心緒みだれ尽して迷夢いよいよ闇(くら)かりしこと四十日にあまりぬ」 --樋口一葉 わずか24歳で早世した樋口一葉の最晩年の1年余は、日本文学史上における「奇蹟の期間」ともいわれる。彼女に『たけくらべ』『にごりえ』『十三夜』といった稀有な短篇小説を書かせたこの日月 [全文を読む]

フォーカス