石坂浩二のニュース

「たまプラーザ テラス」で、俳優・石坂浩二さんによる展覧会を開催!

PR TIMES / 2013年02月22日13時22分

地元在住の俳優・石坂浩二さんによる、展覧会と初めてのトークショー <展覧会:2月28日(木)~3月3日(日)、トークショー:3月2日(土)>株式会社東急モールズデベロップメント(社長:大石次則、本社:東京都渋谷区、以下、TMD)が運営する、田園都市線たまプラーザ駅に直結の商業施設「たまプラーザ テラス」(以下、当館)において、地元在住の俳優・石坂浩二さんに [全文を読む]

<「開運!なんでも鑑定団」でパワハラ?>テレビ東京が石坂浩二に尊敬の念を払わない非礼

メディアゴン / 2016年01月30日07時40分

高橋秀樹[放送作家/日本放送作家協会・常務理事]* * *「テレビ東京が石坂浩二にパワハラ」というニュース。何のことかと思ったら「開運!なんでも鑑定団」(テレビ東京)の司会者である石坂浩二の発言部分のほとんどが、編集でカット(削除)されているということであった。この行為は、司会に今田耕司が加わってから2年も続いているという。もちろん、そんなことはない。量の [全文を読む]

騒動あるも存在感変わらず…石坂浩二の代表作といえば?

NewsCafe / 2016年02月10日12時00分

週刊誌『女性自身』(光文社)が先月末に報じた、俳優・石坂浩二の"番組降板の裏事情"が、いまだに波紋を広げている。石坂が司会を務める人気長寿番組『開運! なんでも鑑定団』(テレビ東京系)において、2年以上にわたって石坂のコメントが大幅カットされており、その原因は番組制作責任者との確執にある…という。もし本当ならば、あまりに陰湿なやり方だ。しかし、石坂浩二とい [全文を読む]

【悲報】ネットで「不気味すぎる」の声、なんでも鑑定団「石坂浩二」を査定!?

秒刊SUNDAY / 2016年01月28日09時23分

石坂浩二さんが査定される?さて現在、テレビ東京の人気番組「開運なんでも鑑定団」で、名物司会者として長い間番組をささえてきました、石坂浩二さんがあまりしゃべらないという件で話題となっております。しかし実はしゃべらないのではなく意図的にカットされているという闇がある可能性も示唆されております。さらに石坂さんを最終的には降板させ、経費を削減したいという番組の狙 [全文を読む]

石坂浩二がAV作品への関与を否定も、限りなくグレー!? 石原さとみに“あらぬ疑惑”も……

日刊サイゾー / 2016年04月11日17時00分

俳優の石坂浩二が、以前からネット上でウワサされている自身のAV作品への関与疑惑を否定した。これに対し世間では「マジか」「ちょっとガッカリ」と、驚きと落胆の声が広がっている。 石坂が疑惑を持たれていたのは、AV作品に頻繁に登場するプール、通称“例のプール”の元持ち主が石坂だというもの。このウワサは疑惑の域を超え、2013年には小藪一豊がMCを務めるバラエティ [全文を読む]

テレビは仲間!石坂浩二が語った日本のドラマ草創期【昭和のテレビ王たちの証言4】

サライ.jp / 2017年05月22日19時00分

そのわずか4年後の昭和32年からじつに60年間、テレビドラマの現場で活躍し続けているのが、俳優の石坂浩二さんです。かつて雑誌『テレビサライ』で平成14~15年にかけて連載された11人の名だたる“テレビ王”へのインタビューが、このほど『昭和のテレビ王』(小学館文庫)として文庫化されました。今回はその中から、ドラマ「やすらぎの郷」(テレビ朝日系)での主演も話題 [全文を読む]

4月9日より『ウルトラマン HDリマスター版』放送開始!石坂浩二による全39話の予告ナレーションをファミ劇オリジナルで完全新録しWEBで公開中!

PR TIMES / 2016年04月01日11時44分

放送に合わせ、当時ナレーション(第1話~19話)を担当した石坂浩二さんによる、完全新録の全39話予告ナレーションをWEBで毎週公開するなど、ファミリー劇場オリジナルの特別企画もお楽しみ頂けます。■『ウルトラマン』が高画質なHDリマスター版でテレビに蘇る![画像1: http://prtimes.jp/i/8885/26/resize/d8885-26-22 [全文を読む]

ビートたけし、石坂浩二が約30年ぶりバラエティー共演で秘話を暴露

Smartザテレビジョン / 2017年04月28日05時00分

5月7日(日)夜6時57分より、ビートたけしですら知らないであろう世界のニュースを、人気芸人たちがプレゼンしていく「世界がザワついた(秘)映像 ビートたけしの知らないニュース 石坂浩二も知らないSP」がテレビ朝日系で放送される。 第12弾となる今回は、テレビ朝日系にて放送中の帯ドラマ「やすらぎの郷」」(毎週月~金曜昼0:30-0:50ほか)で主演を務める石 [全文を読む]

元妻&元恋人と共演の石坂浩二 顔合わせで3人は大人の対応

NEWSポストセブン / 2017年04月10日16時00分

浅丘ルリ子と石坂浩二が初共演した人気ドラマ『2丁目3番地』から46年。結婚と離婚を経て道別れたふたりが、今、再会した。4月3日スタートの新ドラマ『やすらぎの郷』(テレビ朝日系)で共演する浅丘と石坂。彼の元恋人・加賀まりこが出演するだけでもややこしいのに、往年の大女優が一堂に集ったものだから、撮影現場が大変なことになっている。 「やっぱり懐かしいですよね。昔 [全文を読む]

水前寺清子「石坂浩二と不倫未遂」だった!?

日刊大衆 / 2016年11月08日10時00分

若い頃に俳優の石坂浩二(75)とデートをしたときのエピソードを披露し、ダウンタウンの松本人志(53)、浜田雅功(53)、俳優の坂上忍(49)らを驚かせる場面が見られた。 この日は“チータVS大物芸能人! ウワサの真相”というテーマで、水前寺が過去に報じられたさまざまな噂の真相を明かした。その中の一つが“石坂浩二に口説かれた!”というもので、この噂が紹介され [全文を読む]

石坂浩二が語る 50年前の「ウルトラマン」の魅力とは…

Smartザテレビジョン / 2016年04月27日16時00分

HDリマスター版の放送にあたり全39話の予告ナレーションを完全新録した石坂浩二に話を聞いた。 石坂は「ウルトラマン」シリーズの第一作、「ウルトラ Q」(TBS)から引き続き、1966年7月放送の「ウルトラマン」(TBS)のナレーションを1話~19話まで担当した。「放送当時、いよいよカラーになるというので、すごくワクワクした気がします。この時、円谷(円谷一監 [全文を読む]

創刊当時の「推しメン」は石坂浩二だった!? 46年前のananが面白い

anan NEWS / 2016年04月13日09時00分

■創刊当時の推しメンはまさかの?石坂浩二さん! 昨今、“アンアンといえばイケメンが出てる雑誌”と言ってもらうことも多いですが、スタッフのイケメン好き精神は創刊号ですでに生まれていた模様。取り上げていたのは、高級住宅地の田園調布育ち、中学校から慶應という石坂浩二さん。ハンサムなルックスに加え、醸し出す知的な雰囲気に当時の女子は大熱狂だったそう。確かにこの号 [全文を読む]

『笑点』山田君も一言だけ これは第2の石坂浩二事件か

NEWSポストセブン / 2016年02月14日16時00分

『開運!なんでも鑑定団』(テレビ東京系)を舞台に取り沙汰された“石坂浩二いじめ”事件は、石坂が番組を降板するという後味の悪い結果を迎えたが、その構図に酷似した事態が、やはり民放を代表する長寿番組で起きていたとの疑念が浮上した。 今年50周年を迎える『笑点』(日本テレビ系)は平均視聴率20%近くをキープし続ける国民的娯楽番組。その名物コーナー・大喜利で“第2 [全文を読む]

石坂浩二の「開運!なんでも鑑定団」降板事件はテレビ界の“横暴常識”?

アサ芸プラス / 2016年02月13日09時57分

放送23年目を迎える「開運!なんでも鑑定団」(テレビ東京系)で勃発した「石坂浩二降板事件」。1月下旬、石坂と同番組チーフプロデューサーとの確執が発覚し、同時に「コメントがカットされ続けている」と報じられた。3月末での石坂の降板が発表されたが、10年前の酒席での新任チーフプロデューサーの非礼な物言いが発端だとも。だがそうした事件は、どこの局にでもゴロゴロ転が [全文を読む]

みのもんたにとっては他人事ではない石坂浩二の「陰湿イジメ事件」

アサ芸プラス / 2016年02月05日09時58分

「開運!なんでも鑑定団」(テレビ東京系)の番組制作責任者が、2年に渡って司会を務める石坂浩二のコメントを意図的に編集でカットするように指示していたという“陰湿イジメ”が話題になっているが、テレビ業界からは“こういった事実はよくあること”だという意見を耳にする。「雛段がウリのバラエティ番組では、プロデューサーお気に入りのタレントのコメントを意図的に使って、テ [全文を読む]

ギャラたった5千円も…石坂浩二イジメのテレ東、「金ない」と下請けを低賃金で奴隷扱い

Business Journal / 2016年02月05日07時00分

石坂浩二イジメ問題が波紋を呼んでいる。 1994年の番組開始当初から『開運!なんでも鑑定団』(テレビ東京系)の司会を務める功労者でありながら、最近2年間にわたり発言部分の大半をカットされていた石坂浩二。この事実がスクープ報道された背景について、芸能記者が話す。 「昨年10月、石坂は個人事務所から大手のプロダクション尾木に移籍しました。この件をスクープした週 [全文を読む]

「なんでも鑑定団」降板の石坂浩二“変わり者伝説“ 「水戸黄門」に「ざまあみやがれ」、唐沢寿明は「現場でおしゃべりが止まらない」とグチ

リテラ / 2016年02月04日13時13分

『開運!なんでも鑑定団』(テレビ東京)の"石坂浩二いじめ"問題が波紋を広げている。最初にこの問題を報じた「女性自身」(光文社)によると、番組制作責任者のA氏が2年以上もの間、石坂のコメントを編集でカットするように指示していたらしく、自主降板に追い込もうとしていたのだという。実際、今週の放送分でも石坂の出演時間はなんと55秒。この変わらぬ露骨さには、ネット上 [全文を読む]

番組責任者と確執?「なんでも鑑定団」石坂浩二”リストラ騒動”の舞台裏

デイリーニュースオンライン / 2016年01月31日17時00分

テレビ東京の看板番組「開運!なんでも鑑定団」において、出演者の俳優・石坂浩二(74)への扱いのヒドさを複数メディアが報じ、視聴者の怒りが沸騰している。石坂は放送開始の1994年4月から21年以上、「鑑定団」のレギュラーであり、いわずと知れた功労者だ。 ■知恵袋・石坂浩二が喋らなくなった謎 石坂は現在、2代目司会者の今田耕司(49)とともに司会を務め、鑑定団 [全文を読む]

【GOLF、今この人に聞きたい!】 第1回:石坂浩二さん

ParOn.(パーオン) / 2016年01月28日08時00分

.nextBox { -moz-box-shadow: 3px 1px 2px 2px rgba(0,0,0,0.4) inset; -webkit-box-shadow: 3px 1px 2px 2px rgba(0,0,0,0.4) inset; -o-box-shadow: 3px 1px 2px 2px rgba(0,0,0,0.4) inset; [全文を読む]

テレビ黎明期を知る石坂浩二が語る「テレビはテレビなりの生き方で残る」

WEB女性自身 / 2015年08月23日06時00分

これから先、インターネットに負けるかもしれないけど、それはまた新しく出てくる何かに負けるものなんですよ」 そう語るのは、隔週連載『中山秀征の語り合いたい人』のゲスト、俳優・石坂浩二さん(74)。テレビ黎明期を知る石坂浩二が、今後の「テレビ」のあり方について語ってくれました。中山「石坂さんというと、役者の顔もありながら、テレビでの司会やクイズ番組に出演したと [全文を読む]

フォーカス