山本有二のニュース

攻めの農業の象徴 農水産物輸出1兆円は大丈夫か

経済界 / 2017年03月17日10時01分

山本有二農水大臣も定例会見で、「鉱工業製品も含めたわが国輸出総額がマイナス7.4%の中でのプラスは画期的」と農水産物や食品の輸出の成果を強調する。しかし、19年の1兆円達成の自信を問われると歯切れが悪い。 [全文を読む]

稲田も世耕も岸田も使えねぇ… 3月に粛清内閣改造も浮上

NEWSポストセブン / 2017年02月14日07時00分

トランプ大統領のTPP(環太平洋経済連携協定)離脱表明で、日本は自動車に加えて農業分野でも米国と新たな2国間交渉を迫られるが、担当の山本有二・農水相は失言続きで党内からも“大臣失格”の声が上がっている。松野博一・文科相は天下り問題で火だるま状態。さらに、金田勝年・法相も「共謀罪」の説明文書問題(※注)で、野党に辞任要求を突きつけられている。 [全文を読む]

安倍総理が「師・小泉純一郎」を超える日

日刊大衆 / 2017年01月08日11時00分

加えて、山本有二農水相の「TPP強行採決」発言や鶴保庸介内閣府特命担当相の「差別用語」発言など、閣僚の失言も相次いでいる。 [全文を読む]

政界失言集、「田舎のプロレス」発言の萩生田光一など

NEWSポストセブン / 2016年12月27日07時00分

山本有二・農水相はTPP(環太平洋経済連携協定)承認案の強行採決発言で野党の批判を浴びながら、まるで蛙の面にしょんべん。 「この間冗談をいったら、閣僚をクビになりそうになった」 と同僚議員のパーティ(11月1日)で笑い飛ばして不信任案まで食らった。 萩生田光一・官房副長官も負けてはいない。野党の国会対応を「田舎のプロレス」と揶揄。同じ自民党のプロレス出身 [全文を読む]

【永田町炎上】ハンセン病患者の「暗黒法廷」政府や国会よりも遅かった最高裁の謝罪

デイリーニュースオンライン / 2016年11月27日18時00分

【朝倉秀雄の永田町炎上】 ■「人権の砦」が聞いてあきれる裁判所の無責任体質 山本有二農水相が馬鹿げた「舌禍」や労働基準法違反、談合で役所から指名停止を喰らった悪徳業者から政治献金を貰ったなどの疑惑で目下、週刊誌の格好のネタにされているが、そもそも閣僚や議員に人並みの「良識」や「遵法意識」「人権感覚」などを求める方が土台無理な話だ。だが、内閣や国会よりも「非 [全文を読む]

トランプ新大統領はTPP反対! それでも安倍政権が批准にこだわる理由

週プレNEWS / 2016年11月22日15時00分

その間、山本有二農水大臣の2度にわたる失言と、その進退をめぐる与野党の攻防でスッタモンダがあったが、くしくもトランプの当選が決まった翌日の11月10日に、与党は事実上の強行採決(民進党、自由党、社民党が退席)をし、TPP関連法案は衆議院本会議を通過した。 TPP交渉をウオッチし続けている市民団体PARC(アジア太平洋資料センター)の内田聖子氏の元にも、海 [全文を読む]

TPP、日本では批准されない?される?協定文の7割が未翻訳のまま国会審議進む

Business Journal / 2016年11月15日06時00分

安倍政権は、米大統領選挙投票日の11月8日までの衆議院通過を目指していたが、2度にわたる山本有二農林水産大臣の暴言や強行採決などに対する批判の強まりで延び、結局10日になって可決、参院へ送付された。 国会に提出されているのはTPP承認案・関連法案だが、同法案は以下をTPP協定関係法律整備法案としてまとめたものである。・関税暫定措置法の一部改正・著作権法の一 [全文を読む]

蓮舫民進党代表「二重国籍問題」訴訟より危ない爆弾疑惑

アサ芸プラス / 2016年11月12日17時55分

山本有二農水相(64)の失言に不信任決議案の提出をチラつかせるなど“舌”好調である。一方、「二重国籍問題」には歯切れが悪く、同時に打たれ弱さも露呈している。 10月28日、東京地検に国籍法違反などの罪で告発状を提出した市民団体「愛国女性のつどい花時計」岡真樹子代表が告発理由を語る。「本来は民進党内部が調査して国民に公表すべき問題だと考えています。党代表に就 [全文を読む]

トランプでTPP消滅なのに...安倍政権が本会議で承認を強行採決し世界の笑い者に! TPP礼賛のマスコミも共犯だ

リテラ / 2016年11月10日17時48分

それも、佐藤勉・衆院議院運営委員長は本日の本会議開催を「職権」で決定し、山本有二農水相の「強行採決するかどうかは佐藤氏が決める」なる失言そのままに、まさに佐藤委員長が強行採決を決めてしまったのだ。 なぜ、安倍首相は何の意味もなくなったTPPを強行採決したのか。その理由は、相変わらず呆れるようなものだ。「政権側は"日本が承認案を可決させることでアメリカを説得 [全文を読む]

TPP“騙し討ち強行採決“は安倍首相の強い意向だった! 民主主義を無視し嘘を撒き散らす安倍政権の増長

リテラ / 2016年11月04日21時30分

「強行採決発言は冗談」という山本有二農水相の2度目の失言に対して辞任要求を行っていた民進党や共産党などの野党は当然、これに猛反発したが、自民、公明、そして日本維新の会の賛成多数で可決してしまったのだ。 議会運営のルールなんてはなから無視、数の力があれば何でも押し切れるという安倍政権の横暴さ──。安倍首相は先月17日に「我が党においては結党以来、強行採決をし [全文を読む]

「TPP強行採決」発言の山本有二農水相が輸入米の業者からカネ! TPP推進のために輸入米不正取引を見逃しか

リテラ / 2016年10月29日18時30分

来週以降に採決もちこしとなったTPP承認案および関連法案だが、「強行採決」発言の山本有二農林水産大臣に"疑惑"が噴き出している。 なんと、米の売買同時入札(以下、SBS)を巡る不正取引問題で農水省の調査対象となっていた輸入業者や卸売業者から、山本農水相が資金提供を受けていた、というのだ。 この問題は昨日28日の衆院TPP特別委員会で民進党の宮崎岳志議員が追 [全文を読む]

自民党劣化の証 白紙領収書問題

Japan In-depth / 2016年10月26日12時00分

閣僚では、菅官房長官、稲田防衛相のほか、塩崎恭久厚労相、松野博一文科相、山本有二農相、世耕弘成経産相、山本公一環境相、今村雅弘復興相、加藤勝信1億総活躍担当相の8人。さらに、取材に対して50人が「確認が困難」として授受の有無を明らかにせず、71人は回答すら寄せなかったという。自民党中堅議員の元政策秘書で、現在は民間企業勤務のA氏は語る。「恥ずかしながら、私 [全文を読む]

TPP暴言山本農水相辞任問題報じない腐敗メディア[植草一秀]

メディアゴン / 2016年10月22日07時40分

山本有二農水相の発言は、安倍首相の上記国会答弁の翌日夜に飛び出した。 「強行採決するかどうかはこの佐藤勉さんが決める。だから私は、はせ参じた。」この発言は、強行採決を決定するのは佐藤勉議院運営委員長だから、その佐藤氏に強行採決をお願いするために「はせ参じた」という意味にしか解釈できない。山本農水相は「強行採決」を求める発言を示したことになる。安倍首相は10 [全文を読む]

日本の新閣僚が資産公開!中国ネットは「日本はなんて貧しいんだ!」「中国の村の幹部だってもっと多い」

Record China / 2016年09月17日18時00分

最も多かったのは稲田朋美防衛相で1億8178万円、次いで山本有二農林水産相が1億7643万円、山本幸三地方創生相が1億2421万円だった。10名の新閣僚の平均資産は8512万円だった。 このニュースが中国版ツイッター・微博(ウェイボー)で伝えられると、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。 「日本はなんて貧しいんだ!」 「中国の村の幹部だ [全文を読む]

稲田防衛相「同じ筆跡の領収書260枚」発覚でも「みんなやってる」

WEB女性自身 / 2016年08月26日06時00分

「政治資金パーティー当日の受付は大変混み合うこともあり、(中略)面識のある議員や秘書様などの場合には、当方に代わって金額や宛先などを記載していただくことを了解し、(白紙の)領収書をお渡しすることもあります」 まるで稲田氏の事務所と示し合わせたかのようだが、山本有二農水相、加藤勝信一億総活躍相、丸川珠代五輪担当相の事務所も、同様の回答を寄せた。 政治資金規 [全文を読む]

日本貿易振興機構(ジェトロ)主催 Food Expo 2016ジャパンパビリオン 「味わおう 日本の“味力”」 開幕

PR TIMES / 2016年08月12日09時16分

オープニングセレモニーでは、Food Expo 2016のために来港した山本有二農林水産大臣が登壇し、ジャパンパビリオン「味わおう 日本の”味力”」の開幕式のテープカットに参加。来賓とともに3日間にわたるイベントの開催スタートを宣言しました。本イベントでは、現地及び日本の著名シェフとコラボし、九州の人気食材等を使用した料理と日本酒類の飲み合わせのデモンスト [全文を読む]

安倍首相の健康不安説をダシに反主流派が露骨なポスト要求も

NEWSポストセブン / 2014年08月28日07時00分

安倍首相は休暇中の8月20日、森喜朗・元首相や側近らとのゴルフに石破グループの山本有二・元金融相を招いた。豪雨による広島県の大規模災害によりラウンド途中で中止となったが、「石破幹事長が大臣を受けるかどうかの感触を探った」(安倍側近)とされる。 反主流派は内閣改造の先まで見据えている。ライバルの額賀派中堅は周囲にこう語っている。 「自民党系の苦戦が予想され [全文を読む]

安倍晋三首相 復活劇のウラに“月1”で行ってきた修行あり

NEWSポストセブン / 2013年06月16日16時00分

友人の山本有二衆院予算委員長の勧めで禅の道へ足を踏み入れた安倍首相。その時、訪れたのが東京・谷中にある禅寺、全生庵だった。当時の様子を全生庵の住職・平井正修さん(45才)が次のように振り返る。 「首相を辞任してから半年ほど経ってからでしょうか。以前からこちらに来ていた山本さんや経済産業省のOBのかたと一緒に来られました。その時、“心を落ち着かせたい”と座禅 [全文を読む]

フォーカス