金泳三のニュース

金泳三政権の愛国キャンペーン「日帝風水謀略精算」とは

NEWSポストセブン / 2016年12月15日16時00分

* * * 金泳三政権(1993-1998年)は「風水共和国」と皮肉られたことがある。愛国キャンペーンとして展開した“日帝風水謀略清算”がそうだ。「日帝が韓民族の精気を絶つため韓国各地の名山に打ち込んだ鉄杭」を、政府組織を総動員して引っこ抜いたのだ。「名山に民族精気が宿る」というのが風水信仰だ。 日本統治時代の近代化作業(?)として、観測施設や登山施設な [全文を読む]

<Wコラム>イ・ミンホとチャン・グンソクが生まれた年に韓国で何が起こったのか(後編)

Wow!Korea / 2016年07月04日17時10分

事態をおさめるために、大統領の全斗煥(チョン・ドゥファン)と野党指導者の金泳三(キム・ヨンサム)が、6月24日に会談を行なった。■政情は混迷するばかり会談で金泳三は1987年4月の大統領特別談話(大統領選挙を直接制でなく間接制で行なうことを表明)を取り消すことを求めたのに対し、全斗煥も「改憲論議を再開することが望ましい」と応えて、事実上特別談話を撤回した。 [全文を読む]

韓国大統領候補・安哲秀氏 正義、和合など美しい言葉で人気

NEWSポストセブン / 2012年10月23日07時00分

韓国の現代政治史では1987年、野党陣営が金泳三、金大中の候補一本化ができず政権獲得に失敗している。与党陣営でも1997年、李会昌・李仁済の分裂で敗北した。与野党とも一本化しなければ負けるというわけだ。 しかし、一本化できなくても、たとえば1992年のように、野党陣営の金大中の当選が確実視されたため、与党陣営が危機感を抱き、金泳三・鄭周永に分散していた票 [全文を読む]

朴大統領の支持率が史上最低の5%に!20・30代は1%=韓国ネット「もはや大統領府の不法占拠者」「0%を目指して世界中の笑い者になろう」

Record China / 2016年11月04日12時50分

1997年のIMF通貨危機時代の金泳三(キムヨンサム)大統領の最低値記録(6%)をさらに下回ったことになる。 韓国の世論調査会社「ギャラップ」が今月1日から3日まで、成人男女1005人を対象に調査を実施した結果、朴大統領の職務遂行に対する肯定評価は前の週から12ポイント下がり、5%となった。一方、否定評価は89%だった。世代別の支持率は20代と30代がいず [全文を読む]

国交正常化から半世紀 韓国の反日は激化と沈静化の歴史

NEWSポストセブン / 2017年03月21日07時00分

初の文民政権として登場した金泳三大統領は、支持率低迷期に「歴史立て直し事業」の一環で旧朝鮮総督府を解体。さらに、支持率が20~30%台に下がった任期3年目には、竹島に接岸施設を建設し、領土問題に火を付けた。 その後、サッカーW杯日韓共催や韓流ブームで反日ボルテージは小康状態を保ったが、盧武鉉大統領による対日強硬政策で再びヒートアップ。さらに政権末期の支持 [全文を読む]

統一コリア実現は日本の脅威 まずは米国との関係強化が必須

NEWSポストセブン / 2017年03月20日16時00分

当時、金泳三元大統領は毎日新聞の取材に「時の大統領が(核関連)実験の事実を知らないはずがない」と発言している。 韓国は最近もSLBM(潜水艦発射弾道ミサイル)を搭載する3000t級の潜水艦製造に意欲を見せている。SLBMは核弾頭を搭載しなければ意味がない。 一連の動きは、韓国が国家戦略として一貫して核兵器の開発を目指してきたことを示す。韓国は実は粛々と国家 [全文を読む]

金正男の死は韓国大統領選の「北風」になるか

文春オンライン / 2017年03月03日07時00分

民主化宣言を成し遂げた当時野党の金泳三、金大中候補が勢いをつけていたが、選挙日の1日前に金賢姫元工作員が韓国に連行された。野党の分裂もあったが、国家安全企画部(現国家情報院)の職員に脇を抱えられて金賢姫元工作員が飛行機のタラップを降りる衝撃的な映像は「北風」となり、結局は与党の保守派の勝利に終わった。 街の人はどう受け止めたのか その後も大統領選挙時に「北 [全文を読む]

あり得ないだろうが、可能性は否定できない?トランプ米大統領の弾劾と韓国・軍事クーデター

Record China / 2017年02月11日09時20分

その後、93年に金泳三文民政権が誕生して以来、軍の政治への介入は途絶え、選挙による政権交代が続いている。軍も近代化され、文民統制が定着。さらに国政介入事件で朴槿恵大統領を追い詰めた大規模な集会やデモも軍の介入を招くような暴動化を避け、平和的手段に終始した。 軍の動向を占う上でカギとなりそうなのは、米国との「距離」。トランプ政権首脳として初めて韓国を訪問し [全文を読む]

100万人デモは2002年W杯応援群集に重なる

NEWSポストセブン / 2017年01月11日11時00分

原因は民主化勢力の野党陣営が分裂、金泳三と金大中が共に立候補し票が分散したためである。 今回も野党陣営には、前回、朴槿恵に惜敗した文在寅をはじめ「大統領になりたい候補」がたくさんいる。もし候補一本化に失敗すれば87年の「悪夢の再現」である。したがって今年、野党陣営はこの“トラウマ”から脱するため全力を挙げることになる。 その意味では、左翼・革新系にとっては [全文を読む]

日本はこれ以上韓国に深入りしないほうが賢明

NEWSポストセブン / 2016年12月11日16時00分

金泳三(キムヨンサム)元大統領は日本的なものはすべて壊すということで、桜の木さえも「日本の匂いがする」という理由で伐採してしまいました。櫻井:そうやって歴史の連続性が失われると、どこに立脚点を置くべきかがわからず、自分たちの未来を描けなくなってしまうのではないでしょうか。自分たちが何者なのかがわからない。それで韓国の人たちは本当に幸せなのかと疑問に思います [全文を読む]

Infoseekニュース公式

楽天Infoseek ニュースアプリ
無料メールマガジン
  • 夕刊Infoseekニュース
  • 週刊ランキングニュース