全斗煥のニュース

<Wコラム>イ・ミンホとチャン・グンソクが生まれた年に韓国で何が起こったのか(前編)

Wow!Korea / 2016年07月02日12時56分

■ソウル大学生が警察の拷問で死亡1980年8月に大統領になった全斗煥(チョン・ドゥハン)は、末永く大統領職にとどまる考えはなく、時期がくれば平和的に政権を委譲すると決意を述べていた。彼は「韓国で初めて正統に権力を手放した最初の大統領」になることを願っていた。そこには、朴正熙(パク・チョンヒ)の二の舞はぜひとも避けたいという気持ちが働いていた。朴正熙は政権を [全文を読む]

韓国民主化求めた37年前の「光州事件」、文在寅政権誕生で再び脚光、「ろうそく革命で精神復活」と大統領

Record China / 2017年05月27日21時00分

1979年10月に朴正熙大統領が暗殺された後、同年12月に全斗煥保安司令官(後の大統領)が盧泰愚陸軍少将(同)らと共に粛軍クーデターを起こして全権を掌握。80年5月17日には全土に戒厳令を布告し、野党指導者の金泳三、金大中両氏(その後、いずれも大統領)らを逮捕した。 翌18日に金大中氏の出身地だった韓国南西部・全羅南道の光州市で戒厳令などに抗議する学生と [全文を読む]

「恨の法廷」に出る朴槿恵氏に5倍返し罰金200億円か

NEWSポストセブン / 2017年04月10日11時00分

「韓国では過去に全斗煥、盧泰愚という2人の大統領経験者が収賄や不正蓄財の容疑で逮捕されていますが、いずれも2000億ウォン以上の罰金、追徴金を科されています。 韓国では、権力者が逮捕されて死刑や長い刑期の判決を受けても、すぐに恩赦されることが知られていますが、罰金に関しては長期間かけて完済を求められる。1997年に判決を受けた盧泰愚は2013年に払い終え [全文を読む]

<Wコラム>韓流ファンのための「日韓・近現代史」~日韓パートナーシップ宣言

Wow!Korea / 2016年05月07日12時01分

軍事独裁政治を主導した朴正熙の死によって韓国は一時的に民主化されると予測されたのですが、陸軍司令官であった全斗煥(チョン・ドゥハン)が実権を握り、軍部出身者による独裁体制は変わりませんでした。容認できない市民は直接行動を起こしました。1980年5月、全羅(チョルラ)南道の道都・光州(クァンジュ)で、決起した市民が官庁を占拠しました。すかさず全斗煥は軍を投入 [全文を読む]

ご存知ですか? 6月10日は韓国で「6月民主抗争」が始まった日です

文春オンライン / 2017年06月10日07時00分

韓国では1987年、1月にソウル大学の学生が治安当局の拷問により死亡した事件や、4月に全斗煥(チョン・ドファン)大統領が憲法改正論議の延期を発表したこと(4・13護憲措置)などをめぐり、学生を中心とするデモ隊と機動隊が衝突を繰り返した。 ちょうど30年前のきょう、6月10日には、与党の民主正義党(民正党)が次期大統領候補を選出する全党大会を開催。一方、野党 [全文を読む]

文在寅派の怨念 「朴槿恵に実刑を」と検察に強い圧力

NEWSポストセブン / 2017年06月01日11時00分

韓国の大統領経験者が刑事事件の被告として出廷するのは全斗煥、盧泰愚に次いで3人目となる。 「3月末の逮捕以来約50日ぶりに公の場に姿を現した朴被告ですが、疲れていたのか、生気がまるで感じられなかった。大統領時代は専属の美容師が1時間以上かけてアップするヘアスタイルがトレードマークでしたが、この日は拘置所で購入したプラスチック製のヘアクリップを使って、簡単に [全文を読む]

朴槿恵被告が逮捕後初めて見せた姿が予想と違う!韓国ネットから驚きと疑問「まるで囚人に見えない」

Record China / 2017年05月23日14時30分

ニュース1や京郷新聞などは、「刑が未確定の被告は私服を着用できるよう1999年に法改正がなされたため、朴被告も囚人服ではなく私服を着る可能性が高い」としたものの、96年に被告として法廷に立った全斗煥(チョン・ドゥファン)、盧泰愚(ノ・テウ)両元大統領が囚人服姿だったことを説明、また囚人服を着た朴被告のイラストを掲載するメディアもあった。 髪型については、「 [全文を読む]

朴槿恵 刑務所より辛い無情通告「私は父の墓に入れない!」

WEB女性自身 / 2017年04月27日16時00分

全斗煥(86)と盧泰愚(84)、2人の元大統領だ。2人とも収監され、囚人服姿を国民の前にさらされた。プライドの高い朴槿恵・前大統領はそんな恥辱に耐えられるのだろうか。だが、デイリーNK編集長の高英起氏はこう話す。 「全斗煥も盧泰愚も実際にはその後に特赦、恩赦を得て、2人とも釈放されています。今では悠々自適に暮らし、長生きしていますよ」 やはり大統領経験者は [全文を読む]

80年代中韓関係改善の切り札、「プロジェクト牡丹」とは?―韓国メディア

Record China / 2017年04月13日20時50分

公開された文書には、「プロジェクト牡丹」以外にも、全斗煥(チョン・ドゥファン)大統領の欧州外交政策、在日韓国・朝鮮人をめぐって韓国と北朝鮮との間に激しい争いがあったことを示す文書、全斗煥大統領が米国特使と会見した際に韓国が核を中断したことについて痛惜を示したことを記録した文書などが含まれている。(翻訳・編集/岡田) [全文を読む]

100万人デモは2002年W杯応援群集に重なる

NEWSポストセブン / 2017年01月11日11時00分

朴槿恵大統領を“弾劾”に追い込んだいわゆる「100万人ロウソク・デモ」については、全斗煥軍事政権に改憲と民主化選挙を約束させた1987年の学生デモ「6月民主抗争」に比喩する向きがある。 街頭闘争を得意とする「韓国政治の伝統を受け継ぐもの」というわけだが、この1987年の民主化大統領選は、実は左翼・革新勢力にとっては「悪夢の大統領選」だった。 なぜなら街頭 [全文を読む]

フォーカス