徳川家光のニュース

【関東初詣】2017年こそ出世したい!仕事運アップにご利益のある神社5選

TABIZINE / 2016年12月28日12時00分

この石段は「出世の石段」と呼ばれていて、徳川家光が梅の花を見つけ、誰か取ってくるよう命じた際、家臣の曲垣平九郎が馬でこの石段を駆け上がり、梅の枝を徳川家光に献上したそうです。そのおかげで曲垣平九郎は馬の使い手として名を上げることができたとか。 (C)愛宕神社 この石段は実際に登ってみると、非常に大変! 真冬でも登りきる頃には汗をかくこともあるほどです。でも [全文を読む]

「大奥」第6話 映画に繋がる衝撃シーンを放送

モデルプレス / 2012年11月16日19時39分

物語の中心人物である万里小路有功を俳優の堺雅人が、三代将軍・徳川家光を女優の多部未華子がそれぞれ演じているほか、田中聖(KAT-TUN)、平山浩行、麻生祐未らが出演している。◆第5話までのあらすじこれまでの5話までは、三代将軍・徳川家光(多部)の治世、若い男子のみがかかる疫病が流行し、男子の人口は女子の4分の1に激減。家光も同じ病で死去していた。徳川家の血 [全文を読む]

羽田で偽家康騒動? はねだ江戸まつり2017~母上感謝祭~本日より開催中<PR>

ITライフハック / 2017年05月12日19時00分

今回は、徳川家三大母親として徳川二代目将軍秀忠の母「西郷局(さいごうのつぼね)」、徳川家光の母、「お江(ごう)」、そして家光の乳母「春日局(かすがのつぼね)」たちが、母の日の合わせた「母上感謝祭」を中止すると息巻く家康によって偽家康騒動に巻き込まれていくストーリーになっており、江戸の侍たちや町民が現代に甦り、様々な騒動を繰り広げていく楽しい構成となっている [全文を読む]

GWは井の頭公園で 5月3日と5日に100周年記念イベント開催

太田出版ケトルニュース / 2017年05月02日06時40分

「井の頭池」という名前の命名者は、江戸幕府の三代将軍・徳川家光であると伝えられており、その意味は「上水道の水源」「このうえなくうまい水を出す井戸」という2つの説が存在する。当時は郊外の公園として誕生した同園だが、その後、周辺の住宅開発が進んだことにより、貴重な緑の空間として親しまれる場所に。「日本さくら名所100選」にも選ばれ、春には花見客が殺到するほか、 [全文を読む]

運だめしもできる!日光「東照宮」裏のパワースポット「滝尾神社」

TABIZINE / 2017年02月25日12時00分

こちらは、徳川家光の墓守を務めた梶定良(かじさだよし)が1689年に奉納したものだとか。一見、普通の鳥居に見えますが、いつ頃からか「運試しの鳥居」と言われていて、石を3回投げて鳥居の小さな穴(額束というそうです)に通すことができれば良いことがあるのだそうです。これ、ぜひチャレンジしていただきたいのですが、なかなか難しい! 筆者は10回以上、チャレンジして一 [全文を読む]

新春の京都で開運。日本最古、都七福神をめぐる贅沢な時間

まぐまぐニュース! / 2017年01月06日04時30分

金堂は豊臣秀吉の子・秀頼の再建で、日本一高い五重塔は徳川家光の再建です。大師堂は、弘法大師在世時の住房で、弘法大師像と不動明王坐像が安置されています。 ホームページ:東寺 毘沙門天 北方の守護神で仏教を守護する神様です。毘沙門天を信仰すると十種の福を得るとされています。かつては菅原道真や平安時代の書家・小野道風も信仰していたといわれています。 ● 都七福神 [全文を読む]

五重塔の迫力に圧倒!東寺周辺を2時間半で巡るおすすめ観光コース

Walkerplus / 2016年11月21日19時38分

有名な五重塔は徳川家光が再建したもので、高さ約55mと木造建造物日本一。世界文化遺産に登録されている寺院だ。秋には周辺が深紅に染まり、五重塔を紅葉が彩る。 【↓次のスポットへは徒歩1分】 ■ <2(所要時間15分)>参拝のお供には“東寺餅”で東寺御用達の和菓子を! 東寺の門前に店を構えて100年にもなる「東寺餅」。店名でもある「東寺餅」(1個140円)は [全文を読む]

仁和寺で阿弥陀三尊像や吉祥天立像などを公開!

Walkerplus / 2016年10月26日19時32分

寛永11(1634)年には、三代将軍徳川家光が再興の申し入れを承諾したことで、寺は創建時の姿へと戻った。平成6(1994)年には、世界遺産へも登録。国宝や重要文化財なども数多く、日本だけでなく、世界中から多くの観光客が訪れている。 ■ <秋の特別公開>国宝や文化財の仏像や絵画、書跡などを展示 2016年10月1日(土)~11月23日(水)にかけて、「仁和寺 [全文を読む]

暗闇に浮かぶ絢爛な五重塔を紅葉が彩る!東寺のライトアップ

Walkerplus / 2016年10月21日13時26分

闇に浮かぶ紅葉や徳川家光が再建した、高さ約55mで木造建築日本一の高さを誇る五重塔を満喫したあとは、金堂(本堂)の御本尊薬師如来や日光・月光両菩薩、講堂の二十一尊を拝観しよう! 【関西ウォーカー編集部】 [全文を読む]

週刊アサヒ芸能「創刊60年の騒然男女」芸能スキャンダルの真相!(5)克美しげるに殺害された愛人の父が義憤告白

アサ芸プラス / 2016年10月14日05時57分

そのことがよほどショックだったらしく、それから自殺未遂とも思われた運転事故も起こしていた」 さらに自殺した当日は、フジテレビの「大奥」で徳川家光役を演じ、劇中で死を迎えている。ドラマは放送中止を免れたが、いかにも自殺のタイミングを合わせた“美学”が見え隠れする。 最後は、松田聖子や河合奈保子と同じ80年に歌手デビューした甲斐智枝美(享年43)である。06年 [全文を読む]

1200年の歴史を持つ東寺真言宗の総本山!5分で知る東寺の見どころ

Walkerplus / 2016年09月26日12時57分

有名な五重塔は徳川家光が再建したもので、高さ約55mと木造建造物日本一。世界文化遺産登録寺院。 ■ 文化財 <金堂(国宝)>桃山時代の入母屋造、本瓦葺き。豊臣秀頼が再建。 <御影堂(国宝)>弘法大師在世時の住房。国宝の弘法大師像と、大師念持仏の不動明王坐像を安置。 <五重塔(国宝)>古都を代表するランドマーク。落雷などにより4度焼失し、現在は1644(寛永 [全文を読む]

ラーメンもうまい玄関口!3分で知る京都駅周辺まとめ

Walkerplus / 2016年09月16日13時08分

境内から烏丸通を挟んだ東側には3代将軍徳川家光から寄進された渉成園もある。 「西本願寺」は浄土真宗本願寺派の本山。「古都京都の文化財」として世界遺産にも登録されている。境内には本尊が祀られている阿弥陀堂や歴代の門主の御影が安置された御影堂、豪華な装飾が施された唐門など、桃山時代を代表する建造物が並ぶ。秋は京都市の天然記念物に指定されている樹齢400年の大銀 [全文を読む]

京都最古の縁結びの神社!5分で知る地主神社に見どころ

Walkerplus / 2016年09月08日13時39分

世界遺産にも登録されている極彩色の華麗な本殿は1633(寛永10)年に徳川家光が再建したもので、入母屋造と権現造を折衷し、双堂という奈良時代の様式を今に伝えている。境内には“恋占いの石”や“しあわせのドラ”など11もの良縁祈願スポットが点在する。 ■ 文化財 <本殿(重要文化財)>本殿内外の極彩色や金箔を施した装飾金具は、目を見張るほど鮮やか。 <拝殿(重 [全文を読む]

史上初特別対談 【Chuck Miller ×山下良道 How to Deal with Your Mind 】 -マインドへの向き合い方-

DreamNews / 2016年08月12日18時00分

江都五色不動の一つでもあり、五行思想の五色(黒・白・赤・黄・青)にまつわる不動尊は、五眼不動とも呼ばれ、江戸幕府3代将軍・徳川家光公が天海大僧正の建言により、江戸府内から5箇所の不動尊を選び、天下太平を祈願したことに由来する。 <Yoga Gives Back>ヨガギブスバック(2007年ロサンジェルスで生まれた非営利組織)は、ヨガに出会い、心身ともに豊か [全文を読む]

修学旅行にもオススメ! 見どころたくさんの東京下町浅草旅行 ~浅草寺編~

マイナビ進学U17 / 2016年05月12日09時49分

■正しい参拝方法を学びましょう!現在の本堂は1958年に全国ご信徒により再建されたそうで、1945年に戦災で焼失した旧本堂(国宝、3代将軍徳川家光建立)と同形態で建設されたそうです。ちなみに神社とお寺での参拝方法の違いはご存じですか?神社では一般的に二礼二拍手一礼ですが、お寺の場合は異なります。正しい参拝方法は下記この機会に正しい参拝方法を覚えておきましょ [全文を読む]

婚活中さん必見!京都&足利の縁結び・美容運UPスポット

LAR - Life & Aging Report / 2016年04月29日12時00分

玉はやがて徳川時代で最も栄華を誇った徳川家光にみそめられて結婚することになりました」 この玉とは四代将軍徳川綱吉の母になりますが、幼いころからこちらの神社へお参りに出向いたことが女子運アップに繋がったのでは? と言われているそうです。この話が今でも言い伝えられている、「玉の輿に乗る」なのです。婚活中の女性はぜひ一度訪れたい神社ですね。 ■足利の美容運が高ま [全文を読む]

京都の桜は「夜」に愛でる。厳選!京都の優美な夜桜ベスト5

まぐまぐニュース! / 2016年03月27日19時00分

URL:http://www.kyoto-np.co.jp/kp/kyo_np/info/moyoosi/2016benishidare/ ● 平安神宮 2016年 桜情報 京都でしだれ桜と言えばココ! 二条城 1603年、徳川家康が築城し徳川家光が1626年に完成された二条城は国宝であり世界文化遺産にも登録されています。二の丸御殿に飾られた絵画・彫刻な [全文を読む]

行けば結婚できる?新婚ほやほや風水芸人・出雲阿国が選んだ最強パワスポ【恋占ニュース】

ココロニプロロ / 2016年03月26日10時15分

お城の敷地内には徳川家光公が祀られている神社もあり、そこではハート型の縁結び絵馬を購入することもできます。由緒があるのはもちろんですが、そんな、いかにもパワーを感じられそうなお城で婚礼の儀を行うなんてステキ!今後、阿国さんに倣って時代装束を身に着け、この場所で挙式したい!と思う女性が増えるかもしれませんね。ちなみに松江城は桜の名所としても知られているので、 [全文を読む]

【京都案内】戦国武将や文豪が愛した「美しすぎる桜の名所」5選

まぐまぐニュース! / 2016年03月03日19時00分

応仁の乱で全焼し長らく低迷した後は江戸時代になってから3代将軍徳川家光が寄進したことで再建されました。御所からもいくつかの建物が移築され、徐々に伽藍が整備され時間をかけて復興し現在に至っています。宸殿は江戸時代初期の御所の御常御殿を移築した建物です。跳ね上げ式の「蔀戸」(しとみど)など平安時代から続く王朝建築の意匠を見ることが出来ます。建物をつなぐ回廊も [全文を読む]

年間1000人が斬首され、その骸が出土した“死臭がした場所”=小塚原刑場

tocana / 2016年02月27日11時00分

江戸期の1651(慶安4)年、三大将軍・徳川家光が死去した年に完成した小塚原刑場が、その惨劇の舞台である。 その往時、大和田、鈴ヶ森と並び、江戸の三大刑場としてその名を轟かせたこの小塚原は、間口60間(約108m)、奥行30間(約54m)あまりの当時としては大規模なものだった。その「収容面積」ゆえか、この後、幕府が滅びるまでの約220年の間に、夥しい量の [全文を読む]

フォーカス