徳川家光のニュース

【関東初詣】2017年こそ出世したい!仕事運アップにご利益のある神社5選

TABIZINE / 2016年12月28日12時00分

この石段は「出世の石段」と呼ばれていて、徳川家光が梅の花を見つけ、誰か取ってくるよう命じた際、家臣の曲垣平九郎が馬でこの石段を駆け上がり、梅の枝を徳川家光に献上したそうです。そのおかげで曲垣平九郎は馬の使い手として名を上げることができたとか。 (C)愛宕神社 この石段は実際に登ってみると、非常に大変! 真冬でも登りきる頃には汗をかくこともあるほどです。でも [全文を読む]

「大奥」第6話 映画に繋がる衝撃シーンを放送

モデルプレス / 2012年11月16日19時39分

物語の中心人物である万里小路有功を俳優の堺雅人が、三代将軍・徳川家光を女優の多部未華子がそれぞれ演じているほか、田中聖(KAT-TUN)、平山浩行、麻生祐未らが出演している。◆第5話までのあらすじこれまでの5話までは、三代将軍・徳川家光(多部)の治世、若い男子のみがかかる疫病が流行し、男子の人口は女子の4分の1に激減。家光も同じ病で死去していた。徳川家の血 [全文を読む]

【成婚実績110組超】臨済宗のお寺で婚活「吉縁会」 会員登録イベントを全国開催

J-CASTトレンド / 2017年03月09日12時00分

武家に特に好まれ、徳川幕府3代将軍・徳川家光の乳母を務めた春日局が篤く信仰したことでも知られる。 [全文を読む]

運だめしもできる!日光「東照宮」裏のパワースポット「滝尾神社」

TABIZINE / 2017年02月25日12時00分

こちらは、徳川家光の墓守を務めた梶定良(かじさだよし)が1689年に奉納したものだとか。一見、普通の鳥居に見えますが、いつ頃からか「運試しの鳥居」と言われていて、石を3回投げて鳥居の小さな穴(額束というそうです)に通すことができれば良いことがあるのだそうです。これ、ぜひチャレンジしていただきたいのですが、なかなか難しい! 筆者は10回以上、チャレンジして一 [全文を読む]

新春の京都で開運。日本最古、都七福神をめぐる贅沢な時間

まぐまぐニュース! / 2017年01月06日04時30分

金堂は豊臣秀吉の子・秀頼の再建で、日本一高い五重塔は徳川家光の再建です。大師堂は、弘法大師在世時の住房で、弘法大師像と不動明王坐像が安置されています。 ホームページ:東寺 毘沙門天 北方の守護神で仏教を守護する神様です。毘沙門天を信仰すると十種の福を得るとされています。かつては菅原道真や平安時代の書家・小野道風も信仰していたといわれています。 ● 都七福神 [全文を読む]

新幹線の車窓名物「三洋ソーラーアーク」の今 実は地上にもパネルが敷き詰められていた!

東洋経済オンライン / 2016年11月23日11時00分

これらの建物は、関ケ原の戦いで焼失した後、三代将軍徳川家光が再建したといわれる。ほんの一瞬で過ぎ去る大鳥居を見て、境内の美しさを想像してみよう。 [全文を読む]

五重塔の迫力に圧倒!東寺周辺を2時間半で巡るおすすめ観光コース

Walkerplus / 2016年11月21日19時38分

有名な五重塔は徳川家光が再建したもので、高さ約55mと木造建造物日本一。世界文化遺産に登録されている寺院だ。秋には周辺が深紅に染まり、五重塔を紅葉が彩る。 【↓次のスポットへは徒歩1分】 ■ <2(所要時間15分)>参拝のお供には“東寺餅”で東寺御用達の和菓子を! 東寺の門前に店を構えて100年にもなる「東寺餅」。店名でもある「東寺餅」(1個140円)は [全文を読む]

仁和寺で阿弥陀三尊像や吉祥天立像などを公開!

Walkerplus / 2016年10月26日19時32分

寛永11(1634)年には、三代将軍徳川家光が再興の申し入れを承諾したことで、寺は創建時の姿へと戻った。平成6(1994)年には、世界遺産へも登録。国宝や重要文化財なども数多く、日本だけでなく、世界中から多くの観光客が訪れている。 ■ <秋の特別公開>国宝や文化財の仏像や絵画、書跡などを展示 2016年10月1日(土)~11月23日(水)にかけて、「仁和寺 [全文を読む]

暗闇に浮かぶ絢爛な五重塔を紅葉が彩る!東寺のライトアップ

Walkerplus / 2016年10月21日13時26分

闇に浮かぶ紅葉や徳川家光が再建した、高さ約55mで木造建築日本一の高さを誇る五重塔を満喫したあとは、金堂(本堂)の御本尊薬師如来や日光・月光両菩薩、講堂の二十一尊を拝観しよう! 【関西ウォーカー編集部】 [全文を読む]

週刊アサヒ芸能「創刊60年の騒然男女」芸能スキャンダルの真相!(5)克美しげるに殺害された愛人の父が義憤告白

アサ芸プラス / 2016年10月14日05時57分

そのことがよほどショックだったらしく、それから自殺未遂とも思われた運転事故も起こしていた」 さらに自殺した当日は、フジテレビの「大奥」で徳川家光役を演じ、劇中で死を迎えている。ドラマは放送中止を免れたが、いかにも自殺のタイミングを合わせた“美学”が見え隠れする。 最後は、松田聖子や河合奈保子と同じ80年に歌手デビューした甲斐智枝美(享年43)である。06年 [全文を読む]

フォーカス