亀田誠治のニュース

大原櫻子、ファンが「怖かった」過去の本音と「感謝の気持ち」を語る デビューから約1年半“一番つらかった時に救われたメッセージ”も

モデルプレス / 2015年03月24日08時00分

(modelpress編集部) ■大原櫻子1stアルバム「HAPPY」 <SPECIAL HAPPY盤(初回限定CD+DVD)> CD:全12曲収録 DVD:新曲2曲MV+ドキュメント(30~40分)封入:プレミアムチケット(イベント参加券 兼 プレゼント応募シリアルコード) <SUPER HAPPY盤(完全生産限定CD+グッズ)> CD:全12曲収録 6 [全文を読む]

山本彩ソロアルバムは「アイドルを越える」超豪華作家陣

dwango.jp news / 2016年10月06日21時00分

楽曲面でも、「名盤請負人」として有名な亀田誠治がサウンドプロデューサーとして参加、GLAYのTAKURO、スガシカオなど超一流のアーティストが楽曲を提供すると発表されている。 アイドルファンだけではなく、ロックファンたちからも注目を集めているソロアルバムとなっている。 そんな中、遂に楽曲の詳細、そしてジャケット写真が解禁された。 CD収録楽曲詳細は以下と [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】亀田誠治がナルチョと肩を組む。豪華メンバーが揃った「ベースだよ全員集合!」

TechinsightJapan / 2015年06月27日19時40分

亀田誠治が、カシオペアのベーシストとして知られる“ナルチョ”こと鳴瀬喜博をはじめ、ベーシストたちと並ぶ1枚をInstagramに投稿した。その豪華な顔ぶれに「オオー!」「スゴいメンツだ」とフォロワーも歓喜しており、亀田の表情やポージングには「プリティー」「キュート」といったコメントも寄せられている。 鳴瀬喜博をはじめベーシスト3人からなるトリプルベース・ユ [全文を読む]

11月11日の「ベースの日」に開催されたJ-WAVE ベース・ロワイアルに亀田誠治、KenKenらが出演!

okmusic UP's / 2015年11月15日14時00分

これはベーシストの亀田誠治が提案し、記念日として正式登録後、今回が初めてとなる。【その他の画像】KREVA同イベントは、日本を代表するベーシストの、亀田誠治、KenKen、TOKIE、ハマ・オカモト(OKAMOTO'S)が、それぞれジャンルレスにセッション相手を迎え、一期一会のバトル・パフォーマンスを展開するライブ・イベント。 11月11日は、1111を四 [全文を読む]

Do As Infinityが亀田誠治×河村“カースケ"智康とコラボライブを披露

okmusic UP's / 2014年11月25日11時00分

Do As Infinityが11月22日(土)東京ビッグサイトにて開催された「楽器フェア2014」にて、亀田誠治×河村“カースケ"智康とスペシャルライブを実施した。 【その他の画像】Do As Infinityこれはベースマガジン×ドラムマガジン(ともにリットーミュージック)の主宰で行なわれたもので、イベントでは亀田誠治×河村“カースケ"智康による普段な [全文を読む]

Do As Infinity、亀田誠治×河村カースケ智康とコラボライブ

dwango.jp news / 2014年11月24日15時50分

Do As Infinityが11月22日(土)東京ビッグサイトにて開催された「楽器フェア2014」にて、亀田誠治×河村“カースケ”智康とスペシャルライブを実施した。 これはベースマガジン×ドラムマガジン(ともにリットーミュージック)の主宰で行なわれたもので、イベントは亀田誠治×河村“カースケ”智康によるトークと実演が行なわれ、普段なかなか聞く事のできない [全文を読む]

音楽プロデューサー・ベーシスト亀田誠治 【ゆめを叶えた大人の子ども時代、ヒヨっ子ちゃずのイラストインタビューVol.4】

Woman.excite / 2017年03月16日19時00分

皆が憧れるステージで活躍する大人って、どんな子ども時代をすごしたのでしょうか? ゆめを叶えた大人はどんな風に育てられたのか、人生まだまだヒヨっ子のちゃずがインタビュー! 第4回は、音楽プロデューサー・ベーシストの亀田誠治さんを訪ねます。亀田さんは、アーティストと一緒に曲をつくり、それを世に出すプロデューサーとしてだけでなく、2012年に解散した東京事変のベ [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】高橋優、東京駅で亀田誠治に遭遇 “メガネツインズ”がバッタリ

TechinsightJapan / 2016年07月28日16時04分

シンガーソングライター・高橋優が仙台へ向かうため東京駅にいたところ、ベーシストで音楽プロデューサーの亀田誠治と遭遇したことをツイッターでつぶやいている。亀田はBank Bandとして石巻に行くところだという。人気アーティストが偶然出会うだけでも珍しいが、ユニットを組む2人がバッタリ顔を合わせるとどのような気持ちなのだろうか。 前作『明日はきっといい日になる [全文を読む]

シシド・カフカ、ニューアルバムに亀田誠治ら豪華プロデューサー参加

okmusic UP's / 2016年03月16日12時00分

大島賢治、大西省吾、奥野真哉、織田哲郎、亀田誠治、蔦谷好位置、平出悟、K.MASAKI(moumoon)、松本晃彦※ら今の音楽業界を彩る豪華プロデューサー陣を迎え、“ドラムボーカル”を軸とし、“ライヴ”を意識したカフカ流ロックチューン全快のアルバムに仕上がっている。 このアルバムの完成にあたりシシド・カフカは 「2年7ヶ月ぶりのオリジナルアルバム。“K5( [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】清木場俊介の新曲『軌跡』が完成。亀田誠治とのコラボに「楽しくてしょうがない、貴重な体験」

TechinsightJapan / 2015年05月03日14時15分

ニューシングル『軌跡』の表題曲は亀田誠治が曲とプロデュースを手がけており、清木場も「思った通りに歌えるので楽しくてしょうがない、貴重な体験をした」と新たな手応えを感じている。 清木場俊介の新曲『軌跡』は、亀田誠治が作った曲に清木場が歌詞をつけるという流れでできあがった。公開されたメイキング映像では、以前から清木場のファンだという亀田が「リスペクトするボーカ [全文を読む]

フォーカス