中原丈雄のニュース

『真田丸』高梨内記役の俳優・中原丈雄「ネクストブレイクおじさん」の意外な素顔

日刊サイゾー / 2016年11月27日19時00分

今までも名脇役として活躍してましたが『真田丸』で一般的にも知名度が上がりましたし、三谷さんもお気に入りのようですから、今後ますます露出が増えることは間違いないですね」(NHK関係者) 現在放送中の大河ドラマ『真田丸』で、堺雅人演じる真田幸村と共に『大坂の陣』を戦っている高梨内記を演じている中原丈雄。 「同じく『真田丸』に出演していた名脇役の小日向文世さんや [全文を読む]

市原隼人がシナリオ賞受賞作で2年ぶりドラマ主演へ!

Smartザテレビジョン / 2016年01月18日08時00分

さらに、主演の市原に加え、共演に臼田あさ美、中村倫也、陽月華、中嶋朋子、中原丈雄、吉行和子という多彩なキャストがそろう。 「テラスハウス『双葉荘』では、見えないはずのものが見える――。」をキャッチコピーに、川崎が若いころに体験した実話をベースにした2つの時代をつなぐ“ロマンティックミステリー”に仕上がっている。 市原のテレビドラマの主演は「『黄金のバンタ [全文を読む]

鈴木京香「幸運をひしひしと感じています!」

Smartザテレビジョン / 2017年04月02日07時00分

――夫役の中原丈雄さん、息子役の堀井新太さんとの共演はどうでしたか?中原さんとは何度もご一緒していて、大河ドラマ「真田丸」(2016年NHK総合ほか)でも一緒でした。堀井君は舞台に出演した際に息子役で、私の家族の一員になりたがる役だったので「やっと家族になれたね!」と再会したときに喜びを分かち合いました! [全文を読む]

東山紀之の涙が際立たせるものは…松本清張『花実のない森』

しらべぇ / 2017年03月29日06時30分

同作のテレビドラマ化は初で、主人公の梅木隆介を東山紀之、謎めいた美しきヒロイン・江藤みゆきを中山美穂が演じ、梅木の恋人・藤村真弓を相武紗季、物語のカギを握る楠尾英通を小澤征悦ほか、渡辺いっけい、鷲尾真知子、大和田獏、中原丈雄、吹越満、寺島進など、豪華キャストが顔をそろえた。■初共演や初松本清張作品など(画像提供:(C)テレビ東京 ドラマ特別企画 松本清張『 [全文を読む]

松平健「身近に感じました」ドラマでPTAの副会長役

Smartザテレビジョン / 2017年02月02日17時30分

ほか、安達祐実、長谷川朝晴、佐々木勝彦、中原丈雄らが出演。 【松平健コメント】 初めてこのドラマのお話を頂き企画書を拝見しましたところ、小学校のPTAで起こるさまざまな問題や人間関係をコミカルかつ人情味たっぷりに描いてありました。 ちょうど私の子供も小学校に通っていますし、私自身も保護者会には出席した経験もありますので、とても興味深く身近に感じました。定 [全文を読む]

最終回にきてまさかのコラボも!? 鹿島の大奮闘で数字は伸び悩むも感動の完結を迎えた『真田丸』第50話「最終回」レビュー!

おたぽる / 2016年12月21日11時00分

高梨内記(中原丈雄)も、堀田作兵衛(藤本隆宏)も、物語序盤から登場し続けてきたキャラクターだし、内記が敵に倒された際には昌幸(草刈正雄)の位牌が転がり出るし、作兵衛の最後のセリフが「すえ、梅……」という妹と姪っ子の名だったりと、グッとくるシーンになっていた。 [全文を読む]

『真田丸』最終回を10倍おもしろく見る方法!

日刊大衆 / 2016年12月17日16時00分

大坂冬の陣の際、幸村と家臣の高梨内記(中原丈雄)が、真田丸の物見櫓の上で徳川勢の布陣を見ながら言葉を交わすシーンだ。「あちらにも赤備えがおりますぞ」という内記に、幸村が、「あれは井伊直孝の陣。かの井伊直政の次男坊じゃ。……あちらにも、ここに至るまでの物語があるのだろう」という。次回大河のヒロイン・直虎は、その井伊直政を慈しみ、育てる役回り。そこで、内記はす [全文を読む]

本仮屋ユイカ、上川隆也に「付いて行きたいです!!」

Smartザテレビジョン / 2016年12月01日06時00分

また、もう一つの柱として、29年前に獄中死した佐方の父・陽世(中原丈雄)の謎を描くことで、佐方の人間としての本質、検事としての矜持(きょうじ)の“ルーツ”も明かされる。――上川さん演じる佐方の新パートナーということですが、お話を受けた時の感想を教えてください。前作「検事の死命」('16年1月)をリアルタイムで見ていて、すてきな作品だなと思っていたらこのお話 [全文を読む]

上川隆也&本仮屋ユイカが広島風お好み焼き作りに挑戦

Smartザテレビジョン / 2016年11月29日12時06分

また、罪を背負ったまま獄中死した佐方の父・陽世(中原丈雄)にまつわる謎も解き明かされ、佐方のルーツが第3作目にして明らかになっていく。 今回のイベントでは、佐方の亡き父親のエピソードの舞台である広島にちなみ、上川と本仮屋が広島風のお好み焼きを作る企画に挑んだ。 上川は「練習の成果はじっくりご覧いただけると思います」と意気込むと、本仮屋は「実は1回も成功して [全文を読む]

上川隆也“佐方シリーズ”第3弾に「何とも言えない喜び」

Smartザテレビジョン / 2016年11月11日05時00分

罪を背負ったまま獄中死した父・陽世(中原丈雄)の秘められた真実が解き明かされることにより、佐方の人間としての本質、検事としての誇りが育まれた背景が浮かび上がっていく。硬骨の男・佐方の“ルーツ”ともいうべきものが、3作目にして、ついに明らかになる。父・陽世、そして佐方自身の“本懐”とは? 本作でもひたむきに作品と向き合う上川の俳優としての姿勢が、真実に対峙( [全文を読む]

あれ、きり(長澤まさみ)が可愛い……!? そして次回よりついに真田幸村が爆誕!!『真田丸』第39話「歳月」レビュー

おたぽる / 2016年10月04日11時00分

物語序盤から登場していて、今でも信繁と行動を共にしているキャラクターも佐助(藤井隆)と高梨内記(中原丈雄)、そしてきりぐらいとなってしまった。恋愛感情があるかどうかは分からないが、もうお互いにとって家族みたいなものだろう。きりもキャラクターとしては少なくともアラフォー以上なんだと思うと微妙だが……。 [全文を読む]

兄上“信之”と、頼もしすぎる舅・本多平八郎が熱い! そしてさらば三成&大谷……『真田丸』第37話「信之」レビュー!!

おたぽる / 2016年09月20日23時00分

昌幸、信繁と行動をともにするのは、高梨内記(中原丈雄)、あとは春(松岡茉優)、きり(長澤まさみ)といったところ。これまで一緒だった面々が分かれていくので、どうしても寂しくなってしまうが、「これは別れではない、また会える日を楽しみにしておるぞ」「では各々、抜かりなく」という昌幸の、別れの挨拶が真田家らしい。また、ここで久しぶりに療養中の出浦昌相(寺島進)が [全文を読む]

萩原聖人のキナ臭さが半端ない! 好調キープ『ヒガンバナ』最大の弱点とは?

日刊サイゾー / 2016年02月05日00時00分

曜子の勤めていた研究所に赴き、上司だった堂ヶ島教授(中原丈雄)に会った来宮と雪乃でしたが、その職員の中になんと、雪乃が恋した三岡がいたのです。これはますます怪しいですぞ。 三岡や他の職員は事件の会った日、曜子が飲み会帰りに男に会うといって別れたという。じゃあその男が怪しい! と思うわけですが、どうやらこの研究所、1年前にも優秀な研究者だった良美(西山繭子) [全文を読む]

第9回WOWOWシナリオ大賞最終選考対象作品の決定について

PR TIMES / 2016年01月22日11時46分

「ドラマW 双葉荘の友人」について脚本: 川崎クニハル監督: 平松恵美子(『ひまわりと子犬の7日間』)音楽: 寺嶋民哉(『ひまわりと子犬の7日間』『ゲド戦記』)出演: 市原隼人、臼田あさ美、中村倫也、陽月華、中嶋朋子、中原丈雄、吉行和子放送日:2016 年3 月19 日(土)[WOWOW プライム] [全文を読む]

美人おかみ・安田美沙子の居酒屋で一足早い忘年会

Smartザテレビジョン / 2015年11月17日18時00分

今回の特別篇では、安田美沙子が居酒屋のおかみに扮(ふん)し、番組で“旅人”として各地を散歩する中原丈雄、藤吉久美子、益子直美、佐戸井けん太をもてなす。 「日本ほのぼの散歩」は、毎週一人の旅人が、どこか懐かしさを感じる街を“ほのぼの散歩”し、歩いて感じる街の魅力を再発見する紀行バラエティー。 毎回サブテーマを設けて、場所ごとに食べ歩きや花巡り、歴史に沿った史 [全文を読む]

堺雅人主演 '16年大河「真田丸」 に大泉洋ら!

Smartザテレビジョン / 2015年07月10日12時47分

大泉は信繁の兄・信幸(信之)役、木村佳乃は信繁と信幸の姉・松役、草刈正雄は信繁兄弟の父・昌幸役、高畑淳子は昌幸の妻・薫役、草笛光子は信繁の祖母・とり役、寺島進は真田家の家臣で信州の豪族・出浦昌相役、中原丈雄は昌幸の側近・高梨内記役、藤井隆は真田十勇士の一人・佐助役、平岳大は真田家が初めに仕えた武田家の最後の当主・勝頼役を演じる。 また、段田安則は武田滅亡 [全文を読む]

【TBSオンデマンド】映画「ふしぎな岬の物語」明日7月8日(水)から配信スタート!

PR TIMES / 2015年07月07日15時07分

世の中の不思議や人との絆をなめらかに紡ぎ出す、このあたたかい物語を、ぜひTBSオンデマンドでご覧ください![画像: http://prtimes.jp/i/3065/521/resize/d3065-521-685326-0.jpg ]ふしぎな岬の物語【原作】森沢明夫「虹の岬の喫茶店」(幻冬舎文庫)【監督】成島 出【出演者】吉永小百合、阿部 寛、竹内結子、 [全文を読む]

山下智久も全力投球の「アルジャーノン」が最終回!

Smartザテレビジョン / 2015年06月12日05時00分

後日、梨央の父・河口(中原丈雄)が秘書と共に蜂須賀の研究センターに現れ、蜂須賀を刑事告訴すると通達。効果を望めないと知りながら、梨央の病気の特効薬を開発する名目で研究のために莫大な資金を流用したとして、詐欺罪が成立すると主張する。 だが、もし咲人が梨央を救えたときは、研究チームが開発した薬“ALG”が梨央を救ったと考えて、告訴を取り下げてやってもいいと河 [全文を読む]

NHKドラマ「64(ロクヨン)」主演のピエール瀧、警官制服に喜ぶ山本美月に「コスプレクイーン」

Woman Insight / 2015年04月07日17時38分

(安念美和子) NHK土曜ドラマ『64(ロクヨン)』 http://www.nhk.or.jp/dodra/rokuyon/ 放送予定:2015年4月18日(土)スタート/総合テレビ22:00~22:58(全5回) 原作:横山秀夫『64』 脚本:大森寿美男 演出:井上剛、増田静雄 音楽:大友良英 制作統括:屋敷陽太郎 出演:ピエール瀧 木村佳乃 荒井浩文 [全文を読む]

【速報】ピエール瀧が犯人じゃなくて警察広報役で主演!?NHKドラマ「64」記者会見

Woman Insight / 2015年04月07日15時41分

(安念美和子) NHK土曜ドラマ『64(ロクヨン)』 http://www.nhk.or.jp/dodra/rokuyon/ 放送予定:2015年4月18日(土)スタート/総合テレビ22:00~22:58(全5回) 原作:横山秀夫『64』 脚本:大森寿美男 演出:井上剛、増田静雄 音楽:大友良英 制作統括:屋敷陽太郎 出演:ピエール瀧 木村佳乃 新井浩文 [全文を読む]

フォーカス