加藤剛のニュース

東山紀之「ご褒美を頂きました」加藤剛との共演に感動

Smartザテレビジョン / 2016年12月07日18時18分

NHK BSプレミアムで'17年1月3日(火)に放送されるBS新春時代劇「大岡越前スペシャル」の試写会・取材会が行われ、主演の東山紀之の他、ミムラ、松原智恵子、加藤頼、津川雅彦、そして加藤剛が登壇した。今回のスペシャルは、'17年に大岡忠相が江戸南町奉行に就任して300年目となることを記念したSPドラマ。'13年から第3シリーズまで放送された「大岡越前」で [全文を読む]

特報!三島文学の最高峰「剣」の唯一のTV版ドラマが2月7日(火)にCS・TBSチャンネル2で放送!

PR TIMES / 2017年02月01日17時40分

ひたすら強く正しく生きたいという純粋な剣道部主将を26歳の加藤剛がさわやかに演じ、脇に当時28歳の故蜷川幸雄を配した青春ドラマだ。ギリシア彫刻のような美しい青年が純粋過ぎるがために悩み葛藤し、悲劇的な死に至る物語は、当時、大いに評判となった。三島由紀夫がその前年に著した小説「剣」をTBSがいち早くTV化したものだ。 そして最近、TBSの局内から三島由紀夫 [全文を読む]

東山紀之主演『大岡越前』に加藤剛が出演「感慨深いです」

Smartザテレビジョン / 2016年10月26日18時56分

'70年から30年以上にわたって「大岡越前」で大岡忠相を演じてきた加藤剛と、本作で大岡忠相を演じる東山紀之との共演が決定。今回、加藤からコメントが寄せられた。 加藤が演じるのは、家老の不正を探ったことで流浪の半生を送った老骨の武士役・風間五郎左衛門。人生の最期に、人を殺したとうそをついた五郎左衛門と、うそを承知で裁く忠相(東山)の白洲での戦いが見どころの一 [全文を読む]

「鬼平犯科帳」が28年の歴史に幕!民放時代劇の火は消えてしまうのか?

アサ芸プラス / 2016年11月10日09時58分

今年の主なところでは、中村梅之助主演で人気を博した『伝七捕物帳』(73~77年、日本テレビ系/79年、テレビ朝日系)の新シリーズが息子の中村梅雀主演で実現しましたし、加藤剛の当たり役『大岡越前』(70~99年・06年、TBS系)は東山紀之主演でリメイクされて3シリーズ放送。来年1月3日には加藤剛がゲスト出演するスペシャルも放送されます。池波正太郎原作・中井 [全文を読む]

時代劇研究家が選ぶ大河ドラマBEST10 6位~10位

NEWSポストセブン / 2016年08月20日16時00分

アクの強い面々に囲まれて、尊氏役の真田だけは爽やかに演じており、歴史の渦の中心たる存在に説得力を与えていた」【7位『風と雲と虹と』(1976年)】主演/加藤剛(平将門)、原作/海音寺潮五郎、脚本/福田善之 平将門と藤原純友、二人の男が繰り広げる夢と野望の物語。将門に影響を与えた二人の女性、貴子と良子も好演。第一回には海音寺潮五郎が登場し解説した。「公家た [全文を読む]

松村邦洋の大河ドラマ道(1)将門の荒々しさがいいね

アサ芸プラス / 2013年07月09日10時00分

加藤剛演じる平将門が「あまりにもカッコよかった」と回想する。 小学校3年でしたけど、その壮大なスケールにハマりましたね。近所の同世代の子供たちも、みんな見てたんじゃないかな。 だから当時、月曜日の学校での話題といえば「風と雲と虹と」ですよ。 加藤剛さんの将門派と、そのライバル、山口崇さんが演じた悪役の平貞盛派に分かれましたね。 「将門は200とか300の兵 [全文を読む]

不朽の名作『砂の器』がシネマコンサートに 映画ファンが待望したワケ

ORICON NEWS / 2017年05月18日06時00分

気鋭の音楽家・和賀英良(加藤剛)が作曲した「宿命」を東京交響楽団と共に初演するシーン、緊迫した捜査会議シーン、お遍路姿の親子が四季折々の全国を旅するシーンの3つを織り交ぜながら、本作のために作曲された組曲「宿命」がクライマックス全編にわたって劇的に流れる。セリフは極力抑えられ、ここでの主役は音楽と言って過言ではないほどだ。 シネマ・コンサートでは、『砂の器 [全文を読む]

アラン・ドロン引退、そのショックの何たるかを初老の私がお伝えしよう

citrus / 2017年05月16日22時00分

そして、あの松本人志が10年以上も昔に提言した「世界三大美男子はアラン・ドロンとジョン・ローンと加藤剛」は、“まっちゃん語録”のなかで3本の指に入る名言だと思っている。 アラン・ドロン──名前がまたいい。「アラン」ときて「ドロン」である。まだフランス語に精通していなかったあのころ(※今でも全然精通していないが)、「ドロン」なんて名前(=ファミリーネーム)を [全文を読む]

ご存知ですか? 4月30日は将軍名代・徳川昭武がパリ万博を見学した日です

文春オンライン / 2017年04月30日07時00分

また、現実の万博会場では幕府が日本茶屋を出し、芸者たちが評判をとったが、ドラマではそのひとりを大原麗子が演じ、主人公である菅原文太と加藤剛演じる架空の会津・薩摩両藩士とかかわるようになる。 昭武はこのあとも数年間、ヨーロッパ各地をまわりつつパリで留学生活を送る予定であったが、滞在中に幕府が大政奉還(1867年11月)して以降、事態は急変する。戊辰戦争に幕府 [全文を読む]

有村架純「女を忘れしっかりと役目を果たしたい」司馬遼太郎『関ケ原』が岡田准一、役所広司ら豪華キャストで実写映画化決定に反響続々

ダ・ヴィンチニュース / 2016年08月20日15時00分

また1981年には、昭和の名優・森繁久弥、加藤剛を主演に迎えテレビドラマ化され、大好評を博した。 同作の読者からは「これまで読んだ司馬遼太郎作品の中でも最高作ではと思える傑作!」「あまりにも有名な合戦、もちろん結末はわかっているのに手に汗握る緊張感が漲っている!!」「この作品を読んで石田三成のファンになった! 壮大な歴史のロマンに心打たれる、歴史小説界の宝 [全文を読む]

フォーカス