阿川佐和子のニュース

【今週の大人センテンス】関係する人すべてが「大人」な阿川佐和子の熟年婚

citrus / 2017年05月23日18時00分

」by阿川佐和子【センテンスの生い立ち】 作家でエッセイストの阿川佐和子さん(63)が、かねてから交際していた69歳の元大学教授と、5月9日に入籍したことを発表した。5月18日発売の「週刊文春」に「今更ですが『私、結婚しました』と題した8ページの手記を掲載。28歳のときに相手の男性と出会ってからの道のりや、入籍に至った経緯を報告した。「手記まで書いて長々と [全文を読む]

響くわ~!3位は樹木希林「人生相談したい女性芸能人」ランキング

VenusTap / 2016年12月10日19時40分

■頼れる姉御! 好感度女王・天海祐希が1位に<人生相談をしたら良いアドバイスをくれそうな女性芸能人ランキング>1位・・・天海祐希(39票)2位・・・阿川佐和子(37票)3位・・・樹木希林(35票)4位・・・北斗晶(33票)5位・・・小泉今日子(31票)堂々1位は、好感度ランキングの常連・天海祐希。宝塚歌劇団の月組でトップスターだったことは有名ですが、天海祐 [全文を読む]

デーモン閣下 阿川佐和子にヘヴィメタについて親切に解説した

NEWSポストセブン / 2012年03月22日07時00分

『週刊文春』で20年にわたって対談ページ『阿川佐和子のこの人に会いたい』のホステスを務める阿川佐和子さん(58)。対談した人数は約920人に。その経験をもとに展開する、インタビューの秘訣をまとめた『聞く力 心をひらく35のヒント』(文藝春秋・840円)が出版された。本書の中には、これまでに阿川さんが出会い、対談した有名人のエピソードが詰まっている。 阿川さ [全文を読む]

阿川佐和子、小林幸子…シニア初婚の有名人、実はこんなに多かった

女子SPA! / 2017年05月25日09時02分

エッセイストの阿川佐和子(63)が、5月9日に7歳年上の元・大学教授の男性と結婚したことが明らかになりました。 阿川佐和子といえば”結婚できない女”を自虐ネタにし、お見合いも30回以上経験している非婚女性の星。「子供が産めない年齢になった今となっては結婚は考えられない」と公言していた彼女が、還暦を過ぎてからのまさかの初婚! 婚活中のアラサー・アラフォー女性 [全文を読む]

150万部超のベストセラー『聞く力』(阿川佐和子)の続編『叱られる力』紙書籍版、電子書籍版同時発売!

@Press / 2014年06月20日10時00分

株式会社文藝春秋(所在地:東京都千代田区、代表取締役社長:平尾隆弘)は、6月20日、阿川佐和子さんの新著『叱られる力 聞く力2』(文春新書)の紙書籍版、電子書籍版を同時刊行いたします。150万部超を記録し、2012年年間ベストセラー第1位に輝いた『聞く力』待望の続編です。 『聞く力』は2012年1月に文春新書として刊行されましたが、その半年後に電子書籍版を [全文を読む]

曖昧な交際開始時期、阿川佐和子の夫の前妻語る胸の内

NEWSポストセブン / 2017年05月25日16時00分

阿川佐和子さん(63才)の結婚報告はこんな一文ではじまる。《おこがましいことながら、このたび五月九日に私、阿川佐和子が入籍したことを、ここにご報告いたします》(『週刊文春』5月25日号、以下《》内同) 5月18日発売の『週刊文春』で今月9日に電撃結婚していたことを明らかにした阿川さん。「阿川佐和子 独占手記 今更ですが 私、結婚しました」と題された記事は8 [全文を読む]

阿川佐和子に結婚報道が浮上も、作家タブーでマスコミが避けて通る「友人の夫を略奪不倫疑惑」

リテラ / 2016年11月28日13時30分

エッセイスト、テレビの司会者として活躍中の阿川佐和子に結婚報道が浮上した。相手のS氏は6歳年上で、元・慶應大学教授(2013年に定年退任)。阿川本人は入籍は否定しているものの、すでに同棲しており、「結婚秒読み」の状態にあるらしい。「お見合い失敗30回」を自称し「元祖結婚できないキャラ」だったあの阿川さんがとうとう...という感じで、多くのメディアが祝福ムー [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】福原愛選手 阿川佐和子に“日本人じゃないフリ”を助言され「嘘はダメです」

TechinsightJapan / 2016年10月10日12時22分

収録を終えたばかりの阿川佐和子と彼女をバラエティ番組『王様のブランチ』がインタビューしたところ、福原選手が本番では明かさなかった本音を口にして阿川を驚かせる。 阿川佐和子の冠番組『サワコの朝』(MBS・TBS系)が10月15日(土)に放送250回を迎える。その記念すべきゲストとして出演するのが愛ちゃんこと福原愛選手だ。8日放送の『王様のブランチ』が収録スタ [全文を読む]

石原良純氏、阿川佐和子著『強父論』にかなり賛同する

NEWSポストセブン / 2016年10月06日16時00分

【この人が語るこの本】『強父論』/阿川佐和子著/文藝春秋/1300円+税【著者】阿川佐和子(あがわ・さわこ)/1953年東京都生まれ。慶應義塾大学文学部卒業。『ああ言えばこう食う』(檀ふみ氏との共著、集英社)で講談社エッセイ賞、『ウメ子』(小学館)で坪田譲治文学賞、『婚約のあとで』(新潮社)で島清恋愛文学賞。 昨年亡くなった父であり、作家である阿川弘之氏の [全文を読む]

土鍋ご飯と、黒酢の酢豚をつけていただくふかふか揚げ蒸しパン

ぐるなび / 2016年08月17日13時10分

8月15日放送の「白熱ライブビビット」(TBS系、午前08時00分~)では、タレントでもあり作家でもある女性を特集したコーナーで、阿川佐和子さんが「クーリーズクリーク」(東京都港区)を訪れた。同店は東京メトロ南北線白金高輪駅から徒歩4分ほどにある、四川と広東料理がいただけるレストランだ。 そのお店で阿川佐和子さんが必ず食べるという「ポーチャイハン」「黒酢の [全文を読む]

フォーカス