手塚とおるのニュース

「太鼓持ちの達人」手塚とおるが笑顔でクランクアップ

Smartザテレビジョン / 2015年01月22日16時38分

オンラインゲーム「世渡りWARS」を舞台に、手塚とおる演じるスタローン大佐、柄本時生演じるマイク情報分析官、木南晴夏演じるリサ作戦参謀がコミュニケーションに悩む人々に“褒める”知識を授け、商談相手やプライベートの知人など一癖も二癖もある“敵”を上手に褒めてもらい、困難をクリアしていくというコメディードラマとなっている。 本作でドラマ初主演を飾った手塚とおる [全文を読む]

長瀬智也、“ホントに嫌な奴”手塚とおるとバトル

Smartザテレビジョン / 2016年01月12日19時01分

その第1話に手塚とおるが出演することが決定した。 手塚は今回、強烈に憎たらしい“嫌ぁ~な”内科医を怪演し、長瀬演じる主人公と激突する! 「フラジャイル」は、現在「アフタヌーン」(講談社)で連載中の同名漫画(画・恵三朗、原作・草水敏)が原作。 主人公は、長瀬演じる偏屈イケメン天才病理医・岸京一郎。病理医とは手術はせず、組織や細胞を分析して患者の診断を下す医 [全文を読む]

俳優・手塚とおるの強烈すぎるキャラクターが完全アウトだと話題に 「クズすぎるwww」

AOLニュース / 2015年12月04日12時00分

12月3日に放送された『アウト×デラックス』(フジテレビ)に、個性派俳優として活躍中の手塚とおるが登場し、そのあまりに強烈なキャラが視聴者の間で話題となっている。〈高校時代筆談で過ごしていた俳優〉として登場した手塚は、変声期を境に自身の声にコンプレックスを頂き、それ以降、筆談でコミュニケーションをとっていたなど、その知られざる過去などを語り始めたが、その後 [全文を読む]

「太鼓持ちの達人」最終話で手塚とおるVS鈴木福!

Smartザテレビジョン / 2015年02月19日12時00分

オンラインゲーム「世渡りWARS」を舞台に、手塚とおる演じるスタローン大佐、柄本演じるマイク情報分析官、木南晴夏演じるリサ作戦参謀がコミュニケーションに悩む人々に“褒める”知識を授け、商談相手やプライベートの知人など一癖も二癖もある“敵”を上手に褒めてもらい、困難をクリアしていくというコメディー作品。 3月16日(月)放送の第10話では、前田演じる新婚妻が [全文を読む]

手塚とおる初主演作を木南晴夏が「こんなドラマ」呼ばわり!?

Smartザテレビジョン / 2015年01月11日00時13分

都内で撮影中の手塚とおる、柄本時生、木南晴夏が取材に応じた。 本ドラマはビジネス書「正しいブスのほめ方」「正しい太鼓のもち方」(トキオ・ナレッジ著/宝島社)を原案にしたコメディー。オンラインゲーム「世渡りWARS」を舞台に、コミュニケーションに悩む人々に、手塚演じるスタローン大佐らが“褒める”知識を授け、仕事やプライベートで発生する難敵を攻略していくストー [全文を読む]

GLIM SPANKYの新曲がテレビ東京系深夜ドラマの主題歌に抜擢

okmusic UP's / 2014年12月10日19時00分

【その他の画像】GLIM SPANKY超個性派俳優 手塚とおるが52歳にして初主演することで話題のドラマ「太鼓持ちの達人 ~正しい××のほめ方~」の主題歌としてGLIM SPNAKYを大抜擢したドラマプロデューサーの濱谷晃一は、起用の理由として「CMの「MOVE OVER」のカバーや、他楽曲からも感じられる古き良きロックテイストに、ジャニス・ジョプリン好 [全文を読む]

異色のコラボ!『正しいブスのほめ方』『正しい太鼓のもち方』が、話題の“テレビ東京・深夜枠”でドラマ化!

PR TIMES / 2014年11月14日17時59分

手塚とおる、柄本時生、木南晴夏 出演! 株式会社宝島社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:蓮見清一)が発行する書籍『正しいブスのほめ方』『正しい太鼓のもち方』が、来年1月よりテレビ東京でドラマ化されることが決定しました。 ドラマタイトルは「太鼓持ちの達人~正しい××のほめ方~」で、「俺のダンディズム」、「孤独のグルメ」などヒット作品を続々と生み出してい [全文を読む]

香川照之、長谷川博己の“最大の敵”に! 「小さな巨人」

CinemaCafe.net / 2017年03月12日22時30分

香坂は警察官による不正を調査する監察官・柳沢(手塚とおる)に呼び出され、所轄への異動を命じられてしまう。そして香坂が署にやってくると、日本経済のトップに立つIT企業ゴーンバンク社の社長・中田和正が誘拐される事件が発生。捜査一課のときと同様に捜査をしようとする香坂であったが、これまで部下であった警視庁捜査一課長付運転担当・山田に「所轄は後方支援。現場は本庁に [全文を読む]

長谷川博己・岡田将生で“今までにない警察ドラマ” 共演者も明らかに

モデルプレス / 2017年02月27日06時00分

ほか、駿河太郎、手塚とおる、木場勝己の出演も決定している。 そして、主人公・香坂の刑事人生を大きく変える捜査一課長・小野田義信には大物俳優を起用。加えて、ヒロインとして警察官たちの人事を握る人事課に配属された新人職員・三島祐里役には今、最注目の若手女優が決定。それぞれ、順次明かされていく。 ◆伊與田英徳プロデューサー コメント 警察官の生き様を描いた人間ド [全文を読む]

【試写室】「検事の本懐」重厚な物語に負けないキャストの強さ

Smartザテレビジョン / 2016年12月03日05時00分

その他いわゆるバイプレーヤーと呼ばれる位置ですさまじい存在感を放つ、木下ほうか、手塚とおるや正名僕蔵なども引っ張りだこだ。これは筆者のような若作りもほとんどせず、寄る年波に寄り切られているおじさん記者も出番ありかなあ。そんな不毛なことを太陽が沈むころに思い浮かべつつお届けするのが…各局で放送されているドラマやバラエティーなどを事前に完成DVDを見て、独断と [全文を読む]

フォーカス