平野謙のニュース

前代未聞のプロジェクト、人力車にて世界一周が海外で話題に!?

PR TIMES / 2017年01月20日19時34分

鈴木悠司(京都府出身・26歳)、平野謙(東京都出身・27歳)、高橋圭輔(秋田県出身・26歳)の3名だ。彼らは、浅草から大阪へ向い、人力車と共に船で中国・上海へ。2017年1月20日現在、ベトナムにいる。 [画像1: https://prtimes.jp/i/19021/2/resize/d19021-2-462569-0.jpg ] (左から鈴木悠司、平野 [全文を読む]

年末年始も『野球つく!!』 イベント「激闘 JAPAN 2016」開催 お正月はログインボーナス&ファン球団専用ガチャ登場!

PR TIMES / 2016年12月28日16時18分

2017 年のリーグ初優勝は、あなたのチームかも?!■今回は全8選手!「激闘 JAPAN 2016」でレジェンド選手を獲得しよう!2016 年最後の「激闘 JAPAN 」イベントは、獲得できるレジェンド選手が通常より多く登場します!ランキング上位入賞で「野村克也」選手と「江夏豊」選手が、そして12球団との対戦を重ねることで獲得できる周回報酬には、通常は2選 [全文を読む]

【プロ野球】《日本シリーズ事件簿》誤審? 波紋を呼んだ歴代日本シリーズ“微妙な判定”列伝

デイリーニュースオンライン / 2016年10月26日17時05分

2死二塁のシーンで中日・平野謙の打球は一塁線を破り、中日が先制したかに思われた。しかし、打球が一塁塁審の村田の足を直撃。二塁手方向へボテボテと打球は転がり、二塁・山崎裕之が三塁送球。ホームインを狙っていた田尾安志はオーバーランから戻り切れずに三塁でタッチアウト。限りなく不運な形で攻撃終了となった。 この試合後、マスコミに心境を聞かれた村田は「石ころ!」と一 [全文を読む]

明治大学ゆかりの文人たちの系譜をたどる労作!明治大学出版会より『明治大学文人物語―屹立する「個」の系譜』を刊行~全国の書店にて6月発売~

@Press / 2016年05月20日11時15分

岸本辰雄、子母澤寛、平野謙から、岡本喜八、阿久悠、北野武へと流れる明治大学ゆかりの文人たちの系譜。その力強い水脈の本質を「日本海側地域の精神文化」と喝破し、創立者・教員文学者・卒業生たちの業績と思想をたどる労作が完成しました。明大創立者たちの活躍や、幻の「明治文学会」の顚末、「座頭市」の作者・子母澤寛の来歴と後に与えた影響などを懇切に解き明かします。 明 [全文を読む]

【プロ野球】一日一失?エラー禍にハマる西武の野手陣の謎

デイリーニュースオンライン / 2016年05月07日16時04分

かつては田邊監督を筆頭に、辻発彦、奈良原浩、外野も平野謙、小関竜也と守備の名手が名を連ねていた西武の野手陣。ここまでのレベルになるのは難しいかもしれないが、プロである以上、せめて普通に捕る、普通に投げるはお願いしたいところだ。 野球に限らず「普通」が一番難しいと言われるが、負けるにしても納得できる負け方というものがあるはず。 プレーしている選手もモヤモヤ [全文を読む]

秋山幸二、今季で勇退!常勝を宿命づけられた「メジャーに一番近かった男」

AOLニュース / 2014年10月14日11時00分

ベテラン・東尾修や若きエース・渡辺久信、工藤公康、そして秋山と共に強力な打撃陣を形成した辻発彦、平野謙、清原和博、デストラーデ、石毛宏典、田辺徳雄、伊東勤など、今では伝説となっている名プレイヤーたちに囲まれながら、秋山はその腕と闘志を磨き続けたのである。 <関連動画はこちら> <関連動画はこちら> リーグ優勝を果たしつつも 、今季での退任を決意した秋山幸二 [全文を読む]

ぬれた水着で店に入り、トイレで着替え 「ビーチ」付近の店はそんな客を拒否できる?

弁護士ドットコムニュース / 2014年08月19日18時56分

神戸市内に法律事務所を構える平野謙弁護士に聞いた。 ●客が居座れば「不退去罪」 「たとえば、店の入口に『水着での入店はお断りします』と書いておいて、水着の人の入店を断ることは可能です。 こうした張り紙があるにもかかわらず、それでも水着で入って来る客がいた場合、店側の対処は『水着での入店はお断りしております。お帰り下さい』と伝えることです。それで客が帰れば問 [全文を読む]

プロ野球新人監督連続直撃!「優勝はウチがもらった」中日高木守道監督

アサ芸プラス / 2012年03月29日10時59分

打撃コーチの宇野勝(53)、外野守備走塁コーチの平野謙(56)は現役時代にタイトルを獲得している。「中日もこんなすばらしいOBがいるのに」という髙木からのメッセージがうかがえる。 こうした中日のオールドファンが喜びそうな人事は髙木自身の計算だけではなかった。親会社・中日新聞社の戦略であるのは十分わかっているのだが、それを平気で飲み込んでしまうところに、年齢 [全文を読む]

フォーカス