芦田愛菜のニュース

【エンタがビタミン♪】芦田愛菜の“したたかさ”に松下奈緒が戸惑い「まなちゃんはそんなことしないと思った!」

TechinsightJapan / 2017年01月05日18時40分

2000年以降の天才子役と言えばまっさきに思い浮かぶのが芦田愛菜だ。彼女も12歳となりこの春から中学1年生になる。1月3日に放送された『VS嵐2017年賀正新春豪華3時間スペシャル』では、ババ抜き対決企画“BABA嵐 2017”に参戦した芦田愛菜が女優の松下奈緒に「すみません」と詫びる場面があった。純真な子役と思っていた彼女の成長ぶりが垣間見えた一幕だ。 [全文を読む]

芦田愛菜&菊地凛子登場!『パシフィック・リム』舞台挨拶

ハリウッドニュース / 2013年08月10日19時50分

ギレルモ・デル・トロ監督の超大作『パシフィック・リム』の本日8月10日(土)の公開記念して、ヒロインを務めた菊地凛子さん、この映画でハリウッドデビューを果たした芦田愛菜さん、悪役ハンニバル・チャウの日本語吹替え声優を務めたケンドーコバヤシさん、そしてKAIJU“ないふへっど君”が舞台挨拶に登場した。MCの呼びかけで、菊地凛子さん、芦田愛菜ちゃん、ケンドーコ [全文を読む]

芦田愛菜の銅像など有名人と相席できる丸の内の新スポット

NEWSポストセブン / 2012年09月17日07時01分

あなたもお出かけして、いろいろな“相席”を体験してみませんか? 芦田愛菜(8才)のブロンズ像には、「あっ、愛菜ちゃんだ!」と早速同じポーズを取る母と娘。嬉しい思い出ができちゃいました。ラッキー! いまにも動き出しそうな鈴木福くん(8才)の像は、両手のVサインで、幸せをもらえるパワースポット!? ロンドン五輪では日本卓球初の銀メダルを獲得した福原愛選手(23 [全文を読む]

ユーミン、芦田愛菜の3rdシングルに新曲書き下ろし

リッスンジャパン / 2012年06月21日17時00分

シンガー・ソングライターの松任谷由実が、人気子役・芦田愛菜の3rdシングル「ずっとずっとトモダチ」を書き下ろしたことが明らかになった。昨年11月に発売された芦田愛菜の1stアルバム『Happy Smile!』にてユーミンの「やさしさに包まれたなら」をカバーして収録したことがきっかけとなり、2人のコラボが実現。芦田愛菜 - アーティスト情報レコーディングは6 [全文を読む]

芦田愛菜が今年も歌手活動を開始、5月に新曲「ずっとずっとトモダチ」発売

リッスンジャパン / 2012年03月16日18時00分

人気子役の芦田愛菜が5月16日に2ndシングル「ずっとずっとトモダチ」をリリースすることが決定した。芦田愛菜 - アーティスト情報昨年はドラマの役名名義で発売したシングル「マル・マル・モリ・モリ!」大人気となり紅白歌合戦に出場、またソロデビューシングル「ステキな日曜日~Gyu Gyu グッデイ!~」と1stアルバム『Happy Smile!』もリリースし話 [全文を読む]

芦田愛菜 NG出された共演子役のために椅子取りゲーム提案

NEWSポストセブン / 2012年03月06日07時00分

「今日は撮影をがんばります!」とガッツポーズして現れた芦田愛菜ちゃん(7)。この日は、昨年からイメージキャラクターを務める『小学一年生』(小学館)の4月号(放送中)・5月号のCM撮影が行われていた。共演の子供たちと監督から撮影趣旨を説明されたが、大人にもちょっと難しい内容に、最初こそ戸惑う愛菜ちゃん。 ところが、数回練習しただけで、あっという間にコツを覚え [全文を読む]

久しぶりに見た芦田愛菜の“変化”に驚き!すっかり大人っぽい現在

シネマトゥデイ 映画情報 / 2017年04月19日12時05分

子役として活躍する芦田愛菜(12)が18日、映画『バーニング・オーシャン』(4月21日公開)のイベントに登場、中学生となりすっかり成長した姿が注目を浴びている。 難関中学への受験を突破し、この春から中学校に進学。中学生になって初めての公の場となった同イベントでは、ジャーナリストの池上彰による映画の題材となった原油流出事故についての解説に熱心に耳を傾けるだけ [全文を読む]

子役の生き残りが激化?芦田愛菜が”最難関校突破”の波紋

デイリーニュースオンライン / 2017年02月13日11時30分

2月11日、『デイリースポーツ』が芦田愛菜(12)が偏差値70を超える最難関の都内名門私立中学に合格したと報じたのだ。芦田愛菜は本命の中学校以外にも、東大合格者を多数輩出する中学にも複数受かっているというからすごい。この偉業に、世間からは愛菜を賞賛する声が多くあがった。芸能界でもその評価はうなぎのぼりだ。 「愛菜さんの評価は、かわいらしい子役ではなく、演技 [全文を読む]

『山田孝之のカンヌ映画祭』第2話 日本映画の現在地と“プロ子役”芦田愛菜が迷い込んだ迷宮

日刊サイゾー / 2017年01月16日23時30分

『山田孝之の東京都北区赤羽』のときのように戸惑いつつ、プロデューサーとなった山田に振り回されながらも従う山下のもとに、猟奇殺人鬼エド・ケンパー(をモチーフとした?)役として、まさかの芦田愛菜(本物)を連れて来たところで、衝撃の第1話は幕を閉じた。 そして、第2話「山田孝之、カンヌを学ぶ」。「なんで愛菜ちゃんなの?」「普通、やんないよね?」 やはり、猟奇殺人 [全文を読む]

芦田愛菜“毒舌女子”は「楽しい」セーラー服姿でシャーロットと対立

モデルプレス / 2016年04月10日15時41分

芦田愛菜/モデルプレス=4月10日】子役の芦田愛菜と米女優のシャーロット・ケイト・フォックスが10日、都内で行われたフジテレビ系ドラマ「OUR HOUSE」(4月17日より毎週日曜よる9:00~、初回15分拡大)の制作発表に山本耕史、加藤清史郎、寺田心くん、松田芹香ちゃんと共に出席。W主演を務めシャーロットと対立する役柄について語った。◆芦田愛菜が“鬼軍 [全文を読む]

フォーカス