今井朋彦のニュース

「真田丸」最終決戦!“大坂の陣”主要キャラ&勢力を解説

Smartザテレビジョン / 2016年11月12日15時16分

・大野治長(今井朋彦)/大蔵卿局の息子。各地から集った牢人衆を主導。初めは中枢側だったが、次第に牢人衆に肩入れするように。 [全文を読む]

「神回だった!」「見よ!これが我らの受信料よ!!」大河クラスタ興奮、大スケールの“真田丸”がついに登場!『真田丸』第44話「築城」レビュー!!

おたぽる / 2016年11月09日13時00分

前43話では良いところを見せた大野治長(今井朋彦)が、今週も一度は格好良く反対意見を封じるものの、結局は秀頼が押しきられてしまい、あえなく却下されてしまう……。織田有楽斎、大蔵卿局がガンガンとヘイト値を上げていく一方で、秀頼は決してボンクラではなく、むしろ優秀な若者らしく描かれているのだが、経験が足りず自分に自信がないためか、母親の茶々や大蔵卿局の言いな [全文を読む]

癖が強すぎる“大坂五人衆”集結! そして『真田丸』が一瞬で『真田丸どうでしょう』に!? 『真田丸』第42話「味方」レビュー!!

おたぽる / 2016年10月26日18時00分

一方で目につくのが大野治長(今井朋彦)の無能ぶり。何でもかんでも「この一件はひとまず預かり、吟味の上……」と言い出すあたりに、進行しない会社の会議が脳裏をよぎり、暗い気持ちになった会社員も多いのではないだろうか。自分は暗くなっただけに、哀川又兵衛の突っ込みは気持ちよかった。なお今週から登場した治長の弟・治房を演じているのは、キックボクシング選手でK-1にも [全文を読む]

「真田丸」新たな出演者に“オフロスキー”ら!

Smartザテレビジョン / 2016年05月21日14時00分

大野治長を演じるのは、今井朋彦。茶々(竹内結子)の乳母である大蔵卿局(峯村リエ)の子で、大坂の陣では豊臣家を主導するが消極策に終始し、信繁としばしば対立するという役どころ。エステ・消臭プラグのCMで“殿様”を演じていた俳優といえば、得心のいく方も多いかもしれないが、大河ドラマ「新選組!」('04年NHK総合)をはじめ、三谷作品の常連だ。 大老・宇喜多秀家 [全文を読む]

「スマホでUSEN」朗読番組追加のお知らせ

PR TIMES / 2014年04月10日13時57分

<4月11日 配信作品> NHK朗読~中原中也「中原中也作品集」~ 朗読:蟹江敬三 NHK朗読~中原中也「晩年の日記抜粋」~ 朗読:蟹江敬三 <今後配信を予定している作品 ※4月中旬以降、順次配信予定> NHK朗読~太宰治 「雪の夜の話」 朗読:奈良岡朋子 NHK朗読~芥川龍之介 「少年」 朗読:橋爪 功 NHK朗読~芥川龍之介 「或る日の大石内蔵助」 [全文を読む]

秋元才加の舞台裏に監督がツッコミ

モデルプレス / 2014年02月07日17時38分

同イベントには、小日向文世、段田安則、渡辺徹、吉田羊、シルビア・グラブ、新妻聖子、今井朋彦、小林隆、平岳大、小林勝也、風間杜夫、三谷幸喜も出席した。 ◆2011年の傑作作品の再演 本作は、激動の時代を懸命に生きた人々のある一夜の物語で、1940年代のドイツ・ベルリンを舞台に、宣伝大臣ゲッツベルズと映画人たちとの間で繰り広げられる人間ドラマ。 2011年3 [全文を読む]

「Seventeen」モデル、夜の仕事で男性の手をギュッ

モデルプレス / 2013年12月03日11時41分

その他、池田鉄洋、渋川清彦、カブトムシゆかり、水谷望愛、今井朋彦、居島一平(米粒写経)など、個性的な面々がドラマを盛り上げる。(モデルプレス) ■新川優愛(しんかわ・ゆあ)プロフィール 生年月日:1993年12月28日 出身地:埼玉県 血液型:O型 身長:166cm 2010年に講談社「ミスマガジン2010」でグランプリを受賞。翌年8月には集英社「ミスセ [全文を読む]

秋元才加、AKB48卒業後初の舞台決定 三谷幸喜氏作品に初参加

モデルプレス / 2013年09月11日13時34分

また、秋元のほか、小日向文世、段田安則、吉田羊、シルビア・グラブ、新妻聖子、今井朋彦、小林隆、平岳大、小林勝也、風間杜夫など豪華俳優の再出演が決定。さらに、三谷作品初参加となる渡辺徹が、空軍元帥ゲーリング役として出演する。 三谷作品初参加となる秋元は、「最初にこのお話を頂いた時、『え、あの三谷幸喜さんの作品ですか?』と驚いてしまいました。三谷幸喜さんの作品 [全文を読む]

フォーカス