大野治長のニュース

真田丸『第43話』裏解説。「籠城」作戦は本当に愚策といえるのか?

まぐまぐニュース! / 2016年10月30日22時00分

もう一度、伺いますが、もしあなたが大野治長の立場だったら、幸村プランと籠城策、どちらを選びますか? この問題は、おそらく簡単に結論が出る性格のものではないだろう。ちなみに、僕は幸村プランを支持します。あ、だから、サラリーマン社会からドロップアウトして、フリーランス(牢人)になったのか(笑)(西股総生) 《今週のワンポイントイラスト》 みんなの意見をまとめ [全文を読む]

真田丸『第42話』解説。幸村が大坂で学んだ、敵に勝つ「食の極意」

まぐまぐニュース! / 2016年10月23日22時00分

今回も冒頭のシーンで、兵粮の手当について大野治長と相談している。 思い起こしてみよう。小田原の役の時、石田三成は、城を落とすのに時間がかかると算段が狂ってしまう、といって苛立っていた。これはもちろん、兵粮の心配をしていたからだ。それから、第2次上田合戦。真田・徳川の両軍は、敵の兵粮を奪いながら味方の兵粮を確保するために、ゲリラ戦を展開していた。そうした中で [全文を読む]

真田丸『第41話』裏解説。家康はなぜ豊臣家との決戦を急いだのか?

まぐまぐニュース! / 2016年10月16日22時00分

#真田丸 — tadataru (@tadataru) 2016年10月16日 大野治長や信繁の兵糧収集案が、購入か略奪のどちらかしか無かったのは、豊臣家は領内からの年貢収集まで徳川から派遣される代官に頼っていたため、徳川に反抗すると、それを取り込むことができなくなったから、というのも表しているのかも #真田丸 — まとめ管理人 (@1059kanri) [全文を読む]

【真田丸】大坂の陣を生き延びた?3人の豊臣関係者とは

しらべぇ / 2016年12月11日11時30分

大野治長の弟で、大河ドラマ『真田丸』では元キックボクサーの武田幸三が演じている。作中では無断で蔵を開けて金銀を強奪するなど、「出来の悪い弟」ぶりが話題に。牢人衆との連携を無視した行為は、豊臣家を滅ぼす一因となってしまう。だが、当の治房はどうやら夏の陣で死ななかったようだ。「ようだ」というのは、彼のその後について書かれた史料に温度差がありすぎて、どれが本当か [全文を読む]

「真田丸」最終決戦!“大坂の陣”主要キャラ&勢力を解説

Smartザテレビジョン / 2016年11月12日15時16分

大野治長(今井朋彦)/大蔵卿局の息子。各地から集った牢人衆を主導。初めは中枢側だったが、次第に牢人衆に肩入れするように。 [全文を読む]

「神回だった!」「見よ!これが我らの受信料よ!!」大河クラスタ興奮、大スケールの“真田丸”がついに登場!『真田丸』第44話「築城」レビュー!!

おたぽる / 2016年11月09日13時00分

前43話では良いところを見せた大野治長(今井朋彦)が、今週も一度は格好良く反対意見を封じるものの、結局は秀頼が押しきられてしまい、あえなく却下されてしまう……。織田有楽斎、大蔵卿局がガンガンとヘイト値を上げていく一方で、秀頼は決してボンクラではなく、むしろ優秀な若者らしく描かれているのだが、経験が足りず自分に自信がないためか、母親の茶々や大蔵卿局の言いな [全文を読む]

どんどん昌幸に似てくる幸村が格好いい! 視聴率なんか少しぐらい低くても気にすんな!!『真田丸』第43話「軍議」レビュー!!!

おたぽる / 2016年11月02日13時00分

そのほか、てっきりただの風見鶏かと思っていた大野治長(今井朋彦)が格好いいところを見せてくれたり、織田有楽斎を演じる井上順の演技が素晴らしかったり、いろいろ見どころも多かったが、ネット上、SNS上では「幸村が提案した出撃策が実現したら成功したか?」というif話で盛り上がっているようだ。 [全文を読む]

癖が強すぎる“大坂五人衆”集結! そして『真田丸』が一瞬で『真田丸どうでしょう』に!? 『真田丸』第42話「味方」レビュー!!

おたぽる / 2016年10月26日18時00分

一方で目につくのが大野治長(今井朋彦)の無能ぶり。何でもかんでも「この一件はひとまず預かり、吟味の上……」と言い出すあたりに、進行しない会社の会議が脳裏をよぎり、暗い気持ちになった会社員も多いのではないだろうか。自分は暗くなっただけに、哀川又兵衛の突っ込みは気持ちよかった。なお今週から登場した治長の弟・治房を演じているのは、キックボクシング選手でK-1にも [全文を読む]

真田丸『第40話』裏解説。大坂と江戸に権力が並ぶ「二重公儀体制」

まぐまぐニュース! / 2016年10月09日22時00分

#真田丸 — いが(たろに) (@iga_iganao) 2016年10月9日 戦が好きではないと言いながら伊達軍をフルボッコにしてくれたあの戦は忘れんぞ! #真田丸 — 伊達 政宗 (@bot_dt_masamune) 2016年10月9日 真田丸第40回1614年真田信繁47歳真田信幸48歳真田大助13歳阿梅10歳矢沢頼幸61歳羽柴秀頼21歳片桐且元 [全文を読む]

「真田丸」新たな出演者に“オフロスキー”ら!

Smartザテレビジョン / 2016年05月21日14時00分

大野治長を演じるのは、今井朋彦。茶々(竹内結子)の乳母である大蔵卿局(峯村リエ)の子で、大坂の陣では豊臣家を主導するが消極策に終始し、信繁としばしば対立するという役どころ。エステ・消臭プラグのCMで“殿様”を演じていた俳優といえば、得心のいく方も多いかもしれないが、大河ドラマ「新選組!」('04年NHK総合)をはじめ、三谷作品の常連だ。 大老・宇喜多秀家 [全文を読む]

フォーカス