井伊直盛のニュース

子役パートを続けた甲斐あり?大河ドラマ「おんな城主 直虎」の第4回

デイリーニュースオンライン / 2017年01月31日21時00分

「今川は甘くないな……」とこぼす井伊直盛(杉本哲太)を、明日今川がなくなるかもしれないんだから、あまり先のことを考えてくよくよするなと励ます場面も、先回に続いてまた諸行無常を説いてる……と、ちょっぴりクスッとさせられました。 腹が減ったのなら托鉢に行けば良いととわに教え、「作法も教えずに行かせたのですか?」と弟子に尋ねられると「あの子なりに答えを出せばよい [全文を読む]

直虎・柴崎コウ 杉本哲太演じる井伊直盛は良い旦那像

NEWSポストセブン / 2017年01月15日07時00分

「杉本哲太さん演じる井伊直盛ですね。天下取りを目指すたくましさの人ではないけれど、優しくて周りの人の居心地を考えている。娘がかわいくて、家族が大事で、現代でいうと“イクメン”。直虎の父なんですけどね(笑い)」 今、この役に出会った柴咲は自分になぞらえて直虎をこう分析する。 「女性は意志を持っている。当時はそれを貫き通して、外に発信していく時代ではなかった [全文を読む]

高橋一生、役者としての強みは“声”と“体”にアリ 『直虎』政次役のすごさを読む

リアルサウンド / 2017年03月29日06時10分

第九回で桶狭間を迎えた井伊家は、当主の井伊直盛(杉本哲太)をはじめ重要な家臣達がいなくなります。井伊家にとって大切な武将が姿を消すということは、ドラマとしても物語を背負っていた人々が姿を消すということです。そして史実通り、第十二回では直親(三浦春馬)も退場してしまいました。 今回の大河は次郎法師(柴咲コウ)と井伊直親(三浦春馬)と小野政次(高橋一生)の3人 [全文を読む]

「直虎」柴咲コウ 「座長として現場を盛り上げる気持ち強い」

NEWSポストセブン / 2017年03月28日07時00分

ドラマでは、桶狭間の戦いで、次郎法師(直虎)の父・井伊直盛を含め、井伊家の多くの者が亡くなった。それからも不幸が続き、とうとう井伊家に当主にふさわしいものがいなくなる。そこで次郎法師が立ち上がる──女城主となった井伊直虎を演じる柴咲コウに、役柄や撮影の思いを聞いた。──撮影が始まって半年、折り返しが近づいてきました。柴咲:あっという間でしたね。今まで体験し [全文を読む]

【おんな城主直虎】プロレスラー真壁刀義が大河ドラマに参戦

しらべぇ / 2017年03月26日10時00分

その際、次郎法師の父親である井伊直盛も命を落とす。家督を継いだのは井伊直親だったが、竹馬の友だったはずの小野政次の罠にはまり、刺客を送られて...というのが今週分までのあらすじである。■真壁は盗賊団のメンバー(画像はNHK公式サイトのスクリーンショット)つまり井伊氏は、合戦や政争のたびに貴重な男子を失っていったのだ。それを受けて女性である次郎法師が「井伊直 [全文を読む]

「直虎」“母上と乳母”が地元浜松でトークショー 新井美羽もVTR出演!

Smartザテレビジョン / 2017年03月25日23時44分

「阿部サダヲ演じる松平元康は妻・瀬名(菜々緒)から“三河のぼんくら”と呼ばれている」(正解は×、“三河のぼんやり”が正しい)といったドラマからの出題や、「井伊の“赤ぞなえ”は井伊直盛の時代から」(正解は×、正しくは井伊直政の時代から)など歴史にまつわる問題が並ぶも、“直虎愛”の深いファンたちは続々正解。 最終的にはじゃんけんで優勝を決めることになり、幸運 [全文を読む]

【おんな城主直虎】「故人」は白黒に 公式サイトの人物相関図に大きな変化

しらべぇ / 2017年03月12日10時00分

井伊直満、井伊直盛、小野正直、そして今川義元。顔写真がカラーから白黒になっている。(画像はNHK公式サイトのスクリーンショット)これらの人物は、その時点ですでに命を落とした者たち。まさに「故人」として扱われているのだが、この表現に対してTwitterでは「怖い」という意見が出ている。#おんな城主直虎 の相関図、死ぬと白黒写真になるのね????これはおんな城 [全文を読む]

雑な脚本に視聴者離れが加速?柴咲コウ「おんな城主 直虎」第9回は14.0%

デイリーニュースオンライン / 2017年03月07日21時00分

今川軍に加わって出陣した井伊家が予想だにしなかった大敗を喫し、当主の井伊直盛(杉本哲太)以下、重臣たちがことごとく討ち死にしてしまったことが描かれました。 真田丸の超高速関ヶ原よりは時間を割いたものの、あっという間に戦いが終わったことについてはネット上でも賛否両論が巻き起こっています。描かれたのは、突如として陣に織田勢が襲い掛かってきた場面と、直盛が自害に [全文を読む]

「直虎」桶狭間直前!杉本哲太が語る当主・直盛

Smartザテレビジョン / 2017年02月28日17時00分

放送を前に、次郎法師の父であり、井伊家当主・井伊直盛役の杉本哲太を直撃。当主としての直盛の心情や、桶狭間を前にした思いを語ってくれた。――昨年9月がクランクインでしたが、撮影の手応えはいかがですか?僕はスタジオでの撮影から始まったのですが、初日から直盛の見せ場の収録があったので、せりふもすごく多かったんです。初日で、僕の役割は8割方終わったと思いましたよ。 [全文を読む]

「おんな城主直虎」大河ドラマ館へ行ってみた

GOTRIP! / 2017年02月16日11時30分

遠江国井伊谷の領主井伊直盛には、おとわという娘がいました。おとわは親戚筋の亀之丞と井伊氏の家老の息子である鶴丸という幼馴染に囲まれつつ健やかに成長しますが、ある日亀之丞の父親が謀反の罪で今川氏に処刑されます。 この時点で亀之丞は、おとわと婚約していました。ですが今川氏は亀之丞の命を差し出せと井伊氏に要求し、やむなく直盛は亀之丞を井伊谷から逃亡させました。 [全文を読む]

【日本人が知らないニッポン】井伊直虎と地震の「意外な関係」

GOTRIP! / 2017年02月15日19時30分

直虎の父親・井伊直盛は大河ドラマでは杉本哲太さんが演じていますが、この直盛は桶狭間の戦いで今川軍の先鋒に立たされ、戦死しています。 街道沿いの小領主というのは、こうした危険性と常に隣り合わせです。ですがそれと引き換えに、戦乱を乗り切った時は政権から優遇されるという利点もあります。 ・幕府の中核へ 井伊氏の初代当主・井伊共保は「井戸から生まれた」と言われてい [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】柴咲コウ“次郎法師”の出家姿 『直虎』効果で「嫌いだった歴史」学ぶ人も

TechinsightJapan / 2017年02月09日11時50分

本作は戦国時代から安土桃山時代にかけて遠江井伊谷の女性領主となった井伊直盛の娘“直虎”の物語だ。父・直盛に男子がおらず、娘の次郎法師が還俗し“直虎”と名乗って井伊氏の当主となる。女城主として乱世を生きたその姿を描いたものである。“直虎”が井伊家を断絶の危機から救ったことで、後に彦根藩の第15代藩主・井伊直弼が世に出る。幕末期の江戸幕府にて大老を務め、日米 [全文を読む]

注目の新スポットがついにオープン!「おんな城主 直虎 大河ドラマ館」

PR TIMES / 2017年02月01日09時28分

●井伊直虎とは?井伊家当主・井伊直盛の一人娘として井伊谷(現在の浜松市)に生まれました。幼くして幼馴染の亀之丞(後の直親)が姫の許婚とされていましたが、主家に命を狙われ消息が途絶えてしまいます。亀之丞を待ち続けるものの帰って来ることはなく、姫は出家し「次郎法師」と名乗るようになります。その後、当主が次々に亡くなり井伊家を率いる武将が誰もいなくなってしまいま [全文を読む]

直虎だけではない「おんな城主」白馬に跨る美女・甲斐姫など

NEWSポストセブン / 2017年01月23日16時00分

駿河国(静岡県)に井伊家当主・井伊直盛の一人娘として生まれた姫君・おとわ。一度は出家したが、父・直盛が戦死し、跡を継いだ親族も殺されると、還俗して「直虎」と名乗り、井伊家の“おんな城主”として戦国の世を生き抜く覚悟を決める──。 その直虎を柴咲コウが演じるNHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』の時代考証を手がけた静岡大学名誉教授の小和田哲男氏が、こう明かす。 [全文を読む]

『おんな城主 直虎』第2話・杉本哲太と財前直見に「アホなの?」子役の煽りがさく裂

デイリーニュースオンライン / 2017年01月16日21時00分

謀反の証拠を突き付けられて「えっ、あっ」と言っているうちに首をはねられちゃった大叔父さん(宇梶剛士)や、おとわが自分で剃髪しようとしている場面に遭遇してただひたすら口をパクパクさせて「あああああ……」と動揺しちゃう父・井伊直盛(杉本哲太)とは肝の座り方が違うところを見せつけてくれます。もふもふの毛皮をまとった人物が問い詰められてしれっと嘘をつく光景、そう [全文を読む]

おんな城主直虎は男?問題、時代考証担当者も見解割れる

NEWSポストセブン / 2017年01月08日07時00分

そもそも戦国武将・井伊直盛の娘である『次郎法師』が成長して武将『次郎直虎』(井伊直虎のこと)になるという根拠は、極端に言えば同じ『次郎』という名前だったからというだけです。新史料に関する推論には疑問も残りますが、今後、さらなる史料が出てくれば男だったという結論もあり得ます」 なんと、時代考証の担当者の間でも、「女説」と「男かも説」で見解が割れつつあるのだ。 [全文を読む]

柴咲コウ「恋多き女」の波瀾万丈な“恋愛遍歴”

日刊大衆 / 2017年01月03日11時00分

ドラマで柴咲は、井伊家当主「井伊直盛」の一人娘として生まれながらも、「直虎」と名乗って戦国時代の乱世に立ち向かう役どころを演じる。そんな彼女も、恋愛面においては波乱が多い人物だ。 柴咲の男性遍歴は、2002年に「DA PUMP」のISSA(38)との熱愛が報じられたことから始まる。SPEEDの上原多香子(33)やあびる優(30)、伊東美咲(39)など数々の [全文を読む]

NHK大河ドラマに激震 「おんな城主直虎」は男だった!?

NEWSポストセブン / 2016年12月12日07時00分

直虎は遠江(現在の静岡県西部)の北部にある井伊谷(現在の浜松市北区)の領主・井伊直盛の娘として生まれた。生年も幼名も不明とされている。 出家して「次郎法師」を名乗るものの、相次ぐ戦争や謀略によって家督を継ぐ男たちが次々と命を落とす中、井伊家を守るために還俗(出家した者が俗人に戻ること)。「女城主」として直虎を名乗り、唯一生き残った井伊家の幼い男子を守りな [全文を読む]

'17年大河新出演者発表!春馬「子役時代の恩を」

Smartザテレビジョン / 2016年05月26日22時54分

ほか、高橋一生は直虎と直親の幼なじみで井伊家の筆頭家老となる小野政次(鶴丸)、貫地谷しほりは直親の妻・しの、杉本哲太は直虎の父・井伊直盛、財前直見は直虎の母・千賀、前田吟は直虎の曽祖父・井伊直平、小林薫は直虎の大叔父に当たる南渓和尚をそれぞれ演じる。 さらに、直親の父・井伊直満役に宇梶剛士、政次の父・小野政直役に吹越満、千賀の兄・新野左馬之介役に苅谷俊介 [全文を読む]

フォーカス