甘利明のニュース

モデルプレス「カルチャー」コーナーを新設 第1回ゲストに甘利明経済再生担当大臣が出演

PR TIMES / 2015年12月03日11時03分

第1回目は、アベノミクスの経済成長戦略全般を担い、環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)交渉も担当する、甘利明経済再生担当大臣をゲストに迎え、モデルプレスのスタジオにてお話を伺いました。 甘利大臣のインタビューは、前編「社会での女性の活躍・若者への期待を語る」、中編「会見で『ゲスの極み乙女。』を歌った想い、音楽&映画を語る」、後編「夢を叶える秘訣を語る」に [全文を読む]

モデルプレス「カルチャー」コーナーを新設第1回ゲストに甘利明経済再生担当大臣が出演

@Press / 2015年12月03日11時00分

第1回目は、アベノミクスの経済成長戦略全般を担い、環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)交渉も担当する、甘利明経済再生担当大臣をゲストに迎え、モデルプレスのスタジオにてお話を伺いました。 甘利大臣のインタビューは、前編「社会での女性の活躍・若者への期待を語る」、中編「会見で『ゲスの極み乙女。』を歌った想い、音楽&映画を語る」、後編「夢を叶える秘訣を語る」に [全文を読む]

舛添=まずいぞえ、甘利明=甘い利益が明らかに! やはり、名前は人生を表している!

tocana / 2016年06月23日07時00分

【その他の画像はコチラ→http://tocana.jp/2016/06/post_10107.html】■甘利明(=甘い利益が明らかになる) たとえば、現金授受で辞任してしまった前・経済再生担当相の甘利明さん。「甘い利益が明らかになる」と書いて「甘利明」ですから、名前の中に事件が起こることはすでに示されていました。■川谷(=かわったね) ベッキーさんとの [全文を読む]

ネトウヨが「武士」とホメる甘利明は「悪代官」だ! 5億円の企業献金とパーティ収入、年間1千万の原発マネー

リテラ / 2016年01月30日08時00分

辞任した甘利明・前経済再生相の"茶番会見"から1日。やはり、予想どおりテレビメディアは"疑惑の幕引き"を展開してきた。 本サイトがきのう早朝の記事で予言したとおり、安倍応援団の田崎史郎・時事通信特別解説委員は、朝からワイドショーをはしごして甘利氏擁護を展開。『情報プレゼンター とくダネ!』(フジテレビ)では「野党はもちろん徹底究明とか言うんですけど、本人が [全文を読む]

関わると不幸になる? 川谷絵音の「ゲスノートの呪い」がまた発動か!? SMAP、甘利明、千原ジュニア、ほのかりんに続いて…!

tocana / 2016年10月09日08時00分

【その他の画像はコチラ→http://tocana.jp/2016/10/post_11143.html】 ●SMAPや千原ジュニア、甘利明議員も呪いにかかった? 「年内での解散を発表したSMAPは、2015年9月に発売した最後のシングル『Otherside/愛が止まるまでは』で、後者の作詞作曲を川谷が担当していました。その後、分裂騒動が勃発し、ついに解 [全文を読む]

検察捜査を潰して甘利明を不起訴にしたあの法務官僚が事務次官に大出世! 安倍政権と裏取引か

リテラ / 2016年08月19日11時30分

「あの」といったのは、黒川官房長が甘利明前経済再生担当相の口利きワイロ事件を潰した人物だからだ。「甘利の容疑は、建設会社の依頼で、都市再生機構(UR)へ移転補償金の値上げを"口利き"した見返りに賄賂を受け取っていたというもので、最低でもあっせん利得処罰法違反、場合によっては刑法のあっせん収賄罪も成立する案件でした。ところが、黒川官房長が捜査現場に圧力をかけ [全文を読む]

甘利氏の収賄疑惑、なぜか動きの鈍い検察と安倍政権の不適切な関係

まぐまぐニュース! / 2016年03月06日20時00分

大きな話題となった甘利明元大臣の口利き疑惑ですが、特捜検察の動きに鋭さが見られません。うやむやのまま幕引きが図られるのでしょうか。メルマガ『国家権力&メディア一刀両断』の著者・新 恭さんは「このままでは国策不捜査といわれても仕方がない」と検察を厳しく批判しています。 検察は甘利疑惑を「国策不捜査」にするつもりか ここぞという時に、出てこない。特捜検察は何を [全文を読む]

甘利明、黒すぎた政治活動…パチンコ・電力業界から巨額資金提供、業界利益優先に暗躍

Business Journal / 2016年02月03日06時00分

「週刊文春」(文藝春秋)の現金授受疑惑報道から1週間が経過した1月28日、甘利明経済再生担当相は記者会見で閣僚を辞任すると表明した。「これまで大きなスキャンダルに発展してこなかったほうが不思議なくらいだ。彼は多くの業界団体と関係が深い商工族で、さまざまな政治的局面で暗躍してきた」(全国紙政治部記者) 甘利氏といえば原発推進派で知られており、福島の原発事故か [全文を読む]

甘利明が復権狙い麻生派入り 派閥拡大競争の陰に“大臣病”

文春オンライン / 2017年02月16日17時00分

甘利明前経済再生担当相(67)が、4人を引き連れて、麻生派に入会したのだ。二階派を一気に抜き去り、岸田派にあと1人と迫る党内第四派閥(45人)となった。 甘利氏は1年前、大臣室での50万円受け取りなど多額の金銭授受と秘書(当時)の口利きが発覚し、大臣を辞任。“睡眠障害”を理由に国会を休んでいたが、東京地検特捜部の捜査が終わると体調が回復したとして、復権をう [全文を読む]

ヤクザも顔負けの口利き&賄賂得た甘利明元大臣、不起訴処分下した検察は「政治家の犬」である

Business Journal / 2016年06月08日06時00分

●「賄賂」をもらっても逮捕されないなら、「口利き」はこれからもやり放題! 5月31日、甘利明・前経済財政・再生相の金銭授受問題をめぐり、東京地検特捜部は嫌疑不十分として不起訴処分としました。道路工事にかかわる建設会社と独立行政法人・都市再生機構(UR)との補償交渉で、甘利氏と甘利氏の元公設第1秘書と元政策秘書の3人が、交渉への関与と金銭授受、飲食接待などが [全文を読む]

フォーカス