鈴木大介のニュース

第1期 叡王戦本戦観戦記 鈴木大介八段 対 村山慈明七段(松本哲平)

ニコニコニュース / 2015年11月12日17時30分

鈴木大介八段といえば言わずと知れた四間飛車の使い手。その十八番を本局で採用した。角道を止めるクラシカルな四間飛車が減った理由は、天敵の居飛車穴熊の存在。早めに端の打診をしたことが鈴木の工夫で、受けてくれれば穴熊にされたときに振り飛車の得になる。 村山慈明七段はその打診を見て、ギロッと鈴木の顔を見た。そしてすぐに端を受ける。対策十分、といわんばかりの様子は [全文を読む]

国際的な作曲家・武満徹の没後20年に寄せる公演を開催 スペシャルゲストに歌手のカルメン・マキも出演

@Press / 2016年12月02日10時00分

■開催概要開催日時 :2016年12月21日(水) 19:00開演開催場所 :Bunkamura オーチャードホール 〒150-8507 東京都渋谷区道玄坂2-24-1出演者 :ギター/渡辺香津美 アコーディオン/coba ギター/鈴木大介 パーカッション/ヤヒロトモヒロ スペシャルゲスト/カルメン・マキプログラム:「フォリオス」より 第1曲 不良少年(羽 [全文を読む]

第1期 叡王戦本戦観戦記 先崎学九段 対 鈴木大介八段 (岩田大介)

ニコニコニュース / 2015年11月05日18時00分

■ハロウィーン 対局日は10月31日。ハロウィーンである。千駄ヶ谷でも魔法使いやジャック・オー・ランタンに仮装した子どもたちを何人か見かけた。 先崎は対局開始の20分前には盤の前にいた。目を閉じて気を高める。鈴木も早めに対局室に入った。両者とも気合十分。5分前には対局準備が整った。■乱戦 鈴木の初手は▲7六歩、先崎の2手目は△6二銀。まずここで手が止まった [全文を読む]

【「週刊Dモーニング」特別企画】新章突入記念!『ギャングース』×[Alexandros]コラボ企画 BGM機能で名曲「Rocknrolla!」が『ギャングース』本編とともに楽しめる!

PR TIMES / 2015年03月19日09時32分

物語の佳境となる新章に突入した『ギャングース』(漫画:肥谷圭介 / ストーリー共同制作:鈴木大介)。それに合わせてYouTube公式チャンネル「MANGAPOLO」で配信されているスペシャルムービーに使われた[Alexandros]の名曲「Rocknrolla!」を、なんと『ギャングース』を読みながら「週刊Dモーニング」内で聴くことが出来ます!常に“死”の [全文を読む]

「女性も自立すべき」という風潮が貧困を生む ―『最貧困女子』著者が語る、負のスパイラル構造

ウートピ / 2014年12月27日12時00分

今回は、『最貧困女子』(幻冬舎新書)の著者であるルポライターの鈴木大介さんに女性を取り巻く貧困事情についてお聞きしました。地獄の中でもがき苦しむ女性たちを数多く取材されてきた鈴木さんが見てきた貧困という闇。貧困地獄に陥らないために、また、貧困から脱却するために女性たちは何をすべきなのか。いつ自分の身に降り掛かってきてもおかしくない、「貧困」について、真っ正 [全文を読む]

子育て、うつ、介護…「出会い系」で売春するシングルマザー達に見る日本の貧困

Business Journal / 2014年04月25日16時00分

そんなシングルマザーの闇に焦点を当てているのが、2010年に出版された『出会い系のシングルマザーたち――欲望と貧困のはざまで』(鈴木大介/著、朝日新聞出版/刊)。著者の鈴木大介さんは、『家のない少女たち』で知られるルポライターです。 出会い系サイトには、30代~40代前半のシングルマザーの女性が多数アクセスしているといいます。著者はこの実態を探るべく、自 [全文を読む]

17歳女子高生が援デリ元締め キャスト5人で毎月25万円稼ぐ

NEWSポストセブン / 2013年08月22日16時00分

ルポライター・鈴木大介氏が迫る。 * * * 定時制に通う女子高生のGは、現在17歳にして未成年援デリの“元締め”。毎月25万円ほどを稼いでいる。キャスト(実際に売春をする少女)として5人を抱える。 「元々私自身、中学時代から援デリで使われたりしてた。自分で業者やりなよって言ったのは、元カレでキャストのスカウトやってるK君。K君とは別れたけど、一応ケツって [全文を読む]

援デリ 大人びた高校生より中学生に見える20歳の方が高価格

NEWSポストセブン / 2013年08月20日16時01分

ルポライター・鈴木大介氏が迫る。 * * * 組織売春の中でも最もアンダーグラウンドなものが「未成年援デリ」だ。 そもそも「援デリ」とは、2006年頃から始まった組織売春の新業態のこと。「打ち子」と呼ばれる管理スタッフが、個人で援交している女性を装って出会い系サイトに男を募集する書き込みをし、会う約束を取り付けて待ち合わせ場所に配下の女性を派遣する。 個人 [全文を読む]

中学生棋士・藤井聡太四段は、なぜ“天才”と言われるのか?

文春オンライン / 2017年05月11日17時00分

「炎の七番勝負」でも、第四局の中村六段戦で解説の鈴木大介九段は「終盤のスピード感と安定感が素晴らしい」と称賛していました。 史上最年少タイトル獲得への期待 面白いもので、将棋界では新世代の強い棋士が出てくると、必ず「これまでよりスピードが速い」と言われる。これは戦後間もなく、新時代の天才の升田幸三八段が出てきて無敵の木村義雄名人を破った時も同じでした。谷川 [全文を読む]

【こんな夜にはクラシックギター】 「ギター協奏曲」は、ギターとオーケストラをつなぐ“架け橋”

OVO [オーヴォ] / 2017年04月08日07時30分

4月も14日(金)と15日(土)に、鈴木大介(作曲家・武満徹に「今まで聴いたことがないようなギタリスト」と評された俊英)と新日本フィルハーモニー交響楽団(ペドロ・アルフテル指揮)が共演するので、ぜひお聴きいただきたい!(両日ともすみだトリフォニーホールで14時開演。問い合わせは03-5610-3815) ギター協奏曲といえば「アランフェス協奏曲」の人気と [全文を読む]

フォーカス