鈴木大介のニュース

国際的な作曲家・武満徹の没後20年に寄せる公演を開催 スペシャルゲストに歌手のカルメン・マキも出演

@Press / 2016年12月02日10時00分

■開催概要開催日時 :2016年12月21日(水) 19:00開演開催場所 :Bunkamura オーチャードホール 〒150-8507 東京都渋谷区道玄坂2-24-1出演者 :ギター/渡辺香津美 アコーディオン/coba ギター/鈴木大介 パーカッション/ヤヒロトモヒロ スペシャルゲスト/カルメン・マキプログラム:「フォリオス」より 第1曲 不良少年(羽 [全文を読む]

第1期 叡王戦本戦観戦記 鈴木大介八段 対 村山慈明七段(松本哲平)

ニコニコニュース / 2015年11月12日17時30分

鈴木大介八段といえば言わずと知れた四間飛車の使い手。その十八番を本局で採用した。角道を止めるクラシカルな四間飛車が減った理由は、天敵の居飛車穴熊の存在。早めに端の打診をしたことが鈴木の工夫で、受けてくれれば穴熊にされたときに振り飛車の得になる。 村山慈明七段はその打診を見て、ギロッと鈴木の顔を見た。そしてすぐに端を受ける。対策十分、といわんばかりの様子は [全文を読む]

第1期 叡王戦本戦観戦記 先崎学九段 対 鈴木大介八段 (岩田大介)

ニコニコニュース / 2015年11月05日18時00分

■ハロウィーン 対局日は10月31日。ハロウィーンである。千駄ヶ谷でも魔法使いやジャック・オー・ランタンに仮装した子どもたちを何人か見かけた。 先崎は対局開始の20分前には盤の前にいた。目を閉じて気を高める。鈴木も早めに対局室に入った。両者とも気合十分。5分前には対局準備が整った。■乱戦 鈴木の初手は▲7六歩、先崎の2手目は△6二銀。まずここで手が止まった [全文を読む]

【「週刊Dモーニング」特別企画】新章突入記念!『ギャングース』×[Alexandros]コラボ企画 BGM機能で名曲「Rocknrolla!」が『ギャングース』本編とともに楽しめる!

PR TIMES / 2015年03月19日09時32分

物語の佳境となる新章に突入した『ギャングース』(漫画:肥谷圭介 / ストーリー共同制作:鈴木大介)。それに合わせてYouTube公式チャンネル「MANGAPOLO」で配信されているスペシャルムービーに使われた[Alexandros]の名曲「Rocknrolla!」を、なんと『ギャングース』を読みながら「週刊Dモーニング」内で聴くことが出来ます!常に“死”の [全文を読む]

「女性も自立すべき」という風潮が貧困を生む ―『最貧困女子』著者が語る、負のスパイラル構造

ウートピ / 2014年12月27日12時00分

今回は、『最貧困女子』(幻冬舎新書)の著者であるルポライターの鈴木大介さんに女性を取り巻く貧困事情についてお聞きしました。地獄の中でもがき苦しむ女性たちを数多く取材されてきた鈴木さんが見てきた貧困という闇。貧困地獄に陥らないために、また、貧困から脱却するために女性たちは何をすべきなのか。いつ自分の身に降り掛かってきてもおかしくない、「貧困」について、真っ正 [全文を読む]

振り込め詐欺組織「第4世代」は何が恐ろしいのか?

週プレNEWS / 2014年07月08日06時00分

その背景にあるものは? 振り込め詐欺組織の知られざる実態を描いたルポ『振り込め犯罪結社』(宝島社)の著者であるノンフィクションライター・鈴木大介氏に話を聞いた。 【注1】ATMでの現金振り込みの限度額は10 万円。窓口だと、本人確認書類の提示と取引を行なう目的、職業の確認をパスした場合のみ10 万円以上の振り込みが可能。キャッシュカード使用だと、銀行やカ [全文を読む]

子育て、うつ、介護…「出会い系」で売春するシングルマザー達に見る日本の貧困

Business Journal / 2014年04月25日16時00分

そんなシングルマザーの闇に焦点を当てているのが、2010年に出版された『出会い系のシングルマザーたち――欲望と貧困のはざまで』(鈴木大介/著、朝日新聞出版/刊)。著者の鈴木大介さんは、『家のない少女たち』で知られるルポライターです。 出会い系サイトには、30代~40代前半のシングルマザーの女性が多数アクセスしているといいます。著者はこの実態を探るべく、自 [全文を読む]

17歳女子高生が援デリ元締め キャスト5人で毎月25万円稼ぐ

NEWSポストセブン / 2013年08月22日16時00分

ルポライター・鈴木大介氏が迫る。 * * * 定時制に通う女子高生のGは、現在17歳にして未成年援デリの“元締め”。毎月25万円ほどを稼いでいる。キャスト(実際に売春をする少女)として5人を抱える。 「元々私自身、中学時代から援デリで使われたりしてた。自分で業者やりなよって言ったのは、元カレでキャストのスカウトやってるK君。K君とは別れたけど、一応ケツって [全文を読む]

援デリ 大人びた高校生より中学生に見える20歳の方が高価格

NEWSポストセブン / 2013年08月20日16時01分

ルポライター・鈴木大介氏が迫る。 * * * 組織売春の中でも最もアンダーグラウンドなものが「未成年援デリ」だ。 そもそも「援デリ」とは、2006年頃から始まった組織売春の新業態のこと。「打ち子」と呼ばれる管理スタッフが、個人で援交している女性を装って出会い系サイトに男を募集する書き込みをし、会う約束を取り付けて待ち合わせ場所に配下の女性を派遣する。 個人 [全文を読む]

中学生棋士・藤井聡太四段は、なぜ“天才”と言われるのか?

文春オンライン / 2017年05月11日17時00分

「炎の七番勝負」でも、第四局の中村六段戦で解説の鈴木大介九段は「終盤のスピード感と安定感が素晴らしい」と称賛していました。 史上最年少タイトル獲得への期待 面白いもので、将棋界では新世代の強い棋士が出てくると、必ず「これまでよりスピードが速い」と言われる。これは戦後間もなく、新時代の天才の升田幸三八段が出てきて無敵の木村義雄名人を破った時も同じでした。谷川 [全文を読む]

ガジェット通信放送予定:【特別先行放送】麻雀最大トーナメント season1 #0

ガジェット通信 / 2017年03月26日10時00分

4月に最大トーナメントシリーズの第二弾として 「麻雀最大トーナメントチャンネル」が開設します!! これを記念して、日ごろ人狼最大トーナメントをご覧の皆様に特別に先行放送を行います! 放送日時 2017年3月26日(日)18:00スタート http://live.nicovideo.jp/watch/lv293734035 出演者 実況 まこと @lilma [全文を読む]

『飛田新地フィールドワーク』の問題点とは 「興味本位」以上に厄介

しらべぇ / 2016年12月02日06時00分

日本で貧困ポルノに対する警鐘で記憶に新しいのは、アンダークラスの人々のルポで有名な鈴木大介さんが今年6月に発表した記事。貧困問題の取り上げ方、取材のやり方、受け手側の受容のされ方やリテラシーの限界問題を取り上げ、じつに有意義で重要な告発をしています。この記事も見ても、メディアも人々も自分が受け入れやすい当事者だけを選んで注目し、自らの差別心を顧みないどころ [全文を読む]

女子大生風俗嬢を生み出す「奨学金制度」の弊害

NEWSポストセブン / 2016年10月10日16時00分

性産業を取材するノンフィクションライター・中村淳彦氏は、貧困問題を追い続けるルポライター・鈴木大介氏との対談集『貧困とセックス』(イースト新書)の中で、この問題の元凶は「奨学金制度」だと指摘している。中村氏はこう解説する。 「親の援助が少ない自宅外通学や私立大学の女子大生は、風俗産業に身を投じざるを得ない環境と条件が揃っているといえます。その背景にあるの [全文を読む]

いぬやしき、累、ラブホの上野さん…【8月23日発売のコミックス一覧】

ダ・ヴィンチニュース / 2016年08月23日06時30分

』 琴音らんまる コミックス・ウェーブ・フィルム 『ノーゲーム・ノーライフ、です!(2)』 ユイザキカズヤ 榎宮祐 『つきツキ!(7)』 柴嶺タカシ 後藤祐迅ほか 『カーグラフィティJK(2)』 さきしまえのき ●MFコミックスフラッパーシリーズ 『となりの関くん(9)』 森繁拓真 『ラブホの上野さん(4)』 博士 上野 『女子会QUEST(3)』 椎名聰 [全文を読む]

売春少女を保護して親元に返すと地獄を見る――セックスワークさえできない最底辺を生きる女性たち

ダ・ヴィンチニュース / 2016年08月17日06時30分

しかし『貧困とセックス』(中村淳彦、鈴木大介/イースト・プレス)を読めば、そんな偏見も変わるに違いない。セックスワークが、どうしようもない状況と貧困に追い込まれ、さまよう女性の受け皿となっていたら、同じことが言えるだろうか。本書は、途方もない日本の現実を知り尽くした二人が対談形式で「身も蓋もない話」をしている。最底辺を生きる女性の暗く解決策の見えない連鎖が [全文を読む]

『最貧困女子』著者が脳機能障害に! 自分が障害をもってわかった生活保護の手続もできない貧困女性の苦しみ

リテラ / 2016年08月10日12時00分

本サイトではこれまで貧困と格差というテーマに取り組んできたが、特にルポライター鈴木大介氏による『最貧困女子』(幻冬舎新書)や『最貧困シングルマザー』(朝日文庫)は大きな反響を呼んだ。それは、こうした作品が従来の風俗ルポや貧困本にない視点をもっていたからだろう。 これまでタブーとされてきた貧困女性とセックスワークの関係、その背後にある搾取、さらに貧困の陰にう [全文を読む]

日常にアソビを仕掛ける新プロジェクト「アソビモット project」始動!サムライ姿の美少女が楽しいアクションで道行く人に「うちわ」で扇(あお)ぎかかる? WEB限定ムービー「サムライ美少女」を公開!

DreamNews / 2016年07月27日13時00分

近年参加作品:「アイアムアヒーロー」、「図書館戦争 -THE LAST MISSION-」■「サムライ美少女」スタッフリスト映像ディレクター:二十歩優太 / アクションディレクター:下村勇二撮影:深瀬寿樹 / 照明:加藤祐一スタイリスト:池口淳矢 / ヘアメイク:谷川悦子 / キャスティング:永塚真希子デバイス開発:藤元隆 / フォトグラファー:So Ha [全文を読む]

手取り15万円で土日出勤も ブラック化する保育園

NEWSポストセブン / 2016年05月23日07時00分

都内の私立保育園で働く鈴木大介さん(仮名、24才)は保育専門学校を卒業し、今年で5年目になった。給与は手取り15万円。平日は毎日出勤し、土曜日も月に2回“出”があり、日曜もイベントの手伝いなどでたまに出勤することがあるそうだ。これらの休日出勤に手当はつかない。時給に換算すると、約720円。東京都の最低賃金を割ってしまう有様だ。「子供はかわいいし、大好きで [全文を読む]

藤沢数希ら28名が時代にモノ申す!電子限定書籍『時代の動かし方』発売

PR TIMES / 2016年01月29日14時08分

だから……鈴木大介 <『最貧困女子』著者が断固として訴える> 貧困問題をオワコン化するな!武田砂鉄 <トレンド先読み> 2016年に求められるのは、「五郎丸ピケティ」的な語感中川右介 <歌舞伎の未来は明るいか> 海老蔵をもっと歌舞伎座に――これにつきる中田考 <領域国民国家システムの問題点> 難民問題が“先進国”に突きつけたもの中村淳彦 <私と日本の再スタ [全文を読む]

棋士16名の対戦カード決定!「第1期叡王戦」10月17日より本戦トーナメント開催

ITライフハック / 2015年10月15日15時00分

■第1期叡王戦概要日時:10月17日(土)14時~対局:山崎隆之八段 vs 青嶋未来四段視聴ページ: http://live.nicovideo.jp/watch/lv237708592日時:10月17日(土)19時~対局:郷田真隆九段 vs 豊島将之七段視聴ページ: http://live.nicovideo.jp/watch/lv237710160日時 [全文を読む]

フォーカス