森原康平のニュース

【プロ野球】WBCの年は楽天がAクラス!? 勝利の四重奏を奏でる「鷲の新人投手カルテット」で躍進だ!

デイリーニュースオンライン / 2017年03月08日16時05分

ドラフト2位の池田隆英(創価大)、4位の菅原秀(大阪体育大)、5位の森原康平(新日鐵住金広畑)、9位の高梨雄平(JX-ENEOS)だ。 最速151キロを誇る池田は、2試合投げた対外戦で制球に苦しみ、3回を被安打8、7失点。プロの洗礼を浴びてファームで出直しになったが、残り3人衆の評価は急上昇。開幕1軍も視野に入ってきた! ※野球の見方が変わるスマホマガジン [全文を読む]

楽天が3選手入れ替え…登板回避の塩見とルーキー・森原が抹消 10日のプロ野球公示

ベースボールキング / 2017年06月10日13時09分

塩見貴洋、森原康平、田中和基の3人が登録抹消となり、代わって入野貴大、菊池保則、西田哲朗が一軍に昇格した。 塩見は9日の試合で先発予定だったが、腰痛のために直前で登板を回避していた。森原はルーキーながら29試合に登板するなどブルペンを支えてきたが、ここに来て打ち込まれる場面が目立ち、直近2試合はつづけて2失点を喫した。初めての二軍降格となる。 13時現在の [全文を読む]

首位を走る楽天 初代監督も絶賛する強さ

ベースボールキング / 2017年05月31日11時00分

田尾氏が話したように、今季は茂木栄五郎、ペゲーロの“超攻撃的1、2番コンビ”を作り、投手陣も7回・森原康平、8回・ハーマン、9回・松井裕樹の“勝利の方程式”を確立した。その他、福山博之、菅原秀といったリリーフ陣も奮闘し、救援防御率はリーグ3位の2.92と改善。 その中でも、田尾氏は「7、8、9回がいい」とリリーフ陣を高く評価する。7回を任されている新人の [全文を読む]

快進撃の楽天、 早くも優勝を確信させる「4つの法則」とは

週プレNEWS / 2017年05月19日06時00分

さらには新人の森原康平、ハーマン、松井裕樹へとつなぐ新・勝利の方程式も安定しています」 投手陣の戦力が整い、勝ちパターンが確立してきたというわけだ。 前述の打線も、1番の茂木栄五郎が7本塁打(5月10日時点)、8番の岡島豪郎がリーグ上位の打率をキープするなど日本人打者も好調なため、得点力は十分だ。 加えて今季の楽天には選手をその気にさせている“勝利への4つ [全文を読む]

首位・楽天を支える“勝利の方程式”

ベースボールキング / 2017年05月13日11時15分

現在は7回がルーキーの森原康平、8回が新外国人のハーマン、9回はWBC日本代表にも選出された松井裕樹の方程式が確立されている。 昨季の楽天はイニング別の失点をみると、先発陣の疲れ、リリーフ陣の不安定さなどが関係しているのか、7回が最も多い100失点だった。今季は1回の無失点に続き、7回の7失点が2番目に少ない。森原が7回の1イニングを務めることで、勝ち試合 [全文を読む]

【プロ野球】岸孝之の代役・戸村健次も好投。開幕17試合連続・初回無失点の先発陣が楽天の快進撃を支える!

デイリーニュースオンライン / 2017年04月27日17時05分

「打」では2番から外国人選手3人を並べる超攻撃的な布陣が話題を呼び、「投」では7回・森原康平、8回・ハーマン、9回・松井裕で締める「新・勝利の方程式」がクローズアップされがちだ。 しかし、投打かみ合う大きな理由は、先制点を挙げたのが17試合中13試合と、勝ち試合の多くで先にペースをつかんでいることも見逃せない。 ■初回に必ずゼロを入れる楽天先発陣 先手を [全文を読む]

【プロ野球】岸孝之の代役・戸村健次も好投。開幕17試合連続・初回無失点の先発陣が楽天の快進撃を支える!

デイリーニュースオンライン / 2017年04月26日17時05分

「打」では2番から外国人選手3人を並べる超攻撃的な布陣が話題を呼び、「投」では7回・森原康平、8回・ハーマン、9回・松井裕で締める「新・勝利の方程式」がクローズアップされがちだ。 しかし、投打かみ合う大きな理由は、先制点を挙げたのが17試合中13試合と、勝ち試合の多くで先にペースをつかんでいることも見逃せない。 ■初回に必ずゼロを入れる楽天先発陣 先手を [全文を読む]

【プロ野球】下剋上ペナント開幕!? 波乱含みのスタート。パ・リーグ上位戦線異常あり!

デイリーニュースオンライン / 2017年04月13日16時05分

福山博之とともに、ハーマン(フィリーズから移籍)、森原康平(5位・新日鐵住金広畑)ら新加入選手が、先発から守護神・松井裕樹への間をつなぎきっちりとリレー。勝利の方程式を確立させた。 プロ初勝利を挙げた高梨雄平(9位・JX-ENEOS)も中継ぎとして登板しており、岸が帰ってきた今の投手陣が大崩れすることは考えにくい。 また、打撃陣も好調。なかでも全試合出場 [全文を読む]

【プロ野球】楽天打線が面白い! 助っ人三連星など攻撃型フォーメーションで一気浮上も!?

デイリーニュースオンライン / 2017年04月11日17時05分

2人が帰還すれば……、という期待はもちろんだが、ルーキーの菅原秀、森原康平、高梨雄平が開幕2カード終わって全員自責点ゼロの快投中。リリーフ陣がにわかに活気づいてきた。 今年の楽天には夢がある。大駆けもあるのではないだろうか。 (※成績は4月6日現在) 文=落合初春(おちあい・もとはる) 【関連記事】 [全文を読む]

【プロ野球】藤平尚真(横浜高)の一本釣りに成功した楽天。球団史上最多14人を指名したドラフト結果を振り返る!

デイリーニュースオンライン / 2016年10月26日16時05分

■最速150キロ超えの投手が多い 1位の藤平に加え、2位の池田隆英(創価大)、4位の菅原秀(大阪体育大)、5位の森原康平(新日鐵住金広畑)ら、指名した投手の顔ぶれを眺めると、ある共通項に気づく。ストレートの最速が150キロを超える面々が多いのだ。 現在、1軍の主戦で、球威あるスピードボールを武器に打者を圧倒できる投手は、日本人では則本昂大ぐらいに限られて [全文を読む]

【2016ドラフト】田中正義はソフトバンク、佐々木千隼はロッテが5球団の抽選の末、交渉権獲得。楽天は藤平尚真の交渉権獲得。

インフォシーク / 2016年10月20日15時00分

【10巡目指名】 オリックス 選択終了 東北楽天 西口直人(投手・甲賀医療専門学校) 横浜DeNA 選択終了 日本ハム 選択終了 【9巡目指名】 日本ハム 今井順之助(内野手・中京) 横浜DeNA 佐野恵太(内野手・明大) 東北楽天 高梨雄平(投手・JX-ENEOS) オリックス 根本薫(投手・霞ケ浦) 【8巡目指名】 オリックス 澤田圭佑(投手・立大) [全文を読む]

フォーカス