森原康平のニュース

【プロ野球】WBCの年は楽天がAクラス!? 勝利の四重奏を奏でる「鷲の新人投手カルテット」で躍進だ!

デイリーニュースオンライン / 2017年03月08日16時05分

ドラフト2位の池田隆英(創価大)、4位の菅原秀(大阪体育大)、5位の森原康平(新日鐵住金広畑)、9位の高梨雄平(JX-ENEOS)だ。 最速151キロを誇る池田は、2試合投げた対外戦で制球に苦しみ、3回を被安打8、7失点。プロの洗礼を浴びてファームで出直しになったが、残り3人衆の評価は急上昇。開幕1軍も視野に入ってきた! ※野球の見方が変わるスマホマガジン [全文を読む]

楽天が3選手入れ替え…登板回避の塩見とルーキー・森原が抹消 10日のプロ野球公示

ベースボールキング / 2017年06月10日13時09分

塩見貴洋、森原康平、田中和基の3人が登録抹消となり、代わって入野貴大、菊池保則、西田哲朗が一軍に昇格した。 塩見は9日の試合で先発予定だったが、腰痛のために直前で登板を回避していた。森原はルーキーながら29試合に登板するなどブルペンを支えてきたが、ここに来て打ち込まれる場面が目立ち、直近2試合はつづけて2失点を喫した。初めての二軍降格となる。 13時現在の [全文を読む]

【楽天】“魔の7回”を変えた浜崎あゆみ好きのルーキー・森原康平

文春オンライン / 2017年04月27日11時00分

そして現在、勝利の方程式でその7回を託されているのが森原康平投手という新日鉄住金広畑からドラフト5位入団した新人投手なのだが、皆さんはご存知だろうか? 入場曲は浜崎あゆみの名曲「Boys & Girls」 新人の開幕から10試合連続無失点のプロ野球タイ記録を樹立した、今最も注目を集めている投手である。僕が倉敷のオープン戦で森原投手の球を観て一番びっくりし [全文を読む]

首位を走る楽天 初代監督も絶賛する強さ

ベースボールキング / 2017年05月31日11時00分

田尾氏が話したように、今季は茂木栄五郎、ペゲーロの“超攻撃的1、2番コンビ”を作り、投手陣も7回・森原康平、8回・ハーマン、9回・松井裕樹の“勝利の方程式”を確立した。その他、福山博之、菅原秀といったリリーフ陣も奮闘し、救援防御率はリーグ3位の2.92と改善。 その中でも、田尾氏は「7、8、9回がいい」とリリーフ陣を高く評価する。7回を任されている新人の [全文を読む]

西武が5連勝、菊池雄星が8回1失点で今季5勝目…楽天は打線が振るわず

サイクルスタイル / 2017年05月27日02時18分

敗れた楽天は、3番手の森原康平投手が誤算だった。 西武ファンからは「今シーズンのライオンズは強い!」「1点で今日は負けてしまうか?と思ってたら逆転勝ちだなんて嬉しすぎる!」「5連勝最高!現キャプテンも前キャプテンもかっこよすぎました!」「今年のライオンズは強いぜ!」などの声が寄せられていた。 [全文を読む]

【楽天】田中マー君がいなくても、楽天には田中カー君がいる!

文春オンライン / 2017年05月24日11時00分

5月16日の日本ハム戦、とうとう楽天の一軍に田中が帰って来たのだ! 「カー君」こと田中和基は持っている選手だ ただ、田中は田中でもマー君ではなくカー君! 2016年ドラフト3位で立教大学から入団した右投げ両打ちの外野手、田中和基選手である! 楽天ではすでに同期のドラフト4位菅原秀投手、5位森原康平投手、9位高梨雄平投手が一軍デビューし、初勝利をつかみ、さら [全文を読む]

快進撃の楽天、 早くも優勝を確信させる「4つの法則」とは

週プレNEWS / 2017年05月19日06時00分

さらには新人の森原康平、ハーマン、松井裕樹へとつなぐ新・勝利の方程式も安定しています」 投手陣の戦力が整い、勝ちパターンが確立してきたというわけだ。 前述の打線も、1番の茂木栄五郎が7本塁打(5月10日時点)、8番の岡島豪郎がリーグ上位の打率をキープするなど日本人打者も好調なため、得点力は十分だ。 加えて今季の楽天には選手をその気にさせている“勝利への4つ [全文を読む]

首位・楽天を支える“勝利の方程式”

ベースボールキング / 2017年05月13日11時15分

現在は7回がルーキーの森原康平、8回が新外国人のハーマン、9回はWBC日本代表にも選出された松井裕樹の方程式が確立されている。 昨季の楽天はイニング別の失点をみると、先発陣の疲れ、リリーフ陣の不安定さなどが関係しているのか、7回が最も多い100失点だった。今季は1回の無失点に続き、7回の7失点が2番目に少ない。森原が7回の1イニングを務めることで、勝ち試合 [全文を読む]

【西武】チーム好調の原動力は新主将・浅村栄斗とスコアラーにあり

文春オンライン / 2017年04月29日11時00分

4月19日の楽天戦では、延長12回、一死一塁の場面でルーキーの森原康平からサヨナラ二塁打。この直前、カウント3-1から超マン振り(空振り)で相手を威嚇した形になりました。この思い切りの良いスイングが売りなのです。評論家のデーブ大久保氏(前楽天監督)は「これだけ振れる打者はセ・リーグにはいません」と明言。 浅村は入団直後、先輩の中島裕之(現宏之・オリックス) [全文を読む]

【プロ野球】岸孝之の代役・戸村健次も好投。開幕17試合連続・初回無失点の先発陣が楽天の快進撃を支える!

デイリーニュースオンライン / 2017年04月27日17時05分

「打」では2番から外国人選手3人を並べる超攻撃的な布陣が話題を呼び、「投」では7回・森原康平、8回・ハーマン、9回・松井裕で締める「新・勝利の方程式」がクローズアップされがちだ。 しかし、投打かみ合う大きな理由は、先制点を挙げたのが17試合中13試合と、勝ち試合の多くで先にペースをつかんでいることも見逃せない。 ■初回に必ずゼロを入れる楽天先発陣 先手を [全文を読む]

【プロ野球】岸孝之の代役・戸村健次も好投。開幕17試合連続・初回無失点の先発陣が楽天の快進撃を支える!

デイリーニュースオンライン / 2017年04月26日17時05分

「打」では2番から外国人選手3人を並べる超攻撃的な布陣が話題を呼び、「投」では7回・森原康平、8回・ハーマン、9回・松井裕で締める「新・勝利の方程式」がクローズアップされがちだ。 しかし、投打かみ合う大きな理由は、先制点を挙げたのが17試合中13試合と、勝ち試合の多くで先にペースをつかんでいることも見逃せない。 ■初回に必ずゼロを入れる楽天先発陣 先手を [全文を読む]

パ・リーグの潮目が変わる!? 楽天、“痛恨”の2連敗…

ベースボールキング / 2017年04月22日12時00分

すると試合は延長12回まで進み、温存したかったはずの森原康平やフランク・ハーマン、福山博之といったところを使う羽目に。最後は12回に森原が浅村に適時打を浴び、4-5のサヨナラ負けを喫した。 そして移動日を挟んでのソフトバンク戦。この試合でも同じように、序盤でリードを奪いながらも先発が捕まり、最後は我慢比べの末にサヨナラ負け。リリーフ陣も高梨、福山、森原、 [全文を読む]

プロ野球「3・4月の月間MVP」候補選手発表!

ベースボールキング / 2017年04月21日10時32分

◆ パ・リーグ候補選手【投手】▼ 西 勇輝(オ)防1.13 2試(16回) 1勝0敗 奪三振15▼ 金子千尋(オ)防1.35 3試(20回) 2勝0敗 奪三振11 ☆完投1・完封1▼ ウルフ(西)防1.89 3試(19回) 3勝0敗 奪三振6▼ ディクソン(オ)防2.37 3試(19回) 3勝0敗 奪三振11▼ 松井裕樹(楽)防0.00 11試(12回) [全文を読む]

社会人出身ルーキーの救援投手が躍動

ベースボールキング / 2017年04月19日14時30分

森原康平(ドラフト5位)は、早くも10試合に登板し、6ホールドを挙げ、サウスポーの高梨雄平(ドラフト9位)は左打者を相手に12打数1安打に抑え込むなど、自身の役割を見いだそうとしている。 他にもロッテの有吉優樹(ドラフト5位)が新人離れした投球術を見せ、ここまで5試合、4回1/3を無失点で切り抜けている。 このようにドラフト時はそれほど注目されていなかった [全文を読む]

楽天が4連勝で貯金9! 梨田監督「締まったゲーム」

ベースボールキング / 2017年04月18日21時25分

7回からは森原康平、ハーマン、松井裕樹のリレーで逃げ切った。 勝利した梨田昌孝監督は「辛島は、地方球場で思いのほかよかった。スピードは130キロ台ではあったが、アゲインストの風がよかったのかもしれない。嶋のリードもよかった。締まったゲームになった」と振り返った。 (提供=ニッポン放送ショウアップナイター) [全文を読む]

絶好調・楽天を支える新たな武器とその裏にある不安

ベースボールキング / 2017年04月18日11時45分

【楽天の勝ちパターン】 松井裕樹 9試合(10回) 2勝0敗6セーブ 防御率0.00 ハーマン 8試合(7回1/3) 0勝0敗1セーブ・5ホールド 防御率1.23 森原康平 9試合(9回) 0勝0敗5ホールド 防御率0.00 福山博之 7試合(6回) 1勝0敗5ホールド 防御率0.00 今年はこの4人が主に勝ちパターンで登板。先発投手は5回まで試合を作れ [全文を読む]

谷繁氏、好調の楽天に「この時期で貯金7は大きい」

ベースボールキング / 2017年04月16日13時00分

ハーマンが15日の日本ハム戦で来日初失点を喫したが、ルーキーの森原康平が8試合に登板して防御率0.00、5ホールド、守護神の松井裕樹も防御率0.00、6セーブと失点がほとんどない勝利の方程式を務める3人を高く評価した。 ◆ 春先の貯金7は大きい 谷繁氏は、「この時期で貯金7は大きいですよ」と話す。 その理由について「例えば1勝2敗で1つずつ負け越しても、 [全文を読む]

【プロ野球】下剋上ペナント開幕!? 波乱含みのスタート。パ・リーグ上位戦線異常あり!

デイリーニュースオンライン / 2017年04月13日16時05分

福山博之とともに、ハーマン(フィリーズから移籍)、森原康平(5位・新日鐵住金広畑)ら新加入選手が、先発から守護神・松井裕樹への間をつなぎきっちりとリレー。勝利の方程式を確立させた。 プロ初勝利を挙げた高梨雄平(9位・JX-ENEOS)も中継ぎとして登板しており、岸が帰ってきた今の投手陣が大崩れすることは考えにくい。 また、打撃陣も好調。なかでも全試合出場 [全文を読む]

【プロ野球】楽天打線が面白い! 助っ人三連星など攻撃型フォーメーションで一気浮上も!?

デイリーニュースオンライン / 2017年04月11日17時05分

2人が帰還すれば……、という期待はもちろんだが、ルーキーの菅原秀、森原康平、高梨雄平が開幕2カード終わって全員自責点ゼロの快投中。リリーフ陣がにわかに活気づいてきた。 今年の楽天には夢がある。大駆けもあるのではないだろうか。 (※成績は4月6日現在) 文=落合初春(おちあい・もとはる) 【関連記事】 [全文を読む]

開幕一軍が発表!狭き門を突破したルーキーは?

ベースボールキング / 2017年03月29日15時20分

【開幕一軍を掴んだルーキー】 石井一成(日本ハム・D2 / 内野手) 有吉優樹(ロッテ・D5 / 投手) 源田壮亮(西武・D3 / 内野手) 菅原 秀(楽天・D4 / 投手) 森原康平(楽天・D5 / 投手) 高梨雄平(楽天・D9 / 投手) 黒木優太(オリックス・D2 / 投手) 沢田圭佑(オリックス・D8 / 投手) 谷岡竜平(巨人・D3 / 投手) [全文を読む]

フォーカス