藤田一也のニュース

首位・楽天、“センターライン強化”も好調の要因!?

ベースボールキング / 2017年05月06日18時00分

【昨季センターラインの最多スタメン出場者】 捕手:嶋 基宏(73試合) 二塁:藤田一也(108試合) 遊撃:茂木栄五郎(114試合) 中堅:島内宏明(56試合) 【今季センターラインの最多スタメン出場者】 捕手:嶋 基宏(19試合) 二塁:藤田一也(17試合) 遊撃:茂木栄五郎(24試合) 中堅:島内宏明(26試合) ※5月6日終了時点で楽天は26試合消 [全文を読む]

【プロ野球】《裏タイトル・野手編》今年の二塁打王、三塁打王は? 気になる「裏タイトル」獲得者は誰だ!?

デイリーニュースオンライン / 2016年12月13日17時05分

【三塁打王】 茂木栄五郎(楽天)/西野真弘(オリックス):7三塁打 藤田一也(楽天)/今宮健太(ソフトバンク)/松田宣浩(ソフトバンク)/角中勝也(ロッテ):5三塁打 三塁打部門ではルーキーの茂木栄五郎(楽天)と2年目の西野真弘(オリックス)が1位。フレッシュな走力を見せつけた。 【最多四球】 柳田悠岐(ソフトバンク):100四球 中村晃(ソフトバンク) [全文を読む]

DeNAのセカンドといえば…最近10年の最多出場選手を振り返る

ベースボールキング / 2017年02月21日10時00分

09年からの3年間は、09年が藤田一也、10年がカスティーヨ、11年が渡辺直人と毎年レギュラーの選手が変わっていた。 5年連続で石川が最多出場中だが、今季ヤクルトを自由契約となった田中浩康が加入。現役最多の通算293犠打を記録する男は、紅白戦、練習試合などでは「2番・二塁」でスタメン出場するなどアピールを続ける。田中浩がレギュラーを奪うのか…。石川が今季も [全文を読む]

【プロ野球】満塁男ここにあり!楽天・藤田一也の”フルベース活躍劇”

デイリーニュースオンライン / 2016年08月10日16時05分

現在は歴代1位・16本の満塁本塁打を記録する西武・中村剛也がよく知られるが、ここでは楽天の藤田一也を紹介したい。2012年途中にDeNAから移籍。クリムゾンレッドに袖を通してからの「フルベース活躍劇」が、まさに神ってるのだ。 今シーズンは76試合で285打席に立ち、打率.245、30打点(8月8日現在)。左肋骨の亀裂骨折もあり、例年と比べて調子を落として [全文を読む]

【プロ野球】開幕戦→後半開幕戦の各球団スタメン比較・パリーグ編

デイリーニュースオンライン / 2016年08月03日17時05分

■楽天 ≪開幕オーダー≫ 1 右 岡島豪郎 2 一 銀次 3 中 松井稼頭央 4 左 ウィーラー 5 三 今江敏晃 6 遊 茂木栄五郎 7 指 ゴームズ 8 二 藤田一也 9 捕 嶋基宏 ≪後半戦開幕オーダー≫ 1 右 岡島豪郎 ◎ 2 二 藤田一也 ○ 3 左 ペレス 4 指 ウィーラー ◎ 5 一 銀次 ○ 6 三 今江敏晃 ○ 7 中 島内宏明 8 [全文を読む]

「VS嵐」に初参戦 豪華ゲストが登場

モデルプレス / 2014年01月02日19時07分

今回、初参戦の田中将大投手率いる「東北楽天ゴールデンイーグルスチーム」には、松井稼頭央、藤田一也らが参戦。一方で、タレントのローラが率いる「芸人チーム」には、アンジャッシュの児島一哉、バナナマンの日村勇紀、おぎやはぎらのメンバーが一丸となり、嵐と三つ巴の戦いを3時間に渡って繰り広げる。 また、嵐チームのプラスワンゲストとしてV6の三宅健とメジャーリーガー [全文を読む]

【6月8日プロ野球全試合結果】巨人13連敗で球団ワースト更新、楽天・則本昂大が連続二桁奪三振の日本記録を8試合に更新

サイクルスタイル / 2017年06月08日22時51分

4回裏には、藤田一也内野手の適時打や茂木のこの日2本目となる2点本塁打などで3点を追加すると、5回裏にも3点を追加。打線が先発の則本を強力に援護した。投げては、則本が9回12奪三振2失点の完投勝利でチームの連敗を3でストップ。敗れたDeNAは、先発の三嶋一輝投手が5回8失点と振るわなかった。8試合連続二桁奪三振は、メジャーでは1999年にペドロ・マルティネ [全文を読む]

楽天・則本昂大、8試合連続二桁奪三振で自身の日本記録更新…メジャー記録に並ぶ

サイクルスタイル / 2017年06月08日21時32分

4回裏には、藤田一也内野手の適時打や茂木のこの日2本目となる2点本塁打などで3点を追加すると、5回裏にも3点を追加。打線が先発の則本を強力に援護した。 投げては、則本が9回12奪三振2失点の完投勝利でチームの連敗を3でストップ。敗れたDeNAは、先発の三嶋一輝投手が5回8失点と振るわなかった。 8試合連続二桁奪三振は、メジャーでは1999年にペドロ・マルテ [全文を読む]

【5月30日プロ野球全試合結果】広島が怒涛の6連勝、巨人・菅野智之が8失点KO、ソフトバンク・東浜巨が完投で6勝目

サイクルスタイル / 2017年05月30日23時39分

3回裏にも岡島豪郎外野手の犠飛などで2点を失い、5回裏には藤田一也内野手に2点本塁打を浴びた。また、打線は13安打を放つも中盤以降の追加点は1点にとどまった。 [全文を読む]

【交流戦】巨人・菅野智之、まさかの8失点でノックアウト…楽天は3連勝

サイクルスタイル / 2017年05月30日22時23分

3回裏にも岡島豪郎外野手の犠飛などで2点を失い、5回裏には藤田一也内野手に2点本塁打を浴びた。また、打線は13安打を放つも中盤以降の追加点は1点にとどまった。 対する楽天は菅野を攻略後も攻撃の手を緩めず、16安打の猛攻で交流戦初戦を白星で飾った。投げては、2番手で登板した戸村健次投手が今季2勝目を挙げた。 巨人ファンからは、「ホントに投打がかみ合わないです [全文を読む]

フォーカス