やなせたかしのニュース

やなせたかし作詩、松村禎三の作曲による幻の作品収録、ひばり児童合唱団の歌によるCD「こどものための音楽」4月17日発売。「初恋の恋人に巡りあったように胸がときめきます」(やなせたかし)

DreamNews / 2015年03月17日09時00分

日本の作曲家による優れた作品をCDやコンサートでお届けする株式会社スリーシェルズ(東京都豊島区)は、やなせたかし作詩、松村禎三の作曲、ひばり児童合唱団の歌によるCD「こどものための音楽」を2015年4月17日に発売する。やなせたかし氏は、下記のようなメッセージを残してくださった「初恋の恋人に巡りあったように胸がときめきます」(やなせたかし)CD「松村禎三 [全文を読む]

『やなせたかしシアター』がいよいよ12月1日(土)より「ハルのふえ」「アンパンマンが生まれた日」「ロボくんとことり」の豪華三本立で全国公開!初日舞台挨拶も決定 !

PR TIMES / 2012年11月29日13時01分

株式会社トムス・エンタテインメント(本社:東京都中野区 代表取締役社長:岡村 秀樹 以下、トムス)は、『やなせたかしシアター』と称し制作しました『ハルのふえ』『アンパンマンが生まれた日』『ロボくんとことり』の3作品を劇場用アニメーション3本立とし、いよいよ12月1日(土)より全国ロードショーすることをお知らせします。 アンパンマンの原作者、やなせたかしの絵 [全文を読む]

親子そろってアンパンマンに学ぶ! “誰かの為にがんばる勇気”

Woman.excite / 2016年06月22日23時00分

©やなせたかし/フレーベル館・TMS・NTV ©やなせたかし/アンパンマン製作委員会2016そして、この夏公開される待望の新作が『それいけ!アンパンマン おもちゃの星のナンダとルンダ』です。“誰かが何かをしてくれるのは当たり前!”甘え放題のルンダ姫がどう変わるのか?今回の『それいけ!アンパンマン おもちゃの星のナンダとルンダ』は、やなせたかし先生が残した楽 [全文を読む]

『やなせたかしシアター』が12月1日(土)より全国ロードショースタート!初日舞台挨拶にて「ハルのふえ」でハル役を演じた野沢雅子さんも登場!!

PR TIMES / 2012年12月04日18時00分

株式会社トムス・エンタテインメント(本社:東京都中野区 代表取締役社長:岡村 秀樹 以下、トムス)は、12月1日(土)より全国ロードショーとなりました『やなせたかしシアター』初日舞台挨拶(東京・シネリーブル池袋)の模様をお知らせいたします。 12月1日(土)、シネリーブル池袋(場所:東京都豊島区 HP:http://www.ttcg.jp/cinelibr [全文を読む]

高知県アンパンマンミュージアム近く「やなせたかし先生の墓」が美しすぎる

しらべぇ / 2016年08月11日17時30分

作者のやなせたかし先生は2013年に惜しまれながら他界されたが、いまでも各地にあるアンパンマンミュージアムは子供たちに大盛況だ。■高知県香美市にあるとくにやなせたかし先生の故郷・高知県香美市にあるアンパンマンミュージアムはやなせたかし記念館としても有名で、大人でも楽しめるつくりになっている。真横にはホテルや道の駅もあり、旅行へいくときに「高知市内だとちょっ [全文を読む]

故・やなせたかし氏に捧ぐ『やなせたかし大全』が刊行

ダ・ヴィンチニュース / 2013年11月07日11時40分

11月刊行予定の『やなせたかし大全』は、『アンパンマン』はもちろん、氏の広範な活動を、オールカラー400ページにて紹介する豪華な一冊だ。中でも、これまで書籍においてほとんど紹介されてこなかった「漫画家」としての活動を大々的に取り上げた点は画期的である。ピリっと世相を突く風刺マンガ、セリフのない“パントマイム漫画”など、やなせ流ユーモアの原点が詰まった作品が [全文を読む]

やなせたかし氏 兵隊時代の記憶が「絶対的な正義」に導いた

NEWSポストセブン / 2013年10月15日17時00分

「アンパンマン」シリーズで知られる漫画家のやなせたかし氏が13日、心不全で亡くなった。94歳だった。東日本震災後、当サイトでやなせたかし氏にインタビューしたフリーライターの神田憲行氏が悼む。 * * * 私がやなせたかし先生にお会いしたのは、東日本震災からひと月ちょっとした2011年4月13日のことだった。少しお耳が遠い以外はご高齢にもかかわらず、かくしゃ [全文を読む]

劇場版アニメーション・シリーズ第25作『それいけ!アンパンマン とばせ!希望のハンカチ』映画公開決定!7月6日(土)より“元気100倍”ロードショー!

PR TIMES / 2013年02月06日19時43分

3.11の東日本大震災後、「アンパンマンのマーチ」が被災者を勇気づける歌として注目を集めましたが、原作者やなせたかし先生は被害から立ち直ろうとしている日本を、そして、震災で傷ついた子どもたちを元気づけたいと映画制作にとりかかりました。子どもたちが大好きなバナナの実るバナナ島を舞台に、急激な天候異変で困り果てた島をみんなで力を合わせて元通りにしようと奮闘する [全文を読む]

12月1日(土)より全国ロードショーの劇場版アニメーション作品『やなせたかしシアター/ハルのふえ』サウンドトラック「ハルのふえ 音楽集」好評発売中!

PR TIMES / 2012年11月29日18時23分

12月1日からの全国ロードショーに先立ち、『やなせたかしシアター』/「ハルのふえ」のサウンドトラック「ハルのふえ 音楽集」をトムス・ミュージックが製作、発売!はいだしょうこ、佐久間レイのうたう主題歌や挿入歌をはじめ、にっぽんを勇気づける画詩人・やなせたかしが奏でる、親と子の「愛」のものがたりが凝縮された一枚です。 映画「ハルのふえ」では主題歌をうたのおねえ [全文を読む]

劇場版アニメーション・シリーズ第27作『それいけ!アンパンマン ミージャと魔法のランプ』7月4日(土)より元気100倍ロードショー!

@Press / 2015年07月01日12時00分

本作は、原作・やなせたかしの名曲「アンパンマンたいそう」の歌詞から想いを受け継いだ、“いつでも力を合わせて手をとり合えば、思いはつながる!”、“思いやりの気持ちを持てば、仲間がつながっていく”というメッセージが込められています。 同時上映の短編作品『リズムでうたおう!アンパンマン夏まつり』は、屋台や盆踊りなどが盛りだくさんな夏祭りを舞台に、子どもたちの大 [全文を読む]

国民的ヒーロー「アンパンマン」はここから生まれた――。やなせたかしの弟と、戦友の鎮魂に人生をかけたある男の物語 ジャーナリスト・門田隆将の最新刊『慟哭の海峡』発売開始!

PR TIMES / 2014年10月10日17時09分

その犠牲者の一人に、「アンパンマン」の作者である、やなせたかしの弟がいた。 一方、その“魔の海峡”から12日間の漂流を経て奇跡の生還を遂げた若者、中嶋秀次がいた。 彼は死んだ戦友の鎮魂のため、海峡が見える丘に寺院を建てることに人生を捧げた。 “世紀のヒーロー”アンパンマンとは、いったい「誰」なのですかーー? 今、明かされる、「慟哭の海峡」をめぐる真実の物 [全文を読む]

アンパンマンの「やなせたかし」さんが死去

秒刊SUNDAY / 2013年10月15日15時11分

「それいけ!アンパンマン」などで知られる漫画家のやなせたかしさんが13日に心不全のため東京都内の病院で亡くなったとメディアが伝えております。やなせさんは94歳でありながら現役でアンパンマンを描きづづけ、子供から大人まで幅広い人々に愛された国民的アニメとなりました。また独自の視点から哲学的なストーリーを展開していくという内容は、大人が見ても楽しめる素晴らしい [全文を読む]

アンパンマンのやなせたかしも愛したマルチアーティスト・中原淳一が訴えるもの

メディアゴン / 2015年07月02日07時00分

サンリオが1999年4月に発行した中原淳一画集「夢の中の天使」に寄せた、漫画家・絵本作家やなせたかしの推薦文を引用する。 「戦争のあとの焼土に咲いたひまわりのように美しく、そして当時の日本の少女のほとんど全員の胸をときめかした熱狂的なアイドル画家中原淳一の名前を知る人が少なくなった。中原淳一に対する芸術的評価は竹久夢二よりも低く単に甘い絵として黙殺されるこ [全文を読む]

破天荒で枯淡な人生、やなせたかしの「希望のありか」の秘密

ダ・ヴィンチニュース / 2013年10月31日12時00分

1階のショップはやなせたかし氏の直営店。そのビルに、かつて自分が勤務していた会社も入居していた。私たちは勝手に「アンパンマンビル」と呼び、雨の日も風の日も、アンパンマンを見ながら出社した。関連情報を含む記事はこちら ショップの窓にはやなせ氏が書く「今月の言葉」が毎月貼り出され、出社するたび、出先から会社へ戻るたび、その言葉を見るとはなしに眺めていた。やなせ [全文を読む]

「正義のための戦いなんてない」やなせたかしがアンパンマンに込めた思いとは?

ダ・ヴィンチニュース / 2013年10月19日11時20分

人気アニメ『アンパンマン』で知られる漫画家のやなせたかしが10月13日、心不全で逝去した。享年94歳だった。 関連情報を含む記事はこちら 自分の顔をちぎって人に食べさせる。そんな心優しきヒーロー・アンパンマンが誕生した背景には、やなせの戦争体験があったという。21歳で召集され26歳まで軍隊で過ごした。終戦間際には、上海決戦に備え1000キロの行軍をした。そ [全文を読む]

手塚治虫、やなせたかし“漫画家の絵本の会”7名の作家作品を集めた「植田俊一郎コレクション展」が開催

FASHION HEADLINE / 2017年01月29日17時00分

作家のラインアップは、おおば比呂司、手塚治虫、永島慎二、馬場のぼる、東君平、柳原良平、やなせたかし。 【イベント情報】 「植田俊一郎コレクション展 懐かしの『漫画家の絵本の会』作家たち」 会場:メグミオギタギャラリー 住所:東京都中央区銀座2-16-12銀座大塚ビル地下1階 会期:2月7日~18日 時間:11:00~19:00 休館日:日曜日、月曜日 [全文を読む]

セガトイズ 『アンパンマン 夢中知育 おしゃべりことばカード』2015年7月2日(木)発売/『アンパンマン おしゃべり ものしり図鑑セット』2015年7月23日(木) 発売

PR TIMES / 2015年06月17日13時20分

[画像1: http://prtimes.jp/i/1909/155/resize/d1909-155-928661-15.jpg ] (C)やなせたかし/フレーベル館・TMS・NTV【商品概要】 (C)やなせたかし/フレーベル館・TMS・NTV【商品概要】商品名: アンパンマン 夢中知育 おしゃべりことばカード■詳細: 5つのジャンルからなる付属の35枚 [全文を読む]

やなせたかしさんの弟を含め台湾沖で戦死した若者の事実綴る書

NEWSポストセブン / 2014年11月17日16時00分

「『アンパンマン』の作者で『手のひらを太陽に』を作詞した、やなせたかしさんは私と同じ高知出身で郷土の先輩。高知新聞に連載したエッセイで、弟さんがバシー海峡で亡くなったと知りました。それとは別に、戦友の慰霊に人生を捧げた中島さんのことを知り、2人を軸に、あまり語られることのないこの海峡の物語を書いてみたいと思いました」(門田さん・以下「」内同) 本には、ベ [全文を読む]

やなせたかし氏の軍服姿公開 創作に影響与えた戦争体験とは

NEWSポストセブン / 2014年01月26日07時00分

昨年10月に亡くなった、やなせたかし氏は、第二次世界大戦中に陸軍部隊に入営。上海で食料倹約の命令の下、薄いお粥だけで過ごした日々が、自分の顔を食べさせるという、国民的キャラクターを生み出した(写真右の人物が軍服姿のやなせ氏)。 生前、ほとんど語ることのなかった氏の戦争体験が綴られているのが、昨年末に刊行された『ぼくは戦争は大きらい』(小学館クリエイティブ [全文を読む]

やなせたかしさん死去 「相続人」いなければ「アンパンマン」の著作権は消滅する?

弁護士ドットコムニュース / 2013年10月30日13時45分

『アンパンマン』の作者として知られる漫画家のやなせたかしさんが10月13日、94歳で亡くなった。アンパンマンは1973年の絵本雑誌掲載から40年、1988年のテレビアニメ放映開始から25年が経った今も、子どもたちを中心に大人気で、「誰もが知っている」といっても過言ではない作品だ。ファンの子どもたちにとっては、作者のやなせさんが亡くなったことで、「今後、アン [全文を読む]

フォーカス