武豊のニュース

日本橋三越本店 デビュー30周年記念 武豊展 ~名馬と共に歩んだ30年~

PR TIMES / 2016年04月22日19時32分

<会場>日本橋三越本店 本館7階ギャラリー <会期> 5月3日(火・祝)~5月9日(月) 午前10時30分~午後7時(午後7時30分閉場)※最終日は午後5時30分まで(午後6時閉場) 入場料:一般・大学生800円/高校・中学生600円(小学生以下無料・税込) 主催:デビュー30周年記念 武豊展実行委員会 デビュー以来、数々の記録を打ち立て、日本競馬界を牽引 [全文を読む]

武豊が明かすステイゴールドとの思い出 「ひと言で言うと、つかみどころのない馬でした」

週プレNEWS / 2015年02月17日20時00分

■名手と“善戦マン”を結んだ「運命の糸」 「ひと言で言うと、つかみどころのない馬でしたね」 2月5日、北海道苫小牧市の社台(しゃだい)ホースクリニックで、大動脈破裂のため亡くなったステイゴールドについて武豊騎手に尋ねると、かつてのパートナーの顔を思い浮かべたのか、苦笑いするかのように少しだけ表情を崩した。 ステイゴールド。大種牡馬サンデーサイレンスを父に [全文を読む]

武豊が社台グループを激怒させた3大失態(1)勝負どころで馬群さばけず

アサ芸プラス / 2013年01月10日09時59分

だが、本誌は12月6日号で「武豊が社台グループに干された」という記事で、それでも競馬界の巨大軍団にニラまれ厳しい環境に置かれていることを指摘し、反響を呼んだ。今回は、その決定打となったさらなる「因縁レース」の裏事情を全て明らかにする。 勝負どころで馬群をさばけず 社台グループ─。現競馬界でその生産馬が次々と台頭し、JRA重賞レースの勝ち鞍を席巻する実力派巨 [全文を読む]

完全復活に疑問?今年の武豊は儲からない?

アサ芸プラス / 2014年03月07日09時57分

昨年、キズナで日本ダービー、マイルCSをトーセンラーで勝利し、GI通算100勝の快挙を達成、JRA特別賞も受賞し、完全復活をアピールした武豊。そんな世間の歓喜をよそに、馬券ファンにはぜひとも注意を促したいと、09年、「武豊を絶対に買うな!」の著書で話題を呼んだ万馬券ドクター・K氏が語る。 「あの本では当時、武豊が乗っただけで過剰に馬券が売れる→当たっても配 [全文を読む]

「なぜかブーム」武豊は本当に復活したのか?

アサ芸プラス / 2014年02月07日09時59分

競馬界はなぜか「武豊」ブームだ。往年のファンからすれば、デビュー直後からの挫折知らずの快進撃、あの憎たらしいほど勝ちまくる姿をリアルタイムで見続けてきたわけで、今さら武がここまでクローズアップされるのは少し不思議な気持ちになるのではないか。 理由はもちろんわかっている。ディープインパクトであらゆるタイトルを総なめにした全盛期から一転、ケガに端を発したこの数 [全文を読む]

あの日を境に停滞した武豊騎手の『日記』。武邦彦さんの「生前の言葉」として最後に綴られた内容が猛烈に切ない

Business Journal / 2016年08月19日08時00分

武豊騎手の父にして「ターフの魔術師」として、競馬界を沸かせた武邦彦さんが肺がんのため亡くなった12日から1週間が過ぎた。15日に行なわれた告別式では、三男にあたる武豊騎手が家族を代表して「1カ月ほど前から覚悟はしていましたが、現実を突きつけられるとつらくて悲しいです。本当に優しい方でした。父の示した道を家族で歩んで参りたいと思います。誠に、ありがとうござい [全文を読む]

なぜ「武豊」以外のスター騎手が誕生しないのか?(2)

アサ芸プラス / 2014年02月12日09時57分

例えば石橋守(現・調教師)からお手馬のメイショウサムソンを奪う形になった07年天皇賞(秋)の直前、石橋は惜しみなく武豊に同馬の癖をレクチャーしているが、それも、石橋がサムソンで皐月賞を勝った時、自分のことのように喜んでくれたからこそだ。 また、若手の面倒見のよさも知れ渡るところで、夏の小倉などでは「若い騎手の酒は全部、僕にツケておいて」と、一開催でウン百万 [全文を読む]

武豊「競馬記者&ファンが選んだ“GI100勝”渾身騎乗ベスト10レース!」(1)

アサ芸プラス / 2013年11月29日09時57分

デビューから26年、天才ジョッキー武豊が、11月17日に行われた「マイルCS」でGI通算100勝という金字塔を打ち立てた。今後、誰にも破られないであろうJRA68勝、海外7勝、地方25勝という不滅の記録の中から、競馬記者&ファン1000人がベストレースを選出した。 武豊(44)に100個目となるGIの勲章をプレゼントしたのは、空飛ぶ天馬・ディープインパクト [全文を読む]

武豊が社台グループを激怒させた3大失態(3)スタミナ切れで乗り切れず

アサ芸プラス / 2013年01月16日09時59分

肩の可動域が元に戻らず、激しい腰痛も抱えたままです」(専門紙トラックマン) 【関連記事】 武豊が社台グループを激怒させた3大失態(1)勝負どころで馬群さばけず 武豊が社台グループを激怒させた3大失態(2)外国人が立て続けに巧騎乗 武豊が社台グループを激怒させた3大失態(4)年間最多勝もまだ獲れる 2013年100大予測(8)武豊引退決意の裏で牝馬がGⅠを制 [全文を読む]

武豊が社台グループを激怒させた3大失態(2)外国人が立て続けに巧騎乗

アサ芸プラス / 2013年01月15日09時59分

【関連記事】 武豊が社台グループを激怒させた3大失態(1)勝負どころで馬群さばけず 武豊が社台グループを激怒させた3大失態(3)スタミナ切れで乗り切れず 武豊が社台グループを激怒させた3大失態(4)年間最多勝もまだ獲れる 2013年100大予測(8)武豊引退決意の裏で牝馬がGⅠを制圧? 勝てない天才、武豊「屈辱の生き地獄」 [全文を読む]

フォーカス