北村宏司のニュース

逃げの職人・武豊に託されたかつての「超新星」リアファル復活のカギを握るのは“天才“による特別な魔法ではなく「正攻法」だ

Business Journal / 2017年03月06日09時00分

レースはスピリッツミノルにハナを叩かれる厳しい展開となったが、勝った北村宏司騎手のキタサンブラックから0.1秒差の3着に食い込み、改めてその非凡な能力を示した。 ところがその年末の有馬記念(G1)でレース中に故障を発症。左前脚に異変が生じて最下位の16着に大敗した。レ-ス直後は左肩のハ行と発表されていたが、エコー検査の結果、左前脚のひざの裏に腱鞘炎を発症し [全文を読む]

得意&不得意で成績激変「万券騎手16人」で大儲け!(1)東京2400メートルは蛯名騎手が堅実!

アサ芸プラス / 2017年02月11日09時56分

逆に、この舞台で狙いたい騎手は内田博幸騎手(複勝率47.9%)や北村宏司騎手(同42%)。田辺裕信騎手も『前走9着以内で、その前走が6番人気以内』であれば連対率50%、複勝率は62.5%です」◇「東京ダート1600メートルは東の田辺、西のルメール」 2月26日に行われるGIフェブラリーSの舞台。狙える騎手は田辺騎手とC・ルメール騎手だ。14年の同レースで初 [全文を読む]

最新騎手データでわかる「秋競馬」コース別攻略法!(2)ダ1800メートルは吉田豊騎手に注目

アサ芸プラス / 2016年09月10日17時56分

現在、東西リーディングのトップを快走する戸崎圭太騎手は芝の全コース、8月27日に復帰したばかりの北村宏司騎手は、芝1800メートル以上を得意としており、この2人からも目が離せない。伊吹氏が話す。「戸崎騎手は『4歳馬以下の芝1600メートル』『4歳馬以上の芝1800メートル』で複勝率がさらにアップします。北村宏騎手の場合、特に『芝1800メートル』と『芝22 [全文を読む]

北島三郎も武豊にメロメロ!? キタサンブラックの「秋ローテ発表」に見える名手への「配慮」?

Business Journal / 2016年07月01日15時00分

菊花賞制覇の立役者ながら、ますます再騎乗のチャンスがなくなった北村宏司騎手が少し気の毒な気もする。 [全文を読む]

勝ち星独占!M・デムーロ&C・ルメールによる競馬界への猛威(3)日本人騎手はマイネルを外されたら終わり

アサ芸プラス / 2016年04月24日09時56分

「牝馬クラシック3冠ジョッキーの幸英明(40)でさえ、『目標は1000回騎乗』(過去の達成者は幸、岩田、北村宏司の3人)と言っています。『1年間を健康でケガせずに』という思いなのでしょうが、裏を返せばローカルを主戦場にするという意味で、1月の小倉も参戦していた。昨年、初めて1000回騎乗を達成した岩田も『(福島は)あくまでスポット参戦で、今後(のローカル参 [全文を読む]

死と隣り合わせでもいきなり年収3,000万円は当たり前! プロ野球・Jリーグも呆然「騎手の収入」

日刊サイゾー / 2016年01月09日23時30分

さらに甚大なのが中堅騎手で、14年117勝の北村宏司騎手は15年76勝と41勝も減少、タレントほしのあきの旦那である三浦皇成騎手も73勝→64勝、和田竜二騎手も68→48勝と大幅に成績をダウンさせている。 しかし、これだけ成績が下がっても、このあたりの騎手なら収入は“ウハウハ”だ。 年間リーディングを獲得した戸崎圭太騎手はレース総賞金27億2,435万2, [全文を読む]

G1フェブラリーステークスに「談合」で勝った!? 名ジョッキー・武豊にささやかれる“好展開レース”の不可解

日刊サイゾー / 2015年06月04日11時00分

そんなお達しに耳を傾けなかったとみられるのは、アドマイヤで逃げた横山典弘騎手や、追い込み馬なのに先行してゴール前詰め寄ったインカンテーションの内田博幸騎手くらいですかね」 確かに同レースをよくよく見てみると、本来は逃げるはずだったコーリンベリーの松山弘平騎手は、1枠に入ったにもかかわらず3コーナでは10番手追走、前走逃げた北村宏司騎手のグレープブランデーも [全文を読む]

80年代人気アイドル・白石まるみママが今期絶好調の娘と日本ダービーをガチ予想、ふたりが合えば的中率9割!?

週プレNEWS / 2015年05月30日06時00分

また、騎乗する北村宏司騎手もM・デムーロ騎手とまったく同じ運気で、こちらも人馬ともに素晴らしい組み合わせとなりました。 真彩 キタサンブラックはデビューから3連勝で皐月賞に臨んで、結果は勝ったドゥラメンテから0.6秒差の3着。正直、今までは馬券を買ってこなかったけど、皐月賞を見て力のある馬だということはわかりました。ただ、東京の芝2400mを逃げて勝ちきる [全文を読む]

一家心中未遂、実母のDV疑惑、刻まれたタトゥー……自殺したトップジョッキー後藤浩輝騎手が抱えた心の闇

日刊サイゾー / 2015年03月06日13時00分

落馬事故の原因は2度とも岩田康誠騎手のラフプレーとされており、つい先日も同じエージェントから騎乗馬を提供されている北村宏司騎手との絡みで落馬負傷したばかりだった後藤騎手。「確かに、落馬事故がまったく影響しなかったとは言い切れないでしょう。これが直接的な自殺原因ではありませんが、もともと情緒不安定気味なところがあった後藤騎手にとって、頚椎や頭ばかり痛めてい [全文を読む]

馬券3名人が攻略法を伝授、2014夏競馬はこの騎手でかっぱげ!

週プレNEWS / 2014年07月15日06時00分

そのうち勝率10%以上をキープしているのは、蛯名(えびな)正義騎手と北村宏司(ひろし)騎手のふたりだけでした。配当的には後者に妙味あり!」 特殊な条件のある夏競馬だからこそ、体重から気温まで分析はさまざま。それぞれの強みを武器に活躍が期待できる騎手たちを見極め、一攫千金をめざせ! (取材・文/浜野きよぞう) ■週刊プレイボーイ30号「夏競馬ウハウハ必勝法」 [全文を読む]

フォーカス