武幸四郎のニュース

武幸四郎師、藤沢和厩舎で研修開始「いろんなことを吸収したい」

スポニチアネックス / 2017年04月05日07時03分

2月いっぱいで騎手を引退し調教師へと転身した武幸四郎・技術調教師(38)が、美浦の藤沢和厩舎で研修を開始した。 4日朝はソウルスターリングやレイデオロの調教を見学。馬の様子を見ながら藤沢和師と話し込む姿も見られた。「藤沢先生からいろんなことを吸収したいです」と武師。夏まで美浦に滞在し、名門厩舎のノウハウを学ぶ予定だ。 [全文を読む]

武幸四郎騎手が「行方不明」!? 2週連続騎乗なしに見る「セカンドキャリア」の可能性

Business Journal / 2016年09月16日17時00分

JRA所属、武幸四郎騎手が「行方不明」!? そのまま聞くと「一体何があったんだ!?」となるが、幸四郎騎手が「2週続けて騎乗馬なし」となり、ネット上で大きく騒がれているに過ぎない。 とはいえ、2週連続でレースに一度も出走していないというのは確かに意外だ。ここ最近では、少ない週こそあれど毎週騎乗していただけに、競馬ファンが騒ぐのも無理ないかもしれない。 普段な [全文を読む]

騎乗より「アヤパン交際」イメージ強い武幸四郎騎手......「12戦連続2ケタ着順」愛馬コンビが切ない

Business Journal / 2016年05月10日17時00分

現在JRA5勝、関西リーディング37位の武幸四郎騎手。2013年にオークス、秋華賞、エリザベス女王杯とG1を3勝して以来G1勝利はなし。重賞勝利もない状況である。 G1競走は6勝しており「穴ジョッキー」としても一定の支持層のいる騎手ではあるが、世間的な幸四郎騎手のイメージはどちらかというと『ジャンクSPORTS』(フジテレビ系)などバラエティ出演の印象が強 [全文を読む]

20年のジョッキー生活にピリオド。武幸四郎が考える次の人生設計とは

週プレNEWS / 2017年03月10日06時00分

(写真/山根英一/アフロ) [全文を読む]

調教師になって子どもを管理馬に乗せちゃう? 新要素が満載の『Winning Post 8』を見逃すな!

ガジェット通信 / 2014年03月28日07時00分

武幸四郎 武豊の弟。2013年はメイショウマンボとのコンビでGI3勝。 武邦彦 武豊、武幸四郎の父。変幻自在の騎乗から「ターフの魔術師」と呼ばれた。 藤岡康太 関西の有望株。積極果敢な騎乗が得意。 お気に入りの騎手は見つかりましたか? ●シーンの一部を少しだけご紹介 ●無料ダウンロードコンテンツも配信決定! さらに、4月中旬には無料ダウンロードコンテンツ [全文を読む]

史上初!「親子4人」騎手が実現、家族が見る夢 震災を乗り越えた福島出身・木幡騎手の一家

東洋経済オンライン / 2017年03月03日08時00分

今年はスーパージョッキー武豊騎手の弟である武幸四郎騎手が調教師に転身し、2月26日を最後に騎手を引退した。田中博康騎手も31歳の若さで調教師となり騎手を引退した。一方、3月1日付で新たに騎手免許を受けた新規騎手は5人。これでJRA所属騎手は136人となった。この新規騎手の中に空前絶後の記録をつくったジョッキーがいる。木幡(こわた)育也さん(18)だ。2月7 [全文を読む]

【ダビスタ攻略】騎手の選び方、正解は?

R25スマートフォン情報局 / 2016年11月26日11時30分

【BEST10以下で『ダビマス』厩舎所属のジョッキー】■美浦<和泉厩舎>・北村宏司(12位)・田中勝春(36位)・黛弘人(62位)<八木沼厩舎>・田辺裕信(11位)・石川裕紀人(27位)・武士沢友治(68位)<千石厩舎>・三浦皇成(16位)・横山典弘(20位)・長岡禎仁(78位)■栗東<桐島厩舎>・菱田裕二(31位)・武幸四郎(69位)<牛嶋厩舎> [全文を読む]

「武豊の父」ターフの魔術師・武邦彦氏が死去。騎手として、調教師として、父親として競馬界を引っ張ったレジェンド

Business Journal / 2016年08月12日15時00分

その後も弟の武幸四郎騎手がデビューし活躍するなど、兄弟の活躍によって父である邦彦氏もたびたびクローズアップされることとなった。 邦彦氏の騎手時代の競馬は「東高西低」。関東競馬のほうが強力だったこともあるのか、全国リーディング騎手は一度も獲得していない。時代が時代ならもっと勝てていた、という声も非常に多い名手だった。 ちなみに、息子である武豊騎手は 6日の [全文を読む]

その記録は「ギネス級」!? 函館記念に出走する「世界を股に掛ける名馬」ならぬ「世界に股を掛けられた迷馬」とは

Business Journal / 2016年07月16日13時00分

ちなみにデビューから順に騎乗した騎手を並べるとU.リスポリ(イタリア)、C.ウィリアムズ(オーストラリア)、N.ピンナ(イタリア)、C.ルメール(フランス)、T.クウィリー(イギリス)、C.スミヨン(フランス)、W.ビュイック(イギリス)、A.シュタルケ(ドイツ)、武豊(日本)、藤岡佑介(日本)、P.ブドー(フランス)、Z.パートン(オーストラリア)、H [全文を読む]

「武豊と凱旋門賞へ」ユタカ騎乗率約8割のこだわり馬主が挑む夢舞台! 「超大物」グランダルシュが凱旋門賞1番人気敗退という両親の無念を晴らす!

Business Journal / 2016年07月13日08時00分

さらに武豊騎手が乗れない時は、弟の武幸四郎騎手に依頼する徹底ぶり。先日の2日、ついに武兄弟以外となる藤岡佑介騎手が騎乗することとなったが、ここまで強いこだわりを持つ馬主はそうはいない。 もっともまだ重賞を勝つどころか、オープン馬すら所有していない。だが昨年購入し、今年デビューを迎えるグランダルシュは、すでに関係者の間でも「超大物」と評判だ。 母サラフィナは [全文を読む]

Infoseekニュース公式

楽天Infoseek ニュースアプリ
無料メールマガジン
  • 夕刊Infoseekニュース
  • 週刊ランキングニュース