武幸四郎のニュース

『ダービースタリオン マスターズ』と『フジテレビ競馬番組』の新たな取組開始!

PR TIMES / 2017年04月28日11時31分

今回のテレビCMでは、競馬ゲーム初登場となる藤田菜七子騎手と、調教師としての活躍が期待される武幸四郎・元騎手の豪華共演が実現しました。実際に『ダビスタ』をゲーム機でプレイしていたというお二人それぞれが育てた馬がレースに挑む、3バージョンが放送されます。本物の競馬アナウンサーによる実況や、オリジナル「勝負服」に身を包んだ藤田騎手など、見どころが満載です。放送 [全文を読む]

20年のジョッキー生活にピリオド。武幸四郎が考える次の人生設計とは

週プレNEWS / 2017年03月10日06時00分

(写真/山根英一/アフロ) [全文を読む]

武幸四郎騎手が「行方不明」!? 2週連続騎乗なしに見る「セカンドキャリア」の可能性

Business Journal / 2016年09月16日17時00分

JRA所属、武幸四郎騎手が「行方不明」!? そのまま聞くと「一体何があったんだ!?」となるが、幸四郎騎手が「2週続けて騎乗馬なし」となり、ネット上で大きく騒がれているに過ぎない。 とはいえ、2週連続でレースに一度も出走していないというのは確かに意外だ。ここ最近では、少ない週こそあれど毎週騎乗していただけに、競馬ファンが騒ぐのも無理ないかもしれない。 普段な [全文を読む]

アヤパンと破局に暴行事件、涙の復活……武幸四郎の抱える「ハンデ」と、兄・豊にない“魅力”

日刊サイゾー / 2016年01月05日23時30分

ただ、その豊と同じ血を引く弟・武幸四郎は、成績というか「数字」でいえば、偉大な兄の足の小指くらいといわざるを得ないのが現状である。 豊の中央競馬年間勝利数の最大値は212勝(05年)のJRA記録だが、幸四郎の最大値はデビュー3年目、1999年の62勝。その後も100勝に到達することはなく、09年以降は30勝にも到達できていない。 ただ、知名度だけは一流ジ [全文を読む]

調教師になって子どもを管理馬に乗せちゃう? 新要素が満載の『Winning Post 8』を見逃すな!

ガジェット通信 / 2014年03月28日07時00分

武幸四郎 武豊の弟。2013年はメイショウマンボとのコンビでGI3勝。 武邦彦 武豊、武幸四郎の父。変幻自在の騎乗から「ターフの魔術師」と呼ばれた。 藤岡康太 関西の有望株。積極果敢な騎乗が得意。 お気に入りの騎手は見つかりましたか? ●シーンの一部を少しだけご紹介 ●無料ダウンロードコンテンツも配信決定! さらに、4月中旬には無料ダウンロードコンテンツ [全文を読む]

「武豊の父」ターフの魔術師・武邦彦氏が死去。騎手として、調教師として、父親として競馬界を引っ張ったレジェンド

Business Journal / 2016年08月12日15時00分

その後も弟の武幸四郎騎手がデビューし活躍するなど、兄弟の活躍によって父である邦彦氏もたびたびクローズアップされることとなった。 邦彦氏の騎手時代の競馬は「東高西低」。関東競馬のほうが強力だったこともあるのか、全国リーディング騎手は一度も獲得していない。時代が時代ならもっと勝てていた、という声も非常に多い名手だった。 ちなみに、息子である武豊騎手は 6日の [全文を読む]

その記録は「ギネス級」!? 函館記念に出走する「世界を股に掛ける名馬」ならぬ「世界に股を掛けられた迷馬」とは

Business Journal / 2016年07月16日13時00分

ちなみにデビューから順に騎乗した騎手を並べるとU.リスポリ(イタリア)、C.ウィリアムズ(オーストラリア)、N.ピンナ(イタリア)、C.ルメール(フランス)、T.クウィリー(イギリス)、C.スミヨン(フランス)、W.ビュイック(イギリス)、A.シュタルケ(ドイツ)、武豊(日本)、藤岡佑介(日本)、P.ブドー(フランス)、Z.パートン(オーストラリア)、H [全文を読む]

「武豊と凱旋門賞へ」ユタカ騎乗率約8割のこだわり馬主が挑む夢舞台! 「超大物」グランダルシュが凱旋門賞1番人気敗退という両親の無念を晴らす!

Business Journal / 2016年07月13日08時00分

さらに武豊騎手が乗れない時は、弟の武幸四郎騎手に依頼する徹底ぶり。先日の2日、ついに武兄弟以外となる藤岡佑介騎手が騎乗することとなったが、ここまで強いこだわりを持つ馬主はそうはいない。 もっともまだ重賞を勝つどころか、オープン馬すら所有していない。だが昨年購入し、今年デビューを迎えるグランダルシュは、すでに関係者の間でも「超大物」と評判だ。 母サラフィナは [全文を読む]

騎乗より「アヤパン交際」イメージ強い武幸四郎騎手......「12戦連続2ケタ着順」愛馬コンビが切ない

Business Journal / 2016年05月10日17時00分

現在JRA5勝、関西リーディング37位の武幸四郎騎手。2013年にオークス、秋華賞、エリザベス女王杯とG1を3勝して以来G1勝利はなし。重賞勝利もない状況である。 G1競走は6勝しており「穴ジョッキー」としても一定の支持層のいる騎手ではあるが、世間的な幸四郎騎手のイメージはどちらかというと『ジャンクSPORTS』(フジテレビ系)などバラエティ出演の印象が強 [全文を読む]

角居勝彦調教師 皐月賞は可能性秘めた馬が集まるごった煮

NEWSポストセブン / 2016年04月16日16時00分

桜花賞馬キョウエイマーチの子供で潜在能力が高く、スピードに勝ちすぎたところがあり、主戦の武幸四郎と共に調教に苦労した思い出があります。 続くダービーでは14着。菊花賞も9着でした。その後はマイル戦、1400メートル戦でオープン勝ちしています。重賞では2010年マイラーズCで2着、同年安田記念は4着。7歳になっても京都金杯で連対するなどマイラーの適性がありま [全文を読む]

「どっちも最高」「武さんのほうが親しみが......」武豊があの超イケメン「朝ドラ俳優」に激似と話題!

Business Journal / 2016年04月15日19時00分

ちなみに、「弟の武幸四郎のほうが似てないか」という意見や、「なんだ、フジオカって藤岡佑介(騎手)じゃないのか」などという意見も。藤岡騎手は頭髪のこともいじられて少し気の毒である。 競馬でもそのルックスも絶賛の武豊。まさに選ばれしスターであると改めて実感した次第だ。 [全文を読む]

ホリプロ所属・藤田菜七子は今が「稼ぎ時」!? 意外と多い「タレント騎手」の実情

Business Journal / 2016年03月31日15時00分

また関東の芸能事務所シンクバンク(株式会社シンクバンク)には田中勝春、武幸四郎騎手が所属。もはや中堅以下の成績でしかない田中勝春騎手が今年「有吉反省会」に出演できたのも、芸能事務所の存在があってのことだろう。 さらにほしのあきの夫である三浦皇成騎手は、エクセリング(株式会社エクセリング)と業務提携を通じて芸能活動を行っているようだ。 故人である後藤浩輝騎 [全文を読む]

武豊も福永祐一も“既定路線”だった? 実力だけで成功できない騎手の世界は「芸能界」そのもの

日刊サイゾー / 2016年01月16日23時30分

今や競馬界の“顔役”となっている武豊騎手、その弟となる武幸四郎騎手の父は、卓越した騎乗技術から「魔術師」と称された武邦彦氏。福永祐一騎手の父親は、かつて「天才」といわれた福永洋一氏。つまり、「ブラッドスポーツ」といわれる競馬において、いわゆる“良血”が活躍するのは、何も馬だけの話ではないということだ。 鮫島克駿騎手の兄・良太もJRAで活躍する騎手。さらに [全文を読む]

「実兄が覚醒剤所持で逮捕、親戚は惨殺…」武豊、スター騎手の知られざる闇とは

日刊サイゾー / 2015年11月22日23時30分

そして11年には、弟である武幸四郎騎手が京都市内の飲食店で客と口論になり傷害事件へと発展。頬骨を骨折して4カ月の休養となった。事件性はないにしても、一般人とトラブルになることはアスリートとしてはあってはならないことだろう。 武豊本人は直接事件を起こしていないものの、ここまで身近な人間が事件に関与することはまれだ。稀代のトップジョッキーにすら、こうした不遇 [全文を読む]

「落馬多い」「勝負弱い」「私生活ユルすぎ」落馬負傷の福永祐一騎手“本当の評判”とは?

日刊サイゾー / 2015年11月06日23時30分

福永は、武豊の弟である武幸四郎騎手など、関西の若手騎手とともに多くの合コンに参加していた遊び人で知られる。松尾アナと出会う前はモデルの松田樹里、交際当時タレントの若槻千夏、仲根かすみ、グラビアアイドルの森下悠里、手島優といった、多くの芸能人と浮き名を流していたことも知られている。オンナ関係の尻尾をなかなかつかませなかった武とは対照的に、福永の恋愛事情はア [全文を読む]

批判殺到の美馬怜子よりデカい!次に有名騎手を落とすのはあのボヨヨンアナ

アサ芸プラス / 2015年10月31日09時59分

武幸四郎騎手(武豊の弟)との熱愛デート現場をフライデーされました。タレントですが、ほしのあきも『みんなのケイバ』と『みんなのウマ倶楽部』で司会を務め、三浦皇成騎手とデキ婚しています」(週刊誌記者) こうして聞くと、騎手たちが“種付け”上手というダジャレも言えるが、競馬番組を担当する美女たちの色香が凄まじいのかもしれない。 そんなわけで続々と誕生する熱愛競馬 [全文を読む]

武豊がフリーアナ・美“馬”玲子と不倫!? その誠実イメージをひっくり返す「オンナ関係」と「遊び人」ぶり

日刊サイゾー / 2015年10月22日17時00分

まあ、もう二度とボロを出すことはないかもしれませんが」(同) フジテレビの高島彩アナ(当時)と、武の弟で同じく騎手の武幸四郎との交際が報じられた時期には「幸四郎はチャラい」「豊は真面目」という印象があったものだが、実際は兄のほうが一枚上手だということか。まさに“ディープインパクト”だ。 [全文を読む]

競馬権力者の「アイドル喰い」驚愕実態(2)あのグループの元メンバーも!?

アサ芸プラス / 2015年05月22日17時59分

年収が億を超える関西の騎手に、東京遠征時の“彼女”がいることは当たり前ですし、あるイケメン騎手は、北海道、関東、関西、九州‥‥遠征先全てに“都合のいい女”がいますよ」 騎手と有名人がくっついたケースといえば、福永騎手は元フジの松尾翠アナと結婚、アヤパンこと高島彩は、かつては武豊の弟、武幸四郎騎手と熱愛関係にあった。「むしろ、女子アナぐらい誰もが認める美貌と [全文を読む]

武豊がラジオ初DJで語り尽くした「競輪・弟・AKB48」(2)弟・幸四郎の“お酒”エピソード

アサ芸プラス / 2014年10月15日09時58分

凄い騎手仲間の話題ついでに、弟・武幸四郎(35)の凄さにも言及。 武 いろいろ伝説を作りますからね。一度ね、(京都の)我が家でホームパーティをした時に、幸四郎はいつものようにハシャいで、自分の言ったギャグに大ウケして椅子から落ちて、四角い柱に頭をぶつけてキレイに割れてましたからね。 金子 白いじゅうたんを血に染めた、と。 武 そのあと、キズドライみたいな [全文を読む]

浜崎あゆみの激太りも、桃の天然水の呪いだった!? 芸能界の“不幸な“都市伝説5つ!

tocana / 2014年03月13日09時00分

さらに、フリップに名前を書いた武幸四郎が落馬し、重傷を負ったことから、東原の"サゲマン"ぶりが有名になった。その"サゲマン"が"呪われている"に昇格(?)したのが、ブログである。東原がブログに書いた人物や場所などが、その後トラブルに見舞われる事態が多発。今では"デスブログ"として有名になっている。 そんな"呪われている"芸能人に近年、名前が挙がり始めている [全文を読む]

フォーカス