浜中俊のニュース

「ポスト武豊」浜中俊騎手が「犯罪強要」!? 未成年への仕打ちにイメージ崩壊か

Business Journal / 2016年07月03日13時00分

「武豊2世」とも言われる競馬界の次代のスター候補・浜中俊騎手に危機が訪れようとしている。 4月17日の阪神9Rから5月14日の新潟2Rまで、1カ月にわたり一度も騎乗しなかった鮫島克駿騎手(19)。彼が休養した理由が病気や制裁ではなく、春の花見宴会における「未成年飲酒」だったことが明らかになった。さらに泥酔した帰りのタクシーで運転手に暴言を吐いたというのだか [全文を読む]

【天皇賞制覇・浜中俊さん】枕が人生の転機に。騎手が勝つために重視する睡眠のコツ

Fuminners / 2015年11月04日19時05分

デビュー3年目の2009年に、最高峰のグレードレースであるGⅠ・菊花賞に勝利し、2012年には24歳の若さにして全国リーディングジョッキー(最多勝利騎手)に輝くなど、若き勝負師として注目を集めている浜中俊さん。2015年には、ミッキークイーンで優駿牝馬(オークス)、秋華賞、ラブリーデイで天皇賞(秋)に勝利するなど、目覚ましい活躍を見せています。騎手といえば [全文を読む]

寝過ぎない!体内時計を乱さない!有名人の休日の過ごし方4選

Fuminners / 2017年04月28日18時30分

常にトレンドを発信!カリスマ美容師・木村直人さんの多彩な活躍を支える眠りとは?Check昼寝(パワーナップ)で業務効率アップ!|正しい昼寝の方法→集中力や記憶力がアップし、午後からの仕事も捗る効果的な昼寝(パワーナップ)とは?昼くらいまでだらっとし、心身のストレスをリセット(天皇賞制覇ジョッキー・浜中俊さん)“用事がない限り、昼くらいまで寝ています。寝すぎ [全文を読む]

最新騎手データでわかる「秋競馬」コース別攻略法!(3)ダ1400メートルの浜中俊騎手は買い

アサ芸プラス / 2016年09月11日09時56分

今年はケガのため出遅れた福永騎手が巻き返し(東西5位)を見せる中、12年のリーディングジョッキー・浜中俊騎手も落馬負傷の傷も癒え、東西16位からジャンプアップを図る。伊吹氏が狙い時を解説する。「ダ1400メートルであれば、安定感抜群です。芝スタートのコースだけに『12番から16番』の時は〈6・6・4・10/26〉で、複勝率は61.5%です」 西のリーディ [全文を読む]

「今後も超楽しみ」浜中俊騎手が大絶賛!ドゥラメンテの従弟ヴァナヘイムがノーステッキでデビュー戦を圧勝!

Business Journal / 2016年08月30日08時00分

鞍上の浜中俊騎手の腕もあるが、前に馬を置かずに折り合っていた。 1000mの通過も65秒ジャストと如何にも中距離の2歳戦といった遅い時計だが、1000mを通過した辺りから早めに後方の馬が進出を開始している。その中で完全に手応えが違ったのがヴァナヘイムだ。 3コーナーでもう先頭を射程圏に捕らえると、ここまでの手応えを想像していなかったのだろう。浜中騎手が「ま [全文を読む]

「一鞍入魂」の必勝態勢で浜中俊騎手が復帰!落馬事故の「因縁のパートナー」にも度胸満点の発言を連発!

Business Journal / 2016年05月09日10時00分

今週末から、関西の名手で「ポスト武豊」の呼び声も高い浜中俊騎手が復帰する。 2月に行われた東京新聞杯(G3)での落馬事故から約3カ月。複数箇所の骨折があったが順調にリハビリを重ね、浜中騎手が春G1シーズンに間に合わせた。すでに今週のヴィクトリマイル(G1)に出走するミッキークイーンの1週前追い切りに騎乗しており、その回復ぶりをアピールしている。 昨年G1を [全文を読む]

G1制覇もあった!? 落馬負傷中・浜中俊騎手が失ったものが「あまりに大き過ぎ」て悲しい......

Business Journal / 2016年04月11日12時00分

関西のトップジョッキーの一人、浜中俊騎手(栗東)が落馬事故を起こしてから、もう2か月になる。 2月7日、東京競馬のメインレースとなっていた東京新聞杯(G3)。1番人気のダッシングブレイズに騎乗していた浜中騎手は、最後の直線で強引に最内に潜り込もうとするも内柵に激突。 そのまま落馬して、脳震とうの他に左トウ骨遠位端、左第2指中手骨骨幹部近位、左第4指基節骨基 [全文を読む]

武豊ロングインタビュー&池江・川田・浜中対談も

Smartザテレビジョン / 2015年09月11日14時00分

9月12日(土)に発売される10月号では、武豊騎手が自身の20年を語るロングインタビューや、今春G1を制した池江泰寿調教師と川田将雅(ゆうが)騎手、浜中俊(すぐる)騎手の対談に加え、20年前から日本競馬に深く携わってきたオリビエ・ペリエ騎手のインタビューなど記念企画が満載だ。 読者プレゼントには誌面に登場する騎手たちのサイン入り写真や色紙など、記念号なら [全文を読む]

競馬ファンに支えられ『サラブレ』創刊20周年! 電子版の配信もスタートでお得なキャンペーン価格を実施!

PR TIMES / 2015年09月11日12時27分

10月号では、武豊騎手が自身の20年を語るロングインタビューや、今春G1を制した池江泰寿調教師と川田将雅騎手、浜中俊騎手の対談に加え、20年前から日本競馬に深く携わってきたオリビエ・ペリエ騎手のインタビューなど記念企画が満載です。また、読者プレゼントには誌面に登場する騎手たちのサイン入り写真や色紙など、記念号ならではのレアアイテムをご用意しています。[画 [全文を読む]

現役GIジョッキーパズダビチャレンジ公開!!川田・浜中・藤岡3騎手が、爽快!競馬パズルゲーム『パズルダービー』に参戦!

@Press / 2015年06月22日15時00分

株式会社ネットドリーマーズ(本社:東京都中央区、代表取締役社長:国本恵嗣、以下ネットドリーマーズ http://www.netdreamers.co.jp/)はこのたび、iOS/Android(TM)向け競馬パズルゲーム『パズルダービー』におきまして、JRA GIジョッキーである川田将雅騎手、浜中俊騎手、藤岡康太騎手が参戦した「GIジョッキーパズダビチャレ [全文を読む]

ケンカ激突「制裁騎手」ランキング(3)制裁過多は攻めの姿勢の証し

アサ芸プラス / 2017年05月15日05時56分

関西遠征の時には松山や松若に加えて、浜中俊(28)らの若手にも積極的な指導を行っているようです」(スポーツ紙デスク) 発端は昨年のエリザベス女王杯。マリアライトとのコンビで連覇を狙っていたものの、不利を受けてつまずき、落馬寸前の憂き目にあったことだ。「1コーナーで馬が殺到し、福永が内に寄ったことで連鎖が生じたためでした。レース後の蛯名は『レースに参加できな [全文を読む]

武豊「炎の体育会TV」に“キタサン”勝負服で参戦!

Smartザテレビジョン / 2017年05月10日07時05分

5月13日(土)夜6時55分から放送される「炎の体育会TVSP」(TBS系)に、JRA所属のジョッキー・武豊騎手、ミルコ・デムーロ騎手、クリストフ・ルメール騎手、浜中俊騎手が出演することが明らかとなった。 4人はそれぞれ自身が主戦ジョッキーを務める馬の勝負服で登場。獲得賞金総額約1200億円という4人が、「ロデオ」「流鏑馬(やぶさめ)」「体内時計」「エアホ [全文を読む]

高畑充希&土屋太鳳が“騎手名鑑”片手にイケメン探し!?

Smartザテレビジョン / 2017年04月07日11時00分

競馬界にはもはや日本を代表するアスリートである武豊騎手を筆頭に、福永祐一騎手や浜中俊騎手ら、人気・実力を兼ね備えた各世代のイケメンジョッキーがいるので、レースを楽しむだけでなく、違った見方も楽しんでみては? 撮影当日、会話の流れは雰囲気だけ伝えられた2人は、絶妙な掛け合いを見せ、ほぼアドリブで撮影が行われた。 また、騎手名鑑に載っている騎手の血液型や出身地 [全文を読む]

2大外国人騎手「デムーロvsルメール」の激突全舞台裏!(2)デムーロのエージェント変更でどうなる?

アサ芸プラス / 2016年12月02日12時56分

まぁ、いちばん喜んでいるのは(ルメールと同じT氏をエージェントにしている)浜中俊(27)ですよ(笑)。デムーロが抜けて、自分にいい馬が回ってくるんじゃないかと」(前出・トレセン関係者) そしてデムーロが新コンビを組むI氏については、こんな評価が。「過去に安藤勝己を担当し、大きな成功をもたらした辣腕エージェント。恐らく今後は、川田が乗っているサトノアーサー( [全文を読む]

騎手のタイプは大きく2つ 「柔らかい」か「強い」か

NEWSポストセブン / 2016年11月12日16時00分

デニムアンドルビーはいま浜中俊騎手のお手馬ですが、オークスや秋華賞は内田博幸騎手の手綱でした。結果を出してくれたジョッキーには、乗り続けてもらうことになる。エアハリファは関東所属の三浦皇成騎手。巧く乗りこなしています。「この馬には、この騎手」という馬の作り方はしません。結果が芳しくなければ鞍上を替えるということもありません。ただ、騎手の技術の問題ではなく、 [全文を読む]

角居勝彦調教師 次代スター候補による2歳新馬戦の見どころ

NEWSポストセブン / 2016年10月30日16時00分

8月の2歳新馬戦(小倉1800メートル、浜中俊騎乗)を1番人気で勝ち、勇躍オープンに駒を進めます。 ヴァナヘイムは父キングカメハメハ、母グルヴェイグ、母の父がディープインパクト、そして母の母がエアグルーヴという良血中の良血です。 とはいえ、キズモノにならないように大事に育てるという意識はありません。創り上げるというより。素質を確認するというイメージです。 [全文を読む]

武豊、伊勢丹トークショーで「リップサービス」全開! 比類なき存在であるからこその「スター性」と「不安」

Business Journal / 2016年09月02日12時00分

浜中俊騎手や川田将雅騎手など実力と華を持ったアラサー騎手もいるが、タレント性という点で武騎手には残念ながら及ばないだろう。 無論、本業が競馬騎乗である以上、競馬で“魅せる”ことができれば問題はない。ただ、90年代から現在に至るまで、中央競馬が大衆の娯楽、エンターテインメントとして定着した一端に、メディア出演をこなし華やかな印象を植え付けた武騎手の存在がある [全文を読む]

「武豊2世」の輝きを取り戻すカギは「私生活」? 三浦皇成騎手の現状打破へ直結するゴタゴタ終結

Business Journal / 2016年07月26日08時00分

浜中俊騎手など同年代の騎手がG1を勝つ中で、重賞での勝ち負けは厳しい状況となっている。 もちろん、毎年60勝~70勝をコンスタントに挙げているように結果が残せていない訳ではないが、デビュー時の騒がれ方を考えれば期待に応えているとは言えないだろう。 その要因としてM.デムーロ・C.ルメールといった最強外国人騎手がJRA通年免許の騎手となった事で、三浦騎手のお [全文を読む]

JRA若手騎手「未成年飲酒騒動」もマスコミ完全スルー! 背後に見える「タブー」と有名ジョッキーの「勘違い列伝」

Business Journal / 2016年07月05日15時00分

先輩騎手である松田大作や浜中俊が鮫島騎手に酒を飲ませ、タクシーに泥酔したまま一人で乗せ、悪態をついて警察沙汰になった事件である。鮫島騎手の飲酒以上に、松田や浜中の先輩としての管理にネット上では批判が噴出している状況だ。 しかし、さほど大きな話題とはなっていない。 この第一報を出したのは「アサヒ芸能」(徳間書店)。スポーツ界でのスキャンダルは芸能に次ぐ話題性 [全文を読む]

若手有望株が「未成年飲酒・タクシーで大暴れ」で休養! 騎手モラルの低下とJRAの「隠ぺい」?

Business Journal / 2016年07月03日09時00分

未成年に宴会の幹事をやらせたという浜中俊騎手や松田大作騎手にも問題があるが、最大の問題はこの失態をシレっと「隠ぺい」したJRAだろう。特に公表することもなく、休養状態にしたのみで「事なかれ」を狙った行動にも思える。 競馬界は大手メディアに多額の広告費用を投下しており、ゴシップやスキャンダルが表に出ることは少ない。そんな「守られた環境」において、増長する騎 [全文を読む]

フォーカス