浅尾拓也のニュース

中日のセットアッパーといえば…最近10年の最多HPを振り返る

ベースボールキング / 2017年02月27日10時00分

特にリリーフ陣はセットアッパー・浅尾拓也、クローザー・岩瀬仁紀が、落合博満監督(当時)から2人で負けたら仕方がないと話すほど、絶対的な存在だった。 中日の最近10年の年度別最多ホールドポイント投手を振り返ると、日本一に輝いた07年は岡本真也が38HPを記録。岡本が和田一浩の人的補償で西武へ移籍した08年以降は、高橋聡文、浅尾といった若手のリリーフがセットア [全文を読む]

中日の最近10年の開幕投手を振り返る

ベースボールキング / 2017年03月23日11時00分

中日の最近10年の開幕投手をみると、川上憲伸と吉見一起が3度、浅尾拓也、ネルソン、山井大介、大野雄大が1度務めている。 球団最多の7度の開幕投手を誇る川上は、この10年間で3度大役を担った。バリバリのエースだった07年はヤクルトを相手に8回を3失点に抑え白星、広島と対戦した08年は9回を投げるも勝ち負けはつかなかった。09年からメジャーに挑戦し、12年に中 [全文を読む]

2位巨人の坂本勇人!プロ野球女子が選ぶ「イケメン選手」納得の1位は

VenusTap / 2017年03月06日17時40分

■同票4位:浅尾拓也(9人)4位の2人目は、中日ドラゴンズのピッチャー「浅尾拓也(あさお・たくや)」投手。今回の侍ジャパンには選ばれていませんが、過去に日本代表候補に選出された経歴もある名選手で、32歳(2017年3月現在)です。#中日ドラゴンズ #中日ドラゴンズファンフェスタ #浅尾拓也 #浅尾投手sakoさん(@sakomaruru)がシェアした投稿 [全文を読む]

ローテ投手が続々登録…ソフトB・城所、ヤクルト・榎本らが抹消 5日のプロ野球公示

ベースボールキング / 2017年04月05日15時45分

投手では開幕投手を務めた広島のジョンソンや、中日の浅尾拓也が二軍降格となった。 <4月5日の公示情報> ※再登録=4月15日以降 ■ 北海道日本ハムファイターズ -登録- 14 加藤貴之/投手 ■ 福岡ソフトバンクホークス -登録- 30 武田翔太/投手 =抹消= 23 城所龍磨/外野手 ■ 千葉ロッテマリーンズ -登録- 55 スタンリッジ/投手 ■ 埼 [全文を読む]

地元出身の選手が多い球団は?

ベースボールキング / 2017年02月25日17時00分

日本通算歴代最多となる402セーブをマークする岩瀬仁紀を始め、11年リーグMVPの浅尾拓也、昨季開幕から31試合連続無失点の日本新記録を樹立した田島慎二、今季から3年契約を結んだ大島洋平といったチームの中心選手が愛知県出身。 昨年10月に行われたドラフトでも5位の藤嶋健人、6位の丸山泰資が愛知県出身の選手と、ドラフトで地元の選手を獲得する傾向がある。浅尾、 [全文を読む]

中日がキャンプメンバーを発表 柳、岩瀬、高橋周らが北谷スタート

ベースボールキング / 2017年01月21日15時20分

一方、オフに左肘を手術した小笠原慎之介、昨季一軍登板がなかった浅尾拓也、ベテランの荒木雅博などが読谷組スタートとなった。 ◆ 北谷キャンプ ・北谷(2月1日~27日) ▼ 投手 12 田島慎二 13 岩瀬仁紀 14 佐藤 優 16 又吉克樹 17 柳 裕也 18 鈴木翔太 19 吉見一起 20 野村亮介 21 岡田俊哉 22 大野雄大 24 福谷浩司 28 [全文を読む]

中日・浅尾が6セーブ目 5月21日のファーム試合結果

ベースボールキング / 2017年05月22日07時45分

◆中日・浅尾が1回無失点 中日の浅尾拓也が21日、阪神との二軍戦に登板。 2点リードの9回からマウンドにあがった浅尾は、1安打を浴びるも、無失点に抑え今季6セーブ目を挙げた。 ◆ 5月21日のイースタン・リーグ試合結果 ▼ 楽天 6 - 2 西武(利府) 西|000 000 110|2 楽|100 500 00X|6 [勝] 宮川(1勝0敗) [負] 玉村 [全文を読む]

大矢氏、逆転負け12度の中日に「本当に苦しい」

ベースボールキング / 2017年05月06日11時00分

セットアッパー・浅尾拓也、守護神・岩瀬仁紀をはじめ、河原純一、平井正史、小林正人、鈴木義広、高橋聡文といったリリーフ陣で、リードを守り抜いていた。 今季はチーム救援防御率リーグ3位の3.09を記録しているが、数字以上に大事な場面で打たれる印象だ。4日の広島戦は1点リードの8回に4番手・三ツ間卓也が西川龍馬に同点ソロ、新井貴浩に勝ち越しタイムリーを浴び逆転負 [全文を読む]

中日、開幕4連敗に谷繁氏「選手全員で頑張るしかない」

ベースボールキング / 2017年04月04日23時10分

6回から3番手で登板した浅尾拓也は、1回を4安打4失点。投手陣は、広島打線に12被安打、7失点と精彩を欠いた。 打線も7安打放ちながらも得点は、3回裏にプロ初本塁打を放った溝脇隼人の1点のみ。投打がかみ合わず開幕からの連敗が4となった。 ニッポン放送ショウアップナイターDeNA-巨人戦の解説を務めた谷繁元信氏は「中日は苦しいです。これは、選手全員で頑張るし [全文を読む]

広島・野村祐輔、7回1失点の好投で完勝…中日は泥沼の開幕4連敗

サイクルスタイル / 2017年04月04日21時38分

対する中日は、先発の若松駿太投手が3回3失点、3番手の浅尾拓也投手が1回4失点など投手陣が崩壊。打線も1得点と振るわず、泥沼の開幕4連敗となった。 [全文を読む]

フォーカス