岡田尊司のニュース

寝付きが悪い……原因は睡眠に対する気持ちかも!?

nemgym(ネムジム) / 2015年06月15日08時00分

睡眠に対する囚われをなくそう 不眠症に詳しい精神科医の岡田尊司先生は、睡眠に対する固定観念を変化させることが不眠対策になると述べ、以下のように指摘しています。 例外はありますが、理想的な眠りに対する過剰な要求と、その要求が妨げられるのではないかという恐れのほうに、むしろ苦しみの原因があり、眠れないこと自体よりも、そちらの方が問題です。 目を閉じて横になる [全文を読む]

【著者に訊け】岡田尊司 父親の存在意義問う『父という病』

NEWSポストセブン / 2015年04月03日07時00分

【著者に訊け】岡田尊司氏/『父という病』/ポプラ新書/800円+税 近年顕在化する母子密着と、疎外される父親。そもそも生物学的には〈いてもいなくてもいい存在〉だけに、父親とは人間的で複雑な存在なのだと、父と子を巡る現代的・普遍的問題を『父という病』で包括的に検証した、精神科医で作家の岡田尊司氏(54)は言う。「確かに 生物の成育過程において、母親の役割は圧 [全文を読む]

「優しい」「冷たい」、「マメ」「大ざっぱ」 どっちが長生き?

NEWSポストセブン / 2017年02月19日16時00分

精神科医で岡田クリニック院長の岡田尊司氏は、夫婦関係を良好に保てるよう努力することが、長生きにつながる可能性を強調する。 「夫婦同士が相手の〈安全基地〉と思えるような関係を維持できれば長寿によい循環になる。でも退職後に毎日顔を合わせるようになると、互いのアラ探しになることも少なくない。そうならないために、まずは自分から相手の安全基地であろうと努力をする。つ [全文を読む]

平均寿命は「一途な結婚生活」を維持した人のほうが長い

NEWSポストセブン / 2017年02月16日16時00分

精神科医で岡田クリニック院長の岡田尊司氏がいう。 「ストレスがたまって怒りを爆発させるようになると、攻撃的な性格になる。攻撃性はM.フリードマン氏の研究にある通り病気につながる要素になる。 ただし、だからといって無理に社交的に振る舞ってもストレスが募るので、プラスになるとも限りません。むしろ一定の生活リズムを維持する方が、疾病の抑制につながると考えられます [全文を読む]

おしゃべりか無口か…他 認知症なりやすいタイプは?

NEWSポストセブン / 2017年02月15日16時00分

精神科医で岡田クリニック院長の岡田尊司氏が解説する。「時間を管理する余裕がない人は、食事だって味わいもせず追われるような早食いになり生きていく潤いが失われてしまう。時間を配分して淡々と味わう心のゆとりが必要です」◆「攻撃的」か「温和」か〈タイプA〉は、勝つことへの執着も強く、敵意を表わしがちだ。再びM・フリードマン氏の論文から。「すべての競争に勝つことへ願 [全文を読む]

「働き者は早死に、怠け者は長生き」のイメージを覆す調査

NEWSポストセブン / 2017年02月13日07時00分

精神科医で岡田クリニック院長の岡田尊司氏が解説する。 「真面目な人はリスク管理の意識が高く、危険を冒さない特性がある。つまり〈どこまでが危険〉で〈どこまでが安全か〉を自分で考えているタイプです。定期健診は欠かさないので生活習慣病のリスクも減るし、スピードを出すような無謀な運転もしないので事故死も少ない。 お金の使い方でも一攫千金を夢見て投資話に気安く近寄っ [全文を読む]

長寿研究 離婚で死亡リスク3倍、がん患者にはいい人多い

NEWSポストセブン / 2017年01月09日07時00分

ただし現状では全てのがんではなく、メラノーマや乳がんなど、特定のがんで認められている」(精神科医で岡田クリニック院長の岡田尊司氏) ◆離婚すると死亡リスクが3倍になる 2004年にコペンハーゲン大学を中心としたグループは、離婚した男性の死亡リスクがそうでない男性に比べて3.1倍高まると発表した。 では日本ではどうか。妻のいる40歳時点の男性の平均余命は38 [全文を読む]

頑固な人は認知症に、嫉妬深い妻はボケやすいとの調査結果

NEWSポストセブン / 2017年01月08日16時00分

精神科医で岡田クリニック院長の岡田尊司氏は、この高齢化に伴う「性格の変化」に立ち向かうには、「愛着」がキーワードになるという。 「『愛着』を司るオキシトシンというホルモンが働かなくなると、性格が尖っていき、周囲から疎んじられることでさらに孤立する。オキシトシンが安定して働くようになると対人的に丸くなります。歳をとればとるほど、人との関係において愛着を持てる [全文を読む]

性格と長寿の関係、悪口な人は心臓病・肺がんになりやすい

NEWSポストセブン / 2017年01月07日07時00分

精神科医で岡田クリニック院長の岡田尊司氏はこう話す。 「後のフランスの13年にわたる追跡調査では、『神経過敏で攻撃的になりやすい性格』は死亡率が高まる要因となっていたし、別の研究では言葉の暴力が激しい人は早く肺がんになりやすいとの結果が出ています」 ※週刊ポスト2017年1月13・20日号 [全文を読む]

性格と長寿研究、「陽気な人」より「真面目な人」が長生き

NEWSポストセブン / 2017年01月05日16時00分

精神科医で岡田クリニック院長・岡田尊司氏が説明する。 「始まりは第一次世界大戦後の1921年に遡ります。スタンフォード大学の心理学者、ルイス・ターマン教授が10歳前後の児童1528人を対象に性格や成育環境に関するデータを集め、その後30年にわたり彼らと面談を重ねていました。 この調査は1956年にターマン氏が79歳で死去すると中断しますが、30年以上経って [全文を読む]

朴槿恵大統領 崔容疑者と離れたくない気持ちが舌先に?

NEWSポストセブン / 2016年11月13日07時00分

アメリカの文献では「サメのように死んだ目」と表現されていると、岡田尊司氏著『マインドコントロール』に書かれている。 だけど、マインドコントロールを受けた人が、いつもそんな目をしているわけではない。普段は幸せそうだという。特にそういう反応を示すのは、家族と思っている人たちや信念を否定されたり、攻撃してくる存在に対してらしい。 サメのように死んだ目って、どんな [全文を読む]

「スマホネグレクト」は子供の愛着障害を引き起こす

NEWSポストセブン / 2016年06月26日07時00分

なぜ危険なのか、『生きるのが面倒くさい人 回避性パーソナリティ障害』(朝日新書)の著者で、精神医学を専門とする医学博士の岡田尊司さんに聞いた。 今、国際的にインターネットゲーム障害の診断基準が正式に作られてきている中、日本においては、依存の中心は「スマホ依存」になってきており、その拡大と共に、スマホネグレクトも急増しているという。スマホネグレクトは、それ自 [全文を読む]

性格と兄弟姉妹の生まれ順には関係があった!長子は騙されやすく、第2子は人を信じない?

Business Journal / 2016年04月04日06時00分

精神科医で『きょうだいコンプレックス』(幻冬舎)著者の岡田尊司氏は、次のように指摘する。「まず知っておかなければならないのは、『人格形成は、親の関心がどのくらい注がれたかによって異なる』ということです。長子として特別に大切にされた人は、自己肯定感や安心感が高く、おおらかでガツガツせず、のんびりした性格を示しやすいといえます。その半面、わがままだったり、依存 [全文を読む]

小保方晴子氏とばびろんまつこの心理分析 女の嘘の特徴は?

NEWSポストセブン / 2015年12月14日16時00分

女性の嘘には他にも特徴があると語るのは、『愛着障害 子ども時代を引きずる人々』(光文社新書)の著書がある精神科医の岡田尊司さん。「過去には『性的被害に遭った』という女性の嘘により、冤罪で相手の人生がめちゃくちゃになったケースがあります。虚言癖の始まりは、厳しい親に叱られないようにというのが多いですが、けがや病気をしたり泣いたときだけ優しくされたとか、大き [全文を読む]

相続、教育…きょうだい間の確執 その原因は生まれ順…ではなく…

ダ・ヴィンチニュース / 2015年12月11日06時30分

精神科医、岡田尊司の著書『きょうだいコンプレックス』(幻冬舎)から、このきょうだいを例に、生まれ順と性格の関係に注目してみた。 著者によると、一般的には、生まれ順で次のような性格の傾向があるという。・第一子は、プレッシャーに弱く現実の見通しが甘いが、親から多くの愛情や期待をかけられるので、学業に秀でることが多い。・第二子は、親から放置される寂しさを覚えるが [全文を読む]

実は意外と多い!? 人には聞けない「きょうだいコンプレックス」原因と対処法とは

日刊サイゾー / 2015年11月25日22時00分

きょうだいコンプレックスの原因と対処法について、著者の岡田尊司氏に話を聞いた。***――まず、本書のテーマである「きょうだいコンプレックス」とはなんなのか、簡単に教えてください。岡田 コンプレックスとは、劣等感という意味で使われることが多いですが、元来はもう少し大きな意味を持つ言葉で、「わだかまり」「こだわり」のほうが近いと思います。つまり、きょうだいコン [全文を読む]

「教育」という名の「虐待」が人生を狂わせる

しらべぇ / 2015年07月14日11時00分

『私は親に殺された! 東大卒女性医師の告白』(小石川真美著、朝日新聞出版) 『毒になる親』(スーザン・フォワード著、毎日新聞出版) 『解縛 しんどい親から自由になる』(小島慶子著、新潮社) 『母という病』『父という病』(いずれも岡田尊司著、ポプラ社) 『家族という病』(下重暁子著、幻冬舎)……。 大人になっても親との葛藤をひきずっている人たちについて書か [全文を読む]

父親不在が子どもの向上心を阻害し、無気力にさせる? 子どもに父親が必要な理由

ダ・ヴィンチニュース / 2015年06月23日11時30分

『父という病』(岡田尊司/ポプラ社)は、そんな傾向に警鐘を鳴らしている。【画像あり】ダ・ヴィンチニュースはこちら 本書によると、そもそも父親とは、「子どもが生まれてくる一年近くも前に、母親となる女性と愛し合い、精子を提供したということ以外に、生物学的な結びつきは乏しく、父親が果たすべき生物学的役割は、これといって存在しない」。分娩や2年近くにおよぶ哺乳とい [全文を読む]

寝たのに寝不足? 睡眠時に呼吸が止まる「オンディーヌの呪い」

nemgym(ネムジム) / 2015年06月16日08時00分

参考 『人はなぜ眠れないのか』 著:岡田尊司 幻冬舎新書 [全文を読む]

ネトゲだけでなくスマホアプリでも廃人に? 脳内に覚せい剤使用時と同じ変化が

リテラ / 2015年03月23日12時00分

ところが、昨年12月に出版された『インターネット・ゲーム依存症 ネトゲからスマホまで』(岡田尊司/文春新書)によれば、インターネットやインターネットゲームに依存している若者の脳にはやはり変化があるのだという。12年にある研究チームがMRIを応用して神経繊維の走行を調べることの出来るDTIという方法で脳の画像解析を行ったところ、その結果として「インターネッ [全文を読む]

フォーカス