多岐川裕美のニュース

華子 過食症で10kg増…失意の引退止めた母・多岐川裕美の言葉

WEB女性自身 / 2016年12月13日04時00分

女優・多岐川裕美(65)の娘でタレントの華子(28)が12月12日、『しくじり先生 俺みたいになるな!!3時間SP』(テレビ朝日系)に出演。 世間知らずでひんしゅくを買い親の顔に泥を塗っちゃった先生 として授業を行った。 人気女優・多岐川裕美を母に持ち、「誰もが羨むお嬢様」だったという華子。子供のころから超高級なバカラ製の人形でおままごとをし、飛行機での移 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】多岐川裕美の誕生日を娘・華子がお祝い 素敵な親子ショットを公開

TechinsightJapan / 2017年02月19日14時30分

多岐川華子から改名した“華子”が母親である女優・多岐川裕美の誕生日を祝い、一緒に食事をしたことをSNSで報告している。母親に頼らず芸能界を生きていく覚悟で芸名から“多岐川”を外した娘を前に、裕美が穏やかな表情を浮かべる素敵なツーショットも公開された。 昨年12月に出演したテレビ番組で、“多岐川華子”から改名した理由を話していた華子。大女優である母親・多岐川 [全文を読む]

多岐川裕美さん・華子さん、美人親子がイメージモデルに!シミやそばかすに効く医薬品「ホワイピュア」が新発売。

PR TIMES / 2017年02月07日15時56分

イメージモデルとして、芸能界きっての美人親子、多岐川裕美さん・華子さんを起用しました。◆ホワイピュアとは◆[画像1: https://prtimes.jp/i/5491/18/resize/d5491-18-571668-7.jpg ]「ホワイピュア」はシミやソバカスの色素沈着を緩和する第3類医薬品として、2016年12月より販売を開始しました。女性の大敵 [全文を読む]

2世タレント華子 「多岐川」なしで再出発の裏に母の存在

日刊ゲンダイDIGITAL / 2017年05月24日15時00分

多岐川裕美(66)の長女でタレントの華子(28)がテレビのバラエティー番組で週3日、不動産会社の事務として朝10時から夕方6時まで働いていたことを明かして話題だ。 裕福に育ち、「世間知らずのお嬢さま」として知られていたが、故・松方弘樹さんを父に持つタレント仁科克基と結婚するも2年足らずで離婚。そうした経験もあって、「母に頼ることなく、一人の大人として仕事を [全文を読む]

多岐川裕美の娘・華子、セレブなのにアルバイト生活を告白!

RBB TODAY / 2017年05月23日06時30分

22日放送の『もしかしてズレてる?』(フジテレビ)に多岐川裕美・多岐川華子親子が出演。芸能人ファミリーの「ズレてる」逸話を紹介したこの日の番組で、セレブお嬢様の華子が現在はアルバイトをしていることが明かされた。 華子は俳優・仁科克基と2011年に結婚、翌年離婚。現在は母・裕美と暮らしているが、母親の運転するBMWの送り迎えで外出したりと優雅なお嬢様ぶり。し [全文を読む]

“おひとりさま”の多岐川裕美 豪邸売却しセカンドライフに

NEWSポストセブン / 2012年06月14日16時00分

住んでいたのは、女優の多岐川裕美(61才)だ。彼女にとって、この家は、家族の思い出が詰まった場所だった…。 多岐川は、1984年、元俳優の阿知波信介さん(享年67)と結婚し、長女・華子(23才)を出産。しかし、2007年に阿知波さんは自ら命を経ってしまった。 そして2011年、長女・華子が俳優・仁科克基(29才)と結婚。こうして、多岐川は“おひとりさま”と [全文を読む]

多岐川華子が語る「ダメ2世」

NewsCafe / 2016年12月16日11時45分

女優、多岐川裕美(65)の長女でタレントの華子(28)が、先日放送の「しくじり先生 俺みたいになるな!!3時間スペシャル」(テレビ朝日系)に出演し、自分の人生を反省した。親の七光り、2世枠で生き残っているとも思える彼女だが…。 「華子は2011年1月に女優、仁科亜季子(63)の長男で俳優、仁科克基(34)と結婚をしましたが、1年9カ月でスピード離婚。マスコ [全文を読む]

黒幕は母・仁科亜季子!? 息子夫婦の不仲説を触れ回った、その魂胆とは

サイゾーウーマン / 2012年08月03日09時00分

それぞれの母親で、女優の仁科亜季子、多岐川裕美を含めた両家で話し合いの場を持ったが、夫婦関係の修復はできず、現在は弁護士を通じて離婚協議に入っているとのこと。 2人の出会いは10年前にさかのぼる。克基と裕美は舞台で共演しており、観劇に訪れた当時14歳の華子と3人で食事したのが最初だった。2008年に知人の紹介で再会すると、克基の猛アプローチで交際がスタート [全文を読む]

多岐川華子が「華子」に改名も「再婚して家庭に入ったほうがいい」の声

アサジョ / 2017年05月27日10時15分

今回の出演も“あの多岐川裕美の娘の華子がバイト生活をしている”という話題性で出演できたわけで、他に強い武器があるわけではない。芸能関係者の間では、華子はもう芸能界から足を洗って“ちょっとキレイな一般人”として、現在の不動産会社の仕事に専念しながら結婚相手を見つけて、幸せな再婚をしたほうがいいのではないかと言われています」(女性誌記者) 番組では婚活をスター [全文を読む]

「秘宝ポジフィルム一挙出し!」で名コラムリストが語る“70年代グラビアと週プレ”の時代

週プレNEWS / 2017年05月06日15時00分

―ちなみに70年代の週プレの表紙登場ランキングは山口百恵さんとアグネス・ラムさんが1位で以下、岡田奈々さん、ハニー・レーヌ、桜田淳子さん、多岐川裕美さんなどが続きます。 亀和田 百恵ちゃんとアグネスは70年代の象徴ですよね。太陽の下、青い海のビーチで笑顔を見せるハワイ娘と鋭い眼差しで薄幸な雰囲気を漂わせる謎めいた美少女…。当時、高度成長期が終わりに差し掛 [全文を読む]

フォーカス