火野正平のニュース

火野正平の“テキトー”というおおらかさが光る『にっぽん縦断 こころ旅』

サイゾーウーマン / 2012年12月19日13時00分

最初は「なぜ火野正平で、自転車の旅?」と人選を不思議に思っていたのに、いつの間にかド派手なニット帽と個性的な上着+ゆる~いワークパンツやサルエルパンツ姿の「季節労働者」を見るのが、楽しみになってしまっている。 この番組を見ていて、まず驚かされるのは、火野正平の「人気」ぶりだ。おばあちゃんやおばさん、おじさん、小学生までも、握手を求めてきたり、話しかけてくる [全文を読む]

火野正平 視聴率気にしての打ち切りを「哀しい時代」と表現

NEWSポストセブン / 2015年06月27日16時00分

映画史・時代劇研究家の春日太一氏は著書・『なぜ時代劇は滅びるのか』(新潮社)の中で時代劇が衰退は火野正平が不在だからだと述べている。火野が語る時代劇に必要なものについての言葉を、春日氏の週刊ポスト連載『役者は言葉でできている』からお届けする。 * * * 火野正平は近年、ベテランとして若い俳優たちを支える立場に回ることが多くなってきた。「若い人たちを見たい [全文を読む]

気のきいたコメントはなくても静かな感動がある、火野正平の旅番組

サイゾーウーマン / 2012年05月18日12時00分

この番組がスタートした2011年当初は、「なんで火野正平?」と、人選が不思議に思えた。 そもそも、火野がモテモテだということも、積年の疑問だった。『スタジオパークからこんにちは』に出演したときだったか、視聴者の女性からのハガキに「中学生のころから好き」「小学生のころから好き」という内容があり、「この魅力(があるのかどうか)がわかる小中学生女子って、どれだけ [全文を読む]

高田純次があの番組後継者に!愛すべきテキトー男の語録と小ネタ一挙紹介

しらべぇ / 2015年08月15日07時30分

■「街ブラおじさん三銃士」誕生画像出典:Amazon街をウロウロしている芸能人といえば、2011年から「日本縦断こころ旅」(BSプレミアム)で自転車に乗って全国を旅している火野正平さんも挙げられます。超ベテランの貫禄がありますが、実は高田さんよりも2歳年下。「火野正平が街にやってくる」となれば、おばちゃんもやってきます。いわば火野正平さんは「おばちゃんホイ [全文を読む]

火野正平 藤田まことはテレビが生んだ最大のタレントだった

NEWSポストセブン / 2015年06月12日07時00分

1970年代に多くの人気時代劇に出演した火野正平は、藤田まことや勝新太郎、鶴田浩二など今は亡きスターたちと共演してきた。スターたちを間近で見た思い出を火野が語った言葉を、映画史・時代劇研究家の春日太一氏の週刊ポスト連載『役者は言葉でできている』からお届けする。 * * * 1977年、火野正平は『新・必殺仕置人』に出演、藤田まこと、山崎努、中村嘉葎雄の殺し [全文を読む]

火野正平 いい演技も見た目も人は飽きる、役者は商品なんだ

NEWSポストセブン / 2015年05月29日11時00分

子役出身の俳優、火野正平も子役から大人の俳優になるにあたっては壁にぶつかった。NHK大河ドラマに出演するにあたり現在の芸名に改名し人気者となり、現在も活躍を続けている。いい演技と人気について火野が語った言葉を、映画史・時代劇研究家の春日太一氏の連載『役者は言葉でできている』からお届けする。 * * * 火野正平の出世作となったのは1973年のNHK大河ドラ [全文を読む]

火野正平に憧れおじさん スキンヘッドでママチャリ乗り回す

NEWSポストセブン / 2012年11月02日16時00分

男という生き物は、いつも何かに憧れているものだが、埼玉県に住むパート勤務のJさん(49才)の夫(57才)は、あの火野正平に心酔しているという。そんな正平ワナビー夫のエピソードをJさんが明かす。 * * * 娘と私の前で「知ってるか。パパの若いころは火野正平並みにモテたんだぞ」って言う段階でうちの亭主、バカの証明なんだけどさ。 ここのところ、亭主のマイブーム [全文を読む]

品川祐&火野正平、窪塚洋介×降谷建志初タッグ「アリーキャット」に出演!

映画.com / 2017年03月23日13時00分

[映画.com ニュース]窪塚洋介と「Dragon Ash」の降谷建志が初タッグを組んだ映画「アリーキャット」に、お笑いコンビ「品川庄司」の品川祐と、俳優の火野正平が出演していることがわかった。品川はストーカー男・玉木役、火野は闇社会に身を置く羽柴康夫役に扮している。 「沈黙 サイレンス」でハリウッド進出を果たした窪塚と、Dragon Ashのボーカル&ギ [全文を読む]

「不良の高齢者」を自任する火野正平という生き方

NEWSポストセブン / 2016年09月30日07時00分

現在は、視聴者から寄せられた手紙とともに日本各地を自転車で旅するドキュメンタリー『にっぽん縦断 こころ旅』(NHK BSプレミアム)で、自然体の人柄が人気を集めている火野正平(67)。 子役としてデビューした火野正平の名前を最初に世に知らしめたのは、24歳で演じたNHK大河ドラマ『国盗り物語』の羽柴秀吉役だ。続いて『新・必殺仕置人』のレギュラーを得て、役者 [全文を読む]

ドラマ「神の舌を持つ男」、向井理を食う火野正平の“白ふんどし”

アサジョ / 2016年08月01日09時58分

そんな状況の中で“一人勝ち”と称賛されているのが火野正平だ。「火野は向井が演じている朝永蘭丸の亡くなった祖父で“伝説の三助”として名を馳せた朝永平助として回想シーンにのみ出演しています。白ふんどし姿の火野が風呂場で女性の背中を流すという、色っぽい要素が盛り込まれた30秒ほどの回想シーンは、間違いなくドラマ全体をキリッと締めています。短時間の出演ながら毎回 [全文を読む]

フォーカス