山本周五郎のニュース

テレビ東京 『金曜8時のドラマ 「釣りバカ日誌 新入社員 浜崎伝助」』BSジャパン 『火曜スペシャル 「山本周五郎人情時代劇」 めおと蝶』平成28年日本民間放送連盟賞番組部門優秀賞を受賞!

PR TIMES / 2016年09月15日16時20分

[画像: http://prtimes.jp/i/2734/561/resize/d2734-561-210214-0.jpg ] テレビ東京にて2015年10月クールに放送した『金曜8時のドラマ 「釣りバカ日誌 新入社員 浜崎伝助」』とBSジャパンで2016年3月15日に放送した『火曜スペシャル「山本周五郎人情時代劇」 めおと蝶』が共に、平成28年 日本 [全文を読む]

押切もえの小説『永遠とは違う一日』、「山本周五郎賞」受賞で、「又吉コース」をたどれるか、それとも「水嶋ヒロ」コースか!?

おたぽる / 2016年05月12日22時00分

歴史ある文学賞「山本周五郎賞」の候補作に、モデルでタレントの押切もえが執筆した小説『永遠とは違う一日』(新潮社)がノミネートされ、話題となってから1カ月弱。いよいよ受賞作発表が来週16日(月)に迫り、動画サービス「niconico」の「ニコニコ生放送」にて、「第29回三島由紀夫賞・山本周五郎賞」(新潮文芸振興会主催)の選考会が独占生中継されることも決まった [全文を読む]

湊かなえが押切もえの山周賞ノミネートを「二番煎じの愚策」と批判、筒井康隆も「女又吉」と揶揄!

リテラ / 2016年07月04日19時05分

モデル・押切もえの小説第2作『永遠とは違う1日』(新潮社)がノミネートされたことで一躍注目が集まった第29回「山本周五郎賞」(新潮文芸振興会主催)。結局、押切は "僅差"で落選し、受賞作は人気作家・湊かなえの『ユートピア』(集英社)となった。 ところが、発表から1カ月。その受賞者である湊かなえが、押切もえや彼女を推した選考委員を激しく批判して話題になってい [全文を読む]

ピース又吉受賞ならず! 第28回三島由紀夫賞は上田岳弘『私の恋人』に決定

ダ・ヴィンチニュース / 2015年05月14日19時40分

新潮社の新潮文芸振興会が主催する、優れた純文学を主とする文学賞「三島由紀夫賞」と、優れた物語に送られる「山本周五郎賞」。2015年5月14日(木)に行われた選考結果発表会で、上田岳弘『私の恋人』の三島賞受賞が決定した。合わせて発表された「山本周五郎賞」は柚木麻子氏の『ナイルパーチの女子会』(文藝春秋)が受賞した。 【画像あり】ダ・ヴィンチニュースはこちら [全文を読む]

山本周五郎の『ちいさこべ』を望月ミネタロウが“ザ・古風”に新解釈

ダ・ヴィンチニュース / 2014年09月02日12時10分

昭和の小説家・山本周五郎の『ちいさこべ』を、『バタアシ金魚』や『ドラゴンヘッド』の望月ミネタロウが現代風に新解釈した『ちいさこべえ』(小学館)。映画化、舞台化、ドラマ化などがされている名作を、作者が大胆にリメイクした意欲作であり、望月ワールドの新境地が開かれています。 【本文画像あり】さらに詳しく 演出や間、構図などで独特な空気感を描くことから“描写の天才 [全文を読む]

恩田陸さん「本屋大賞&直木賞」努力の25年間

プレジデントオンライン / 2017年04月14日15時15分

同時に再就職も (1993)【候補】第5回日本ファンタジーノベル大賞「球形の季節」 (1997)専業作家に (1998)【候補】第19回日本SF大賞『光の帝国 常野物語』 (2000)【候補】第21回日本SF大賞『月の裏側』/【候補】第22回吉川英治文学新人賞『ライオンハート』/【候補】第14回山本周五郎賞『ライオンハート』 (2001)【候補】第23回吉 [全文を読む]

イロモノと同列にするな!押切もえとあわやW受賞の大物作家が選考委員を痛烈批判

アサジョ / 2016年07月08日09時59分

「告白」「白ゆき姫殺人事件」などのベストセラー作家・湊かなえが、自身が受賞した第29回「山本周五郎賞」(新潮文芸振興会主催)について苦言を呈した。 湊は、山本周五郎賞の受賞エッセイの中で「私にとって文学賞は次のステージへの動力と成る燃料補給」と受賞の感想を綴ったのだが、「文芸の外の人が2作目なのに上手に書けているという、イロモノ扱いのままで審査された作品と [全文を読む]

山本周五郎賞ノミネートの押切もえ 支えてくれた亡き恩人の言葉

WEB女性自身 / 2016年05月27日06時00分

彼女の書いた小説『永遠とは違う一日』(新潮社刊)が山本周五郎賞にノミネートされたのは、4月21日。昨年7月に『火花』(文藝春秋刊)で芥川賞を受賞した又吉直樹(35)に続いて芸能人受賞なるかと期待が集まっていたが、5月16日の受賞作発表では僅差で栄冠を逃した。 押切といえば『AneCan』で専属モデルを務めるかたわら、 13年に長編小説『浅き夢見し』(小学館 [全文を読む]

押切もえ、「山本周五郎賞」次点で会見大荒れ! 「冗談だろ」「レベル低い」の声飛ぶ惨状に!?

サイゾーウーマン / 2016年05月22日12時45分

モデル・押切もえの小説『永遠とは違う一日』(新潮社)がノミネートされ、例年になく盛り上がった「第29回山本周五郎賞」(新潮文芸振興会主催)。湊かなえの『ユートピア』(集英社)が受賞したものの、16日に行われた選考結果の発表会見では、押切の作品が湊に続く次点で、しかも湊と0.5ポイント差という僅差だったことが明らかになった。押切がただの“客寄せパンダ”ではな [全文を読む]

押切もえ、「山本周五郎賞落選」より心配される“顔面変化”と“髪のボリューム”

アサジョ / 2016年05月20日09時59分

小説「永遠とは違う一日」(新潮社)で「第29回山本周五郎賞」の候補となるも、僅差で受賞を逃した押切もえ。自身のブログには「最後まで賞の候補に残ることができ、とても嬉しかったです! 審査員の方々のありがたいお言葉にも心を打たれました。(中略)これからも頑張りますのでよろしくお願いしますね」と感謝の言葉をつづっているが、ネット上には「湊かなえには負けて当然」「 [全文を読む]

押切もえ『永遠とは違う一日』山本周五郎賞ノミネートに祝福の声「感動と希望をくれたこの作品が評価されて嬉しい」

ダ・ヴィンチニュース / 2016年04月30日15時00分

モデルとして雑誌やCM、TVなどで活躍している押切もえの著書『永遠とは違う一日』が、2016年4月21日(木)に山本周五郎賞にノミネートされたことが発表された。ファンからは「本当に素晴らしい作品だから素直に祝福できる!」「読んでパワーを貰えました! ノミネートおめでとう!!」「読んで才能ある人だと思った! さすがですね」と多くの祝福の声が上がっている。【人 [全文を読む]

山本周五郎賞ノミネートの押切もえ、「第2の又吉」か「水嶋ヒロコース」か

日刊サイゾー / 2016年04月26日13時00分

モデル・押切もえの2作目の小説『永遠とは違う一日』(新潮社)が、山本周五郎賞にノミネートされた。同作は文芸誌「小説新潮」に連載された6本の短編集で、仕事や恋愛、結婚など、人生の岐路に立つ女性の心情を描いている。 同賞の候補作はほかに、湊かなえ氏『ユートピア』(集英社)や相場英雄氏の『ガラパゴス』(小学館)など。受賞できるかどうかはさておき、押切サイドが狙う [全文を読む]

「山本周五郎賞」にノミネート!“作家”押切もえに期待したい“あのジャンル”

アサジョ / 2016年04月22日17時59分

4月21日、モデルで作家としても活躍する押切もえが、権威ある「山本周五郎賞」にノミネートされ、芸能界でちょっとした話題となっている。「13年には、『浅き夢見し』を発表して、今回の『永遠とは違う一日』を文芸誌に発表。そうそうたる作家たちに交じってノミネートされることだけでも、大したものですよ」(事務所関係者) そんな声が聞かれる一方で、実力を疑問視する声も聞 [全文を読む]

押切もえ、小説「永遠とは違う一日」が山本周五郎賞にノミネート! 24日生放送で喜びを報告

Entame Plex / 2016年04月21日19時45分

押切もえの2作目となる小説「永遠とは違う一日」(新潮社)が本日21日、山本周五郎賞にノミネートされた。これを受け、自身がパーソナリティを務める文化放送『押切もえのDOKIDOKI DISCOVERY』の4月24日(日)の生放送で、押切が自らリスナーに喜びを報告、さらには、ノミネートを記念して、番組から「永遠とは違う一日」をリスナー10名にプレゼントすること [全文を読む]

「山本周五郎は強烈な学歴コンプレックスの持ち主」と研究者

NEWSポストセブン / 2013年06月27日16時00分

【書籍紹介】『周五郎伝 虚空巡礼』齋藤愼爾/白水社/3570円 これまで幾度も山本周五郎の作品や人が論じられたなか、改めてその主要作品と生涯を追った大作。出生地をめぐる過去から、馬込文士村での生活、妻を病で失っての再婚、そして63歳で亡くなる晩年までが丹念に描かれるが、貧しく中学進学を断念させられた周五郎には強烈な学歴コンプレックスがあり〈その「学歴コンプ [全文を読む]

直木賞受賞第一作!恩田陸著『失われた地図』2月10日(金)発売!!

PR TIMES / 2017年02月10日19時14分

[画像: https://prtimes.jp/i/7006/3051/resize/d7006-3051-381481-0.jpg ] 1992年に『六番目の小夜子』でデビューして以降、本屋大賞、吉川英治文学新人賞、日本推理作家協会賞、山本周五郎賞と数々の文学賞に輝き、今年、6度目のノミネートで直木賞を手にした恩田陸氏。ジャンルの枠にとらわれない独自の [全文を読む]

2016年末場所 輝く!「有名人スキャンダル大賞」(3)押切もえは無邪気な人

アサ芸プラス / 2017年01月07日17時57分

水 押切もえが山本周五郎賞にノミネートされて、作家の湊かなえが批判してたんだよ。で、俺が「山本周五郎賞ノミネート、おめでとうございます」「ありがとうございます」「アエラのコラム、ずっと読んでました」「文章書くの好きなんです」と。勘ぐらない、俺のことをね。宇 勘ぐらなくていいんです(笑)。玉 伊野尾慧が「めざまし」と「あさチャン」の女子アナとザッピング二股。 [全文を読む]

6年5カ月ぶりに〈古典部〉シリーズの新作刊行!『いまさら翼といわれても』米澤穂信インタビュー

ダ・ヴィンチニュース / 2016年12月14日17時30分

14年『満願』で山本周五郎賞を受賞。他の著書に『王とサーカス』『真実の10メートル手前』など。“史上初連続ミステリー三冠”を経て、最高の時期に刊行 米澤穂信の代表作〈古典部〉シリーズ、第6弾となる短編集『いまさら翼といわれても』がついに刊行された。前巻『ふたりの距離の概算』からのインターバルは、6年と5カ月。米澤はその間、2011年に『折れた竜骨』で日本推 [全文を読む]

小説落選よりも気になる?押切もえの”すっぴん写真”が物議

デイリーニュースオンライン / 2016年05月21日17時08分

モデルの押切もえ(36)が執筆した小説『永遠とは違う一日』(新潮社)が5月16日、「第29回山本周五郎賞」で惜しくも受賞を逃したことが明らかになった。受賞を逃したことがメディアの報道を通じて伝わると、記事を見た一部読者は押切もえのスッピンのような顔に注目し、目や鼻筋の整形を疑う事態が起きている。 ■又吉に次ぐ出版業界の新星にならず? 今回、押切が書き上げた [全文を読む]

秋元才加が時代劇に初挑戦!セクシーな女郎姿を披露

Smartザテレビジョン / 2015年09月23日08時00分

BSジャパンで10月6日(火)にスタートする「BSジャパン開局15周年特別企画 火曜スペシャル 山本周五郎 人情時代劇」の第2話「夜の辛夷(こぶし)」で、秋元才加が時代劇に初挑戦した。時代小説の巨匠・山本周五郎の短編小説の中から江戸の長屋ものを中心に、心温まる12作品を1話完結で描く本ドラマ。各話ごとに話題の俳優陣を迎え、現代希薄になりつつある日本人の原点 [全文を読む]

フォーカス