鳩山邦夫のニュース

1999年都知事選との不思議な因縁

政治山 / 2016年07月21日11時50分

自民、党本部と都連の一部が分裂 1995年の都知事選でほとんど組織の力を借りずに当選した青島幸男知事が不出馬を表明し、民主党を離党した鳩山邦夫氏(今年6月21日死去)を後継指名しました。 一方、自民党本部は森喜朗幹事長が指揮を執って、明石康・元国連事務次長を擁立します。この年の10月に成立する自自公連立政権に配慮し、公明党との選挙協力を円滑にするために同 [全文を読む]

元総務大臣の「蝶愛好家」鳩山邦夫さんが逝去[茂木健一郎]

メディアゴン / 2016年06月24日07時40分

鳩山邦夫さんは、蝶の本当の「マニア」だった。その情熱を示すさまざまなエピソードがある。鳩山由紀夫さんにもそれは転ったようで、事務所で、標本を見せていただいたことがある。ぼくも少年時代蝶に情熱を注いだ口だから、その気分はとてもわかる。鳩山邦夫さんが亡くなった時、マスコミの報道は「元総務大臣」だった。確かに、世間的に見ればそうなるのだろう。「蝶愛好家の鳩山邦夫 [全文を読む]

上杉隆氏が都知事選出馬宣言「政治とカネの問題は皆無です」

NEWSポストセブン / 2016年07月10日07時00分

7月12日に政治の師である鳩山邦夫さんのお別れの会を終えてから、出馬表明する予定です」 そう語るのは、ジャーナリストの上杉隆氏(48)である。彼の名は、一部の政界関係者の間では取り沙汰されていたものの、出馬はあり得ないと思われていた。ところが、完全極秘のなかで出馬準備を進めていた。出馬会見を1週間後に控えた7月5日、本誌に決意を語った。 上杉氏は、東京を地 [全文を読む]

森友学園“疑惑の人物“が橋下徹の元後援会長親族に働きかけと「新潮」が報道 麻生財務相への仲介依頼も

リテラ / 2017年03月08日21時30分

「週刊文春」の告白で川田氏は、息子が塚本幼稚園に通っており新設小学校にも入学予定であること、そして安倍晋三事務所に顔を出していたことや鳩山邦夫元総務相の「事務所参与」という肩書きをもっていたことを明かした上で、籠池理事長のために「近畿財務局に『鳩山邦夫事務所 参与』の肩書きで連絡を入れました」と話し、近畿財務局と面談した事実を述べていた。 しかし、この記事 [全文を読む]

衆院2補選が告示、東京10区は3人、福岡6区は4人の争い

政治山 / 2016年10月11日11時09分

福岡6区の補選は、自民党の鳩山邦夫元総務大臣が死去したことに伴うものです。立候補を届け出たのは幸福実現党の新人で党福岡県本部総務会長の西原忠弘氏(61)、民進党の新人で元在チェンナイ日本総領事館職員の新井富美子氏(49)、無所属新人で元大川市長の鳩山二郎氏(37)、無所属新人で参議院議員秘書の蔵内謙氏(35)=自民党福岡県連推薦=の4氏です。10日現在の [全文を読む]

急死した鳩山邦夫の”天才伝説”と舛添要一との隠れた因縁

デイリーニュースオンライン / 2016年06月25日12時07分

同じころ、舛添氏と不思議な因縁を持つ人物が、この世から去った──鳩山邦夫・元法務大臣(注1)。享年六十七。天才と呼ばれた男の早すぎる死だった(注2)。 言うまでもなく鳩山邦夫の祖父の一郎は元首相、父の威一郎は元外務大臣、兄の由紀夫は元首相。さらに母方の祖父はブリジストン創業者の石橋正二郎という超セレブ&エリート一家の出身であり、幼少時から抜群の頭の良さを [全文を読む]

故・鳩山邦夫氏、急死の原因は「炭水化物抜きダイエット」だった? 激ヤセの裏に……

日刊サイゾー / 2016年06月23日18時00分

元首相、鳩山由紀夫氏の弟で、総務相や法相などを務めた自民党の鳩山邦夫衆院議員が67歳で死去したことが伝えられたが、原因が徹底して炭水化物を抜くダイエット法にあったのではないかと疑われているからだ。 死因は十二指腸潰瘍と発表されているが、鳩山氏はここ最近、激ヤセ。3月には党の地方創生実行統合本部長として、和歌山県を視察。政府関係機関の移転を進めるためのもので [全文を読む]

【マジか】激痩せ「鳩山邦夫氏」の死亡は「炭水化物抜きダイエット」の影響?テレビの報道が物議

秒刊SUNDAY / 2016年06月23日09時07分

テレビ朝日の朝の情報番組「モーニングバード」によると21日亡くなった元総務大臣・元法務大臣 自由民主党 鳩山邦夫氏は「炭水化物抜きダイエット」をやっていたという。これは極端に炭水化物を摂取せず、糖質をカットすることで体重を劇的に落とす校歌があるとされており、実際に鳩山氏はかなりの体重が落ちて、やせ細っていた。しかし死因は「十二指腸潰瘍」ということであるが、 [全文を読む]

「上杉隆君の名誉回復を祝う会」取材のお願い

DreamNews / 2016年05月18日18時00分

上杉氏のかつてのボスだった衆議院議員の鳩山邦夫氏をはじめ、お兄さんの鳩山友紀夫氏、ジャーナリストの田原総一朗氏、下村満子氏のほか、中尾ミエ氏、田村淳氏、堀江貴文氏などさまざまな分野の方が発起人になっています。PRESS RELEASE 報道関係者各位 2016年5月18日ジャーナリスト・上杉隆君の「名誉回復を祝う会」取材のお願い2016年5月19日正午か [全文を読む]

鳩山邦夫氏「友人の友人がアルカイダ」発言で蝶マニアが苦境

NEWSポストセブン / 2014年01月09日16時00分

2007年、鳩山邦夫法相(当時)が日本外国特派員協会主催の講演で発した、「友人の友人がアルカイダ」という衝撃の一言。直後から釈明に追われた。この発言は、「一国の治安責任者がテロリストの知り合いを放置している」と批判された。 そしてこの発言は、思わぬ分野に波紋を広げた。“蝶”業界である。鳩山氏は国会答弁などを通じて、「友人」とは蝶コレクターである鳩山氏の研究 [全文を読む]

鳩山邦夫氏 焼き鳥屋でのトラブルをツイッターでばらされる

NEWSポストセブン / 2012年06月03日07時00分

なかでも今週「もっともネット的」とでもいうべきネタが、「鳩山邦夫氏 焼き鳥屋で一般市民とモメたことをバラされる」という事件だ。 * * * 5月27日、福岡県久留米市の焼き鳥屋で女性が酒を飲んでいたところ、鳩山邦夫議員が入ってきたことをこの女性がツイッターで明らかにしました。その内容は以下の通りです。 “今日焼き鳥屋で飲んでると鳩山邦夫が店に入ってきた。日 [全文を読む]

加計学園問題まとめ 「要注意発言」で振り返る

文春オンライン / 2017年05月20日07時00分

このときは、鳩山邦夫衆議院議員の次男・二郎氏をかつて邦夫氏と交流があった菅義偉官房長官が応援し、麻生氏は対立候補の蔵内謙氏を応援していた。麻生氏は選対本部長に就任するほどの力の入れぶりだったが、蔵内謙氏の父が、県議を8期務めた蔵内勇夫県連会長である。先にも触れたとおり、蔵内氏は日本獣医師会の会長でもあるのだ。 加計学園の獣医学部を新設したい安倍首相と菅官房 [全文を読む]

自民総裁選で菅官房長官vs安倍首相、平成の角福戦争か

NEWSポストセブン / 2017年05月18日07時00分

二階さんはいずれ菅さんに跡を継いでもらいたいと考えている」 菅氏は、現在は無派閥だが、急死した鳩山邦夫氏の派閥横断グループ・きさらぎ会の顧問に迎えられた。その鳩山氏の跡を継いだ二郎氏は二階派に入会し、きさらぎ会にも二階派や旧ムネムネ会のメンバーが多い。人脈的にも実力的にも大田中派の盟主としての資格は十分だ。 そうなれば、自民党は安倍首相と菅氏が党を二分して [全文を読む]

小池新党候補者 フリーメイソンや安倍首相の遠戚も

NEWSポストセブン / 2017年03月27日07時00分

故・鳩山邦夫・元総務相の長男で元都議の太郎氏に間違いなく、「東京友愛ロッジ」とは東京・港区にあるフリーメイソン(※注)の地域組織(ロッジ)で、「シニア・スチュワード」は役職らしい。【※注/1717年に英国で発足し、世界に数百万人の会員がいるとされる組織だが、公式サイトには「世界最古・最大の友愛団体の一つ」とあるだけで、活動の詳細は明かされていない】 太郎氏 [全文を読む]

小池百合子 自民党との「都議選ゲリラ暗闘」一部始終!(1)塾生なら「のっぺらぼう」でも

アサ芸プラス / 2017年01月23日12時55分

受験者には、元テレビ朝日アナウンサーの龍円愛梨氏(39)や故・鳩山邦夫氏の長男・鳩山太郎氏(42)など著名人も参加。候補者選びについて、小池塾関係者はこう話す。「知名度の高い候補者がいれば戦いやすいけど、誤解を恐れずに言えば、『のっぺらぼう』でもいいんです。無名でも小池塾出身という肩書があれば、今回の選挙は戦えると思います」 出た者勝ちの状況に、小池派は“ [全文を読む]

衆院補選勝利で浮上した解散説の裏事情

経済界 / 2016年11月16日13時59分

また、福岡6区は、鳩山邦夫元総務相の死去に伴うもので、次男の二郎氏と、自民党福岡県連が推す蔵内謙氏の公認争いがまとまらず、ともに無所属での出馬となった。保守分裂選挙である。“弔い合戦”と位置付けた二郎氏が10万6531票を獲得しての勝利。民進候補の新井氏には約6万6千票、蔵内氏には8万5千票近く引き離しての圧勝。鳩山氏は当選後、自民の追加公認を得た。 一 [全文を読む]

山P妹・山下莉奈、水卜麻美似のぽっちゃり美女に? 石原さとみファンからは「進捗具合をリークしろ」の声

おたぽる / 2016年10月29日09時00分

しかし、同年から本名でブログを始め、鳩山邦夫衆議院議員の私設秘書として働くようになると、“山Pの妹”として世間から注目を集めるようになった。 「山下智久の妹であることが発覚すると、『目元が山Pにソックリ!』などと話題となり、『芸能界に復帰?』という声もささやかれていたのですが、結局、芸能界には復帰せず、私設秘書の仕事に関しても1年足らずで退職。現在は一般人 [全文を読む]

【蓮舫代表初めての選挙】裏切りと欲望渦巻いた衆院補選東京都第10区

東京ブレイキングニュース / 2016年10月26日15時01分

まあなんていっても東京都第10区は東京都知事選に転出した小池百合子氏の後継選出でしたし、福岡県第6区は6月21日に亡くなった鳩山邦夫元総務相の弔い合戦でしたからね。 しかし個別的に見れば、チョロチョロしすぎの人が多かったですね。まず民進党の蓮舫代表、あんたよ! 「僕はずっと新潟に取材に行っていたんだけど、蓮舫の評判って最悪だったわ」 衆院補選の投開票日に、 [全文を読む]

小池百合子 絨毯爆撃で突破する3仇的「粉砕現場」!(2)民進党・蓮舫代表がタッグを申し出たが…

アサ芸プラス / 2016年10月25日05時55分

蓮舫氏が代表になってから、党を離れたいと周囲に話す議員もいて、永田町では『選挙後に分裂するかもしれない』という声が聞こえています」(政治部デスク) 早くも正念場を迎える蓮舫氏を尻目に、小池氏は補選告示の前日、福岡6区の応援に現れ、鳩山邦夫氏(故人)の次男・鳩山二郎氏(37)のために街頭演説を行っていた。 福岡6区は自民系が分裂する異例の選挙区。福岡県政の「 [全文を読む]

小池百合子「国民に大ウケ」本当の理由

日刊大衆 / 2016年10月24日11時00分

6月に急逝した故・鳩山邦夫氏の次男、鳩山二郎候補の応援演説のためだ。「福岡6区は自民公認の調整がつかず、鳩山候補と自民福岡県連会長だった蔵内勇夫県議の長男・蔵内謙候補が無所属のまま争う分裂選挙になっています。生前の邦夫氏と親交があった小池都知事が義理堅く応援に駆けつけてくれたことは、二郎候補にとって百人力でしょうね」(前同) [全文を読む]

フォーカス