篠原菊紀のニュース

立体ぬり絵で脳を活性化 自律神経を整えて認知症予防

認知症ねっと / 2016年11月09日17時00分

絵・今橋さとし氏 監修・篠原菊紀氏 立体ぬり絵で自律神経を調整し、脳の活性化を図る「脳を活性化して自律神経を整える立体ぬり絵」が発売された。本書は絵が漫画家の今橋さとし氏、監修が諏訪東京理科大学共通教育センター教授の篠原菊紀氏となっており、主婦の友社から発売されている。 学習漫画でおなじみの今橋さとし氏 絵を担当した今橋さとし氏は京都府京都市出身で「忍術手 [全文を読む]

「認知症予防DVD」を11月1日より介護レク広場で販売開始-介護現場における認知症予防活動の促進を目指す-

PR TIMES / 2016年11月04日13時58分

http://smile-plus.co.jp/ BCC株式会社(本社:大阪市西区、代表取締役社長:伊藤 一彦、以下当社)の社内カンパニーで、レクリエーション介護士制度*1を手掛けるスマイル・プラスカンパニー(本社:大阪市西区、代表取締役社長:伊藤 一彦)は、認知症予防DVD『篠原菊紀教授監修 いきいき脳楽エイジング』(制作:株式会社リオ)を、当社が運営す [全文を読む]

未来の「座る」を考える『座フォーラム 2016』 林家たい平など有識者のトークや斬新なアイデアを披露

@Press / 2016年11月30日12時00分

また第二部では、落語家の林家たい平さん、脳科学者の篠原菊紀さん、工業デザイナーの喜多俊之さん、整形外科医・医学博士の中村格子さんといった多方面で活躍されている方々をお招きし、『超高齢社会と座る。』をテーマにしたトークセッションを開催。トーク内容は、各パネラーが考える「座る」についての他、“パネリストの思い出の椅子や「座ると安心」の関係”など、さまざまな角 [全文を読む]

落語家・林家たい平さんらと未来の「座る」を考える 『座フォーラム 2016』、11月19日に開催

@Press / 2016年10月18日15時00分

<『座フォーラム 2016』について> イベント当日は、テイ・エス テック若手社員による「座る」を哲学し科学する研究会「座ラボ」によるアイデア発表を皮切りに、特別トークセッションとして、落語家の林家たい平さん、脳科学者の篠原菊紀さん、プロダクトデザイナーの喜多俊之さん、整形外科医・医学博士の中村格子さんといった多方面で活躍されている方々をお招きし、「超高齢 [全文を読む]

落語家・林家たい平さん、脳科学者・篠原菊紀さんら豪華パネリストと未来の「座る」を考えるフォーラム

PR TIMES / 2016年10月15日10時44分

イベント当日は、TSテック若手社員による「座る」を哲学し科学する研究会 座ラボ によるアイデア発表を皮切りに、特別トークセッションとして、落語家の林家たい平さん、脳科学者の篠原菊紀さん、プロダクトデザイナーの喜多俊之さん、整形外科医・医学博士の中村格子さんといった多方面で活躍されている方々をお招きし、「超高齢社会と座る」をテーマに、ご来場の皆様と探ってま [全文を読む]

1日5分30日間 朝の脳トレで若返るドリルが発売

認知症ねっと / 2016年08月29日12時00分

テレビでおなじみの篠原菊紀教授監修 ナツメ社が「30日で脳がみるみる若返る! 1日5分 朝の脳トレ強化習慣」を発売した。 この新刊は昨年10月に発売された「1日5分 朝の脳トレ習慣」の第2弾となっており、監修は脳科学、健康教育学、精神衛生学が専門で、テレビなどでもおなじみの諏訪東京理科大学共通教育センターの篠原菊紀教授である。 「ワーキングメモリ」「集中力 [全文を読む]

1日1ページで認知症予防! 100日間の脳活ドリル発売

認知症ねっと / 2016年08月17日09時00分

監修は脳科学者で諏訪東京理科大学共通教育センター教授の篠原菊紀氏。価格は830円(税別)で、A4判119ページとなっている。 この新刊は「TJMOOK」として発売されており、「TJMOOK もの忘れ・認知症を防ぐ!脳活ドリル」シリーズは、既に累計25万部を超える好評を博し、この新刊はその第6弾である。 脳のための情報も掲載 篠原菊紀氏は1960年長野県茅野 [全文を読む]

認知症患者の本音を知っていますか?認知症関連書籍 新刊案内

認知症ねっと / 2017年05月13日12時00分

監修は、諏訪東京理科大学共通教育センター教授で、脳神経科学と応用健康科学が専門の篠原菊紀先生。宝島社より830円(税別)で発売中です。 ▼購入はこちらから もの忘れ・認知症を防ぐ! 脳活ドリル 日めくり問題120日【綴じ込み付録:脳活ドリルミニ】 (TJMOOK) 認知症患者の率直なことばにハッとさせられる一冊 「私たち抜きに私たちのことを決めないで」 [全文を読む]

【明日放送】NHKごごナマ「頭の活力アップ!脳体操」

認知症ねっと / 2017年04月12日15時00分

放送日時: 4月13日(木) 午後2:05~2:55放送局: NHK総合司会: 船越英一郎 美保純 阿部渉ゲスト:なぎら健壱 湯山玲子 篠原菊紀(諏訪東京理科大学教授) (画像は公式HPより) NHK公式HP [全文を読む]

欲しくなっちゃうの…。甘いものがやめられない科学的理由と、量を抑える方法

Woman Insight / 2016年12月12日11時30分

これはいったい何故なのでしょうか? ■「別腹」には根拠あり? 甘いものがやめられないワケ (c)Shutterstock 脳科学の専門家、諏訪東京理科大学教授の篠原菊紀先生によると、甘いものがやめられない理由は「脳に覚せい剤並みの強い快感をもたらすため」なんだとか。 快感という刺激は脳にとって強烈です。そのため甘いものは依存性が高く、再び同じ感覚を味わい [全文を読む]

握力をあげれば認知症にならない!効果的な握力UP運動6

WEB女性自身 / 2016年09月07日06時00分

たとえば『耳鼻つまみ運動』を行うことによって、前頭葉のほか、言葉の理解、記憶や物事の判断、感情などをつかさどる側頭葉の活動を高めることができるのです」(脳科学者の諏訪東京理科大学・篠原菊紀教授) [全文を読む]

脳トレによって集中力もアップできる?

anan NEWS / 2016年04月24日15時00分

応用健康科学と脳科学が専門の諏訪東京理科大学教授・篠原菊紀先生はこう言います。 「前頭眼野は、人の知的活動の中枢を担う『前頭前野』の一部で、眼球の動きを制御しています。複数の仕事を同時にこなしたり、ケアレスミスをなくすには集中力が必要ですが、集中している時というのは、一定の箇所を見つめている状態。つまり、眼球に関わる前頭眼野を鍛えることで、集中力も自ずと [全文を読む]

若いからといって油断は禁物! 脳トレの効果とは?

anan NEWS / 2016年04月24日12時00分

諏訪東京理科大学教授・篠原菊紀先生はこう解説します。 「これは、脳がスムーズに働いているかを測る基本的なテストです。脳に単語をメモして、その後、引き算など別のことをしてから、再びメモした単語を脳から引き出す。こうした頭の使い方は仕事でも必要とされますが、日頃から鍛えていないと、若い人でも衰えてしまう場合があります」 そこで取り入れたいのが脳トレ。 「チェ [全文を読む]

脳をだませば太らない!?ストレス太りを防ぐ方法3つ

Woman Insight / 2016年04月07日20時00分

お酒太りの防御ワザがわかっても、ストレスを抱えていてはスリムな体は作れない! そこで、簡単にストレス太りを解消できる方法を脳科学者の篠原菊紀先生に教えてもらいました。 ポイントは「脳をだまして食欲、ストレス、ドーパミンをコントロールする」です。 ●ストレス太りを解消する方法3つ● (1)食への期待をごまかす 「今日の安いチョコよりも、明日の高級チョコ」 [全文を読む]

めいろ遊びで脳を育てる!「かず」「もじ」「条件」「立体」…いろんなめいろが充実の『脳育パズル めいろ編 3さい/4さい/5さい』2月18日(木)3冊同時発売!

PR TIMES / 2016年02月18日13時43分

●「めいろ遊びで脳を育てる」3つのひみつ 1. めいろは、知的活動の基盤・ワーキングメモリを鍛えるのにぴったり! 脳科学の専門家・篠原菊紀教授(諏訪東京理科大学)によると、行き止まりの道を覚えながらルートをたどることで、脳に一時的に記憶する力が育まれます。これはワーキングメモリと呼ばれ、読み書きや計算などの知的活動に必要不可欠なものです。 2. 「文字」 [全文を読む]

音楽で冷え性対策?『スマホでUSEN』に、検証実験済みの新チャンネル投下 冷え性に悩む女性におすすめの新番組、本日スタート

PR TIMES / 2015年12月14日16時58分

チャンネルの開発にあたり、諏訪東京理科大学 篠原菊紀教授の協力のもと検証実験を実施したところ、どの世代でも明るく心地良いクラシック作品を聴いた時に、最も血流が良くなり、副交感神経の割合が高まる傾向がみられました。また、20代女性においては、クラシックのほか、明るくリズミカルなJ-POPヒット曲を聴いた時にも血流が良くなる傾向がみられました。そこで、あらゆ [全文を読む]

脳科学者監修の脳トレメソッド映像コンテンツ12月25日発売 「いきいき脳楽エイジング」で脳の活性化を促進!

@Press / 2015年12月03日11時00分

■製品概要~本気の認知症対策~「もの忘れ」「老化」「ボケ」こんな言葉が気になる方へタイトル :『篠原菊紀 教授 監修 いきいき脳楽エイジング』発売日 :2015年12月25日(金)初回発注締日:2015年12月18日(金)製品内容 :本編12巻(約360分以上のボリューム)・記憶力編 DVD4巻・注意力編 DVD4巻・判断力編 DVD4巻・スターターキット [全文を読む]

愛される「ハッピースマイル」はつくれる!4つのコツ

Woman Insight / 2015年11月30日09時30分

笑っていても目元にやさしさが感じられないと、好印象には結び付きません」(脳科学者 篠原菊紀教授) それでは具体的に、笑顔のポイントを見ていきましょう。 ◆眉が上がりすぎていない 眉のカーブがつきすぎていると強い印象。できるだけやわらかく自然な太さと角度に。 ◆目が笑っている 目元に変化がないと、ぎこちない笑顔に見えてしまいます。目尻が下がったやさしい表情を [全文を読む]

介護現場で人気の福祉用パチンコ 認知機能の向上にも効果か

NEWSポストセブン / 2015年09月03日11時00分

諏訪東京理科大学教授の篠原菊紀氏は脳科学者の見地からこう指摘する。 「中高年を対象にスロットを遊戯中の脳内活動を測定したところ、空間認知に関わる頭頂葉と左側の前頭葉が活性化していることがわかりました。また、1か月のスロットを使ったトレーニングで認知機能が向上しました。パチンコにも同様の効果があると考えられます。パチンコは演出や音楽で視覚・聴覚を、手を動かす [全文を読む]

認知症予防 達成感を感じられる程度の難易度の脳トレを推奨

NEWSポストセブン / 2015年08月16日16時00分

諏訪東京理科大学教授で脳科学者の篠原菊紀さんは次のように説明する。 「脳トレでワーキングメモリ(作業記憶)と呼ばれる脳の働きを使うと、神経伝達物質であるドーパミンの受容体が増え、知的活動の中核である前頭前野が刺激されることがわかっています」(篠原さん。以下「」内同) 実際、脳トレ、食事、運動、血圧などの健康管理を行ったグループと、そうでないグループとでは、 [全文を読む]

フォーカス