柳裕也のニュース

【2016ドラフト】田中正義はソフトバンク、佐々木千隼はロッテが5球団の抽選の末、交渉権獲得。楽天は藤平尚真の交渉権獲得。

インフォシーク / 2016年10月20日15時00分

【10巡目指名】 オリックス 選択終了 東北楽天 西口直人(投手・甲賀医療専門学校) 横浜DeNA 選択終了 日本ハム 選択終了 【9巡目指名】 日本ハム 今井順之助(内野手・中京) 横浜DeNA 佐野恵太(内野手・明大) 東北楽天 高梨雄平(投手・JX-ENEOS) オリックス 根本薫(投手・霞ケ浦) 【8巡目指名】 オリックス 澤田圭佑(投手・立大) [全文を読む]

【プロ野球】毎年恒例の人気企画! 野球太郎が開催した「極私的ドラフト」で9球団重複指名の新記録が!!

デイリーニュースオンライン / 2016年10月14日17時05分

中日担当の参加者は、柳裕也(明治大)をハズレ1位で獲得する予定なのだろうか。 しかし、続く楽天の指名はなんと柳だった。中日陣営は苦笑いだ。 その後も指名は続く。 ヤクルトが山岡泰輔(東京ガス)を指名。ここ数日で報道されたヤクルトの1位は山岡説に忠実に沿っているようだ。 西武、阪神は田中正義を指名。 そして、ロッテが藤平尚真(横浜高)を指名。初めて高校生の名 [全文を読む]

中日ドラ1柳が今季2度目の先発、プロ初勝利目指す 10日の予告先発

ベースボールキング / 2017年06月09日17時59分

中日は、ドラフト1位ルーキー柳裕也が2度目の先発マウンドに上がる。 プロ初先発となった3日の楽天戦では6回6安打4失点と試合が作れず、ホロ苦い先発デビューとなった。2度目の相手は交流戦好調のオリックス。プロ初白星を挙げることができるだろうか。 対するオリックスは松葉貴大が先発。松葉は前回登板の3日巨人戦では、6回途中4失点で今季2勝目を挙げた。 【交流戦 [全文を読む]

中日のドラ1・柳がホームでプロ初先発! 3日の予告先発

ベースボールキング / 2017年06月02日17時45分

中日はドラフト1位ルーキーの柳裕也を先発に立てる。 明治大から中日に加入した柳は、ここまでリリーフで3試合に登板。28日のヤクルト戦では1点を失っているが、それ以外は無失点に抑えている。 投球イニングを1、2、3と伸ばして迎えるプロ初先発。本拠地・ナゴヤドームで中日ファンにあいさつ代わりの好投を披露することができるだろうか。 その他、あすの予告先発と試合 [全文を読む]

大矢氏がみた中日のドラ1・柳裕也

ベースボールキング / 2017年05月24日10時00分

ニッポンショウアップナイターで解説を務める大矢明彦氏が23日、横浜戦でプロ初登板を果たした中日のドラフト1位ルーキー・柳裕也の投球を解説した。 右肘の張りを訴え開幕一軍を逃したが、二軍戦では5月14日のオリックス戦で8回を1安打無失点に抑えるなど、3試合に登板して16イニングを投げて失点は0。21日にプロ初昇格を果たした。 23日のDeNA戦で、プロ初登板 [全文を読む]

【プロ野球】豊作のはずが不作? ドラ1ルーキーたちの現在地 開幕1軍に残るのは誰だ!?

デイリーニュースオンライン / 2017年03月28日17時05分

■故障中 ■今井達也(西武)/寺島成輝(ヤクルト)/柳裕也(中日) 上記の3選手は故障で調整中。特に想定外だったのは、即戦力投手の呼び声高かった柳裕也(中日)。3月2日のオープン戦で1回を投げ終わったところで緊急登板すると、容態不明のまま2軍落ち。右ヒジ周辺の炎症と発表された。キャンプ明けから投球内容にも疲れが見えており、心配されていたものの、意外に早く [全文を読む]

【プロ野球】キャンプで見えたドラ1たちの現在地。一足早く“開幕1軍”の可能性をズバッと診断

デイリーニュースオンライン / 2017年02月15日17時05分

■中日:柳裕也 開幕1軍可能性:45% 2球団競合の逸材・柳裕也(中日)もまだ調子が上向かず。球が高めに浮くシーンが目立ち、初のシート打撃登板では大炎上で森繁和監督から説教を食らった。大学時代は完成度の高さが売りだったが、実戦までに持ち直せるか。 ■日本ハム:堀瑞輝 開幕1軍可能性:35% 田口麗斗(巨人)2世の呼び声高いサウスポー・堀瑞輝(広島)。キャ [全文を読む]

ドラフト会議1位指名決定!5球団競合の創価大・田中はソフトバンク

しらべぇ / 2016年10月20日18時00分

2球団の競合で柳裕也(明治大・投手)は中日。外れ1巡目で5球団競合した佐々木千隼(桜美林大・投手)はロッテ。甲子園優勝投手の今井達也(作新学院高)は西武がそれぞれ交渉権を獲得した。■ドラフト1位指名<パ・リーグ>日本ハム:堀瑞輝(広島新庄高・投手)ソフトバンク:田中正義(創価大・投手)ロッテ:佐々木千隼(桜美林大・投手)西武:今井達也(作新学院高・投手)楽 [全文を読む]

C野村&D柳&S星、明大出身投手が揃って先発 10日の交流戦予定

ベースボールキング / 2017年06月10日12時15分

【10日の試合予定】 楽天(美馬学)-広島(野村祐輔) <Koboパーク宮城 14時00分> ・最近5試合の成績 楽(パ1位):●●●○● 広(セ1位):○○○○○ ※6連勝中! 西武(佐野泰雄)-DeNA(平良拳太郎) <メットライフ 14時00分> ・最近5試合の成績 西(パ3位):△○○○● De(セ3位):○○○●○ ロッテ(二木康太)-ヤクルト [全文を読む]

注目の中日、荒木2000本&ゲレ6戦連発&ドラ1投手3連勝? 3日の交流戦予定

ベースボールキング / 2017年06月03日11時35分

【3日の試合予定】 巨人(田口麗斗)-オリックス(松葉貴大) <東京ドーム 14時00分> ・最近5試合の成績 巨(セ4位):●●●●● ※8連敗中… オ(パ4位):○○○○○ ※5連勝中! ヤクルト(館山昌平)-西武(佐野泰雄) <神宮 14時00分> ・最近5試合の成績 ヤ(セ6位):○●●●● ※4連敗中… 西(パ3位):●●●○○ DeNA(平良 [全文を読む]

「守備は即戦力」から目指すルーキー最多安打

ベースボールキング / 2017年05月28日11時00分

「ドラフト1位」というくくりに広げても、山岡泰輔(オリックス)、柳裕也(中日)、浜口遥大(DeNA)、吉川尚輝(巨人)、加藤拓也(広島)、そして佐々木の6名となっている。 “デビュー率”にすると50%だが、開幕から一軍に定着している選手というと佐々木と山岡、浜口といったところ。近年稀に見る豊作年との声も多かっただけに、やや寂しい結果となっている。◆ 辻西武 [全文を読む]

中日のドラ1・柳が昇格!大野が登録抹消に 21日のプロ野球公示

ベースボールキング / 2017年05月21日13時14分

中日は21日、柳裕也を一軍登録した。 昨年のドラフト1位で中日に入団した大卒右腕。ファームでは3試合・16イニングを投げて防御率は0.00。2勝負けなしという成績を残して一軍行きの切符を掴んだ。 代わって抹消されたのは大野雄大。今季は開幕投手を務める結果を残すことが出来ず、5月からは自ら志願して中継ぎに転向するも、5月14日のヤクルト戦では荒木にサヨナラ満 [全文を読む]

中日・柳が16イニング無失点!5月14日のファーム試合結果

ベースボールキング / 2017年05月15日07時45分

◆ 中日・柳が2勝目 中日のドラフト1位ルーキー・柳裕也がオリックスとの二軍戦に先発した。 柳は4つの四死球を出したが、8回まで許した安打はわずかに1本。8回を無失点に抑える好投で2勝目を手にした。 柳は二軍戦に3試合の登板となっているが、16イニングを投げて未だに失点がない。 ◆ 5月14日のイースタン・リーグ試合結果 ▼ ロッテ 5 - 3 DeNA( [全文を読む]

中日・柳が2度目の登板も無失点!4月29日のファーム試合結果

ベースボールキング / 2017年04月30日07時45分

◆ 柳が5回無失点 中日の柳裕也がオリックスとの二軍戦に先発した。 故障により3月上旬に二軍落ちしていた柳は、この日が復帰後、2度目の二軍戦登板。オリックスの二軍打線に、5回を3安打8奪三振1四死球0失点に抑えた。 これで柳は、前回登板から含めて8イニング無失点を継続している。 ◆ 4月29日のイースタン・リーグ試合結果 ▼ 楽天 8 - 3 西武(荘銀・ [全文を読む]

中日のドラ1・柳が3回無失点!4月22日のファーム試合結果

ベースボールキング / 2017年04月23日07時45分

◆ 中日が勝利! 中日のドラフト1位ルーキー・柳裕也が広島戦に先発した。 故障により3月上旬に二軍落ちしていた柳は、広島の二軍打線に3回を3安打0奪三振、0与死球無失点に抑えた。 試合は1点を追う7回に岩崎達郎の2点タイムリーで逆転に成功すると、9回に友永のタイムリーで追加点。2点リードとなった9回裏、浅尾拓也が1回を無失点に抑え勝利した。 ◆ 4月22日 [全文を読む]

【プロ野球】練習試合4戦3発! 低迷する中日を救えるか? 新外国人選手・ゲレーロが大暴れの予感

デイリーニュースオンライン / 2017年02月27日16時05分

まず、2月10日に行ったシート打撃で、開幕投手が濃厚と見られる大野雄大、期待のドラ1ルーキー・柳裕也へあいさつ代わりの1発をお見舞いすると、12日のハンファ(韓国)との練習試合では、センター右とレフトポール際への2発。19日の楽天との練習試合でも左中間スタンドに放り込んだ。 この日までの練習試合4戦で10打数6安打、3本塁打、6打点と、1億5000万円プ [全文を読む]

【プロ野球】91歳の御大・杉下茂は今春もブルペン入り。キャンプに招かれた臨時コーチたちが若手を熱血指導!

デイリーニュースオンライン / 2017年02月13日16時05分

明治大の後輩でもあるドラ1ルーキー、柳裕也らにアドバイスを送った。 杉下氏は1925(大正14)年生まれの御年91歳。12球団の指揮官の中で最年長は、楽天の梨田昌孝監督で63歳。続く中日の森繁和監督でも62歳。2人とも杉下氏より約30歳も若い。 キャンプイン前日に行われた中日首脳陣の全体ミーティングで、森監督が提唱した目標のなかに「コーチをこき使え」という [全文を読む]

【プロ野球】田中正義は推理小説!? ドラ1選手たちが続々入寮! 彼らが“持参”した一品をチェックしてみた!!

デイリーニュースオンライン / 2017年01月11日17時05分

※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■ドラ1選手“持参”したものはこれだ! 堀瑞輝(日本ハム) 手の平ダルマ 田中正義(ソフトバンク) 推理小説『シャーロック・ホームズ』シリーズ(コナン・ドイル) 佐々木千隼(ロッテ) マットレス(エアウィーブ) 今井達也(西武) 金色のダルマ 藤平尚真(楽天) マットレス(東京西川) 横浜 [全文を読む]

今年のドラフトは異例ずくめ? プロ野球「金の卵」たちの明暗

日刊大衆 / 2016年10月31日11時30分

全球団が“金の卵”創価大の田中正義投手に熱い視線を送っていたが、今年に入ってから、桜美林大の佐々木千隼投手、明治大の柳裕也投手、そして“高校BIG4”の横浜高・藤平尚真、履正社高・寺島成輝、花咲徳栄高・高橋昂也、作新学院高・今井達也の各投手など、多くの若き逸材が頭角を現し、誰がどこに指名されるか最後まで分からない状況だった。 「注目の田中が4年になってから [全文を読む]

【プロ野球】来季への布石はどう打った? 今季、最下位に沈んだオリックスのドラフト結果を振り返る

デイリーニュースオンライン / 2016年10月30日17時05分

※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■1位指名・山岡泰輔(東京ガス) オリックスの1位指名候補には、創価大の田中正義、桜美林大の佐々木千隼、明治大の柳裕也、履正社高の寺島成輝らの名前が挙がっていた。このなかでも、ファンの間では寺島を望む声が多かったようだ。 寺島は地元関西の選手であるし、履正社高はT-岡田の出身校でもある。や [全文を読む]

フォーカス