大石静のニュース

【明日放送】NHKごごナマで、物忘れと認知症の境目をチェック

認知症ねっと / 2017年04月17日10時00分

ゲストは大石静さんと三遊亭円楽さんです。 放送日時: 4月18日(火) 午後3:08〜4:00放送局: NHK総合司会: 船越英一郎 美保純 阿部渉ゲスト:大石静 三遊亭円楽 (画像は公式HPより) 【こちらもチェック!】物忘れと認知症の違いは? NHK公式HP [全文を読む]

第11回「FRK住まいと暮らしのセミナー」3月5日開催 抽選で600名様ご招待! 脚本家 大石静氏の特別トークショーも開催

@Press / 2017年02月10日11時30分

セミナー詳細: https://www.frk.or.jp/seminar/20170305/当日はパネリストに一級建築士の山口真珠氏や税理士の福田真弓氏、司会にリクルート住まい研究所所長の宗健氏をむかえ「人生80年の住まい方…新時代の住宅双六」と題したセミナーに加え、日本テレビ系「家売るオンナ」など、多くのヒット作を手がけた人気脚本家、大石静氏による特別 [全文を読む]

Uru新曲「娘より」MBS開局65周年記念 新春ドラマ特別企画 渡辺謙 主演ドラマ「しあわせの記憶」主題歌に決定!

PR TIMES / 2016年11月30日17時49分

「しあわせの記憶」は、人気脚本家・大石静が脚本を手掛けるMBSの開局65周年を記念する、TBS系全国ネットのスペシャルドラマで、借金を抱えて離婚した父が家に戻ってきたことから巻き起こる騒動を通して、家族とは何かを問いかける内容となっている。風来坊の父・太郎役を渡辺謙が演じ、長女・夏波役に北川景子、次女・冬花役に二階堂ふみ、母・純子役に麻生祐未、千葉雄大、三 [全文を読む]

大石静 40代に恋の助言「オスを押し倒したっていい」

WEB女性自身 / 2016年05月18日06時00分

ドラマという虚構の中で、忘れていた胸キュンを思い出してもらえれば、ちょっとした救いになるかなと思います」 こう語るのは、ドラマ『コントレール〜罪と恋〜』(NHK・金曜22時〜)の脚本を担当する大石静さん(64)。彼女は、これまでも『セカンドバージン』( 10年)、『ガラスの家』( 13年)といった、大人の女性をとりこにするラブストーリーを手掛けてきた。 そ [全文を読む]

桜庭ななみ、初の“悪女役”に挑戦中!

Smartザテレビジョン / 2016年05月10日12時45分

大石静脚本、石田ゆり子主演で放送中のドラマ10「コントレール~罪と恋~」(毎週金曜、NHK総合)。6年前に無差別殺人事件で夫を失った文(石田)と、事件現場に居合わせて犯人を取り押さえようとする中で文の夫を死に至らしめた瞭司(井浦新)の恋を描いている。そんな「コントレール―」で、文の夫・敦(丸山智己)の交際相手・圭子を演じる桜庭ななみを直撃。敦の死の瞬間を目 [全文を読む]

石田ゆり子と井浦新が演じる衝撃の恋愛劇!

Smartザテレビジョン / 2016年03月27日13時05分

4月15日(金)夜10時から放送されるドラマ10「コントレール~罪と恋~」(NHK総合)の試写会が行われ、主演の石田ゆり子、共演の井浦新、原田泰造、脚本の大石静が出席した。 同作は、夫を無差別殺人で失った女性・文(石田)と、犯人を取り押さえる中で彼女の夫を死なてしまった男性・瞭司(井浦)との恋を描く衝撃作。第1話では、事件から6年後、ドライブインを切り盛り [全文を読む]

深田恭子の首筋に激しく…亀梨和也の“夜メロ”演技がセクシーすぎる!

アサ芸プラス / 2015年02月10日17時59分

亀梨演じるコンテンポラリーダンサーと、深田恭子演じる女性教師によるスキャンダラスな大人のラブストリーで、脚本を担当する大石静が「昼メロじゃなくて夜メロ」と言っていた通り、現役アイドルのドラマとは思えないディープなメロドラマになりそうだ。 そんな亀梨が最近、“男の色気”が出てきていると評判だ。 「1月に公開した映画『ジョーカー・ゲーム』では、深田恭子の首筋め [全文を読む]

亀梨和也が“夜メロの亀梨”を襲名!? 新ドラマ「セカンド・ラブ」で新境地!!

Smartザテレビジョン / 2014年11月25日05時00分

ヒロインに深田恭子を迎え、大石静の脚本で金曜の夜にスキャンダルを巻き起こす。 テレ朝ドラマ初主演の亀梨は「大石静先生が手掛ける今回の物語は、中身で勝負することが求められると思うので、深田さんとお互い、より深い世界観に引き込み合えるような関係を築きたいと思います。僕自身もこの作品にいろんな要素を引き出してもらいながら、“夜メロの亀梨”と呼ばれるような(笑)、 [全文を読む]

今期ドラマ 大石静、尾崎将也、井上由美子ら売れっ子かけ持ち

NEWSポストセブン / 2014年07月14日16時00分

今年の夏ドラマの脚本家たちは、大石静さん、尾崎将也さん、井上由美子さんなどかけ持ちは当たり前の売れっ子が勢ぞろい。 脚本界の女王・大石静さんは、若手俳優の抜擢に定評があり、そこは要チェック。大石さんがかけもちするのはこの2作。 『家族狩り』(TBS系)毎週金曜22:00~ 出演者:松雪泰子、伊藤淳史ほか 家族とは何か、生きるとはどういうことか、という根源的 [全文を読む]

大石静「旅先で好きな男なら許せても同性だと気になる」こと

NEWSポストセブン / 2014年06月21日07時00分

同特集では、NHKの朝ドラ『ふたりっ子』(1996年)や、大河ドラマ『功名が辻』(2006年)、鈴木京香主演で話題を呼んだ『セカンドバージン』(2010年)などを手がけた脚本家・大石静さんが、自身の旅に関する思い出や考え方を語っている。仕事でも旅をする機会があるという大石さんは、どんな旅が印象に残っているのだろうか? * * * 仕事の旅で印象に残ってい [全文を読む]

松下奈緒が黒柳徹子の母に?“昼の帯ドラ”第2弾は「トットちゃん」に決定!

ザテレビジョン / 2017年06月09日05時00分

脚本を担当するのは、NHK連続テレビ小説「ふたりっ子」(1996年)、NHK大河ドラマ「功名が辻」(2006年)、「セカンドバージン」(2010年)など数々の作品を手掛けてきた大石静。好奇心と笑顔、そして自由な心で真っすぐ歩み続けてきた“トットちゃん”。稀代のスターはいかにして生まれたのか、その個性が巻き起こしたさまざまなエピソードを、昭和の芸能史、テレビ [全文を読む]

北川景子『家売るオンナSP』、イモトら貢献で高視聴率13.0%に

デイリーニュースオンライン / 2017年06月03日11時00分

「本作の脚本家は、かつて朝の連ドラ『ふたりっ子』(NHK)や、大河ドラマ『功名が辻』(同)、『セカンドバージン』(同)といった作品を手掛けてきた大石静氏(65)が担当しています。時代の空気を読むのが非常に長けている大石氏の脚本が、キャストと非常にマッチしてウケたのではないかと思います」(ドラマ関係者) ■あの芸人がドラマ人気に貢献 また、本作ではこれらの [全文を読む]

矢島弘一氏が第35回(2016年度)向田邦子賞に決定!

PR TIMES / 2017年04月04日15時57分

選考委員は池端俊策氏、冨川元文氏、大石静氏、岡田惠和氏、井上由美子氏(向田邦子賞受賞順)。企業プレスリリース詳細へPR TIMESトップへ [全文を読む]

正月休みはスペシャルドラマで楽しもう!2017年始に観たいお薦めのスペシャルドラマ5選!

日本タレント名鑑 / 2016年12月28日11時40分

「家族って何?」そんなテーマを掲げた大石静脚本のホームドラマ。これは見逃せないでしょう。 愛を乞うひと(日本テレビ系 1月11日(水)21:00~) そしてお次は、1月11日の21時から放送される「愛を乞うひと」。愛せなかった母親、愛されたかった娘、篠原涼子が一人二役で挑む、「幼少時代の虐待」を描いた衝撃作です。 篠原さんの脇を固めるのは、広瀬アリス、鈴木 [全文を読む]

北川景子が”ダメ親父”の渡辺謙と衝突!?

Smartザテレビジョン / 2016年12月28日09時00分

脚本は「長男の嫁」「ふたりっ子」「セカンドバージン」などの大石静が担当し、借金を抱え離婚し、家を去った風来坊な父・太郎(渡辺謙)が、家族の元に舞い戻る物語が描かれる。 ダメな父親役の渡辺は「現代版の寅さんのイメージで演じています。いろんな形態の家族が存在する今、すごくリアリティーを感じられる物語になっていると思います」とコメント。長女役を演じる北川とは劇中 [全文を読む]

第14回「21世紀の連ドラ史」

ソーシャルトレンドニュース / 2016年12月23日11時30分

脚本は大石静サン。主演は仲間由紀恵と上川隆也である。かのドラマ、原作は司馬遼太郎だが、主人公・千代は戦国の女に徹した原作から設定を大きく変えられ、反戦思想を内に秘めた現代的な女性になった。古参の大河ファンや司馬遼太郎ファンはその“脚色”に難色を示すが、逆に視聴率は4年ぶりに20%台を回復する。そう、従来の大河の主要視聴者ではない、女性たちが見てくれたのだ。 [全文を読む]

Uru新曲「フリージア」が『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』(第2期)2017年1月クールのエンディングテーマに決定。

PR TIMES / 2016年12月03日16時40分

【リリース情報】 Uru 3rd Single 「フリージア」 2017.2.15 Release 初回生産限定盤[CD+DVD] AICL-3262~3¥1,800(tax in) 通常盤[CD] AICL- AICL-3264 ¥1,200(tax in) 期間限定生産盤[CD] AICL-3265 ¥1,200(tax in) 【アニメ情報】 [画 [全文を読む]

渡辺謙主演の新春ドラマ主題歌に“神秘の新人”Uru

Smartザテレビジョン / 2016年11月30日17時00分

「しあわせの記憶」は、多数のヒット作を世に生み出してきたヒットメーカー・大石静が脚本を手掛ける、MBSの開局65周年記念する、TBS系全国ネットのスペシャルドラマ。 借金を抱えて離婚した父が家に戻ってきたことから巻き起こる騒動を通して、家族とは何かを問い掛ける内容となっている。 風来坊の父・太郎を渡辺が演じ、長女・夏波役に北川景子、次女・冬花役に二階堂ふ [全文を読む]

脚本家、若手俳優…NHK「ドラマ10」が大人の女性にウケるワケ

WEB女性自身 / 2016年11月23日06時00分

脚本を手掛けるのも、月9で長瀬智也主演の『Days』の大石静、『やまとなでしこ』の中園ミホ、『ロングバケーション』『ビューティフルライフ』の北川悦吏子 と、トレンディドラマを書いていたような女性実力派ですよね。青春時代に胸をときめかせたドラマの脚本家が今、40代になった私たちをドキドキさせてくれているのです」 ■若手ホープが発掘できる 「斎藤工さんは朝ドラ [全文を読む]

「家売るオンナ」制作裏話 「『GO!』の風は“奇跡の風”」

Smartザテレビジョン / 2016年11月16日15時00分

狭小住宅みたいなものは最初からセット作ろうと、脚本の大石静さんとも話してました。作ること前提だった物件もありますし、台本に合わせてスタッフが探すこともありましたし、両作戦で探しました。 ――物件以外にも、チラシもリアルで細部までこだわりを感じました普通のドラマにはいないんですが、今回はリサーチ担当をつけました。不動産のこのくらいの場所と坪数ならいくらぐらい [全文を読む]

フォーカス