鶴保庸介のニュース

安倍政権は沖縄ヘイトの常習犯だ! 「詐欺行為にも等しい沖縄特有の戦術」という自民・古谷の差別発言に党内では同調の声

リテラ / 2017年04月20日12時51分

鶴保庸介沖縄担当相や西田昌司議員による「沖縄ヘイト」 実際、昨年問題となった機動隊員による「土人」発言では、鶴保庸介沖縄北方担当相は「『土人である』と言うことが差別であると断じることは到底できない」と国会で明言、明白な差別発言を「容認」した。その上、政府は鶴保沖縄担当相の発言を"謝罪したり国会答弁を撤回、訂正したりする必要はない"とする答弁書を決定。 [全文を読む]

政治資金収支報告書公表で鶴保庸介沖縄担当相の新たな疑惑が! 2015年にも名義偽装の巨額パーティ券代受け取り

リテラ / 2016年11月26日15時00分

25日、総務省が国会議員の2015年分政治資金収支報告書を公開したが、鶴保庸介沖縄担当相の新たな"政治とカネ"疑惑が明らかになった。賄賂疑惑と名義偽装が取りざたされた相手から2015年も巨額のパーティ券を購入してもらっていたのだ。 鶴保沖縄担当相といえば、大阪府警起動隊員の沖縄県民への土人発言を「差別と断じることはできない」と述べ、大きな問題になったが、そ [全文を読む]

<女性・交通違反・金・発言>鶴保庸介大臣は「問題の総合商社」

メディアゴン / 2016年11月25日08時10分

その方は鶴保庸介参議院議員。かつて野田聖子さんのお相手として知られた方ですが、現在は内閣府特命担当大臣(沖縄及び北方対策、クールジャパン戦略、知的財産戦略、科学技術政策、宇宙政策)です。まずは女性問題から。鶴保氏は永田町のプレイボーイと言われたそうで、野田聖子議員との時も真偽はともかくほかの女性の存在や、野田氏に関する配慮に欠けた発言が取り沙汰されたことが [全文を読む]

土人発言擁護の鶴保庸介沖縄担当相に重大「政治とカネ」疑惑が発覚! 国交副大臣時代、補助金の見返りに...

リテラ / 2016年11月21日19時00分

土人発言を「差別と断じることはできない」と述べ、差別思想を公然と露わにした鶴保庸介沖縄担当相。この発言だけでも大臣辞職に値するものだが、ここにきて大きな"政治とカネ"問題が明らかになった。 昨日20日の毎日新聞のスクープによれば、鶴保氏が副国土交通相に就任して直後の2013年1月に開いた政治資金パーティにおいて、山梨県のNPO法人副代表が200万円のパーテ [全文を読む]

鶴保庸介沖縄担当相が「土人」発言を擁護!「差別とは断定できない」「昔は差別語じゃなかった」

リテラ / 2016年11月08日22時00分

──沖縄県の東村高江での米軍ヘリパッド建設に反対する市民に機動隊員が「土人が」と暴言を吐いた問題で、鶴保庸介沖縄担当相が信じがたい発言をおこなった。 それは本日、開かれた参院内閣委員会でのこと。共産党の田村智子議員から「土人」発言問題の見解を問われると、鶴保大臣がこう言い放ったのだ。「(田村)委員はくしくも『土人という発言が差別以外の何物でもない』とおっし [全文を読む]

法的に定義があいまいな「モラハラ」。家庭内問題のケースではどのような法的措置が実行される?

シェアしたくなる法律相談所 / 2016年09月02日07時00分

2016年8月の内閣改造で沖縄・北方担当相に抜擢された鶴保庸介大臣が、18歳年下の元妻に対してモラハラ行為を行っていたという疑惑が週刊誌で報道されました。特に、婚姻時にはすでに離婚届を元妻に書かせることを強要しており、結婚後に元妻が出産するとその2カ月後には離婚届が提出されていた、という内容が注目されています。 このように、近年よく耳にするようになったモラ [全文を読む]

「電撃更迭」でも安倍政権への影響は甚大だ ボディブローのように効いてくる可能性

東洋経済オンライン / 2017年04月27日13時10分

この講演会では今村氏とともに、鶴保庸介沖縄及び北方対策担当相も話をしている。鶴保氏も昨年8月の大臣就任早々、家庭問題が週刊誌で暴かれたほか、普天間基地の辺野古移設が遅れた場合は「予算額を減らすのは当然」などと発言したことが問題視された。よって今回の講演は二階派のこの2人の大臣にとって、「汚名返上のチャンス」でもあったのだ。それゆえだろうか、壇上にあって復興 [全文を読む]

「がん」「キノコ」「愛人」 安倍内閣“今週の失言”を総チェック!

文春オンライン / 2017年04月22日11時00分

結局、山本地方創生相は発言を撤回して陳謝したが、今村雅弘復興相の「(自主避難者が故郷に戻っていないことについて)本人の責任」、鶴保庸介沖縄北方担当相の「土人発言、差別と断定できない」「(政府と沖縄県の訴訟について)早く片付けてほしいということに尽きる」、務台俊介内閣府政務官兼復興政務官(後に辞任)の「長靴業界はだいぶもうかった」に続く閣僚からの問題発言に [全文を読む]

3月4日(土)・3月5日(日)『沖縄空手会館』開館 落成記念式典・関連イベント開催レポート 「空手発祥の地・沖縄」を世界に発信

PR TIMES / 2017年03月08日12時35分

翁長雄志沖縄県知事の式辞に続き、来賓の代表として内閣府特命担当大臣・鶴保庸介氏をはじめとする5名の方に祝辞をいただきました。祝辞では、海外にも広まった沖縄の文化である空手の殿堂が落成したことを喜び、今後空手の聖地として世界から空手家が集まることや、未経験の方にも空手を知っていただく機会になると、空手会館への期待が寄せられました。[画像2: https:/ [全文を読む]

安倍首相、麻生副総理、二階幹事長による菅氏の実権剥奪作戦

NEWSポストセブン / 2017年03月01日16時00分

二階派の鶴保庸介・沖縄担当相も官房長官より親分の二階さんに顔を向けており、主導権はいまや二階さんが握っている」(自民党幹部) これも事実上の菅氏の棚上げといっていい。自民党内では、安倍首相が不祥事続きの現内閣の人心一新のために3月の予算成立後に内閣改造に踏み切るという見方が急浮上した。この改造人事が安倍―菅関係を決定的な事態に追い込む可能性がある。 菅氏 [全文を読む]

黒柳徹子が「琉球新報」で「どんなことがあっても沖縄の意見を尊重すべき」「平和憲法は絶対に変えてはいけない」

リテラ / 2017年01月08日12時00分

だが、鶴保庸介・沖縄担当相が「土人」発言を「差別と断定できるものではない」などと擁護するなど、安倍政権は沖縄への差別的弾圧を正当化している。 そんななか、あの黒柳徹子が沖縄の基地問題について発言し、話題になっている。沖縄の地元紙「琉球新報」が3日付で黒柳のインタビューを掲載。そこで黒柳は、戦争と平和について語るとともに、沖縄の基地建設問題について、言葉を選 [全文を読む]

安倍総理が「師・小泉純一郎」を超える日

日刊大衆 / 2017年01月08日11時00分

加えて、山本有二農水相の「TPP強行採決」発言や鶴保庸介内閣府特命担当相の「差別用語」発言など、閣僚の失言も相次いでいる。 [全文を読む]

熟女猫・小池都知事にやられっぱなしの窮鼠・都議会自民党

メディアゴン / 2016年12月15日07時40分

【参考】<女性・交通違反・金・発言>鶴保庸介大臣は「問題の総合商社」まず、小池さんが一生懸命メモをとる姿も、いささかフェイントのニオイがしませんか? 長時間しかも早口の質問ですが、やってみると質問だけをメモするならさほど難しくはありません。知事でなく事務方が答える質問もたくさんあります。そもそも重要問題だけメモすれば、あとはアドリブ力の高い小池さんならあの [全文を読む]

【永田町炎上】沖縄振興費の”恩恵”を忘れたヘリパット反対派の無法ぶり

デイリーニュースオンライン / 2016年11月12日20時15分

菅義偉官房長官や鶴保庸介沖縄相は「基地問題と沖縄振興予算は関連する」との「リンク論」で揺さぶりをかけながらも、2017年度の概算要求で今年度比4.2%減の3210億円を確保している。無論「原資」は大企業や高額所得者の多い首都圏や近畿圏で徴収された税金だ。 だが、翁長雄志知事をはじめ沖縄県民の多くは「沖縄だけが本土決戦を強いられ、民間人を含め人口の4分の1 [全文を読む]

JAXA大西宇宙飛行士「自分が人類の文明の発展に貢献できるような実験や研究に従事していることを誇りに思う」 リアルタイム交信イベント書き起こし

ニコニコニュース / 2016年10月26日23時53分

若田光一宇宙飛行士/ISSプロジェクトマネージャー、松野博一文科大臣、鶴保庸介宇宙政策担当大臣等と大西氏の交信の様子をお届けします。すべての写真付きでニュースを読む若田: 国際宇宙ステーションの大西さん。こちらは国立科学博物館です。松野文部科学大臣、鶴保宇宙制作担当大臣を始め、皆さんが回線がつながるのを心待ちにしていました。大西: 若田さんこんばんは。松野 [全文を読む]

「SIPシンポジウム2016~日本発の科学技術イノベーションが未来を拓く~」を開催

PR TIMES / 2016年10月05日11時29分

開会にあたり、鶴保庸介大臣(内閣府特命担当(科学技術政策))が、「政府は、経済政策の目標としてGDP600兆円の達成を掲げているが、科学技術イノベーション政策は、成長戦略の重要な柱、エンジンだと考えている」と挨拶。また、開催前日に発表された東京工業大学大隅良典栄誉教授のノーベル医学生理学賞の受賞に祝意を示すとともに、「我が国が世界で最もイノベーションに適し [全文を読む]

スピード違反で謝罪した鶴保北方相を韓国が称賛!=「本当にうらやましい」「韓国と比較してしまう…」

Record China / 2016年09月07日11時30分

2016年9月6日、韓国・SBSが「日本の鶴保庸介沖縄北方担当相が高速道路で速度違反をしたとして、国民に謝罪した」と伝え、韓国で話題となっている。 鶴保氏は大臣就任前の7月上旬、大阪府内の高速道路で制限速度80キロのところを40キロ以上上回る速度で運転したとして、道路交通法違反の疑いで書類送検された。 鶴保氏は6日に会見を開き、「大変申し訳なく思っている。 [全文を読む]

「SIP(戦略的イノベーション創造プログラム)シンポジウム2016」10月4日(火)開催決定のお知らせ

PR TIMES / 2016年09月01日11時22分

『SIP(戦略的イノベーション創造プログラム)シンポジウム2016』 ~日本発の科学技術イノベーションが未来を拓く~ 開催概要 ■名称: SIP(戦略的イノベーション創造プログラム)シンポジウム2016 ~日本発の科学技術イノベーションが未来を拓く~ ■日時: 2016年10月4日(火)10:00~18:00(開場:9:00) ■会場: 品川インターシテ [全文を読む]

鶴保沖縄相 出産直後離婚の元妻怒らせた養育費滞納の言い分

NEWSポストセブン / 2016年08月29日07時00分

本誌・週刊ポスト前号(8月19日発売号)が報じた、〈鶴保庸介・沖縄・北方担当大臣が捨てた「18歳年下妻」と「2歳の息子」〉というスクープ記事が、官邸を揺るがした。 「週刊ポストの発売前に、内閣情報調査室が大慌てで、情報を集めていた。“2か月で離婚? 何のために結婚したのか”“なぜいままで隠していたのか”などと、過去の大臣らが問われた不倫や金銭スキャンダルと [全文を読む]

鶴保庸介沖縄北方相が元妻に信じがたいモラハラ! 入籍時の「離婚届署名」強要以外にも卑劣な行為

リテラ / 2016年08月27日14時03分

8月の内閣改造で沖縄・北方担当相に抜擢された鶴保庸介大臣。しかし、この新大臣のキチクぶりは想像以上だった。例の「入籍即、離婚騒動」をめぐって、もっととんでもない事実が発覚したのだ。 この問題を最初に報道したのは「週刊ポスト」(小学館)9月2日号。2014年2月、18歳年下の萩原美穂さん(仮名)とデキ婚した鶴保大臣だが、わずか2カ月後に勝手に離婚届けを提出。 [全文を読む]

フォーカス