北島三郎のニュース

【星野哲郎作詞作品】シングル44タイトルをMEG-CDにて復刻!

DreamNews / 2014年11月19日09時30分

今回は第六弾として北島三郎のシングル31タイトルを含む全44タイトルをMEG-CDで復刻し2014年11月19日より販売を開始いたします。発売商品★印の楽曲が星野哲郎作詞作品になります。北島三郎■銀座の庄助さん 収録曲:1. 銀座の庄助さん 2. 遠き灯り★ CRMEG-10702 価格 :¥1,000+税■喧嘩辰 収録曲:1. 喧嘩辰★ 2. がんす横 [全文を読む]

天皇賞を制覇した北島三郎の馬主愛 「悪いんだけど、どう見ても俺の馬が一番良く見えて(笑)」

週プレNEWS / 2016年05月28日06時00分

そのレースの2日前に発表された旭日小綬章の受章に続き、栄誉ある天皇盾を下賜されたオーナーの北島三郎が競馬愛を語り尽くした60分。「あいつは俺に似て男っぷりがいいからさ」と鼻の穴を広げてみせるところは、なるほど、愛馬キタサンブラックとうりふたつだった。 * * * ―天皇賞制覇、おめでとうございます! 北島 1頭、後ろから来ていた馬がいたでしょ。「追い越す [全文を読む]

【船村徹作曲作品】シングル22・アルバム2タイトルをMEG-CDにて復刻!

DreamNews / 2015年04月22日10時00分

http://meg-cd.jp/artist/kitagawa_megumi/北島三郎■北の大地 収録曲:1. 北の大地 2. 北の大地( カラオケ) 3. 若かりし母の歌 4. 若かりし母の歌( カラオケ) CRMEG-10880 価格 :¥1,000+税タイトルの詳細は、下記のURL を御覧ください。収録されている全楽曲の試聴が可能です。http:/ [全文を読む]

北島三郎、【クラウンヒット賞】で話題のオオカミバンドMAN WITH A MISSIONを激励

リッスンジャパン / 2012年02月10日18時00分

北島三郎 - アーティスト情報昭和38年の創業当時から続く伝統行事として、今年で48回目を迎えたこの贈呈式。今回は平成23年度に日本クラウンからリリースされた作品を対象に、業績に寄与した作品が表彰され、演歌・歌謡曲部門から、昨年芸道50周年を迎えた北島三郎、同じく40周年を迎えたイルカ、J-POP部門からは、謎のオオカミバンドとして注目を集めるMAN WI [全文を読む]

【DAM 音源カラオケベストシリーズ】16タイトルをMEG-CDで発売!

DreamNews / 2016年08月24日10時00分

発売商品■DAMカラオケベスト 演歌・歌謡曲 Vol.34 品番:DAM-EK034 収録曲:1.長崎の鐘/藤山一郎 2.懐しのブルース/高峰三枝子 3.喫茶店の片隅で/松島詩子 4.雨の夜汽車/奈良光枝¥5.君待てども/平野愛子 6.蘇州夜曲/渡辺はま子 7.みかんの花咲く丘/童謡 8.高原の旅愁/伊藤久男 9.古き花園/二葉あき子 10.小判鮫の歌/小 [全文を読む]

北島三郎がダウンタウンに激白!紅白で最も許せなかった出演者とは?

アサ芸プラス / 2016年08月10日09時58分

歴代最多記録を持つ北島三郎。紅白の歴史を作ってきた功労者と言っていいだろう。そんな北島が、これまでの紅白出場経験の中から「許せない、不愉快な事件」を激白。意外な答えに驚きの声が上がっている。 北島は8月5日、「ダウンタウンなう」(フジテレビ)にゲスト出演すると、紅白の思い出を語った。 それによると北島が許せないのは、2006年のDJ OZMAの出演シーン。 [全文を読む]

北島三郎、吉澤嘉代子らが日本クラウンヒット賞贈呈式に登場

okmusic UP's / 2016年02月02日18時00分

【その他の画像】MAY'S北島三郎、鳥羽一郎、三山ひろし、川野夏美、津吹みゆ、predia、クリフエッジ、MAY'S、吉澤嘉代子、ななみ、Yun*chi、フラチナリズムら所属アーティストが出席した。 受賞者を代表して挨拶した北島三郎は、「あっという間の一年でした、芸事はこれで良いということはない、どこまでも遠い道を歩いて行くのが芸の道。皆さんのエネルギーに [全文を読む]

森進一、最後の『紅白歌合戦』メディア取材対応なしに、実は記者たち大喜びだった!

日刊サイゾー / 2016年01月18日13時00分

森は48回連続で紅白に出演し続け、2013年に北島三郎が紅白卒業をしてからは、まさに紅白の顔となる重鎮となった。しかし、昨年12月4日に所属レーベルの公式サイトで歌手生活50周年を迎えたことを理由に、「この区切りの良い年を最後のステージとして、紅白歌合戦から身を引かせていただきたいと決意したところです」と、“卒業”の意思を示していた。 「毎年、紅白の現場 [全文を読む]

サブちゃんの熱い歌声をカラオケで体感 北島三郎の「まま音」続々登場

PR TIMES / 2015年08月27日13時19分

「まつり」「北の漁場」を含む15曲を8/30より順次配信 株式会社第一興商(東京都品川区 代表取締役社長 林 三郎)は、通信カラオケシステム「LIVE DAM STADIUM」と「LIVE DAM」に、北島三郎のコンサート映像と併せ、本人の歌声をそのまま楽しめるカラオケコン テンツ「まま音」を、8月30日から順次配信します。 [画像: http://prt [全文を読む]

紅白最も歌われた歌 8回3曲『河内おとこ節』『天城越え』等

NEWSポストセブン / 2014年12月23日16時00分

【1位/8回】 『河内おとこ節』(中村美律子) 『天城越え』(石川さゆり) 『津軽海峡・冬景色』(石川さゆり) 【2位/7回】 『帰ろかな』(北島三郎) 『風雪ながれ旅』(北島三郎) 『兄弟船』(鳥羽一郎) 『さそり座の女』(美川憲一) 『おふくろさん』(森進一) 【3位/6回】 『まつり』(北島三郎) 『あの鐘を鳴らすのはあなた』(和田アキ子) 『北国 [全文を読む]

【星野哲郎作詞作品】シングル99タイトルをMEG-CDにて復刻!

DreamNews / 2014年07月16日12時00分

今回は第一弾として北島三郎のシングル39タイトルを含む全99タイトルをMEG-CDで復刻し2014年7月16日より販売を開始いたします。発売商品 北島三郎■度胸船 収録曲:1. 度胸船 2. 男の涙 CRMEG-10268 価格1,000+税■どんぞこ 収録曲:1. どんぞこ 2. おゝわが友よ CRMEG-10269 価格1,000+税■勝負師 収録曲 [全文を読む]

北島三郎「歌い続けるため…」座長公演半世紀の歴史に幕

WEB女性自身 / 2014年04月21日23時00分

4月21日、演歌歌手の北島三郎(77)が『北島三郎最終公演』の制作発表を行い、約半世紀にわたり上演してきた座長公演に幕を下ろすことを宣言した。1968年よりスタートした公演は通算4468回を記録している。北島は、今回を“集大成”とし、1カ月におよぶ長期公演から身を引くことを決意。「芸能生活50周年を迎えていたときから考えていた」という。会見中、北島は「引退 [全文を読む]

大島優子は楽屋で一人“卒業宣言リハ”…紅白舞台裏ハプニング

WEB女性自身 / 2014年01月08日07時00分

“サブちゃん”こと北島三郎の紅白引退や、『あまちゃん』復活などの目玉企画にくわえ、AKB48・大島優子の突然の“卒業宣言”まで飛び出し、ひさびさに“テレビの力”を感じさせた5時間だった。その舞台裏では、リハ&本番の合計3日間、次々とハプニングが起きていた!松岡昌宏(36)親友ふなっしーと再会もハグは拒否! ふなっしーとは、何度も共演したことがあるTOKIO [全文を読む]

演歌の大御所そろい踏み!日本クラウン創立50周年記念コンサート開催

okmusic UP's / 2013年08月11日08時00分

北島三郎、水前寺清子、西郷輝彦、所属歌手35人が出演した。【その他の画像】北島三郎第一部オープニングは、水前寺清子の「涙を抱いた渡り鳥」からスタート。その後も瀬川瑛子「命くれない」、三山ひろし「男のうそ」、キム・ヨンジャ「陽は昇る」、美川憲一「さそり座の女」、「生きる」など、ヒット曲が続々披露され、第一部のトリは、水前寺の「三百六十五歩のマーチ」を会場と一 [全文を読む]

「芸歴30年」堂本剛の意外な“子役時代”

日刊大衆 / 2017年05月05日15時05分

89年と90年に上演された『北島三郎特別公演』では、演歌界の重鎮、北島三郎と親子役で出演。当時、北島からは「ごはん、食べてるか」と気にかけてもらったり、楽屋でごちそうしてもらったりしていたそうだ。 ジャニーズに入り、KinKi Kidsを結成した剛は、97年にデビュー。シンガーソングライターとして『街/溺愛ロジック』をリリースし、ソロデビューも果たしている [全文を読む]

「賞金12億円」北島三郎の愛馬は“事務所の稼ぎ頭”!?

日刊大衆 / 2017年04月27日06時05分

師匠であり義理の父親でもある、演歌歌手の北島三郎(80)の愛馬、キタサンブラックについて語り、ダウンタウンの松本人志(53)と浜田雅功(53)らを驚かせた。 今回の番組は、年に1度の沖縄での公開収録で、芸能人たちの自宅や朝食、夜の顔について捜査して私生活を暴くというもの。まずは“芸能人のこだわりルーム”というテーマで、北山の楽器部屋をVTRで紹介。ピアノ、 [全文を読む]

競馬界席巻の北島三郎vs大魔神・佐々木 対象的な馬主哲学

NEWSポストセブン / 2017年04月11日07時00分

今年から新設されたGI・大阪杯で初代王者に輝いたのは歌手・北島三郎所有のキタサンブラックだった。昨年のJRA年度代表馬は、今回の勝利でGI4勝目、生涯獲得賞金は歴代8位の11億9048万5000円となった。 「キタサンブラックの購入価格は800万円前後と言われています。そんな馬が10億円以上稼いだわけです。まさに“ジャパニーズドリーム”を体現する存在です」 [全文を読む]

北島三郎 盛岡公演振替公演のお知らせ~ファンの方々へメッセージ~

PR TIMES / 2017年01月18日16時33分

延期させて頂いた「北島三郎 盛岡公演」は、下記の日程にて盛岡公演の振替公演を実施致します。 [画像: https://prtimes.jp/i/12870/39/resize/d12870-39-488512-0.jpg ] 芸道五十五周年 北島三郎コンサート ~ありがとう~ 2017年2月24日(金) 岩手県民会館大ホール 【昼の部】 開場13:30/開 [全文を読む]

北島三郎「規格外すぎる!」豪快エピソード

日刊大衆 / 2016年10月24日16時00分

その前日4日に80歳の誕生日を迎えた歌手・北島三郎が「芸道55周年『感謝の宴』」を開催し、各界の著名人700人が駆けつけ、祝福したのだ。「安倍晋三首相も来場し、“日本の大切な演歌を最前線で大黒柱として支えていただいたのが北島三郎さんです。今後もさらに飛躍していただきたい”と祝辞を述べていたのには驚きました」(音楽関係者) 印象的だったのは、北島を囲んで大勢 [全文を読む]

竹中直人、北島三郎、田口浩正も昔は芸人だった!大物タレントの「赤面黒歴史」

アサ芸プラス / 2016年10月10日17時59分

2人は東京・六本木のショーパブで腕を磨いていたんです」(放送作家) 超意外なのは、“演歌界の大御所”北島三郎だ。芸能界デビュー後の不遇時代は、「ゲルピンちん太・ぽん太」という漫才師だった。北島は、「ぽん太」だ。1961年当初、歌の師匠だった作曲家・船村徹が、弟子2人に度胸をつけさせるために、笑いの道へ進ませた。船村が台本まで書いたが、鳴かず飛ばずのまま3日 [全文を読む]

フォーカス