里見治のニュース

「サトノ」セガサミー会長・里見治氏が巨額の申告漏れで国税調査! 「だからG1勝てない」の声と、スーパー馬主・金子真人氏との「比較」まで......

Business Journal / 2016年09月15日13時00分

15日、パチンコ・ゲーム機器大手セガサミーホールディングスの会長である里見治氏が、東京国税局の税務調査を受け、金融商品の売却などに関連して所得税約30億円の申告漏れを指摘されたことが分かった。 過少申告加算税などを含めた追徴税額は十数億円となり、莫大な金額が動くこととなりそうだが、パチンコ機器の中でももっとも勢いに乗るグループのトップである里見氏からすれば [全文を読む]

日本の長者番付 2代目、3代目の常連化が経済硬直を体現

NEWSポストセブン / 2017年04月20日16時00分

パチンコ・パチスロ機の製造業では、SANKYOの毒島秀行氏が8位(総資産4660億円)、ユニバーサルエンターテインメントの岡田和生氏が18位(2440億円)、平和の石原昌幸氏が28位(1440億円)、三洋物産の金沢要求氏兄弟が44位(1070億円)、セガサミーHDの里見治氏が45位(1050億円)に入った。パチンコホールなど遊技場の経営では、マルハンの韓 [全文を読む]

日本長者番付クローズアップ パチンコ王・里見治が挑む大ばくち

Forbes JAPAN / 2017年04月07日07時30分

パチンコ王で馬主の里見治が打った大ばくちが、ついに実を結ぶかもしれない。今年の日本長者番付では資産額9億3000万ドル(約1030億円)で45位につけた里見。会長兼最高経営責任者(CEO)を務める遊技機・ゲーム大手のセガサミーホールディングスは今月、韓国のカジノ運営会社パラダイスグループと共同で、韓国初の統合型リゾート(IR)施設「パラダイスシティ」をソウ [全文を読む]

長嶋茂雄 驚異的な回復の証!?「競馬パーティ」の主賓席でステーキをペロリ!

アサ芸プラス / 2017年03月19日17時56分

「セガサミーホールディングスの里見治会長(75)は、昨年の菊花賞、有馬記念の勝ち馬サトノダイヤモンドの馬主としても知られていますが、昨年、馬主歴数十年にして、悲願のGIタイトルを初めて獲得。その祝賀の集いでした。ミスターは毎年7月に行われる男子プロゴルフトーナメント『長嶋茂雄招待セガサミーカップ』の大会名誉会長を務めるなど、里見氏と交遊があるため、今回、招 [全文を読む]

日本のIRは日本企業が運営してこそ国益に適う――里見 治(セガサミーホールディングス会長兼社長)

経済界 / 2017年03月10日09時00分

そこで、セガサミーホールディングスの里見治会長兼社長に話を聞いた。―― 韓国で建設を進めている「パラダイスシティ」が4月20日にオープンします。里見 何としても成功させなければなりません。今は成功への期待と、ごく一部の不安があります。パラダイスシティは、仁川空港に隣接しており、立地的に十分恵まれています。また、合弁相手で、ウォーカーヒルなどのカジノで実績 [全文を読む]

<JAEPO2017開催直前・主催イベント情報>一般公開日には!過去最多の主催者イベントを開催!!

PR TIMES / 2017年02月03日15時52分

「天下一三大祭」「天下一物販」「クレーンゲーム体験」観て、買って、プレイして、2日間“遊びまくれ!”2017年2月11日(土)・12日(日)、幕張メッセジャパン アミューズメント エキスポ協議会(東京都千代田区、会長:里見治)が主催する、“国内最大”のアミューズメント・エンターテインメント産業総合展示会「ジャパン アミューズメント エキスポ2017(略称: [全文を読む]

今年は「闘会議2017」と“初合同開催”!会期も延長! 「ジャパン アミューズメント エキスポ2017」開催!!

PR TIMES / 2017年01月31日09時13分

~国内最大のアミューズメント・エンターテインメント産業総合展示会~2017年2月10日(金)~12日(日) 幕張メッセ・展示ホール2・3ジャパン アミューズメント エキスポ協議会(東京都千代田区、会長:里見治)は、2017年2月10日(金)~12日(日)の3日間、国内最大のアミューズメント・エンターテインメント産業総合展示会「ジャパン アミューズメント エ [全文を読む]

国内最大のアミューズメント・エンターテインメント業界展示会と、ゲームファンとゲーム大会の祭典が初の合同開催!!

PR TIMES / 2016年12月15日15時32分

【JAEPO×闘会議2017】ジャパン アミューズメント エキスポ 20172017年2月10日(金)~12日(日) 幕張メッセ 展示ホール2・3[画像1: http://prtimes.jp/i/6458/16/resize/d6458-16-330613-0.jpg ]ジャパン アミューズメント エキスポ協議会(東京都千代田区、会長:里見治)は、201 [全文を読む]

小池百合子「豊洲移転撤回」&「カジノ設置」のシナリオ

日刊大衆 / 2016年12月06日18時00分

一方、カジノへの関心を隠さない『セガサミー』の里見治会長は、小池氏の有力な支援者の一人として知られています」(前同) 小池知事は本気だが、それもそのはず。「近頃、“インバウンド戦略”といわれる訪日観光客に向けたマーケティングにおいても、娯楽産業は重要。中でもカジノは、2020年の東京五輪以降、消費が冷え込むと目される中、景気浮揚の起爆剤ともなりえます。やや [全文を読む]

カジノ法案が審議2日で強行採決! 背後に安倍首相とカジノ利権狙う“パチンコのドン“セガサミー会長の癒着

リテラ / 2016年12月02日16時19分

そのドンとは、パチンコ・パチスロ最大手であるセガサミーホールディングス会長で、米経済誌・フォーブスが発表する「世界の富豪」ランキング常連の里見治氏である。昨年1月には里見会長の自宅に銃弾が撃ち込まれるという発砲事件が起こったが、このときこぞって週刊誌が"カジノ利権の争いが事件の背後にあるのでは"と書き立てている。 事実、セガサミーは、2012年に韓国のカ [全文を読む]

「カジノ法案」成立間近!? 安倍首相とパチンコ大手の“思惑”

日刊大衆 / 2016年10月11日18時00分

「セガサミーは、会長の里見治氏が小池都知事の有力支援者で、娘の結婚式に安倍晋三首相が出席するなど、政界に影響力が強く、参入に有利とみられていました」(前出の政治部記者) 一方のユニバーサルエンターテインメントは、「かつて、米ラスベガスのカジノではスロットのシェアはトップクラスで、ノウハウ面ではかなりリード。そのため、セガサミー側は同社の協力が必要と判断し [全文を読む]

築地問題の裏で小池百合子都知事の驚天計画が浮上!(2)トドメは「違法建築の疑い」

アサ芸プラス / 2016年09月14日05時55分

パチンコ業界が下火ということもあり、両社が手を組んでカジノ議連のメンバーにカジノ建設の陳情をしているそうです」(前出・ジャーナリスト) ちなみにセガサミー・里見治会長の娘・有紀恵さんと経済産業省官僚だった鈴木隼人氏(現在は自民党衆院議員)の、13年9月の結婚式には、菅氏のほか、安倍総理らカジノ議連の議員が大挙して出席。さらには、「里見会長は小池氏の有力な支 [全文を読む]

パチンコのフィールズ赤字が大幅拡大! 馬主業もまったく冴えず、里見治氏と「明暗」くっきり

Business Journal / 2016年08月03日10時00分

一方、馬主の里見治氏でも有名なセガサミーホールディングスが発表した4~6月期の連結決算は、最終損益が41億円の黒字(前年同期は79億円の赤字)。売上高は前年同期比33%増の706億円だった。パチンコのみならずスマートフォンゲームなどでも収益を伸ばし、業界では「1人勝ち」の様相である。 2014年まで、フィールズに対しセガサミーは独占販売契約を結んでいたが [全文を読む]

豪快!創業家社長 6000万円クルーザー、2.5億円競走馬保有

NEWSポストセブン / 2016年07月14日07時00分

2トップの他にもランキングではトヨタ自動車の豊田章男・社長(60・16位の3億2700万円)の、セガサミーホールディングスの里見治・会長兼社長(74・4位の17億2200万円)など大株主である「創業家社長」の名前が目立つ。豊田氏も里見氏も役員報酬の3倍近い額を配当で受け取っている。 お金の使い方も豪快だ。 「プライベートでも車好きの豊田氏はカーレーサーと [全文を読む]

セレクトセール2億円だろうが未勝利は未勝利! あのエアスピネルより評価されていたサトノケンシロウの切ない現在

Business Journal / 2016年07月11日17時00分

オーナーの里見治氏も大きな期待を寄せていたに違いない。 デビュー前から馬体には風格があり、関係者の間でも同い年で朝日杯FSで2着だったエアスピネルよりも「上」と評価する声が多かった。待望のデビュー戦、ファンも大いに注目していたのだが……。 3歳2月のデビュー戦を4着に敗れると、続く未勝利戦を3着、その後2戦も連続2着と、未勝利状態を脱することができないまま [全文を読む]

不正改造で72万台撤去、生き残り懸けた合併・提携、さらには股間露出で逮捕!? 沈みゆくパチンコ業界を憂う

Business Journal / 2016年07月07日15時00分

競馬における馬主業でも、以前は競馬界を席巻するかのごとくパチンコ馬主が多かったが、現在目立つのはセガサミーの里見治会長くらいのもの。ここにもパチンコ不況の雰囲気が出ている。 さらに、これはパチンコ業界とは直接関係のない話ではあるが、福島県立小名浜高校の教頭・古川直樹容疑者(51)が、パチンコ店内で下半身の一部を女性店員に露出して逮捕された。古川容疑者は同 [全文を読む]

2億円の馬が実際は1億円? ファンを欺くセレクトセールの裏事情とは

Business Journal / 2016年07月06日19時00分

競合するだろうが兄を所有する里見治氏が1億円超えで落札濃厚。・1日目 71番ギャビーズゴールデンギャルの2015--------------------------------母ギャビーズゴールデンギャルはアメリカでG1レース2勝。同じディープインパクト産駒の兄(現2歳)の評価も高く同馬も億超えが濃厚。・1日目 107番オーサムフェザーの2015----- [全文を読む]

景気も関係ない日本経済の“桃源郷“。毎年2日間で売上げ100億超えを誇る日本一の競走馬セリ市『セレクトセール』には外国の王族もご来店

Business Journal / 2016年07月05日08時00分

落札したのはセガサミーの社長・里見治氏だ。他にも武豊や池添謙一を始めとする競馬関係者はもちろん、馬主を兼業する大企業の重役クラスが一堂に会し、さながら社交場の雰囲気だったようだ。 これが我々一般市民にとって“はるか遠くの世界の出来事”であることは理解できる。ただ、何故『セレクトセール』だけが、まるで経済の“桃源郷”のように不況の波に左右されることなく、驚異 [全文を読む]

皐月賞(G1)2年連続で騎乗停止のM・デムーロ騎手。本当に「ゴメンナサイ」したい相手は......

Business Journal / 2016年04月20日12時00分

ただ、そんなルメール騎手よりもさらに2年連続で“後味の悪い思い”をさせられているのは、パチンコ・パチスロ大手メーカーのセガサミーホールディングスの代表取締役会長兼社長を務める里見治氏ではないだろうか。 里見氏は「サトノ」の冠名で知られる大馬主であり、前述したサトノクラウンとサトノダイヤモンドは里見氏の所有馬。それも近年は毎年のように重賞を勝ちまくっている [全文を読む]

本番直前でサトノダイヤモンド陣営に大きすぎる暗雲! 「目標は日本ダービー」が現実味を帯びてきたか......

Business Journal / 2016年04月16日14時00分

もともと、サトノダイヤモンドには「父ディープインパクトの産駒が、皐月賞を勝っていない」ことや、「多数の良血馬を所有する馬主の里見治氏が、未だG1を勝てていない」「初の関東遠征」など、様々な不安要素が語られてきた。 ただ、それでもサトノダイヤモンドが見せた、これまでのパフォーマンスはそんな「常識論」を吹き飛ばしてしまうほど素晴らしいものであり、まさに「デー [全文を読む]

フォーカス