柴門ふみのニュース

大ヒット「東京ラブストーリー」から25年・・・柴門ふみ氏による、今のリカとカンチを描いた特別読切が掲載!~無料試し読みキャンペーンも同時開催~

@Press / 2016年01月25日11時00分

株式会社小学館(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:相賀昌宏)は、週刊ビッグコミックスピリッツの創刊35周年を記念し、1月25日発売の「週刊ビッグコミックスピリッツ」9号にて、25年前に完結した「東京ラブストーリー」(著者:柴門ふみ)の続編となる特別読切「東京ラブストーリー~After 25years~」を掲載いたします。 また、これに合わせて1月25日 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】田村淳が疑問。“働く女性の不倫経験者が多い”事実に、「なぜ矢口真里は叩かれるのか?」

TechinsightJapan / 2015年04月23日20時25分

バブル期に若い女性の等身大の恋愛を描き、同世代の絶大な支持を得て「恋愛の教祖」と呼ばれた、漫画家でエッセイストの柴門ふみ。あれから25年あまりが過ぎ、現在の働く女性の恋愛はどう変化しているのか。彼女が2年間の徹底した現場取材で驚いたのが、“不倫経験者が異常に多い”という事実であった。 2015年3月に出版された漫画エッセイ『柴門ふみの解剖恋愛図鑑』(毎日新 [全文を読む]

なかなか恋ができない女性が、彼氏を作るためにするべきこと

恋学 / 2014年08月15日03時00分

恋愛を楽しむための3ルール人気漫画家の柴門ふみさんは、著書「大人の恋力」で、「惚れた腫れたの恋愛をいつまでも楽しめる人は全体の15%にすぎない」と述べてらっしゃいます。それはつまり、残りの85%は恋下手女性、あるいは予備軍だという意味。 また、柴門ふみさんいわく、恋に積極的な“15%”の女性たちに共通するのは、「恋愛に貪欲であること、そしてそのための努力 [全文を読む]

【TBSオンデマンド】木曜ドラマ劇場「同窓生~人は、三度、恋をする~」7月12日(土)よる10:00より見逃し配信スタート!!

PR TIMES / 2014年07月11日15時57分

柴門ふみ原作の大人のラブストーリー!TBSテレビの動画配信サービス「TBSオンデマンド」では、7月12日(土)よる10:00より、井浦新主演の木曜ドラマ劇場「同窓生~人は、三度、恋をする~」の見逃し配信を開始します。本作は、恋愛漫画の巨匠・柴門ふみの同名作をドラマ化したもので、25年ぶりの同窓会で再会した4人の男女による大人のラブストーリー。大人になって見 [全文を読む]

柴門ふみ 自分の体を通過した言葉じゃないとダメ

NEWSポストセブン / 2017年03月16日16時00分

女性セブン1月5日発売号からスタートした柴門ふみさんの描き下ろし連載漫画『恋する母たち』。 その物語はこんな感じだ──。石渡杏(45才)は学生時代の先輩・慎吾(47才)と恋愛結婚。長男にも恵まれて、幸せな家庭生活を送っていた。だが、結婚8年目のある日、夫・慎吾が突然、ほかの女性と駆け落ち。杏は、その駆け落ちした女性の夫・斉木(40才)と2度の肉体関係を持っ [全文を読む]

柴門ふみ 自分の死期を5年毎に区切り人生シミュレーション

NEWSポストセブン / 2017年01月12日11時00分

《〈自分に似合って、痒くなく、痛くもない服〉それが、昨今の私の服選びの基準となった》 《「二十五年も三十五年も、そう変わらない」そんな風に感じてしまう人間になってしまったのだ》 女性セブンで『恋する母たち』を連載中の柴門ふみさん(59才)が昨年12月に上梓した『老いては夫を従え』(小学館)が話題になっている。 今年、還暦を迎える柴門さんが「老い」を受け入れ [全文を読む]

柴門ふみ 女性セブンの新連載漫画『恋する母たち』を語る

NEWSポストセブン / 2017年01月06日16時00分

『東京ラブストーリー』や『あすなろ白書』などで知られる漫画家の柴門ふみさんの描き下ろし新連載漫画『恋する母たち』が、1月5日(木)発売の女性セブンではじまった。 小中高一貫のエリート男子校に通う息子を持つ母親たちの物語。主人公の石渡杏(いしわたり あん)は、夫以外の男性と恋に落ちて不倫関係になってしまう…。 なぜ不倫をテーマにした漫画を描こうと思ったのか。 [全文を読む]

大人の純愛?ゲス?独女、W不倫…パターン別・今読みたい「不倫漫画」6選

ココロニプロロ / 2016年12月05日21時30分

◆40歳、2組の男女、それぞれのオトナの恋愛◎柴門ふみ・著『同窓生 人は、三度、恋をする』数多くのドラマ化原作を持つ柴門ふみさんが描く不倫物語。こちらも2014年にドラマ化されています。主な登場人物は、中学校の同窓会で再会した40歳の健太、あけひ、遼介、薫子の4人。バツイチ・独身の健太と、元カノであり現在は夫と子どものいるあけひ。イケメンで妻子持ちの遼介と [全文を読む]

千堂あきほ『東ラブ』続編オファー来ても丁寧に断るつもり

NEWSポストセブン / 2016年11月25日16時00分

織田裕二や鈴木保奈美主演でドラマ化し、大ブームとなった柴門ふみさんの漫画『東京ラブストーリー』。それから25年、現在女性セブンでは続編となる『東京ラブストーリーAfter25years』が連載中だ。 ドラマ版で、カンチの同級生・三上健一(江口洋介)と結ばれる医大生・長崎尚子を演じたのが、千堂あきほ(47才)。当時、学園祭クイーンとして大学の学園祭に引っ張り [全文を読む]

「嫌いな男の砂糖より、好きな男の塩がいい」こじらせてばかりいないで素直になれる”恋する女の深い言葉”【マリリン・モンロー、乙羽信子、マツコ・デラックス…】

ダ・ヴィンチニュース / 2016年04月15日11時00分

映画のワンシーンのような表紙のこの本は、『恋する女(ひと)のいい言葉』(大原千:著、柴門ふみ:監修/PHP研究所)である。 女に小さく(ひと)とふり仮名を振っていることで、恋する女を洗練させ、品位のある印象を与えている。大ヒットドラマ『東京ラブストーリー』の原作者、柴門ふみ氏の監修となれば、女性は思わず手に取りたくなるだろう。 サブ・タイトルの「嫌いな男の [全文を読む]

フォーカス