徳川吉宗のニュース

徳川吉宗が命名した江戸野菜“小松菜”の「小松菜土鍋飯」

ぐるなび / 2014年03月24日18時10分

青菜を“小松菜”と命名したのは、江戸幕府八代将軍の徳川吉宗。鷹狩りで小松川村を訪れた際、食した青菜の吸い物に感激して名付けたという。以来、小松川村(現・江戸川区)は小松菜の一大産地となっていった。こうした伝統は現在にも引き継がれ、地元の「日本料理 銀扇」では、国産の小松菜をふんだんに使った「小松菜土鍋飯」(要予約・ランチタイム不可)が人気を集めている。土鍋 [全文を読む]

松平健 暴れん坊将軍はなぜ斬らずに「峰打ち」なのか

NEWSポストセブン / 2016年12月02日16時00分

今回は、役者・松平健の代名詞ともなった時代劇シリーズ『暴れん坊将軍』の八代将軍・徳川吉宗に決まったころと、吉宗となったばかりのころの思い出について松平が語った言葉からお届けする。 * * * 松平健は1978年から代表作ともいえるテレビ時代劇『暴れん坊将軍』(テレビ朝日)に主演している。本作では、主人公の八代将軍・徳川吉宗を演じた。「『天守物語』という舞台 [全文を読む]

日本初の全国測量により作成された「幻の日本地図」といわれる「享保日本図」の測量原図を発見!【ふくやま草戸千軒ミュージアム】

PR TIMES / 2014年05月16日10時12分

これまで現存しないと考えられていた原寸大の享保日本図の測量原図を発見【ふくやま草戸千軒ミュージアム】 ふくやま草戸千軒ミュージアム(広島県立歴史博物館)が個人から寄託を受けた古地図コレクションの中に徳川吉宗ゆかりの「幻の地図」といわれる「享保日本図(日本で初めて全国を測量して作った日本地図)」の測量原図が見つかりました。 ふくやま草戸千軒ミュージアム(広島 [全文を読む]

西郷どんは4日後に戦争突入。歴史上の人物は40歳頃ナニしてた?

まぐまぐニュース! / 2017年04月18日17時57分

徳川吉宗(1684年11月27日-1751年7月12日) 吉宗40歳の1724年は、将軍になって8年、享保の改革まっただ中。小石川養生所の設置が1722年のことです。足高の制の施行が1723年。吉宗が規制した心中が流行した元凶とも言える、近松門左衛門が亡くなったのが、1725年です。 幕末に活躍したあの人達の40歳は? ◎佐久間象山(1811年3月22 [全文を読む]

究極にシュールな噺も!今こそ聴きたい「花見」を題材にした落語3つ

サライ.jp / 2017年04月05日11時30分

そこで庶民の不満が高まったところ、1717年に徳川吉宗が隅田堤と飛鳥山に相次いで桜を植えさせ、本格的な花見の慣習が始まったといわれる。他にも追って御殿山や愛宕山、小金井などの桜が評判を呼んだが、「花の雲 鐘は上野か 浅草か」と松尾芭蕉が詠ったことでわかるように、まずは上野と浅草(とその先の向島)が今と変わらぬ花見のメッカだった。花見は年に一度きりの、身分も [全文を読む]

日本人の桜好みは江戸の歌舞伎が育てた!? 「桜」を扱う歌舞伎の名演目3つ

サライ.jp / 2017年04月04日11時30分

その張本人は8代将軍・徳川吉宗と言われる。5代将軍・綱吉による「生類憐れみの令」の発布以降、途絶えていた鷹狩りを復興させた吉宗だが、そのために田畑が荒らされると農民らの不評を買った。そこで鷹狩りの場に桜を植え、農民が花見の客の対応で潤うよう仕向けたのだ。さらに、今では桜といえばソメイヨシノだが、これは江戸末期に今の駒込(染井村)で生まれた品種。それまでは桜 [全文を読む]

お花見用の酒といえばこれ!御祖酒造『遊歩 純米吟醸無濾過生原酒・花さかゆうほ』【今宵の一献 第24回】

サライ.jp / 2017年03月25日15時00分

江戸時代も元禄から享保にかけて8代将軍の徳川吉宗が、東は向島、北は飛鳥山、南は御殿山と、計画的に江戸の町に花見の名所を設けてからです。花見の宴は、じつは日本だけに特有の文化です。世界にはほとんど例がありません。例外的に外国で花見の飲食を楽しむのはブラジルなどの日系移民の社会に限られるのだそうですが、さて――。 朝もやの中に霞む山々の麓にある御祖酒造今頃から [全文を読む]

女性向けスマホパズルRPG『夢王国と眠れる100人の王子様』、『茜さすセカイでキミと詠う』が「JAEPO × 闘会議2017」にてスペシャルステージを開催決定!

PR TIMES / 2017年02月10日19時14分

2.「茜さすセカイでキミと詠う」クローズドβテスター募集開始記念キャンペーン第二弾を開催!【キャンペーン概要】・日時:2017年 2月10日(金)~2月17日(金)11:59(予定)・プレゼント内容:サイン色紙 計4名様 斎藤一(CV:逢坂良太) 中大兄皇子(CV:菊池卓也) 織田信長(CV:中井和哉) 徳川吉宗(CV:花江夏樹) ※敬称略・参加方法(1) [全文を読む]

【日本人が知らないニッポン】日本一の富の象徴・名古屋城天守閣

GOTRIP! / 2017年01月29日05時30分

あの徳川吉宗と同時期の人物で、かつ政敵でもありました。 将軍吉宗の質素倹約令は日本人の誰しもが知っているほど有名ですが、宗春はその命令をあしらい続けました。それどころか鼈甲の唐人笠を被って馬に乗り、毎日のように名古屋城下で豪遊三昧。そのため、吉宗を主役とする時代劇ドラマでは必ず悪役扱いされています。 ですが宗春の意図は、全国的不景気から名古屋を救うために財 [全文を読む]

宝塚歌劇 雪組中日劇場公演『星逢一夜(ほしあいひとよ)』『Greatest HITS!』ライブ中継 開催決定!

PR TIMES / 2017年01月20日16時29分

[画像: https://prtimes.jp/i/3481/581/resize/d3481-581-291089-0.jpg ] (C)宝塚歌劇団 (C)TAKARAZUKA Creative Arts 『星逢一夜(ほしあいひとよ)』は、江戸中期、徳川吉宗の治世。とある藩で起きた叛乱を背景に、藩主の子息、天野晴興(あまのはるおき)と身分なき娘、泉(せ [全文を読む]

キッコーマンの第4回「和食の魅力 料理サロン」 に2組4名様をご招待します

サライ.jp / 2017年01月10日09時00分

江戸野菜の小松菜は、八代将軍・徳川吉宗がその名をつけたといわれます。[/caption] [caption id="attachment_125136" align="alignnone" width="500"] 食後に供された「あったか 粟ぜんざい」。クチナシで色づけして蒸し上げた粟に 大納言小豆を練ったなめらかなこしあんを添えた、繊細な味わいです。 [全文を読む]

和歌山の食フェスで休暇村紀州加太が2度目の受賞!江戸時代の庶民の味「加太うずみ」をランチで12月から提供

@Press / 2016年12月21日12時00分

2016年の「食祭WAKAYAMA2016」の和歌山グルメ対決は、米将軍とも呼ばれた徳川吉宗公将軍就任300年を記念し、「米」をテーマに募集。和歌山市内の宿泊施設や飲食店など、5店舗の料理人が腕を振るう中、専門審査員5名及び一般審査員18名により、休暇村紀州加太の「加太うずみ」がグランプリとなる第6代「和歌山の味匠」に選ばれました。■加太うずみ“うずみ”と [全文を読む]

生誕80周年!『ゴルゴ13』に並ぶさいとう・たかを先生の名作漫画3選

しらべぇ / 2016年11月03日06時30分

彼は徳川吉宗の命を救ったことで抜け忍となることを許され、泥棒として活躍するダークヒーローもの。一言でいえば、江戸を舞台にしたルパン三世のような作品だ。女好きなので、色っぽい話も多い。盗む対象も物品だけでなく、離島から罪人を連れ出すような依頼を受けたり、妖術使いと対戦したりすることも。特殊メイクや機転でピンチをくぐり抜ける展開がおもしろい。(3)サバイバル画 [全文を読む]

もう居酒屋でまごまごしない これだけ覚えておけばOKメジャー日本酒5選

ウートピ / 2016年08月29日20時25分

江戸は徳川吉宗将軍の時代です。灘には、同じような歴史と規模を持つ名酒蔵がたくさんありますが、今はこの白鶴がとにかく1位。大手メーカーの代表として、まずは覚えておいてもいいでしょう。大手だけあって、その銘柄は実にバラエティに富んでいます。パック酒の「まる」から、厳選山田錦の特別純米酒、フルーティーなスパークリングや、ご贈答品の大吟醸までとりどりみどりであると [全文を読む]

<Wコラム>康熙奉(カン・ヒボン)の「日韓が忘れてはいけない人3」~雨森芳洲(前編)

Wow!Korea / 2016年08月08日21時14分

来日の目的は徳川吉宗の襲職祝賀のためで、使節の総人員は475人にのぼった。この中で製述官を務めていたのが申維翰(シン・ユハン)である。一方、朝鮮通信使の接待で中心的役割を果たしたのが対馬藩の雨森芳洲だった。このとき、彼は51歳である。 申維翰は日本紀行の名著として名高い『海游録』を残しているが、その中で雨森芳洲とのやりとりを詳細に記している。 [全文を読む]

夏の水難事故を防ぐ 注目の浮遊器具『Kingii』とは

しらべぇ / 2016年07月29日05時30分

たとえば和歌山海上保安部は、和歌山市内にある徳川吉宗像にライフジャケットを着せている。水の事故は、非常に深刻な問題だ。■腕時計型浮遊器具『Kingii』がテクノロジーメディアに登場したのは、ちょうど去年の今頃。水難事故を防ぐ画期的なアイテムとして、大いに注目された。だが、1年経った今でもこの商品の一般的な知名度はあまりない。これは腕時計型で、ライフジャケッ [全文を読む]

老舗割烹で味わうオトナ味の「うな重」

ぐるなび / 2016年07月13日12時10分

JR上野駅より徒歩5分ほどの同店は、創業は江戸中期、八代将軍・徳川吉宗の時代という。歴史上の著名人や文豪と言われる作家たちも通ったという名店だ。 川床に案内された3人が食した伝統の「うな重」は、300年門外不出の秘伝のタレと、ウナギの名産地・愛知県三河産をウナギを使用し炭火でじっくり焼き上げ、余分な脂を落とした肉厚な一品。 「美味しい!甘さが控えめで、オ [全文を読む]

今日は何の日 5月27日は「小松菜の日」/INSIGHT NOW! 編集部

INSIGHT NOW! / 2016年05月27日06時50分

江戸時代に現在の東京都江戸川区小松川付近で栽培されはじめ、将軍徳川吉宗が「小松菜」と名付けたという伝承があり、新小岩の香取神社にはこの出来事を伝える「小松菜の産土神」が祭られています。鷹狩りの際のお食事処として選ばれた香取神社の神主が、『これといって差し上げるものもなく、餅のすまし汁に青菜を少々彩りとしてあしらって差し出すと、吉宗は大変喜ばれ、その葉をこの [全文を読む]

苛酷さ増す介護現場、一気に改善する技術が登場…要介護者の転倒半減、作業時間激減

Business Journal / 2016年05月27日06時00分

今年は和歌山(紀州藩)出身で暴れん坊将軍のモデルにもなった8代将軍徳川吉宗の将軍就任300年ということで、地元では盛り上がりを見せているが、和歌山以外でそれを知る人も少ないし、2015年には世界遺産にも指定されている高野山(こうやさん)の開創1200年記念イベントで一瞬賑わいを見せたが、その効果も今ひとつ。 そんなマイナー県の雄・和歌山であるが、今、和歌 [全文を読む]

よろず請負人が稼いだ金で菓子作り! 破天荒な時代小説『忍びのかすていら』【「日本ファンタジーノベル大賞」優秀賞受賞作家最新作】

ダ・ヴィンチニュース / 2016年03月04日11時00分

「朝の容花」で美貌のマザコン剣士、その母親の生き霊、怨霊となった徳川吉宗の亡母、隠密、さらに象が、怨霊によるバイオテロと命がけのバトルを繰り広げる人智を超えたスーパー破天荒な時代劇を書き、「第24回 日本ファンタジーノベル大賞」優秀賞を受賞した三國。同作は『かおばな憑依帖』と改題され、三國は作家デビューを果たした。 【詳しくはこちら】ダ・ヴィンチニュース [全文を読む]

フォーカス