西郷隆盛のニュース

『西郷どん』の配役発表 過去には西田敏行から響・長友まで

しらべぇ / 2017年03月29日10時00分

これはタイトルの通り、幕末から明治にかけての人物である西郷隆盛を主人公にした作品だ。現代においても西郷隆盛は非常に人気のある人物だが、此度の作品では鈴木亮平が西郷を演じることになった。また、それ以外のキャストもすでに発表されている。その顔ぶれを見てみよう。■「西郷の家族」の顔ぶれも3月27日、NHKは『西郷どん』のキャスト一覧を公式サイトで公開。まず、西郷 [全文を読む]

日本近代史の謎。西郷隆盛は本当に「征韓論者」だったのか?

まぐまぐニュース! / 2017年03月03日04時30分

2018年の大河ドラマの主人公にも決定している西郷隆盛。インパクトのある風貌は今でも「西郷どん」と親しまれていますが、後半生は謎に包まれています。その一つが、西南戦争を起こした理由。日本という国を愛していた西郷が無謀とも言える内戦を起こした理由は、どこにあったのでしょうか。今回の無料メルマガ『Japan on the Globe-国際派日本人養成講座』では [全文を読む]

電子書籍『西郷隆盛』(1~8巻)がKindleストアにて配信開始!! 維新の巨星・西郷隆盛を歴史漫画の巨人・横山まさみちが描く! 西郷隆盛、坂本龍馬、大久保利通ら、明治維新を彩った英雄たちが鮮烈な筆致でよみがえる。

@Press / 2014年01月21日13時45分

ゴマブックス株式会社(所在地:東京都港区、代表取締役社長:赤井 仁)は、横山まさみち画、林房雄作『西郷隆盛』(1~8巻)を2014年1月20日よりKindleストアにて配信開始したことを発表します。<書籍概要1>■『西郷隆盛』(1巻)著者:横山まさみち価格:100円◆Kindleストアリンク: http://amzn.to/1msey6F<内容紹介>明治維 [全文を読む]

龍馬?土方?生まれた日でわかる、あなたに合う「幕末志士」彼氏タイプ【恋占ニュース】

ココロニプロロ / 2015年11月20日10時15分

◆2、11、20、29日生まれのあなたは「西郷隆盛」タイプがお似合いあなたは心根が優しく感受性も鋭い人。かまってちゃんなので、相手にされないとすねることも。アイデアが豊富で芸術的センスもあるので、趣味志向の異なる相手はパスしたいはず。そんなあなたのパートナーには、素直な生き方を理解し側にいてくれるような、そして仕事は任せて安心な「西郷隆盛」タイプがお似合い [全文を読む]

大河ドラマに先駆けて!あの「西郷どん」愛用の日本刀が食卓で活躍します!

@Press / 2017年05月18日20時15分

ホビーメーカー株式会社壽屋(本社:東京都立川市曙町/代表:清水一行)は、「日本刀」をモチーフにしたお箸シリーズ「侍箸TM」の新作として、2018年の大河ドラマ化で話題の西郷隆盛愛用の日本刀「伊勢千子村正」型のお箸と、日本刀の鍔(つば)『鉄地波千鳥図八角型』型のコースターを、同じく幕末に活躍した坂本竜馬『唐獅子牡丹鍔』モデルと同時に2017年9月に発売します [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】次期大河『西郷どん』は「征韓論」をどう扱う? 安倍政権「“明治維新の映画”支援検討」は吉凶どちらに出るか

TechinsightJapan / 2017年01月16日06時00分

『直虎』は戦国時代を描いたものだが、2018年の大河ドラマに決定している『西郷どん』は明治維新の立役者・西郷隆盛が主人公だけに政府が映画支援を考えている時代と同じだ。 報道によると、政府は1868年の明治維新から150年の節目となる2018年の記念事業として「明治維新の映画やテレビ番組の制作支援」の検討に入った。「明治の精神に学び、日本の強みを再認識する」 [全文を読む]

18年大河『西郷どん』にキムタクは無理?目に余る”ジャニーズの迷走”

デイリーニュースオンライン / 2016年10月31日10時05分

“西郷どん”こと西郷隆盛は「がっしりした体つき」で「男臭い」がイメージがある。そうしたことから主演候補には、鈴木亮平(33)や山田孝之(33)、過去に西郷隆盛を演じた宇梶剛士(54)といった名前も浮上している。当初は、堤真一(52)が抜擢されたと伝えられたが、所属事務所はこれを否定した。 そんな中、なぜか名前が挙がっているのが木村拓哉(43)だ。一部報道で [全文を読む]

2018年大河ドラマ「西郷どん!」に期待の声続々!「女2人の視点で描く西郷どんはどんな風になるんだろう!?」

ダ・ヴィンチニュース / 2016年09月17日15時00分

林真理子が西郷隆盛の生涯を描いた『西郷(せご)どん!』が、2018年1月からNHK大河ドラマとして放送されることが決定した。人気ドラマを多数手がける中園ミホが脚本を手掛けることも明らかになり、「わーーー! 西郷どんドラマ化!? しかも脚本中園ミホ!? 今からすごい楽しみっ」「西郷どん、今凄いハマってるからニュース聞いたとき鳥肌立った…嬉しい!!」と期待の声 [全文を読む]

お土地柄は人柄から。郷土愛の遺伝子が歴史上の偉人を生み出している

まぐまぐニュース! / 2016年09月14日00時50分

西郷隆盛とも親交のあった平野国臣(くにおみ)も命を落としている。そのために人材不足となり、薩長政権に顔のきく人もいなくなった。 こういう状況で、当時の藩主・黒田長溥(ながひろ)は人材育成に力を入れる。これによって明治以降、福岡県は国家を担う人材を輩出するようになる。 金子堅太郎(1853~1942)は、日露戦争に際して、ハーバード大学でルーズベルト大統領と [全文を読む]

沸々と湧く「西郷待望論」 驚くほど今日的な存在と手島龍一氏

NEWSポストセブン / 2012年12月11日07時00分

そのなかで上位にランクされた西郷隆盛について、外交ジャーナリストの手島龍一氏が解説する。 * * * もう何年も宰相の不作が続いている平成のニッポンでは「西郷待望論」が沸々と湧きおこっている。政治は二流でも経済が一流なら大丈夫――こううそぶいていた当の財界人が「強力な政治なくして経済の飛躍なし」などと言っている昨今である。 いまや誰しもが国家を束ねる強力な [全文を読む]

<「あなそれ」高視聴率化の理由>女は自分以外の不義には道徳的である

メディアゴン / 2017年06月04日08時03分

高橋秀樹[放送作家/日本放送作家協会・常務理事]* * *2018年のNHK大河ドラマが西郷隆盛だというので、関連図書が続々出版されている。筆者らの世代(60代)の西郷隆盛の権威と言えば小説家・海音寺潮五郎(明治34〜昭和52)氏だが、氏の膨大な著書のひとつ「史伝・西郷隆盛(文春文庫)」を、読んでいてつい、声をあげて笑ってしまった。大奥や御三家、大藩など、 [全文を読む]

18年大河「西郷どん」で高まる鈴木亮平への期待と“BL脚本”への不安

アサジョ / 2016年11月05日09時59分

11月2日、2018年のNHK大河ドラマ「西郷どん」の西郷隆盛役に鈴木亮平が選ばれたことが発表された。会見に、原作の林真理子、脚本の中園ミホとともに登場した鈴木は「内面も外見も誠実に表現したい」とコメント。さらに「西郷隆盛と相撲を挑むような覚悟です」と意気込みを語った。 数十キロの体重を増減させるなど徹底した役作りで知られる鈴木。本人の写真が1枚も残ってい [全文を読む]

キムタクが大河主演なら?NHKの”SMAP紅白出場”交渉が大詰めに

デイリーニュースオンライン / 2016年10月19日19時08分

■キムタクが西郷隆盛に?大河主演エサに必死の交渉 『紅白』でSMAPのラストステージを……。 これはファンだけでなく、NHKの悲願でもある。同局の籾井勝人会長(73)は定例会見で「これだけ一世を風靡したグループですので、当然のことながら私は出てもらいたいと思っています」と明言し、自らジャニーズ事務所のジャニー喜多川社長(84)に直談判する可能性まで示唆し [全文を読む]

~鹿児島は明治維新150周年に向けて盛り上がっています~「レム鹿児島 開業5周年記念イベント」9月1日(木)より開催決定!

@Press / 2016年08月29日15時45分

<宿泊プラン>君もこれで薩摩の偉人 【西郷隆盛なりきりプラン】鹿児島にとって明治維新といえば何をおいても西郷隆盛に尽きます。そんな薩摩の偉人になりきっていただける素敵なグッズ付きプランをご用意しました。・鹿児島コンベンション協会謹製《西郷さんお面》・「株式会社かまわぬ」の手ぬぐい《大西郷》<おすすめ限定メニュー>パン工房かんもぉ~れにて販売【西郷パン】毎年 [全文を読む]

森喜朗元首相を“モリキロウ”と読むのは敬称だった

政治山 / 2015年11月05日14時00分

西郷隆盛を「りゅうせい」と読んだら「誰それ?」となります。この厄介な風習はどこから始まったのでしょうか? 名称の別読みは古くから世界各地で 漢字で書かれた語を慣例に倣い特別な読み方で読むことを有職読み(ゆうそくよみ)と言います。有職とは知識や知識人を指します。藤原定家(さだいえ)を「ていか」と読むなど、有名な歌人や文人・貴族について、知識人の間で多く用いら [全文を読む]

坂本・西郷・土方と一夜をともにするなら!?抱かれてもいい偉人ランキング

しらべぇ / 2015年10月02日06時00分

本記事では、坂本龍馬、西郷隆盛、土方歳三、幕末を生きた3人の男性について、世の女性の皆さんが誰になら「抱かれてもいい」と感じているかのランキングを発表しよう。男性のみなさんも、ぜひ「自分なら誰に抱かれるか...」を考えてもらいたい。※ここからは、架空の女子会風にお送りします。※女子会参加者◯マユミ(27歳・経験人数8人)◯ヤスエ(26歳・経験人数3人)◯ナ [全文を読む]

上司が好きな偉人は織田信長orジョブス、それとも?…で付きあい方が驚くほどわかる!

週プレNEWS / 2015年01月09日06時00分

【05 西郷隆盛(さいごうたかもり)】 ■「おいどんは部下に慕われる大将」と思わせる! 類いまれな人望で明治維新の立役者となりながら、西南戦争で賊軍となり命を落とした西郷隆盛。西郷の生きざまに共感する上司は部下思いの親分肌に見られたいと考えているため、日頃からその思いに応えるといい。業務上のトラブルからプライベートの悩みまで、相談すれば親身になって助けて [全文を読む]

対象電子書籍の全てが250円~450円! 学研電子ストアにて『激動の幕末セール』を開催!

PR TIMES / 2013年04月25日18時22分

■対象商品(いずれも2013年5月8日まで) ◇通常価格350円 → セール価格250円 『幕末維新剣客列伝』(清水昇 編・著) 『決定版 幕末のすべて』(脇坂昌宏 著) ◇通常価格450円 → セール価格350円 『江戸三〇〇年 大名たちの興亡』(江宮隆之 著) 『史伝 吉田松陰 「やむにやまれぬ大和魂」を貫いた29年の生涯』(一坂太郎 著) 『真説 [全文を読む]

西郷隆盛の妻が亡夫の銅像を見てつぶやいた衝撃の一言【漱石と明治人のことば156】

サライ.jp / 2017年06月05日06時00分

【今日のことば】 「アラヨウ、宿んしはこげんなお人じゃなかったこてえ!」 --西郷いと 明治の元勲から西南戦争(明治10年)で一転、逆賊となった西郷隆盛だが、明治22年(1889)の恩赦を待つまでもなく、庶民の人気は一貫して根強いものがあった。 夏目漱石も西郷を好んでいた節がある。明治40年(1907)に漱石が東京朝日新聞入りを決断する際、ひとつの決め手 [全文を読む]

【書評】西郷隆盛は品性・美学に欠けてた? 明治維新の裏を読む

まぐまぐニュース! / 2017年04月24日18時35分

だから、維新の三傑なる勇ましい呼称の西郷隆盛、大久保利通、木戸孝充は充分に怪しい。この時代を描いた司馬遼太郎ものに親しんできたから戸惑うけれど。 維新の三傑の共通項は、下級士族の出であるということ。新政府の要人の多くは、知識や語学力はあっても品性や美学が甚だしく欠如していた。「その代表が伊藤博文だが、木戸も大久保も、道徳的に高い評価を下すことは困難である。 [全文を読む]

フォーカス