三木のり平のニュース

寺田農 「役者もオモシロい」となった三木のり平との思い出

NEWSポストセブン / 2016年02月20日07時00分

俳優の寺田農の役者人生に大きな変化をもたらしたのは、俳優でコメディアンの故三木のり平との出会いだった。出会い、共演時の思い出、師匠としての三木について寺田が語った言葉を映画史・時代劇研究家の春日太一氏がつづった週刊ポスト連載『役者は言葉でできている』からお届けする。 * * * 寺田農は1970年のNHK時代劇『男は度胸』で三木のり平と共演している。 「そ [全文を読む]

黒柳徹子の語る、昭和のテレビのとっておき秘話 #2

文春オンライン / 2017年07月02日07時00分

(出典:文藝春秋2016年1月号) アクシデントだらけの昭和のテレビ――セリフを憶えない三木のり平さん 当時のテレビはすべて生放送ですからアクシデントは毎日何かしら起こりました。「夢であいましょう」のようなバラエティーはまだしも、ドラマもそうですから、今では考えられないことです。 たとえば一九六一年四月に始まった「若い季節」。日曜夜八時台でしたから、現在 [全文を読む]

森繁久彌 名優であるだけでなく一流の芸談語りだった

NEWSポストセブン / 2016年06月17日16時00分

エッセイ集『あの日あの夜 森繁交友録』(中公文庫)で、「彼の芸風は、ブキッチョを上手にまとめて、素晴らしい人間像を創り出すことにある」「三木のり平と違った写実的な喜劇をやれる唯一のコメディアン」と評し、次のエピソードを披露している。「彼の出色した技は、映画、テレビでのめしの食い方である。フランスにはジャン・ギャバンが、食い上手で必ず一シーンは出てくるが、私 [全文を読む]

<決定版・欽ちゃんインタビュー>萩本欽一の財産⑯明石家さんまと三木のり平は優れたコメディアンである。

メディアゴン / 2014年11月07日18時52分

高橋秀樹[放送作家]* * *()大将(萩本欽一)は三木のり平さんのことを「のり平先生」と呼ぶ。師と仰いでいるのである。のり平さんと大将の最初の接点は、おそらく「日劇」であるが、正確なところは聞き漏らしている。今度確認しよう。大衆演劇史において、のり平さんは、 「スターは三船(敏郎)、役者は(三木)のり平」と称せられ、その演技力は抜群のものがあった。桃屋の [全文を読む]

とんかつ特集で思い出す「とんかつ一代」のとんかつ賛歌――平松洋子の「この味」

文春オンライン / 2017年08月16日11時00分

三木のり平、池内淳子、団令子、山茶花究、フランキー堺、岡田真澄……ずらり揃った役者が、みんな好き勝手に演(や)っているところがたまらなく可笑しい。チョビ髭の若い森繁久彌は「とんかつが喰えなくなったら死んでしまいたい」が口ぐせなのだが、主題歌「とんかつの唄」(作詞 佐藤一郎、作曲 松井八郎)がまたひとを喰っている。 冒頭、ぶっちぎります。 「とんかつの油のに [全文を読む]

初期のテレビは●●だからおもしろかった!永六輔が気付いたテレビの極意とは【昭和のテレビ王たちの証言1】

サライ.jp / 2017年05月03日19時00分

三木のり平、渥美清、坂本九、黒柳徹子らが出演し人気を博したこの番組で永さんは、後の「テレビの常識」をひとつ生み出しています。テレビ出演経験のなかったファッション・デザイナーの中嶋弘子さんを初代ホステス役に抜擢したのです。「テレビはまったくのアマチュア。最初、ご本人はやる気もなかったんですけど、かえってそういう人の方がテレビに向くぞということは読めていました [全文を読む]

俳優・山本學、森光子さんを見て「俺はなんて甘いんだ」

NEWSポストセブン / 2017年01月20日16時00分

演出の三木のり平さんからは『おい學ちゃん、違うよ。あの役はそんなにイイ奴じゃない。もっと気持ち悪い奴なんだ。お前、そんなに女に好かれたいのか』と言われましたが、僕にはできませんでした。森さんが『そういう風にやった人はいないから、それでいいのよ。押し切ってやってください』と人を通しておっしゃってくださったから、続けることができました。『放浪記』は通行人役の [全文を読む]

かつての部下が上司に。うまくやっていくには

プレジデントオンライン / 2017年01月08日11時15分

イメージとしては、森繁久彌さん主演の映画『社長漫遊記』に出てくる三木のり平さんのような。そうそう、のり平さんを見習って、いっそチョビひげ生やしたらいい(笑)。 それでいて飲みにいくときは出世してない後輩を連れて、ガード下で、ワリカンで、安酒をあおって、「いつか見てろよバカヤロー」とくだ巻いてりゃいいんですよ。もう絵に描いたような安サラリーマンになる。 この [全文を読む]

若き「島耕作」も学んだ裸踊りの宴会芸 著者は「半分実話」

NEWSポストセブン / 2016年12月09日11時00分

どの会社にも森繁久彌主演の映画『社長シリーズ』で三木のり平が演じたような宴会部長がいて、多彩な芸で盛り上げていました」(弘兼氏 以下「 」内同) 『課長島耕作』の中で“神回”と評される第81話にも、味わい深い宴会芸が登場する。 あるとき島は、宴席で取引相手から「裸踊り」を強要される。「冗談じゃない!! 何で俺がそこまで」と気色ばむ島の代わりに、上司の中沢部 [全文を読む]

PPAPの元ネタは荒井注!?「昭和の爆笑ギャグ」プレイバック

日刊大衆 / 2016年12月01日11時30分

両人とも定番ギャグを持たなかったが、森繁の映画『社長シリーズ』で、森繁社長と名コンビを成したのが、課長役の三木のり平。「パァーッといきましょう」がおなじみだった。 この頃、寄席で誕生した「お笑いモンスター」が、1958年(昭和33年)に真打昇進した初代林家三平だ。小噺の合間に「どーもスミマセン」「もう大変なんすから」とギャグを挟んで爆笑を取り、受けなかった [全文を読む]

左とん平 脇役は腹八分がちょうどいい

NEWSポストセブン / 2016年06月12日16時00分

部屋が僕と緒形拳と三木のり平さんと殿山泰司さんと小沢昭一さんが一緒だった。緒形とはその前から『おがっちゃん』『とんとん』と呼び合う間柄だったんだよ。 みんな凄く酒を飲むんだ。それで遅くまで丁々発止。いろんな芸談からスケベ話まで。それである時、緒形がのり平さんに何か言って、のり平さんがカチンときちゃったんだ。のり平さん、一度へそを曲げちゃったらどうにもならな [全文を読む]

満島ひかり「再現ドラマにしたくない」と口説かれ徹子役受諾

NEWSポストセブン / 2016年05月28日07時00分

生放送中に三木のり平がセリフを忘れると黒柳徹子(82才)が大慌てでアドリブ──。 50年前のテレビがそのまま現代によみがえったかのような錯覚に陥る。団塊世代はもちろん、当時を知らない30代、40代をも釘付けにしているのが『トットてれび』(NHK)だ。 「岸本加世子さん(55才)演じる沢村貞子さんがなつかしくて…。黒柳さんとの母娘のような関係が垣間見えて当時 [全文を読む]

左とん平 いくらセリフ上手くたって味のない役者はダメ

NEWSポストセブン / 2016年05月22日07時00分

その後は、三木のり平さんに傾倒した。のり平さんには『お前、ちょこちょこ笑わせすぎだ』と言われました。『それを一つにまとめて大きな笑いをとれ』と。 そのために大事なのは『伏線だ』とのり平さんは言います。伏線を張っておいて、そこから大きな笑いへと?げていく。あざとい芝居して小さく客を笑わせたとしても、それは失笑みたいにしかなってないんだよね」 1960年代に [全文を読む]

<ナイナイ岡村さんへのラヴ・レター>他の芸人にはない「体技で笑いを取る才能」があなたにはある

メディアゴン / 2016年03月07日07時50分

欽ちゃんたちの先輩に、浅草系ではありませんが日劇で演出家としても名を成した三木のり平(1924年生)さんや、根っからの浅草系としては渥美清(1928年生)さんが居ました。「体技で笑いを取る」見本は渥美さんの「男はつらいよ」で見ることが出来ると思います。障子に頭を持たせかけたら、障子が桟を動いてバランスが取れなくなって縁側から庭まで転げ落ちる寅次郎。これが「 [全文を読む]

「さんまのまんま」菅田将暉が手作りスカジャンを持参

Smartザテレビジョン / 2015年12月24日23時10分

そんな菅田にさんまは三國連太郎や三木のり平ら先輩役者たちのエピソードを話して聞かせた。 “まんまコーナー”では、高校時代にアメフト部だった菅田がまんまとキャッチボールをする。 [全文を読む]

<「コメディとコント」の違いって何だ?>コントは稽古の痕跡を見せずにアドリブでやっているように見えるのが最上

メディアゴン / 2015年09月07日07時10分

古川緑波、東八郎、渥美清、池信一、石田英二、三木のり平、由利徹、八波むと志、堺駿二、山茶花究、佐山俊二、清水金一、杉兵助、武智豊子、谷幹一、戸塚睦夫八波むと志、伴淳三郎、坊屋三郎、由利徹など。三波伸介、伊東四朗は、新宿の人であり、ムーランルージュでも軽演劇は行われた。これら、浅草のコメディアンは有楽町の日劇にでることが目標だったが、その間にテレビの時代がや [全文を読む]

左とんぺい 加藤茶や張本勲らが勢揃いし爆笑の喜寿祝い開催

NEWSポストセブン / 2015年05月31日07時00分

森繁久彌や三木のり平に憧れて芸能界入り。以来、最後の喜劇人、名脇役として芸能界を生き抜いてきた。その一方で、三十数年前には賭博で3度も逮捕されたこともある。 「バクチはストレス解消なんだよね。もちろん80%はやられるよ。でも、負けてもストレスにならない。むしろ、負ければそれが働く意欲になるから。それにしても、今までどれぐらい負けたかな? 2億、いや3億… [全文を読む]

森光子生誕95年記念 『全身女優~私たちの森光子~』 5月9日発売。

PR TIMES / 2015年05月08日16時47分

また、菊田一夫さん、三木のり平さん、久世光彦さん、吉永小百合さんのメッセージなども掲載しております。 それぞれの人たちの心に残る森光子像を浮き彫りにすることにより、ご本人では語られなかった新たな “森光子の魅力”を感じていただけるような1冊となっております。 【著者プロフィール】小松成美 こまつ・なるみ [画像2: http://prtimes.jp/i [全文を読む]

<決定版・欽ちゃんインタビュー>萩本欽一の財産⑫『なんでそうなるの?』のコント55号

メディアゴン / 2014年10月26日23時18分

「そうそう、そういう短いコントは斉藤さんが編集で作ってくれたの」 「動きが、遅くなってるって言いますけど、コントであんなに早く動けるのコント55号だけなんじゃないですか」 「いや、僕は往時は知らないけど、エノケン(榎本健一)さんと、ロッパ(古川緑波)さん、それからこの目でしっかり見てるのは、のり平先生(三木のり平)と八波むと志さん、この玄冶店はすごい」 [全文を読む]

桃屋×ももクロ TV-CM第2弾放送だZ!!14年の時を経て、あの名作がももクロ主演で甦る!今度のももクロは、ルパンにちょんまげ、のり平アニメと大変身&大騒ぎ!キャンペーンではももクログッズもプレゼント!

@Press / 2012年11月02日10時00分

『唐がらしのり』は1998年に制作した、故 三木のり平氏による「のり平アニメ」最後の作品「カライ盗ルパン」篇を「ももクロ」を主演に起用し、大幅にリメイク。実写とアニメの合成に「ももクロ」の熱演が光ります。『キムチの素』は、百田さんの家にメンバーが集まってキムチ鍋をつつきますが、あまりの「からうま」にメンバー全員が「のり平アニメ」に変身してしまいます。音楽は [全文を読む]

フォーカス